キカイダー REBOOTの作品情報・感想・評価

キカイダー REBOOT2014年製作の映画)

上映日:2014年05月24日

製作国:

上映時間:110分

2.3

あらすじ

ロボットの平和利用によって日本国民に幸せをもたらそうという「ARKプロジェクト」が進行していた。しかし、その過程で、ロボットに“心”=「良心回路」を持たせようとした主任研究員の光明寺博士と、それを否定する立場の研究員ギルバート・神崎が激しく対立する。  そんなとき、光明寺博士が非業の事故死を遂げた。彼が息子・マサルの体に残した研究データを狙って、謎の特殊部隊が動き出す。狙われるマサルと、その姉…

ロボットの平和利用によって日本国民に幸せをもたらそうという「ARKプロジェクト」が進行していた。しかし、その過程で、ロボットに“心”=「良心回路」を持たせようとした主任研究員の光明寺博士と、それを否定する立場の研究員ギルバート・神崎が激しく対立する。  そんなとき、光明寺博士が非業の事故死を遂げた。彼が息子・マサルの体に残した研究データを狙って、謎の特殊部隊が動き出す。狙われるマサルと、その姉・ミツコを守ったのは、光明寺が造ったアンドロイド・ジロー。やがてミツコとジローは人間とアンドロイドの壁を越え、静かに“心”を通わせていくが、ジロー=キカイダーを破壊しようとする暗黒の戦士・ハカイダーが現れて――!

「キカイダー REBOOT」に投稿された感想・評価

僕はどちらかと言えば「キカイダー01」の方が好きなんです。あのラッパをビルの上で吹く姿にドキドキしたもんです。
もちろんキカイダーもハカイダーもフィギア持ってるくらい好きだけど、今作も「メタルダー」みたいなぱちモノにならないか不安でした…。

まぁ悪くはないです…キカイダーの原型ないじゃん!ってツッコミはありますが(笑)
ボディも仮面ライダーブラックのシャドームーンみたいだなぁと。
ギターを持ってるわりに弾かないなぁ〜と思ってたら、「そこで弾くんかい!」ってね。
でも弾くならやっぱりビルの上から聞こえてくる感じにしてほしかった。
高橋メアリージュンもビジンダーになるんかと思ったらならないしっ!

ってツッコミばかりですが、その分、エンドロールの映像は見ものです!
Takahiro

Takahiroの感想・評価

1.0
これ格闘技番組ですかってぐらい戦闘シーン多々。
キカイダーヒーローなのに弱すぎ、ストーリーは陳腐
くゆり

くゆりの感想・評価

3.3
キカイダーの知識が全く無いのでわりと楽しめました。ストーリーの展開は好きだったから演出でちょっと損してる気がします。
スーツのデザインが現代っぽくてかなり好きでした。顎のラインとか横顔がすごく綺麗!生身アクションもかなり頑張ってるし、それ以外のアクションシーンもかっこ良かったです。腕の重量感とかアンドロイドらしくて好きです。
こんなクソゴミ映画なかなかだよ。この監督に直接メール送って返信も来たが、全くもってキカイダーを理解してない!鑑賞時間を返せ。
ymsn

ymsnの感想・評価

2.1
古き良き特撮の名作、人造人間キカイダーの現代リメイク版。

原作の設定はちょいちょい残しつつも、現代版らしいまったく新しいアプローチになっている。
「仮面ライダーTHE FIRST」とか好きな人は楽しめると思う。

シナリオはあまりに分かりやすかった。シンプルで悪く無いが、王道すぎてイマイチ深くは入り込めない。


個人的に、ソリッドな造形のキカイダーやハカイダーを見るために鑑賞した部分が大きい。
意外と生身でのアクションが凝ってるシーンが多くて面白かった。

ハカイダーのデザインは、アレンジしつつもシンプル。原作と雨宮版の中間を取りつつも、まさにソリッドみたいな印象。

まぁ2回目見ることは無いかな…。
ストーリーや設定は色々と難アリ…。
ハカイダーのデザインはまぁカッコいいけど雨宮慶太版には及ばないなぁ。
主演の2人はそこまで評価できないが、石橋蓮司と本田博太郎と鶴見辰吾で画面が持っていた感。
あとスーツアクターの人がかなり頑張ったと思う。
sin182

sin182の感想・評価

2.0
キカイダー弱すぎ。

全体的にグダグダ。

エンドロールの昔の
キカイダーの方が
何故かワクワクする♬
(昔を見た事ないけどwww)

結果、イマイチ(笑)
ポンジ

ポンジの感想・評価

1.0
鎧武のコラボ回を見て本作を見ました。

悪いと思ったところを書きます。
・全体的に長いと感じた
・話があまりワクワクしない
・戦闘シーンと通常シーンの音量差が大きい
・登場人物たちがややヒステリック気味

コラボ回の方が面白かったです。
Yoshimitsu

Yoshimitsuの感想・評価

2.0
ストーリーがいろいろ中途半端な気がした。 伴大介さんとエンディングにワルダーを見ることが出来たからOK笑
ayumi

ayumiの感想・評価

3.3
評価低い…

原作もドラマもよく知らない、思い入れもない

この手の哲学モードなストーリーは苦手なのでハナから理解する気なし

そんなこんなが幸いしたのか、けっこう楽しめた(ハードルめちゃくちゃ低かったし)

ターゲットとする観客層にはフィットしてない作りなのかも

格闘シーン、実際の攻撃がそうだったという意味ではないのだけれど、ローキックと中段突きに終始する極真空手の試合に通じる単調さが感じられたのがちょっと残念

アンドロイドとかロボットの格闘、人間のそれと違ってダメージのバロメーターである出血、皮膚の変色を伴わないので痛みやら体力の消耗やらクリティカルな一撃やら、もともと伝わりにくいから難しいなと

予算の限られた実写だとそうそう壊しまくるわけにもいかないだろうし

合成マスクの雑さ、フェイクのコンクリートや岩の重さバレ、人物と建物とのチグハグなスケール感がもったいなかった

本田博太郎出てくるだけで作品が安っぽくなるあるある

高橋メアリージュンかっこいい

長嶋一茂の演技なかなかの見応え

佐津川愛美ラブ(キュロット×黒タイツ×ブーツはさすがに見飽きたけどニット着たら最強説)

年の離れた弟がいる第一子役というのは彼女には合わなかったけど

17/48
>|