キカイダー REBOOTの作品情報・感想・評価

キカイダー REBOOT2014年製作の映画)

上映日:2014年05月24日

製作国:

上映時間:110分

2.3

あらすじ

ロボットの平和利用によって日本国民に幸せをもたらそうという「ARKプロジェクト」が進行していた。しかし、その過程で、ロボットに“心”=「良心回路」を持たせようとした主任研究員の光明寺博士と、それを否定する立場の研究員ギルバート・神崎が激しく対立する。  そんなとき、光明寺博士が非業の事故死を遂げた。彼が息子・マサルの体に残した研究データを狙って、謎の特殊部隊が動き出す。狙われるマサルと、その姉…

ロボットの平和利用によって日本国民に幸せをもたらそうという「ARKプロジェクト」が進行していた。しかし、その過程で、ロボットに“心”=「良心回路」を持たせようとした主任研究員の光明寺博士と、それを否定する立場の研究員ギルバート・神崎が激しく対立する。  そんなとき、光明寺博士が非業の事故死を遂げた。彼が息子・マサルの体に残した研究データを狙って、謎の特殊部隊が動き出す。狙われるマサルと、その姉・ミツコを守ったのは、光明寺が造ったアンドロイド・ジロー。やがてミツコとジローは人間とアンドロイドの壁を越え、静かに“心”を通わせていくが、ジロー=キカイダーを破壊しようとする暗黒の戦士・ハカイダーが現れて――!

「キカイダー REBOOT」に投稿された感想・評価

ポンジ

ポンジの感想・評価

1.0
鎧武のコラボ回を見て本作を見ました。

悪いと思ったところを書きます。
・全体的に長いと感じた
・話があまりワクワクしない
・戦闘シーンと通常シーンの音量差が大きい
・登場人物たちがややヒステリック気味

コラボ回の方が面白かったです。
Yoshimitsu

Yoshimitsuの感想・評価

2.0
ストーリーがいろいろ中途半端な気がした。 伴大介さんとエンディングにワルダーを見ることが出来たからOK笑
ayumi

ayumiの感想・評価

3.3
評価低い…

原作もドラマもよく知らない、思い入れもない

この手の哲学モードなストーリーは苦手なのでハナから理解する気なし

そんなこんなが幸いしたのか、けっこう楽しめた(ハードルめちゃくちゃ低かったし)

ターゲットとする観客層にはフィットしてない作りなのかも

格闘シーン、実際の攻撃がそうだったという意味ではないのだけれど、ローキックと中段突きに終始する極真空手の試合に通じる単調さが感じられたのがちょっと残念

アンドロイドとかロボットの格闘、人間のそれと違ってダメージのバロメーターである出血、皮膚の変色を伴わないので痛みやら体力の消耗やらクリティカルな一撃やら、もともと伝わりにくいから難しいなと

予算の限られた実写だとそうそう壊しまくるわけにもいかないだろうし

合成マスクの雑さ、フェイクのコンクリートや岩の重さバレ、人物と建物とのチグハグなスケール感がもったいなかった

本田博太郎出てくるだけで作品が安っぽくなるあるある

高橋メアリージュンかっこいい

長嶋一茂の演技なかなかの見応え

佐津川愛美ラブ(キュロット×黒タイツ×ブーツはさすがに見飽きたけどニット着たら最強説)

年の離れた弟がいる第一子役というのは彼女には合わなかったけど

17/48

このレビューはネタバレを含みます

好きなところ
・アクションが悪くない
・長嶋一茂の演技が悪くない
・ハカイダーの造形
どのようにリブートしようが自由だが、キカイダーを愛していない輩が作るとこうなったのが本作。

ジローは良心回路を持つことによりロボットでありながら人間になりたいという葛藤の中で『生きて』いる。そんなジローがハカイダーとの対決で下した結論はキカイダーの世界観を無視していると言わざるを得ない。

ハカイダーは人気キャラなので登場させたいのはわかるけれど無理やりこじつけすぎ。
一方、マリは変身せず。
パート2を作ろうと思っている?

ミツコには最初から嫌悪感しか抱くことができず、ジローは機械のような演技をするが機械には全く見えず。キャスティングはもう少し真面目にやってほしい。

頼むから誰かキカイダーを愛してる人がきちんとしたリブートを作ってください。
東京の撮り方がかっこよかったです。
地方に舞台が移ってからは急に普通になったので、そのアンバランスさがおもしろいなって思いました。

アクションもよかったし、キャラのビジュアルもよかったです。

けど基本、私の心とモニターの距離が東京と北京くらい遠く感じられる作品でした。ストーリーがどうにも私には合わなかったです。ちょっと何を言ってるのかよく分からなかったです。

そしてキカイダーがぼこられてたシーンばかりが印象に残ってます。むしろキカイダーがぼこなシーンの方に手間をかけてた気がしてなりませんでしたが…。

この監督さん、キカイダーが嫌いだったんですかね…

私はキカイダーは好きでも嫌いでもないので、そこはどうでもいいんですが、ヒーローものだから最後は気分爽快!ってなると思ってたんですが、最近のヒーローものはそうではないんですね。
しかも最後まで登場人物が何言ってるのか分からなくて、最後は軽くナチュラル・ハイになれました。
ねぎお

