仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!の作品情報・感想・評価・動画配信

「仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!」に投稿された感想・評価

「仮面ライダーフォーゼ」の劇場版。

衛星兵器“XVⅡ”を巡り、仮面ライダーフォーゼ率いる仮面ライダー部と、宇宙鉄人との戦いが描かれています。

テレビシリーズ同様に雰囲気はかなり明るいです。主人公がバカっぽいのもいい。バカっぽいが、みんなから信頼されてるのが今回より伝わります。
それがよく表れていたのが、みんなでのスイッチオン。弦太郎がやってきた事が無駄ではなかった事がよくわかりましたね。

最後まで有言実行の男でした。
私もスイッチを押したい。
Ken

Kenの感想・評価

3.0
ストーリーはまあ置いておくとして、
フォーゼの集大成みたいな作品、登場人物にスイッチ大活躍。そしてアクション。
生身のアクション多めでカッコイイの良いよね
最初、えー?っておもったけど、後半の展開がだいぶ凄かった。楽しい。

やっぱ清水富美加、めちゃ中島かずきっぽいなー。楽しい。

若き日の福士蒼汰、吉沢亮はもちろん、滝沢カレン見れるよ。チラッと。

俺らも、スイッチ押したい。
みさき

みさきの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

生身のアクションがめちゃくちゃかっこいい。特にインガと流星のバトル!
アルマゲドン風の宇宙服にそれぞれの個性が出ていて可愛い。
普通に泣ける。
肝心のアクションがカメラ揺れすぎで見づらい。宇宙へ行くための訓練をさらっとポップに終わらせてしまうのは好感度高い。全然関係ないけど、この映画の原幹恵はティファだし、爆弾で施設破壊するし、魔法使い出るし(?)、FF7って感じがする。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

1.6

このレビューはネタバレを含みます

「仮面ライダー」シリーズ40周年記念作として製作され、シリーズで初めて宇宙や学園青春ドラマの要素を取り入れて話題となった平成ライダーシリーズ第13作「仮面ライダーフォーゼ」の劇場版作品である本作。

印象としては、他作品の要素が詰め込まれていて、エンターテインメント性に長ける作品ではあるとは思うのだが、全体的にアクションシーンに重きを置いた内容となっていて、ドラマ性がなく、やや面白みに欠けるかと。現代風にリファインされた「宇宙鉄人キョーダイン」のキャラクターらの登場や、山根良顕をゲストとし、コンビで見せるアンガールズのユニークな掛け合いもあり、遊び心は十分に伝わったのだが、内容が乏しいので"魅力的"とまでは感じられませんでしたし、本作は可もなく不可もなくといったところでしょうか。何も考えずに視聴ができる強みはあるとは思うのだが、随所に見られる"これじゃない感"に苛まれました。「宇宙鉄人キョーダイン」を知らない世代からすれば彼らの"扱い"に違和感は生じないかもしれないが、思い入れのある世代からすれば腑に落ちない。それに、キョーダインを知らない世代からしても、本作で描かれているものから「ドラゴンボール」が連想されるのでは。フォーゼとメテオのフュージョンや、ブリンク博士を抹殺するキョーダインはまさにドクター・ゲロを抹殺した17号・18号と同じ構図、そして、クライマックスではまさに孫悟空が元気玉のエネルギーを集めるかのように、仮面ライダー部のメンバーらと関わった人々にアストロスイッチを押してもらう。個人的には楽しめましたが、人を選ぶ作品ではないでしょうか。

あと、さすがにアストロスイッチ40個のスイッチを押すシーンは、ワンシーンにまとめた方が良かったかと。
仮面ライダーって変身しないと弱いイメージだったけど生身の吉沢亮が強くてアクションが普通にすごかった 笑
フォーゼは特にそうだが、CGが凄すぎて何をやっているのかよくわからない超アクションが見所
生身の役者さんによるアクションも結構頑張っていて、ストーリーもシンプルですし子供も大人も楽しめるのでは
(個人的にはもう少しドラマ部分が濃い方が好きですが)
なんだかんだでリブラの天野さんの登場シーンも結構あり、満足です
キョーダインとか、世代も違うので全く知らず…!
emi

emiの感想・評価

3.5
みんな友達✨
フォーゼに力を貸してくれ!!👊
仮面ライダーはHERO😊

やっぱり吉沢亮くんは茶髪
仮面ライダーメテオの時が1番🌏可愛い🌏
くくれ

くくれの感想・評価

4.4
劇場鑑賞以来8年ぶりの鑑賞。兎にも角にもボリュームが満天。

序盤からとにかく坂本浩一アクションが全開で、まぁとにかく人が回る回る。

派手な絵面も含め、フォーゼの集大成。これまで弦太朗が紡いだ友情が奇跡のフュージョンを起こしていくクライマックスは勿論、中盤のホロスコープス戦のフォームチェンジメドレーと画面がとにかく忙しくて目が離せない。

メテオフュージョンステイツの最大のポイントはメテオギャラクシーも装備している事。"みんなで宇宙キター!"というタイトルに倣うように、"みんなのフォーゼ"の姿なのだ。最初のスイッチを賢吾が持って、最後のスイッチをユウキが持っている芸の細かさもアツい。

恒例の新ライダー顔見せ(ここではウィザード)も含めて真っ当な夏映画のあるべき姿だった。
>|

似ている作品