ブロークン・イングリッシュの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブロークン・イングリッシュ」に投稿された感想・評価

t

tの感想・評価

3.9
妙齢の女性の悩むあれこれ。
一歩踏み出すことは年々難しくなるけど、心の向く方へ、歩き出すことも大切
Pepper

Pepperの感想・評価

5.0
NY、パリも観れるし心地よいテンポの映画だった。

自分は愛される事を感じる事なく歳を取っていく、と不安に思う主人公ノラに「自分を哀れんでいては何も始まらないのよ」、と投げかけられる言葉。良い言葉。

他にもいくつか良い台詞が散りばめられている。

本作はジョン・カサヴェテスの娘ゾーイ・カサヴェテス監督の長編デビュー作だそう。

パーカー・ポージーとてもかわいい。
この映画のパーカー・ポージーみたいな髪型にしてみた。
「魔法を求める人もいる。けど魔法は滅多に起きない」
ほんとそれ。
ノラだいぶ地雷女だったな。病気だからしょうがない、っていうの好きじゃない。
自分を受け入れて、勇気を持てば〜みたいなありがちなストーリーなら、もっとハッピーでコメディでロマンチックな方が好き。全部中途半端だった印象。
でも白いワンピース姿綺麗だった!
NorikoYata

NorikoYataの感想・評価

5.0
なんかフワフワした気持ちになれて好き。
外国の地で言葉が不自由だったって
ジュリアン(だっけ?)のように
自分らしく振る舞っていいんだ!
って思えた。

そんでグレーの麻のジャケットと
ストローハット欲しいなぁって思った。

楽しく生きる。
mmmman

mmmmanの感想・評価

3.6
自分を哀れんでいたら結局どこにも行けないわ。
自分自身の中に愛と幸せを見つけないと。
Lo

Loの感想・評価

-
reminded me how i met my boyfriend
we’ll see in a month
女の子ってみんな魔法や信じてるよね。
みんなが口を揃えて
すぐだとか
急だとか
大丈夫だとか言うけれど
きっとそれは本当で
人生も人もひとつしかないのに
みんなと同じようなタイミングだなんておかしすぎる。

そんな魔法なんて映画だけなんて思っちゃうけど
そんなこともないんだろうな。
2016年に見た記録がある
記憶が無いけど
身につまされていたっぽいw
go

goの感想・評価

3.4
男運のない独身のノラは一人寂しく過ごしていた。

あまりに切なくて仕事仲間のパーティに参加することに。

そこでフランスから来ていたジュリアンと出会う。

男運の無さから心を閉ざしていたノラだったが、ジュリアンの真っ直ぐな想いに惹かれていくという筋書きでソフトでシンプルなカメラワークによって物語にすっと入り込め面白かったですよ。

ノラとジュリアンの恋を描いた作品で主人公の自分に自信がなく暗い雰囲気が妙にリアルです。

物語はファンタジーでこんな奇跡現実的には起きないですけど気にせず鑑賞してくださいね。


ゾエ・カサヴェテスの監督デビュー作。

サンダンス映画祭上映作品。

インディペンデント・スピリット賞で2部門にノミネート。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
自分の目が霞んでるのか?と心配になるくらい全体的に青緑?掛かってる映像。

思ってたのとやや違ったけど最後の最後で会えたのは良かった。
ノラは幸せになったんだろうか?

結婚5周年パーティーでのオードリーとその後が違いすぎて笑った。
>|