地獄のシスターの作品情報・感想・評価

「地獄のシスター」に投稿された感想・評価

お屋敷の内装と妹さんが綺麗だから割と観ていられたんだけどファンタジーっ気のある退屈なサスペンス映画って感じかな。
ド派手なおばあちゃんストーリーに全然関係ないのに1番印象に残ってる(笑)
この手のB級サスペンス映画、昔よく深夜のテレビでやってたな。この時代特有のモッサリしたサスペンスものでダラダラ観るのが気持ち良かったりする。ジェニファー・ジェイソン・リーの裸が一番の見どころかな。
この頃のエリック・ストルツってマイケル・J・フォックスに似てるって改めて思った。
SYU

SYUの感想・評価

3.0
2021/02/05
監督 ビル・コンドン
エリック・ストルツ
ジェニファー・ジェイソン・リー

【亡霊達の湖】

湖畔のホテルを運営する美しき姉妹の前に、ある日1人の美青年が現れたことにより、姉妹が隠してきた恐るべき秘密が暴かれていく様を描くサスペンス・ホラー。

J・J・リーで更にもう一本。

かなりマニアな作品だと思うので、レビューしている方も少ないですが、個人的には最も美しいJ・J・リーを見れる映画だと勝手に思っています。
可憐で清純さを出しながら、謎めいた青年に身も心も捧げていく、これまた役柄がハマっていました。

今回驚いたのは、本作が実写版「美女と野獣」や「グレイテスト・ショーマン(未見)」等で知られるB・コンドン監督のデビュー作だったという事でした。

ファンタジー、スリラー、そしてホラー、更に深夜ロードショー映画を彷彿とさせる背徳感が当時なんともお気に入りだった一本です。

残念ながらレンタルでは見かけないので、これも中古DVD屋に行く度に探しています、もし見つけたら即買いし再鑑賞したい。

鑑賞日1988年頃  VHSにて
"地獄"ですよ、"シスター"ですよ、もうこのタイトルからどう見てもB級じゃないですか

監督は誰でしょう、『美女と野獣』や『グレイテストショーマン』(脚本)のビル・コンドンですよ

脚本は誰でしょう、『トイストーリー』のジョエル・コーエンですよ

スタッフは超一流でした

主演は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主演を降板させられたエリック・ストルツ&『バックドラフト』のジェニファー・ジェイソン・リー

"古ホテルを営む美人姉妹の元に一人の客が現れる。妹は過去の「ある出来事」が原因で精神を病んでいたが、その客は彼女に優しく接し、二人はしだいに惹かれ合うが、姉はそれを決して許そうとはせず..."というストーリー

"傑作サスペンススリラー!"とは程遠いけど確実に見る者に何かしらの印象を与えてくれる映画

古めかしさを感じさせない映像が良かった

コスミック出版は隠れた名作を改題してリリースしているので侮れません
徳太郎

徳太郎の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

良作。あまり似るとまずいが、遠目で見ても似ても似つかない。これは失敗。引きずり込まれるのは妹の方か、どちらにも手を出さないかだろう。
BOOK・OFFにて、500円が250円で売られていたので、即購入(笑)

結果……
うん、250円クオリティだね。

"衝撃ラストが観るものの心を捕らえて離さない"
とか書いてありますが、もう心離れまくりで鼻くそほってましたよw



シャーロットとルーシー姉妹が営むウィローズ・ホテル。

両親は他界、ルーシーは精神を病んでいて、シャーロットは突然フラれる……と、散々な始まりである。

そこへやって来たイケメン宿泊客マット。
ルーシーと即イイ感じに。

それを眺める彼女の幼馴染エティエンヌは、嫉妬しまくった挙げ句にマットをワニで脅かしたりする。
共依存気味のシャーロットも、なんかイライラ。

翌朝。
ホテルの番犬が何者かに殺されていた!
周囲の人間は、育ちの悪いエティエンヌが犯人と考える。

エティエンヌは、
「俺はやってないが信じないだろうから逃げる!」
と、何故か保安官に発砲して姿を消してしまう。

そんなゴタゴタの中で、ルーシーとマットは急接近するのだが……



開始早々男女の真っ裸(笑)
と思ったら夢オチかーい…

そんな幕開け。

その後しばらくは、雰囲気作りなのかカメラが安いのか、ずーっと画面内に霧が立ち込めていて超見ずらい…

そして登場美女姉妹!
って、妹はジェニファー・ジェイソン・リーだから可愛いけれど、姉は……ただのオバサンだったぞw?!

イケメンはイケメン!
エティエンヌは体育会系、イケメンではない(笑)

で、姉妹の過去がありまして……
というストーリィ。

よくあるねぇ~
ワンコを殺すくだりは許せませんでしたが。

その他は、安っぽい中編サスペンスを読んだ感じでした。
89分なのに飽きます(´-ω-`)

たま~に構図が上手いな、ってシーンがありますが、まぁオススメはしませんw

このレビューはネタバレを含みます

精神病院から退院したばかりの妹と共にホテルを営む姉妹
妹思いの姉は保安官からの求婚にも踏み切れずにいた。
そんな最中
ホテルを訪れた青年に妹が思いを寄せるようになり…



        ネタバレになるので
↓  作品が気になる方は閲覧しない方がいいです。  ↓



     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




青年に淡い恋心を抱く美しい妹。
彼女に恋心を抱く不気味な幼馴染と
妹を監視するかのような姉。
その姉に放たれる幼馴染からの言葉。
疑惑の目が次々と向けられるかのような展開
解き明かされる真実。
湿気を帯びたかのような薄暗く地味な作風ながらも
この年代ならではの雰囲気が感じられて良かったです。
まぁ、そういう雰囲気はあったので
これはこれで妹の美しさと相俟ってる感じでいいのかも知れませんが
できればサスペンスで締めくくって欲しかったな。
het

hetの感想・評価

2.0
中だるみというか…最後の30分だけでよかったかなと思った
なかなか話進まないし、あのおばあちゃんたち要らなかった
最後も謎の終わり方だったけど
やっぱりお姉ちゃんいないとダメな子なのよってことなのかな

シスターって協会のシスターの事かと思ってたら違った

あなたにおすすめの記事