ベイマックスの作品情報・感想・評価

「ベイマックス」に投稿された感想・評価

ベイマックスがものすごく可愛い!癒し!

謎のヒーロー系に走るのね〜ふーん…と思いながら観ていたら、最後は死ぬほど泣く羽目になった😭😭ベイマックス〜!!
感動作品。
幸せになるのに犠牲になる側と犠牲にしてしまった側。
考えさせられる映画。
Shiba

Shibaの感想・評価

5.0
主人公は天才少年ヒロ。幼い頃に両親を亡くし叔母と兄タダシと暮らしていました。
兄の通う憧れの工科大学に進学するため、ヒロは頭でコントロールするガジェットを開発。兄と理系仲間のサポートもあり発表会は大成功を収めました。しかしその直後、発表会で起こった火事により大切な兄は帰らぬ人となってしまいます。
ヒロは兄の作ったヘルスケアロボット、ベイマックスを戦闘ロボに改造して事故の原因を探ります。

日本ではハートフル全開な宣伝でしたが、原作はマーベル作品「BIG HERO 6」。バリバリのアクション映画です。
理系オタクの仲間たちが集い、自分の特技を生かして悪と戦うストーリーです。

私が見たディズニー映画の中で1、2を争うくらい好きな作品です。
とにかくベイマックスが本当に可愛いんです…
なんだかワンテンポ遅くて、空気が抜けてぷーぷー言ったりバッテリー切れになると酔っ払っちゃったり。
でも後半の赤いスーツに身をまとったベイマックスはとても頼もしくてかっこいい。このギャップがたまらない!
主人公のヒロも仕草が今時の子って感じがして、でもすごくお兄さん想いで健気なんです。ヒロの天才ぶりは観ていてとても気持ちがいい。
その他工科大学のクラスメイトも個性豊かでかなり濃いキャラで面白いです。
ラストシーンはウルっときてしまいます。

舞台は東京とサンフランシスコを混ぜたような街で、ディズニーの方達がきちんと日本を調べて作ったのがわかるほど日本愛が伝わってきます。
日本リスペクトがすごく伝わってきて、日本人として誇らしく思える作品です。
ベイマックスに癒される〜。みんな可愛い。そして泣ける。
海外版ドラえもん的な感じ。
凪風

凪風の感想・評価

3.7
ディズニーのヒーローもの。強いけれど優しい。 見る前は、違うものを想像していた。
ベイマックスには、お兄さんの優しさがたくさんつまっている。
何よりラストのシーンが好き。
全く期待してなかっただけに、想像以上におもしろかった
町並みが秀逸
敵キャラがこわかった 子供が泣き叫んだ
戦隊もののような様相
冒険、スリル、愛情、友情、ホッコリ、アクション素晴らしい!エンディング曲もgood
ゴーゴーが好き
hoshiume

hoshiumeの感想・評価

4.2
久しぶりに泣いてしまった。
ベイマックスはほんとに心に寄り添ってくれる、
ステキなパートナーだ!
兄弟愛の深さにもやられた。
Relaxboy

Relaxboyの感想・評価

4.2
兎に角ベイマックスに癒される。
キャラもストーリーも普通のディズニーです。
ヒーロー物なのに日本だと完全にお涙頂戴映画方向に振っちゃうのが良くないと思います。
でもベイマックス大好きです。
TAKAHIRO

TAKAHIROの感想・評価

3.5
ベイマックスがただただ愛くるしくて素晴らしい癒しキャラでした。純粋な青年の優しさを具現化したような存在です。言葉も態度も優しい、1家族に1ベイマックス欲しくなります。そしてこのベイマックスを生み出したタダシ(主人公ヒロの兄)が素晴らしいキャラでした。まさにベイマックス=タダシでした。ベイマックスが素晴らしすぎただけに、他のキャラへの感情移入が難しかったです。特にヒロの大学の友人達。劇中大活躍するだけに、もっと引き立たせるシーンがあっても良かったと感じました。

ストーリーとアクションには大満足です。ストーリーはシンプルにわかりやすいです。ただディズニー作品にしてはだいぶ大人向けに振ったなと思いました。メッセージ性も強くて大人が考えさせられる作品です。また敵キャラの描きが子供には少し怖すぎない?というのが素直な感想です。アクションは映像美が素晴らしく迫力もあり、まるでスパイダーマン+アイアンマン+アントマンといった印象を受け大満足でした。

全体的に非常に楽しかったです。学んだ事は、見方をかえてみるというのは大切だという事。

ありがとうベイマックス、大丈夫だよ。
>|