劇場版 マジンガーZ / INFINITYの作品情報・感想・評価

劇場版 マジンガーZ / INFINITY2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

あらすじ

あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。 かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。 あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。新たな出会…

あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。 かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。 あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。 それは神にも悪魔にもなれる―。

「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」に投稿された感想・評価

つまらなかったなぁ
途中で少し寝てしまった
3Dプリンターで・・・・ってのがなぁ
新キャラもなぁ
そもそも脚本が・・全然ワクワクしない

でも正直言うと、僕は真マジンガーにゾッコンだったので
そのイメージに引っ張られすぎていて
かなり期待はずれだったのかもしれない
baru

baruの感想・評価

-
傑作
大きなスクリーンで戦う魔神を見れて満足
中年のリーマンが多かったが、子供の頃に見た鉄の城は今でもそのままであった
マジンガーZはスーパロボットだと思っていた僕の認識はちょっとズレていたのかもしれない…
とりあえずツッコミどころが多すぎて笑える。
途中はロボットアニメより美少女アニメを見てる気分。
精神的に参ってたから明るい気分になれたという意味ではスコア満点。
84g

84gの感想・評価

3.0
これはメアリースーだ、そう説明しやすい映画。
某SF二次創作において登場したキャラクターを転じて、『二次創作で追加されたキャラクターなのにオリジナルキャラより目立っちゃう現象』。
それがすごく説明しやすい作品。

オリジナルキャラクターも決して無駄ではない。
作劇上の様々なテーマ……未来への願い、エネルギー問題、未来の選択、くだらない世の中への葛藤、家族愛、様々なテーマにおいて関わっている。
だがしかし、そこで気付く。“テーマ多すぎね?”と。

恐らく、企画段階で様々な注文が入ったのだろう。

『真マジンガー漫画版みたいにアンドロイドキャラ出そう』
『平行宇宙ネタをやると次回作も作りやすいぜ!』
『グレンダイザ―やグレートブースターを次回に残しておいて』
『大人も観るからそれっぽいテーマをどんどん出そう』
『女の子が魔法少女っぽいことすると流行るんじゃね?』

制作の都合とコンプライアンス、ああ、哀れ。
結果として世界説明などをする時間が有るわけもなく、『フシギ宇宙からフシギ現象が起きました』以上の説明はない。


だがしかし、駄作と断定するのは早すぎる。
冒頭から機械獣軍団相手に必殺パワーを束ねて叩き込むグレートマジンガー。
仲間たちを守りつつ孤軍奮闘する姿は正に勇者。
オリジナルロボットもデザインはやや凡庸だが、世界設定を端的に現しているし、ボスボロットはその前後のラーメン屋やナンバープレートなど小ネタが溢れている。

そして退屈な日常シーンから、鬱積した感情を解き放つように暴れ回るマジンガーZ!
これはもう、平和な世界に退屈しかけていた甲児の心情とシンクロして躍動する。
立ちはだかるガラダブラコンビ、お約束とばかりに連携の穴を露呈するブロッケン・あしゅら組。
史上最強のグルグルパンチこと大車輪ロケットパンチなど、このシーンだけで劇場に行く価値は充分。
マジンガーZを見る映画である。それ以上ではない。
くそつまんねぇ説明シーン&スパロボと派生作品に毒され過ぎな脚本

VS

あまりにも分かりすぎな戦闘シーン&日常へ帰着するキャラクター達のドラマ&「Z」

の素晴らしい名勝負の結果、両者痛み分けの引き分け!!!!!!
4DXでパイルダーオン!!
正統な続編であり、新しい作品である

私の中のNo.1スーパーロボット マジンガーZ
45年という時間経過をものともしない伝説的な作品だと思います
リアルタイムな視聴者ではないので、懐かしさが感じられないのは残念ですが(笑)
小難しさが心地好く、ちょっとエッチで(セクシーではないのが素晴らしい)、ちょっとアホで、人類の幸せを切に願う…ぐっと熱くなれます…
この格好良さは圧倒的でした

ストーリーとしては、テレビシリーズから10年後
大人になりマジンガーから降りた兜甲児に 再び人類の未来が託されるというもの
フォルムはそのままに、戦闘シーンの滑らかさ細やかさにより魅力が格段に向上
終始クライマックスというテンションで、序盤のグレートからずっと前のめりでした!
近所では4DXの上映しかなかったのでしぶしぶといった選択でしたが、めちゃくちゃオススメ
ぜひ劇場でマジンガーZと人類を守ってください
mika123

mika123の感想・評価

4.0
あまり期待していなかったが、結構、楽しめました。必殺技のオンパレード。少しカッコいい倒し方があって良かったです。
小学生のとき、マジンガーZの絵を何度も黒板に書いたことか!

オトナコドモが時空を超えて。内容なんて、どうでもよく(苦笑)

ありがとうマジンガーZ。ありがとう兜甲児。ありがとう永井先生。
アフロダイA、ダイアナンA、ビューナスA(ジュンが操縦するところの)、グレンダイザー、ロボットジュニアはどしたっ!

なんていう不満は些細なこと。いやもうあり得ないくらいにド感動。

ストーリーとかテーマはまずまずといったトコロだが、キャラクター(有機物無機物問わず)が愛おしいったらありゃしない。例えば、出てきた瞬間にそれまでの緊迫した空気を180度変えてしまう(まさに実写では不可能な、アニメでしか出来ない映像表現!)ボスボロットが愛おしい。これから繰り出す攻撃の名前をいちいち大声で叫ぶ兜君も剣君も愛おしい。お前は綾波レイか!っつーワリには思いっきり愛想の良いリサはかなり愛おしい。

そして、何より愛おしかったのが弓さやか。余りに感情移入しまくった結果、彼女が遂に掴んだ幸福に思わず涙。そして、一度涙腺決壊してしまったらもういけません。そっから先は最後まで涙滂沱の如し。俺、こんなに「マジンガーZ」好きだったつけ? とにかく泣いた。

あと、MX4Dは白けちゃうので苦手だが、アニメには向いていると思った。
あやと

あやとの感想・評価

3.3
マジンガーZの後日談だったのですかね?

予備知識なくても楽しめました
>|