ねぎおの感想・評価

1.9
監督は下山天さん。直近は「Lエル」を監督した。手がけたミュージックビデオは多数。
キカイダー出演のラストシーンはさすがの夕陽!グリーンバックの合成?「Lエル」でもそうでしたが映像美です。美しい。


長嶋一茂氏が意外な発見。結構演技できてるんですよね!
しかしメイン二人が実験的な起用では・・。
主役の子は研音所属。死んだ博士の娘はホリプロ所属で「ヒメアノール」のあの女の子。

確かに昔「キカイダー」観ていたわし世代にはギター持った「ジロー」ってだけで、背中ぞくぞくする!キカイダーやハカイダーの造形は見事で、これだけ動けるんだもん。すっごいよ。
ただね、こういった系って演技下手だとまったく世界観ついていけないんだよなあ。
ごめんなさい、百歩譲って遠慮して、でも「下手!」

オーラスのクレジットバックは往年の映像です。懐かしい!!

このレビューはネタバレを含みます

 アンドロイドのジローことキカイダーは自分を作った博士の娘さんたちを護衛するけど、人間の心とは? なぜ生きるのか? 何のために戦うのかを悩み続ける100分間の話。

 冒頭からキカイダーのアクションシーンの迫力が凄くてカッコよかったです。空撮の近未来感いっぱいのネオンがきらびやかな映像とかもクールでした。
 予算もすくないであろうにキカイダーと巨大ロボットとの戦いとかも安っぽくなくて迫力あって凄かったです。たくさんあるアクションシーンのどれもがカッコよくて面白かったです。アクションチーム、スタントチーム、CGチームのみなさん素晴らしかったです。

 キカイダーが作られるけど、アンドロイドを平和利用する博士と軍事利用しようとする博士の対立があり。平和利用の博士の娘さんと息子さんが謎の軍団に襲撃されて、ピンチのところを助けるキカイダー。博士の命令で2人を守ることになって逃避行が始まる。
 ここまでの序盤はアクションもカッコよくて期待できるツカミでよかったです。

 ところが逃避行も近未来の世界で「野宿だ」と普通に海岸でたき火しながら語り合ったりして緊張感ないのが痛いです。そもそもヒロインはキカイダーに対して何の疑問も抱かないのかな? 追っ手の黒服の人たちも何で追ってるのか? とか見ててわかりませんでしたが、ヒロインたちはその質問はせずにキカイダーと一緒に行動を共にする。
 ほいで追っ手との戦いがありますが、キカイダーは人間を守る。ということとか完全って何? 不完全って何? 人間の気持ちって何? とかいろいろ悩み始めます。
 悪役もダラダラと自分の気持ちや思いを語りますが、やってることとかは小さいしでいろいろ喋ってるわりにはスケール小さいので盛り上がらなかったです。

 悩む主人公に悩むヒロインに自分の気持ちを延々と語る悪役たち。そしてそれを解説するジャーナリスト。ちょっと何やってるのかわからないストーリー展開でグッタリでした。

 あとは画面が全体的に暗くて、せっかくの激しいアクションシーンが見えづらいのも痛かったです。ほぼナイトシーンだし、スタジオ撮影も暗いし。話も暗くて、ダウナーな気持ちになっていきました。 
 ギター弾きながら廃墟に立ってるキカイダーというのは笑わせようとしているのか謎でした。

 アクション活劇としてキカイダーの設定、良心プログラムを解除するのかしないのかとかもイマイチ盛り上がらないしで、設定も弱いしで。結局、パワーアップして逆転するとかって流れも弱くて、無表情になっていくクライマックスで残念。

 ヒロインの弟さんが「お姉ちゃんが何で悩んでるのかわからないよ!」と言ってましたが、この映画全体のことを言ってる名台詞だと思いました。
 そして大学生と小学生の2人暮らしなのにタワーマンションの高層階に住めて、富裕層うらやましいな。と思う映画でした。そしてエンドクレジットで流れるオリジナルのキカイダーのスチール写真を見てると。オリジナルって傑作なんだろうなと面白そうだなと思ってしまうのが悲しかったです。
キよ4

キよ4の感想・評価

-
機械として完全でありたいと思いそして人間的感情を持たせるための良心回路を内蔵するアンドロイドのキカイダー ジロー
ジローはYMOが好きらしい
ヒロインのねーちゃんが好みじゃないのでロマンスシーンはうざったい
東京の夜景(擬似東京夜景?)は美しい
超高層ビルの屋上でキカイダーと対決する巨大重機のようなクモ型ロボットがなかなかかっこいいし好き
マッドサイエティストのプロフェッサーギル
スケルトンの脳ミソ丸見え頭がイカす破壊と混沌のハカイダー
電磁エンドのエレクトリックスパーク
絵に描いたような朝焼けがきれい
できれば兵器としてのアンドロイドのマリーとキカイダーのアクションシーンを存分に見せて欲しかった
ザ・コレクターズのゴーゴーキカイダーのカヴァーが最高
懐かしのTVドラマ人造人間キカイダーのリメイクというかリブート?
ロボットが出てくる映画は大好きです
初)日本版ロボット特撮物。こちらはロボコップとは違い、より完全なキカイになりたい人間の心を持ったキカイのお話。和風なんで情に訴えちゃう…ハカイダーとの決闘も殴る蹴るの格闘でより人間らしいです。(ノ-_-)ノ~┻━┻日米ロボットの表現方法は異なるものです~
>|