ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷の作品情報・感想・評価

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷2018年製作の映画)

Winchester

上映日:2018年06月29日

製作国:

上映時間:99分

あらすじ

娘と夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィンチェスター(ヘレン・ミレン)はウィンチェスター銃によって命を落とした人々の亡霊から逃れる為、一族の膨大な財産をつぎ込み365日24時間、妄信的に屋敷の増改築を繰り返していた。サラの精神鑑定のために“ウィンチェスターハウス”に送り込まれた精神科医のエリック(ジェイソン・クラーク)は屋敷の中に厳重に閉じられた禍々しい部屋があることを発見する。ウィン…

娘と夫を突然の病気で次々と亡くした未亡人サラ・ウィンチェスター(ヘレン・ミレン)はウィンチェスター銃によって命を落とした人々の亡霊から逃れる為、一族の膨大な財産をつぎ込み365日24時間、妄信的に屋敷の増改築を繰り返していた。サラの精神鑑定のために“ウィンチェスターハウス”に送り込まれた精神科医のエリック(ジェイソン・クラーク)は屋敷の中に厳重に閉じられた禍々しい部屋があることを発見する。ウィンチェスターハウスに巣くう亡霊の正体とは何なのか?

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」に投稿された感想・評価

現実では、増築の理由は「霊媒師に騙された」ということになっているが、それを「恐怖は自分の中にある」として、巧いこと解釈した上でストーリーを組み立てている。とにかく真面目。作中に神の存在を感じさせないのもスピエリッグ兄弟らしい。ただ2作連続でジェームズ・ワンの後追いみたいなことになっちゃってるのが悲しい。
SexyPonyo

SexyPonyoの感想・評価

2.0
スピエリッグ兄弟のワースト。地味な幽霊屋敷もの。実話ではウィンチェスター夫人が霊媒師にいいように騙され、イカれた屋敷の増築を繰り返したわけだが、この映画は夫人の行動を正しかったものとして描いてる。そこがどうも引っかかる。
超有名な恐怖の館"ウィンチェスター・ミステリー・ハウス"をベースとした実話に基づく映画。階段を上ると行き止まり。扉を開けると奈落の底。そんな奇怪な館です。バイオハザードの洋館と張るレベル。

洋館大好きな自分としては、超気になってた映画。しかし、まぁ、普通でした。建物は綺麗でしたけど。

手っ取り早く怖がらせようとして、びっくり描写が終始あります。大体予測できるけど。ビビるだけで、怖いとはまた違うかなぁ。そういうのじゃないんだよなぁ。

従来の通り、アメリカの幽霊はとってもアグレッシブ!物理的な攻撃は当たり前、自分の弱点もわかりやすく遠回しに教えてくれちゃいます。もはや、得体の知れない不気味さは皆無。また、ご親切に物語を進めるアイテムまで用意してくれちゃいます。まさに、「こんな感じで映画化してくれよな!」と言わんばかりの扱いやすさ。
そんな幽霊達の粋な計らいが災いして、途中から、これホンマに実話か?誇張してない?っと疑いたくなります。そんな仕上がりの映画です。

同じ洋館系ならH.H.ホームズの殺人ホテルを早く映画化して欲しい。
MALPASO

MALPASOの感想・評価

3.0
西部劇によく登場するライフル銃
ウィンチェスター。
「リオブラボー」のジョン・ウェインのライフルさばきがすごくカッコいいこが、このウィンチェスター!

そのウィンチェスターを作り、大量殺人に武器を提供した一家。

実在する呪われた、増改築を繰り返す巨大な屋敷が舞台。(今度行ってみよう)

ウィンチェスターって銃にこんな話があったとは!それを知るだけでも得した気分。
ホラーとしては、それほど怖くはありませんでした。ヘレン・ミレンのホラー演技は一見の価値あり。

今回の名言
「恐怖は心の中だけにある」
世界仰天ニュースか何かで見て一度は行ってみたいと思っていた場所。綺麗なお屋敷の変な増築と並行して語られるライフルの謎。屋敷も不気味だけどヘレン・ミレンが一番不気味だった(笑)古典的な驚かし方なのにどうしてもびっくりする…。
MONS

MONSの感想・評価

4.1
ホラー苦手なのに、最近『ドント・ブリーズ』とか『IT』とか『ゲットアウト』とか、面白ホラーが多すぎるから困る。。
この映画も、ポスターとか予告とかはかなり怖い感じですが、上の3作品見れる人なら問題なく見れるはず。ビックリ描写は結構あるけど、エグさグロさはないので、とりあえず『ソウ』シリーズ(と同じ監督だけど)見れなくても大丈夫(笑

ホラーって毛嫌いしていたけど、実際見てみると結構奥深い(ってことに、最近気づいたw遅すぎ)
『ゲットアウト』が人種問題だったように、『ウィンチェスターハウス』では銃問題について、考えさせられます。
日本に住んでいるとなかなか身近に感じるのは難しいけど、こうやって銃によって人生狂わされた(?)人が実際にいたって思うと、他人事と思ってちゃダメだな、、ってことに改めて気づきます。
個人的に、こういう新しい視点とか与えてくれる映画はいい映画!だと思っているので、見れてよかったです。ポスターもっと怖くない感じにすればいいのに…笑

ってかこの「ウィンチェスターハウス」実在するってマジか。超行きたい。怖いけど。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
[個人記録用]
この映画は事実に基づき、題材になっているこの家も実際にまだ観光地として存在しているらしい。単純に行ってみたいと思った。ホラー映画としてはう〜んといった所だが、世界観がシックでゴージャスで、その点においては良かった。展開の作り方が少し雑、怖いと感じるところもない。いい点を挙げるなら、実際にこういう家と人と歴史があったんだなあと学べた所。
それにしても日本に輸入すると毎度酷くなるホラー映画のパッケージはどうにかならないものか……。
スバル

スバルの感想・評価

4.3
題材であるウィンチェスターハウスは昔、どこかのテレビで観て知ってはいたものの、内部の映像を改めて見ると異様な造りがすごく怖く感じました。演出自体は古典的なものも多かった印象でしたが、ヘレン・ミレンの演技もあって、最後まで飽きずに緊張が続いて良かったです。
Motoka

Motokaの感想・評価

2.5
YouTubeにて世界まる見えのまとめを見てから鑑賞。
レッドデッドリデンプションでウィンチェスター銃を多用していたから親しみがあった。ゲーム内で何人倒したことか...
日本版のポスターは好きになれませんねぇ、誇張しすぎてるし、まぁ逆引きになるが、逆に裏切ってしまうと...
puko

pukoの感想・評価

3.3
日本版ポスター面白い(笑)
実在するホーンテッドマンション「ウィンチェスターハウス」の実話をベースにしたホラー。
西部劇でよく目にするウィンチェスター銃を作った一家が、それゆえに呪われるという、その実話にまずびっくり。
それだけでも楽しめたりするんですが、ビックリ脅かす系な表現を多用するのはなんだかな。

まとめ方に人間のエゴが見えたのもちょっと。
巻き込まれ型の場合ならいざ知らず、そこそこスピリチュアルな力を持っているのであれば、魂を浄化してあげるくらいの度量があってもよかったんじゃないか。
せっかくの題材を料理しきれなかった感じなのは残念。
>|