アントマンの作品情報・感想・評価・動画配信

アントマン2015年製作の映画)

Ant-Man

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アントマン」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

4.3
アリがだんだん可愛らしく見えてくる。
以前地上波で見たときファルコンが敵かと思ったけどMCU追ってる今だと色々理解できる。
アベンジャーズでの活躍に期待。
TiraMisu

TiraMisuの感想・評価

5.0
なんでエンドゲーム前に見ておかなかったんだ!!と思っている。エンドゲームの時にもちらっと思ったけれども、ポール・ラッドとエヴァンジェリン・リリーの演技がめちゃくちゃ上手い。そのうえ脇を固める俳優たちも適材適所で、本当に見ていて楽しかった。もちろん映像技術もすごかった。
d

dの感想・評価

3.7
そこら辺に居そうなお父さんなのがいい。
MCUあるあるだと思うんだけど、最後アベンジャーズに誘われるってお決まりを、凄く楽しみに見ちゃう。
エンディング後アベンジャーズが出てきて「仲間にならないか」みたいなのやられると、内容がそこまででも感動しちゃうののずるいわ。
早くエンドゲームの鳥肌体験したいからこのまま突っ走る。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.7
コメディ感とアットホーム感が強い作品だった!
アントマン目線の映像もすごい!🐜
Psytoshi

Psytoshiの感想・評価

4.2
今までのマーベルとは一味違って、戦闘シーンとかも新鮮で純粋に観ていて楽しかった。トイストーリー風の面白さもあって最高。

テラフォーマーズとかもそうだけど、アリってめっちゃ作品化されてるよな。やっぱ体重の何倍もの重さを持ち上げるってのがいいのかね。🐜
Ayumu

Ayumuの感想・評価

4.6
アベンジャーズの中でもかなり好き。
恋愛、家族、ギャグ、シリアス、バトル、SF全て詰まっていて、なおかつキャラが魅力的。
嵯峨

嵯峨の感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

ここからMCU初見です。
超おもろかった。エイジオブウルトロンで止まってたのを後悔するレベルの娯楽映画。本当に不快な要素とか一切ない、軽くてわかりやすくて笑えてっていうエンターテーメントってこうだよな、うんって感じ。ちょっとMCUの前作でなんか妙に重苦しくなりそうな雰囲気だっただけに本当に良かった。

まず、意外と今までのMCUでは無かった負け犬這い上がりストーリーつうのもね、まずこの時点で良い。なんか、今までやっぱ何かしら天才とかそういう元々万能そうな奴が科学の力でアベンジャーズになるって話だったけど、今回は本当にトーシロもいいところw
まあキャプテン・アメリカンがトーシロからのスタートだけどあれもう科学の力でいきなり強くなっちゃったって感じだったけど、この作品はトーシロが、娘のために頑張る・努力する!!ってのが良かった。しかも、その努力シーンの編集とかによるテンポとか美術がおしゃれでおもろい。

で話もあのアントマンのギミックがメインというより、あのアントマンのギミックを使ったクライムものがメイン。しかも、集められた仲間たちが「オーシャンズ」みたいなエキスパート集団・・・じゃなくてこっちもトーシロなのもね、笑っちゃいますよね。バカ集団。このバカ集団と難しそうなこと語る科学者が作戦会議してるんだけど、もう普通に笑える。ていうか、なんならあの科学者も難しめな空気出す感じでもなくてツッコミ役なのもすごく良かった。ていうかMCU抜きにこの集団のドタバタ大作戦映画みてええええって感じでした。

クライム的なところもそうだけど、SF的であったりアクションももちろんしっかりしてて、これが割とごっちゃにならず整理されて映像として出てくるから非常に見やすいし楽しい。別に最後の量子空間とか特殊なところじゃなくても、アントマンだからこそSF的な映像になる会社内でのシーンとか、アクションもアントマンだからこそ・・・ってこれはそりゃそうなんだけど本当に見やすい。最高。

外し演出とかも、例えば映画の全体の空気感にそぐわないしんみりしそう・・・ってところで、主人公がムードを作り直すっていうギャグ演出いれてたり、アクションでもトーマスがすごい勢いで吹っ飛ぶ・・・んだけど実際はカランコランってちょっとクスって笑えるギャグが多々あって邪魔にならず、それどころか映画として機能してるのもすごく良かった。

あと最高だったのは、主人公がトレーニングしてるんだけどいかんせんトーシロだからちょっと上手くいかない!!であの美人なお姉さんがお父さんに怒っちゃうって場面、本当に映画が映画だったらすごく深刻になりそうなんだけど、主人公の表情というか顔が本当に無能が自分の不出来で気まずくなっちゃってる顔でここもやっぱ深刻にならない良い軽さがあってすごく良かった。ラストとかも、あのキャシーのいまのお父さんを無下にしないで、みんな仲良くって感じとか素晴らしいラストでした。
Taul

Taulの感想・評価

4.0
『アントマン』2D字幕版鑑賞。ポール・ラッドが超ハマり役でダメ中年男と愛娘のために戦う父親のミックスで魅せる。関係がダブる科学者父娘、悪仲間、蟻チームらも絡んで面白い。脚本と映像表現にはややキレがない感じも。コミカルさと小ささの魅力、忘れてたようなタイプのニューヒーローの誕生。

『アントマン』ほんとIMAX上映ないのが悔やまれる。IMAX撮影自体は無かったようだが、ミクロの世界の描写や夜のアクションなんかがもっと鮮やかで臨場感が違うんだろうなあ。特に3Dは暗くないIMAXがありがたい。

『アントマン』ファンは楽しめたと思うんだけど、MCUネタは少しウザい感じもした。ちょっと食傷気味なのと、1本の映画、それも新しいヒーローの誕生劇として面白かったから、まずはこのアントマンの世界を大事に描いてくれ、って思ってしまった。

『アントマン』2回目鑑賞。話しの細部や登場人物の想い、蟻さん達の活躍もしっかり捉えられ世界に入り込みました。一番守るべき可愛い場所での誇りをかけての死闘。アクションの楽しさ、笑い、そして涙と、いろんな感情が揺さぶられた。
設定が面白い
虫というかアリがめちゃくちゃ出てくる。
苦手な人はオススメしない。
jump

jumpの感想・評価

3.6
突出した能力があるでもなく、熱い背景があるわけでもないアントマンにはそれほど惹かれなかった。
アベンジャーズ シリーズでは、最下位かも。この作品だけなら。
>|