マドモアゼルC -ファッションに愛されたミューズ-の作品情報・感想・評価・動画配信

『マドモアゼルC -ファッションに愛されたミューズ-』に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

1.0
雑誌のプロモーション映画なのかな?
雑誌作りが主軸でちょこちょこインタビューを挟む感じ。かなり退屈だったので流し見で。主人公の編集長にも魅力を感じなかったです。
kokoko

kokokoの感想・評価

1.0
なにこれ。心底つまらないドキュメンタリー。
ファッション関連のドキュメンタリーの中でも群を抜くつまらなさ。

ドキュメンタリーを名乗ったプロモーション。

時間の無駄で観るのやめた。

カリーヌ・ロワトフェルドのドキュメンタリー。ファッション大好きなのに存じ上げませんでした。

『プラダを着た悪魔』は米版ヴォーグの編集長アナ・ウィンターがモデル。カリーヌは仏版ヴォーグの元編集長。

>>続きを読む
cardamon

cardamonの感想・評価

3.0

元ヴォーグ編集長だったカリーヌ・ロワトフェルドが、2012年にハーパーズ バザーのファッション・ディレクターとして『CR Fashion Book』を立ち上げる。その経緯を描いたドキュメンタリー。構…

>>続きを読む
mmmmm

mmmmmの感想・評価

-

テリーリチャードソン等もう公では見れない人からエルバスといった亡くなられた方達も写っている。
その他有名人探しだけが楽しい。

最後のセリフの通り、CRってまだ続いてるの、、ってググったらまだ発刊し…

>>続きを読む
coco

cocoの感想・評価

3.3
2024年63作品目
ファッションの奥深さ、芸術性の高さを再認識できる作品。
カール・ラガーフェルドとトムフォードとの仲の良さが垣間見える、、!

フランス「VOGUE」誌の編集長を10年間務めたカリーヌ・ロワトフェルドのドキュメンタリー。

ファッション界で大きな人気と影響力を誇るロワトフェルドは、18歳でモデルとしてキャリアをスタートさせ、…

>>続きを読む
一冊の雑誌、一枚の写真には、色々なストーリーが詰め込まれてる。
aya

ayaの感想・評価

2.7

カリーヌ・ロワトフェルド、魅力的な人だった。周りのスタッフも優秀そう。高め合っている感じは理想的。たくさんの現場の様子はどれも創造力で満ちているし、終始華やかで心が潤った。ルカ・グァダニーノの演出少…

>>続きを読む
lovemyself

lovemyselfの感想・評価

3.0
もっとカリーヌのインスパイアを受けるものやバックグランド、モノに対する考えとか詳しくききたかった

あなたにおすすめの記事

似ている作品