ブロークン・イングリッシュの作品情報・感想・評価

「ブロークン・イングリッシュ」に投稿された感想・評価

miu

miuの感想・評価

3.0
とんとん拍子に進むただの甘め恋愛映画ではない印象でした。モテない訳ではないのに、どこか人生を重く暗く捉えちゃってなかなか上手に恋愛も含め人生が進まないところは、誰しも経験があるような。

でもパリに飛んで、最後電車で彼を見かけ席を立って動いたシーンは、確実に彼女の人生を変えるターニングポイントだなって。パリ行きたいな〜。
momo

momoの感想・評価

4.1
流れていくようなストーリーが好き。

男に恵まれなくとも、主人公を取り巻く人々たちは温かくて素敵だった。

そして、ノラがやっと見つけたジュリアン。優しさで溢れていた。

私的にすごく共感する部分が多くて、好きな作品。
Koko

Kokoの感想・評価

4.5
わりと淡々としてたけどめっちゃ好きやった。これから年取るにつれて何回も見たくなりそうやしその時思うこともちょっとずつ変わりそうで面白そう。ジュリアンもオードリーも、パリのおばあちゃんもおじいちゃんも、カフェで話すことになったお兄さん達も魅力にあふれてて、特にジュリアンがお風呂で喋ってたことが個人的に印象的だった。ノラはヒステリックすぎてあんまり共感できず。映像淡いトーンで続いて綺麗。ニューヨークとフランス、もう一回行きたくなった。あああああジュリアン素敵〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜フランス訛りの英語いいなあ、、
yumi

yumiの感想・評価

4.5
すごく好き!ジュリアン!笑
優しくて、素直で、言葉できちんとノラを理解しようとして、好き〜。笑
物語も、すごく自然で、そんなに強烈に残るものじゃないけど、もう一回見たくなる。わたしはすごく好き!
石井碧

石井碧の感想・評価

4.0
全体の雰囲気かなり好き!登場人物全員大げさじゃなくて自然体でサラっと見れたから良かった。1番好きなのはパリのバーで会ったおじさん。弱ってる時にあんな優しい言葉泣いちゃう。
Ayako

Ayakoの感想・評価

4.0
音楽があんまり好きじゃないけれど、服とか画面の白い感じとか、登場人物の人間味とかすごく好きです。ノラの洋服がかわいい。特に最後のニットが可愛い。
I

Iの感想・評価

3.6
ポスターから伝わってこないけど女性らしい、お洒落な雰囲気もある。特にパーカーポージー演じる主人公の洋服が大人になりきれない少女性や少しヨーロピアンクラシカルな雰囲気があり可愛かった。監督のゾーイ・カサヴェテスはジョン・カサヴェテスとジーナ・ローランズの娘であり、ソフィア・コッポラとも仲が良いというのは納得。男性へのロマンスで揺れる過程は良かったけど、結局の結末にはがっかり。
ASA

ASAの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2018.6.5 火 Netflix
昨日の夜ビールを飲みながら観てたら眠くなってしまって、翌朝残りを。旅行をしたくて映画にヒントをもらおうと思い鑑賞。

常に映像にフィルターがかかっていて、淡いそれこそ魔法のような感覚に陥る
この映画を見てると自分と重なる部分が多々あって その内自分が主人公みたいな気分になり恥ずかしくなってきた

主人公のノラは、とても魅力的で仕事もできていたのに、恋や結婚という人間の目標みたいな刷り込みに焦ってしまって どんどん崩れていってしまう
出会う男性も少なくもなく、ひと癖はあるけど良い人たちなのになぜ自分だけ…と

“あなたは魔法を待っている”
というセリフがでてくるけど
まさにノラはその通り(私も)
結婚は契約であり、愛することとは違うのよ、だったり、現実をあえて突きつけてくるセリフもあるけど、どこか魔法を期待している自分がいる、もうわかっちゃいるけどやめられない

でも周りの人がすごくまともで優しくて、幾度となく軌道修正しようとしてくれる、ノラはとても恵まれてると思うわたしも自己評価が低くまわりをきちんと見れてないんだろうなあとはっとした

吹っ切れた後のバーでの出会い
君は1人に見える
パリのおじさんはあんなに素敵なんか…本音をスパッと言うけど嫌味がない
自分の中に愛と幸せを見つけること
タクシーを呼んで見送り
明日からは良い日になるよと
それこそ魔法をかけるような言葉(←

まずは自分を愛し、理解することが
私にとっては今1番の課題ですごく難しいことだけど、この映画のお陰で前向きに傾けそうな気がする

旅行の参考には全くなりませんでした
鬼っち

鬼っちの感想・評価

3.0
答えは分かってても素直に行動出来ないのがなんでなんだろうなって自分も含めて思ってしまうような作品。人間は深くて難しいね。
トリ

トリの感想・評価

3.0
愛されるのって難しいなーって感じたことがある人は共感できるかも、と思った。

登場人物たちの人生への不安がすごい伝わってきた。
>|