フランシス・ハの作品情報・感想・評価

フランシス・ハ2012年製作の映画)

frances ha

上映日:2014年09月13日

製作国:

上映時間:86分

3.7

あらすじ

「フランシス・ハ」に投稿された感想・評価

ma

maの感想・評価

5.0
すごくよかった。
大好き。人生の中でも大好きな方。
休日のお昼に、白いチーズとハムのサンドイッチ食べて白ワイン飲みながら観たい感じ。
白黒なのがちゃんと生かされてるか分からないなと思うけど、引っ越し先の男の子たちのいるお部屋は白黒で良かったなあと思う。
またいつでも観たい。
タイトルの意味が分かるシーンでフフッとなる。と同時に作品を表した見事なタイトルだなあと関心。こういう人いるよね周りに。
諒太

諒太の感想・評価

4.5
なぜかタイトルとジャケットに
惹かれて鑑賞
モノクロ映画は
周りの景色やモノに目が散らず
役者の表情 行動 音楽に
集中できると気づきました。
モノクロ映画を観れるようになるなんて
成長を実感しました…

僕より一回り上の世代で
生活に定着を求める頃
主人公の親友さえも結婚し
安定を手に入れる最中
1人取り残されるフランシス
周囲を妬み羨み
プライドゆえ嘘を積み重ね
夢を追いかけながらも
何もうまく行かず限界を感じる話

ズレてるし現実見れないし
不器用でみてて恥ずかしくなるけど
そんな主人公に魅力を感じます。

タイトルの”ハ”には
いろんな意味が込められていて
このストーリーの深みが
増している気がします。

音楽がポップで引きこまれました
人を惹きつける何かが この映画にはありました
初見の監督さんでしたが
もっと他の映画見たくなりました
何気に初見。バームバック、素晴らしいなやっぱ。
kn

knの感想・評価

3.5
タイトルの秘密がかわいいね
mayu

mayuの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

未来?というか今の自分を見ていて胸が痛かった。空気読めない発言したり、強がったり、何もかもうまくいかなかったり。
そんなことがあってもフランシスのようにまっすぐ前を向いていたい。
私はまだ自分の身の丈を知らないんだろうなー

2019-63
これはとても爽やかな女性同士の友情ものでしたね。
ニューヨークを舞台にした若者同士の群像劇でもある作品ですが、中心にいるのはフランススとソフィーの関係です。

女性同士の友情物というと真っ先に思いつくのは「テルマとルイース」ですね。あの作品も今見るとどうなるんだろうという気分にさせられますが、今作はとにかくギスギスしてなくなお、エロくないのが特徴です。まあ、監督が優れてるからこういう作品になるのでしょうね。

まあ、展開は早いと思う人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、物語のコアにあるのはフランススとソフィーなのでそれほど気になりませんでした。あとアダム ドライバーの出番は割と少なかったですね。彼とバームバック監督がタッグを組む次回作「マリッジ ストーリー」も楽しみです。

ノア バームバックというと「イカとクジラ」も印象的ですね。近いうちにあの作品が見れそうなのでその時はレビューしておきます。あと、エンドクレジットの上にかかっていた曲が気になりましたね。爽快な客でした。spれから、カメラワークも良かったですね。道を渡る時の真上にあるカメラがグレタ ガーウイックを追シーンは好きでした。何となく「ビリギャル」の有村さんの自転車を漕ぐシーンにどこか似てる気がします。

グレタ ガーウイックの演技は安定してました。この方は監督も経験してますます勢いに乗る方ですね。「レデイ バード」は個人的には微妙でした。でも、今作の演技はよかったですね。ニューヨークにも会うしパリの情景と合う女優さんもそうはいないはずです。

ガーウイック の次回作は「リトル ウーマン」でしたかね。ちなみに次回作の撮影中にガーウイックがテイモシー シャロメを思いっきり引っ叩いたんだそうです。まあ、どういった原因なのかは不明ですが、ソンんsことがあったという情報が入ってきました。

まあ、とにかく爽やかな作品でした。
良かったです。
makineko

makinekoの感想・評価

3.6
ハナレグミ深呼吸からのユニコーンすばらしい日々みたいだ
さはら

さはらの感想・評価

3.7
タイトルがうますぎる。
身の丈ってことですよね。
『新幹線大爆破』ぐらい
これしかない!、なタイトル。
大通りを通れない、
通れなかった方の若者。
「わかるわかる…」としか言えない。
フランシスのソフィー、
ソフィーのフランシス。
ソフィーの方が辛くて、ソフィーの方が大人なんだろうな。

フランシス薬のグレタ、20センチュリーウーマンのあのかっくいい人か!
全然イメージ違う
女優ってすごいなー
>|