ネクスト ロボの作品情報・感想・評価

「ネクスト ロボ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

『メモリーを初期化しますか?』

ディズニーピクサー映画を思わせるような魅力ある作品でしたね。

昔の記憶が無くなっても新しい記憶を作って輝く未来を共に過ごしていくロボットがどうにも愛嬌があって、良かったと思いました。

途中から見ていてやっぱりピクサーか?なども考えました。
えの

えのの感想・評価

3.3
映像はマジでpix○rにも劣らない凄さで、ベイ○ックスに似ていることからも「次は俺達の時代だ」ともいわんばかりのNETFLIXの勢いを感じた。


ただストーリー構成が流石にスルーしきれんばかりの「なんなのその設定」みたいなのが多すぎて素直に感動できなかった。
バティ

バティの感想・評価

4.0
ロボの表情や演出はあざといものの、「記憶」がなくなることの意味や、代償について描いたのは評価したい。結局泣かされた。失ったものは戻ってこない。ロボテックに代表される日本ロボアニメオマージュな演出も相当かっこ良い。

こういうロボものは「口」はない方が好みだ。ただ、口をロボットに施したことで、彼がマシーンの身体をしただけのヒト/人格なのだと強調しているのだろうな。

死とは、「私」という記憶がなくなることであり、もう一つの死とはようやく出逢えたかけがえのない存在を失うことなのだ。
MK

MKの感想・評価

3.0
ロボットの映画とかを観るといつも考えさせられる…考えながらじっくり観れた。
絵が綺麗!
怪電波

怪電波の感想・評価

3.1
あらゆる心情の変化を全て口ばりで説明するのはちょっとストーリーとは言いがたいです。


ロボットという構造の取り扱いにも大いに不満がある。



しかしそれを補って余りあるキレッキレの戦闘シーンがめちゃくちゃカッコいい。
非常にジャパニメーション的な文脈を下地にしつつ、現代CGアニメのクオリティと呼吸に仕立て直した、僕にとって「いい塩梅」なアニメーションでした。
CHAKKI

CHAKKIの感想・評価

3.5
ベイマックス感すごかったけど、
わたしは普通に感動した。
モモめちゃくちゃ可愛かった〜。すき。
色んな理由づけが薄味すぎて、ノリきれずラストへ。泣かせよう泣かせようって作りすぎて逆に興醒め。

脚本自体は読んだことあるな?のオンパレードだけど、アニメーションの質はとても良いからこれ脚本が良いものきたら爆発する!
どうしてもベイマックスと比較せざるを得ないほどビジュアル、ストーリー等に共通点が多い本作。

メカメカしいアクションとか敵をバサバサ切り倒す無双感は、ディズニーでは味わない感覚で結構楽しめた。
ただストーリーというかfilmarks内で、槍玉に上がっている主人公に対しては概ね同意。辛い環境で幼いので、グレるのはわかるが、それでも好感は持ちにくいキャラだ。その辺のバランス感覚は、ディズニーの足元にも及んでないよなーと感じた。

あと映画に限らず、IT社長的なキャラを出すと、もれなくジョブズ擬きみたいになるのは、いい加減やめない??
かなり近年のディズニー作品を意識したかんじなんでしょうが
グラフィックス自体はディズニーにもひけをとらん出来なんやけどホントに、それだけにディズニーとの差が浮き彫りになってる感がある
ディズニーがどんだけ画作りにも脚本にも緻密に、丁寧に、完璧にやり遂げてるかってのがほんとによくわかってしまう
ただデザインとかストーリー展開とかブラックな基本設定とか王道に見せかけて王道らしからぬ部分が多々あって亜流のディズニーってかんじで面白いことは面白いです
Bumpei

Bumpeiの感想・評価

4.8
最初から最後まで溢れ出るエネルギーが最高。
モラルよりも衝動に従う若い主人公、モノが壊れまくる描写、全部好き。

中国の勢いはエンタメ業界も席巻しはじめたなと印象付けられる。
まるで日本が元気だった80年代に作られた AKIRA のよう。
>|