ジェニーの記憶の作品情報・感想・評価

「ジェニーの記憶」に投稿された感想・評価

福之助

福之助の感想・評価

3.7
自身の体験を元にした映画。

子供の頃は虐待だと気がつかない事が多い。
幼すぎて、それが何かもわからないから。

大人になり苦しむ人が多いことに納得。

この映画のラストも実際の話しなら少しスッキリ。
70年代だから許されるのか
どうしようもない消せない過去が
蘇るとき、今までの行動の理由や
癖の理由がわかる。
yumeayu

yumeayuの感想・評価

4.0
"この物語は私の知る限り事実である"

世界的なドキュメンタリー監督であるジェニファー・フォックスが自身の体験を自ら映像化。
つまり今作の主人公は監督自身(演じているのはローラ・ダーン)。

ストーリーは、ジェニーの母親が彼女が13歳の頃に書いた作文をたまたま見つけたところから始まる。そこにはジェニー本人と思われる少女と成人男性との性的関係が描かれており、母親はジェニーが性的虐待を受けていたのではないかと彼女に問い詰める。

年上の男性と付き合っていたのは事実だ。
自分は同年代の子供たちより大人びていたし、しっかりしていた。
しかもあれは真面目な恋愛だった。
しかし何故だか細かな記憶が不鮮明だ…。

物語を語る過去の自分。
記憶を探る現在の自分。
徐々に明らかになる真実。

ジェニーは自らの記憶を辿り過去の関係者たちに取材を進めるうちに、自分がいかに幼稚で大人に都合よく扱われていたかを知る。
これはある種のマインドコントロールのようだ。
思春期に差しかかろうとしている13歳という年齢。自分が大人と対等だと扱われると嬉しいと思う気持ちはわかる。
孤独感や心の隙間につけ込み、到底信じ難いようなうわべだけの言葉をちらつかせる大人たち。
大人だって騙される人はいるのだから、善悪の判断のつかない子供ならなおさらだろう。
間違ったことだと薄々感づいていながらも、身を捧げてしまった子供に罪はない。

これはとにかく胸糞悪い。子を持つ親として他人事ではない気持ちだ。
主人公の親も含め、出てくる大人がみんなロクでもない。歪んだ性癖をもった大人のおぞましい素性。こんなの愛でもなんでもない!

怖いのは、被害者が被害者であると自覚することの難しさだ。大人だって声を上げるのは勇気がいることだ。
衝撃的な体験は時として記憶までも改変し、封じ込めてしまう。これは自己防衛の一種なのだろうか。

レイプとはいかないまでも、痴漢や悪戯を含めたらジェニーと似たような体験をした子供は多いのではないか。世の中にはこのように明るみにならない事件が幾多と存在していると思うと胸が苦しい。

物語の結末がやや投げっぱなしな気はしたものの、こんな辛い体験を自ら作品として世に出した監督の勇気と行動力に敬服する。
そして演じた役者たち、製作会社のHBOにも敬意を払いたい。
ごん

ごんの感想・評価

-
すごくつらいし、いやな気分にもなるけど、観るべき映画だったと思える。特に最近のニュースを見ていると。
ボリス

ボリスの感想・評価

3.0
ビルの気持ち悪さが最初の登場シーンからビンビンに現れててオッ…てなった

乗馬の先生はなんなのだろうか…
石田

石田の感想・評価

3.9
性的虐待を受けた子供の心理が、実体験の重さを伴ってむざむざと見せつけられるシリアスなドラマ。
こういう事件を起こす邪悪な大人は、ターゲットに出来る子を見つける「目」を持ってるんだなあと
ラストシーンは画になるんだけどもまあ最悪。
なんだか不思議な映画だったな〜

子どものときに、些細なことだけど、
あーお母さんのいうこときいとけばよかった。って思うことが多々あった。
そりゃそうだよ、
生きてる年数違うし、経験値が全く違う。
子どもの時は何もするにも失敗が付きもの。

この映画の性犯罪は、未知な子どもの懐に上手くはいって、言葉で巧みに促してる感じがして、そこが気持ち悪かった。

性描写のシーンも違和感しかない。
気持ち悪い。
最後もっと言ってやれ!!って思いながらみていて、あんまりスッキリ終われず、、リアルだなでも。
胸糞、、、、、、、、
キャスティングが絶妙で驚いた、、
年老いた先生もビルも他の人も、ほんまに昔と同一人物っぽくてすごい

このレビューはネタバレを含みます

自分の記憶の中での自分像と実際の自分には大分誤差がある。その記憶を辿るのって怖い、美しい記憶として創作として改ざんしてしまうくらいに傷を負ったのに自分は被害者じゃなかった、特別だった。恋愛関係にあった。と思い込んでしまってたとこが悔しかった、実際に本人に会ったところで爆発できたのは良かったよ、、、ロマンティックなことじゃない正当化しないで、悪いこと、おぞましいことだったんだよ!
本人に会うのって怖いし勇気あることだ…監督が映画にしたのもすごいしHBOという大きな会社に託せれたのもよかった。

でも、こうゆう幼い頃にこんな体験した人は少なくないと思うのだ。
幸いにも未遂で終わったが、私の友人にも何人もいるし、私は実際に中学生のころ針治療で通った医者のじじいにセクハラされてた事がある。怖くて助けてと言えない、親に言っても何もしてくれなかった、
無抵抗な子供に手を出す、性的な目で見てくる大人はクズだ。
ぽんず

ぽんずの感想・評価

4.5
これ義務教育の一環として中学生に見せた方がいいんじゃない!?って思った。
というのもSNSの台頭でこの映画と全く同じ構造で未成年の女の子とつながりを持とうとする成人男性たちが増えている、というか可視化しているからだ(もちろん性別が逆のこともあるだろう)
そりゃ承認欲求と孤独感の権化みたいな思春期の少女に大人が賞賛と愛(と見せかけた下心)をちらつかせれば簡単に落ちるだろう。
ジェニーの彼氏が「40の男が13歳の女の子と付き合うなんて犯罪だ」と嫌悪感を露わにしていて、やっぱりこれが普通の反応だよ!とスッキリした。
>|