おとなの恋には嘘があるの作品情報・感想・評価・動画配信

「おとなの恋には嘘がある」に投稿された感想・評価

記録。
THE シンプル、悪くいえば地味かも。
鉢合わせの気まずい空気感はなかなか。大団円な結末は描かれないので、今後あるのかないのか分からない進展に想像を巡らす余地はある。この作風ならこれがベストだったのかも
これが、美男美女なら印象は変わるかも。外国っ離婚してても子供は大事にするんだね。まっ、映画の中では100%。

このレビューはネタバレを含みます

設定がユニーク。イケメンと美女のラブストーリーなんて山ほどあるけど、中年のちょっと太った男の人との恋って、すごく等身大。一回どっちとも仲良くなっちゃったから言えなくて、でも好きで、って気持ちはすごく分かるし、エヴァに共感できた。最後結局アルバートとくっついたのも、納得、良かった。
やよい

やよいの感想・評価

3.0
タイトルで夫さんと面白そう(≧∇≦)と決定。

ちょっとエヴァが大人になりきれてない感じもするんだけど。
所々、胸がチクッと自分の中で思い当たる部分があった。
自分のダメだったところ。今は改められてるかな。不安(๑·́ω·̀๑)

他人の意見より自分の気持ちを信じなきゃダメ。
犬

犬の感想・評価

3.4
ダイエット

友人や最愛のひとり娘に囲まれ、離婚後も楽しく暮らすマッサージ師のエヴァ
しかし、娘が独り立ちすることになり、今後の人生に寂しさや不安を抱き始める
そんな時、友人のパーティで自分と似た境遇の男性アルバートに出会い惹かれていく
新しい顧客のマリアンヌとも意気投合し、お互いの身の上を語り合うが、マリアンヌの話す元夫のダメ男がアルバートだとわかり……

ジェームズ・ガンドルフィーニの演技が光るコメディドラマ

大人〜

なんとも言えない展開
雰囲気ある

みなさんセクシー
子どもたちも印象的

俳優陣の演技が良かったです
Amber

Amberの感想・評価

3.6
エヴァ(ジュリアルイスドレイファス)はマッサージ師で離婚して10年。
最愛の娘が大学に行ってしまう寂しさを感じていた時、パーティでアルバート(ジェームスガンドルフィーニ)に出会う。アルバートはおおらかでユーモアのセンスがあって、エヴァはだんだん惹かれていく。同じくパーティで知り合って顧客になった詩人マリアンヌからは元夫の悪口を聞くようになり…。

自分の感じ方がすべてではあるけれど、傷つきたくなくて、情報を元妻から得ようとしてしまう気持ちは分からなくはなかったです。
ただ、それはどこまでいっても元妻の価値観を通した情報でしかない。
自分の感覚を信じないといけないですね。

エヴァの親友役のトニコレットのファンで観ました。

ジェームスガンドルフィーニは映画公開時に亡くなっていたそうで、とても残念です…。エンドロールの〝For Jim〟ってそういうことかと後で知りました。
13の映画賞で演技賞の候補になっている作品。
脚本賞でも6つ候補になってるけど。
受賞したのが
ボストン映画批評家協会賞での助演男優賞(ジェームズ・ガンドルフィーニ)だけでしたし
有名スターは誰も出ていないので、、
特に日本では埋もれてしまっている映画ですね。。


****


最近イイ感じの男性が実は親友の元旦那だった!

っていう本当に本当にミニマムな話。
だからこそ、セリフや演技やアンサンブルで見せていかなきゃいけない。


****


原題は『Enough Said』(もう喋るな)。

喋らないとコメディにならないわけですからね、
みんな喋るわけです。

おかげでテンポはいいけど、どんどん泥沼へ。。


おとながしみじみ楽しめるラブコメですよ。


****


フィルマガ連載第44回目です!
どうぞよろしくお願いいたします!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

愛されおじさんが大集合!髭&ぽっちゃりが活躍する映画5本 | FILMAGA(フィルマガ)
https://filmaga.filmarks.com/articles/2929
ザン

ザンの感想・評価

3.2
鉢合わせした時の、ヒロインの困り顔八の字眉毛が印象的。でも知り会った異性を確実に知る情報源として、いろいろ話を聞いておきたいその心理は、わかる気がする。
バツイチ同士の大人の恋愛劇。 

Sex AND THE CITYの演出家だからなぁ。って思って軽い気持ちでみていたら…なんとなく、アルアル、なセリフのオンパレードで~。 

なかなか楽しんで観賞できました。 

着地点がイマヒトツ、私好みではありませんでしたし、主人公の相手役の男性がリアルにイケテナイ男っぷりでしたが、、、この男性の俳優さん、もう亡くなってるんですね。。 
エンドロールの、ジムに捧ぐ。ってのをみて、ちょっとウルウル。 
ファーストカットから画の色味が良い(^^)
爽やかでちょっと淡い感じ。
セリフ、言葉のセンスも良い。
どうなるのかなどうなるのかなって少しのドキドキ感と共にまったり観られる。
バターポップコーン食べたくなるなぁ笑
離婚、再婚が題材ではあるけど嫌な気分には全くならない素敵な映画。
>|