ブラックパンサーの作品情報・感想・評価・動画配信

ブラックパンサー2018年製作の映画)

Black Panther

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

「ブラックパンサー」に投稿された感想・評価

チャドウィック・ボーズマン主演
MCU作品第18弾。ブラックパンサー自体は『キャプテン・アメリカ シビルウォー』で既出。シビルウォーから1週間後を描く。

本作品、ほかのマーベルヒーロー映画と違うといえば、まず主人公を始め出演者の多くがブラックであるということ。そして女性戦士も多く、さらに敵役も完全悪でなく何故か憎めない。
主人公が多くの葛藤の中で国王として、そしてブラックパンサーとして、成長していく。
ブラックパンサースーツがとにかく強い!アイアンマンと違って漆黒でスポーティな感じ(?)がある。そしてそのスーツにワカンダの最先端科学技術が付け加えられ、スタイリッシュさに惹かれる。

主人公ティ・チャラはアフリカの国ワカンダ出身。先代国王で父のティ・チャカは、爆破テロによって命を落とした(シビルウォー)。
ワカンダでは国王を受け継ぐとともに、「ブラックパンサー」を引き継ぐ伝統があった。順調に新たな国王の儀式が行われ、ティ・チャラは正式に新国王となった。
ワカンダの国のみで採取される最強の鉱物、ヴィブラニウムを奪ったとされるロンドンのユリシーズ・クロウをワカンダに連行するため彼はイギリスに赴き、彼を捕らえることに成功。しかしクロウを監禁中に仲間に妨害され、クロウを連れ去られてしまう。任務失敗に終わる。
手ぶらでワカンダに帰ることになった彼だったが、国王に自分こそふさわしいと名乗る男が現れる。ティ・チャラは彼の「挑戦の儀式」を受けて立つこととなったのだった。
想像を絶する超新未来国。

今だとコロナを抑える何かあればなんて。

誰がどうということではなく、皆んなが世界平和に繋がるために何をすべきかを常に心掛けないと、明るい未来はないですね。

なんて、この映画を見て当たり前のことを思っちゃいましたね。
Kendrick Lamarが関わっているだけあって、音楽はMCUの中でも俄然好み。
takano

takanoの感想・評価

2.5
中盤まではまぁまぁ
後半は好きではない
わざわざ一本作る程でもない
Sumito

Sumitoの感想・評価

3.9
シンプルだけどストーリーはすっきりまとまってて、何より独特の世界観がいいかんじ。もっとド派手なアクションがあったらさらによかったかも。
やっとやっとみたブラパン
MARVEL映画全部みてきたけど

ブラックパンサーとかさすがにもう
マイヤーキャラすぎやろと

ちょっとMARVEL映画集中力が切れてしまったから見るの遅れてしまってた

でも、これゲットアウトの主役やん!
ルピタニョンゴやん!
なにこれ?ジョーダンピール監督作品?

それにしても
ルピタニョンゴて!名前!
Haruka

Harukaの感想・評価

4.0
映画館ぶりにみた。途中で寝たけど!

悲しくなるから当分みれへん
サウス

サウスの感想・評価

3.6
結構好きだった!
ただ名前は忘れたけど、最終的な敵のぶつぶつが鳥肌もんだった。後、敵と仲間の区別がつきにくかった。
UG

UGの感想・評価

3.8
世界から隠れて暮らすワカンダ王国。
ワカンダの王子ティチャラは王の突然の死により王に即位する。
王の家系は身体能力超向上するスーツを力を身に宿しブラックパンサーとしても君臨する。
王の使命は国とヴィブラニウムとゆー世界に破滅をもたらす力を持つ鉱石を守ること。
しかし悪の組織から鉱石を盗まれてしまう。
盗まれた鉱石を取り戻す中でその組織の中にいた従兄弟と出会う。
そしてワカンダ王国の王の座を巡った戦いが始まる。
ワカンダ王国内々の戦いの話。

ワカンダの女性は武闘派だぜ!
怒らせたらあかんっ!
しかしヴィブラニウム強すぎだな。
銃も効かない爆弾も抑え込める、怪我しても一日で治る力もある。弱点がない。
まさに最強鉱石。
だからこそ争いの火種になってしまうのだろうけど。強いて言うならそこが弱点か。
中々面白かった。
物語としてそこそこ面白く完成度も高かったのですが、どうしてもMCUとして見てしまっていて、その辺の絡みがないのがどうしても自分としては評価あげれないです。
これはおそらく自分のほうが間違ってきるのでしょうけど、そういうのも込みにしての評価でもいいでしょ!

というよりも、エンディングでの記者会見です!
ワカンダがこれからMCUの世界観にどうからんでくるのか楽しみです!
単にハイテクだけだとスタークとかぶるだけですからねー笑
>|