ベイマックスの作品情報・感想・評価

ベイマックス2014年製作の映画)

Big Hero 6

上映日:2014年12月20日

製作国:

3.8

あらすじ

幼い頃に両親を亡くした少年ヒロ。彼の味方は、優しさと愛情を惜しみなく注いでくれる兄のタダシひとり。だが、唯一にして最愛の存在であった兄は謎の爆発事故で帰らぬ人に…。大きすぎる心の傷を負い、悲しみに深く心を閉ざしたヒロの前に突如現れたのは、空気で膨らんだ白くて大きな体を持つ<ベイマックス>。 彼はタダシが人々の心とカラダを守るために作ったケア・ロボットだった。「放っておいてくれ」と突き放すヒロの…

幼い頃に両親を亡くした少年ヒロ。彼の味方は、優しさと愛情を惜しみなく注いでくれる兄のタダシひとり。だが、唯一にして最愛の存在であった兄は謎の爆発事故で帰らぬ人に…。大きすぎる心の傷を負い、悲しみに深く心を閉ざしたヒロの前に突如現れたのは、空気で膨らんだ白くて大きな体を持つ<ベイマックス>。 彼はタダシが人々の心とカラダを守るために作ったケア・ロボットだった。「放っておいてくれ」と突き放すヒロの心の痛みをキャッチしたベイマックスは、「どのくらい痛いですか?」「泣きたい時は泣いていいのですよ」…ちょっとおせっかいなほど真剣にヒロをケアをする。ベイマックスの献身によって、ヒロは少しずつ元気を取り戻していく。 そして兄の死に疑問を持ったヒロは手がかりを追うが、何者かに襲われ辛うじて難を逃れる。世界の脅威となる巨悪の存在に気づいた彼は、兄のために戦う決意をするが、彼の味方は戦闘能力も戦闘意欲もゼロの、優しすぎるケア・ロボットしかいない。 だが、ヒロはまだ気づいていなかった。兄タダシがベイマックスに託した、驚くべき“本当の使命”を…。

「ベイマックス」に投稿された感想・評価

ゆりぺ

ゆりぺの感想・評価

3.5
この映画を観た時期も関係しているけど、心が本当にあったまる映画。
日本が舞台なだけあって、看板や街並み、凄く馴染み深かった。ただ、ストーリーはあまり面白いと思えなかったかな。最後は感動的でよかった。
予備知識なしで見たので展開にビックリした。ディズニーらしい安定の面白さ。
tooooooo

toooooooの感想・評価

3.3
ベイマックスが欲しくなった。
アクション的な部分があるのは意外だったけど色んな国の景色が使われててこだわりが伝わってきた。
少し泣けた。
tjZero

tjZeroの感想・評価

4.0
科学オタク少年のヒロは、事故死した兄が残したケアロボット”ベイマックス”と共に、事件の真相を探り、背後の陰謀を阻止しようとする…。

舞台となる西海岸の都市は『ブレードランナー』風。
ヒロとベイマックスの関係は『ドラえもん』風。
ベイマックスのヴァージョンアップの仕方は『アイアンマン』風。
悪役の造形(善人が不幸な事故を恨んで悪へ)は『スパイダーマン』風。
悪役の名前は『ダーティハリー』のハリー・キャラハンから。

…というように、”~風”とか引用がいっぱい詰まってるんだけれど、それらを掛け合わせたら、オリジナリティあふれる痛快作が出来上がっちゃった、という印象。

そしてそれは、過去の偉大な科学の成果を新たな発明につなげていこうとする少年少女たち(=原題の”Big Hero 6”)の姿にも、もちろん本作を作り上げたクリエイターたちの奮闘にもつながるし、何よりベイマックス自体がケアロボットとバトルロボットを掛け合わせたハイブリッド仕様だし。

こうした、いろんな掛け算がとてつもないポジティヴなパワーを生み出している気がする。
観終わって爽快だし、元気を与えてくれるアニメーション。
翼

翼の感想・評価

2.8
この映画のMAXはヒロのプレゼンのシーンだよ。
「サイエンスやギークってカッコイイ!」ってなるもんね。映画には価値観を変える力があると信じてるけど、その一翼を担ってる作品だとおもう。
そこ以外はオマケに感じてしまうのがざんねんなところ。

広告の話は擦られ過ぎて、もうあえてするまい。
sou

souの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

タダシ兄ちゃんかっこよすぎて辛い。
ピンチの時に駆けつけてくれたり大学に興味持たせてくれたりこんなお兄ちゃんいたら最高ですね。
「タダシはここに居ます」っての分かってたけど泣いちゃいます。
ヒロもベイマックスとの触れ合いによって神経伝達物質の数値が上昇して良かったです。

教授はありがちな感じの哀しい悪役でした。娘さん帰ってきたのは良いけどこの一家その後はどうなるのか心配でした。

結構駆け足感あったけど面白かったです。
ブレードランナーみたいな風景とエンディングのアメコミ良いですね。
かおる

かおるの感想・評価

4.0
どうせいつもの優しい映画だろと思ってたけどsuper coolな映画だったあとエンディング良い
2回に分けてみたのが惜しかった。
予想通り過ぎたことと、上手く行き過ぎてるところはあるが良かった。
涙ほろっとする場面が何度か。でもアクション系とは意外な展開。
>|