伝説のレーサーたち 命をかけた戦いの作品情報・感想・評価

伝説のレーサーたち 命をかけた戦い2013年製作の映画)

1

上映日:2014年03月01日

製作国:

上映時間:111分

3.6

あらすじ

 F1の歴史は、華やかな舞台でプライドと名声を賭けた戦いであると同時に、常に危険と隣り合わせであるレーサーたちの安全性の向上の歴史でもある。技術の進歩によって、より速いスピードを可能にしたF1マシンだったが、その一方でレース中の死亡事故が後を絶たなかった。多くの仲間をレース中の事故で失ったドライバーたちはF1というスポーツをより安全にするための改革に乗り出したー。

「伝説のレーサーたち 命をかけた戦い」に投稿された感想・評価

の

のの感想・評価

3.0
F1の安全性向上に焦点を当てたドキュメンタリーです。「RUSH」とは違いあくまでもF1の知識がある人向けの映画かなと思います。
T兵衛

T兵衛の感想・評価

-
RUSH が良くて借りたやつ
実際のニキとラウダが出てくるのでRUSHが好きな人は見てみるのもいいと思います。
うーん、セナのドキュメンタリーがあまりに面白かったので。。。この映画はまとまりがなく感じてしまった。
IBUKI

IBUKIの感想・評価

4.5
安全性の向上の歴史がテーマ、F1の安全性は最近再びシビアになってきてはいるが、今と比べかなり危険な時代を描き、いくつかショッキングなシーンもあるので軽はずみな気持ちでは見れないが、F1ファンは必見の作品だと思う。
時代を駆け抜けた2人のF1ドライバーを描いた『ラッシュ/プライドと友情』とちょうど同じ頃に上映されていたドキュメンタリー

なにを隠そう、ナレーションがマイケル・ファスベンダーなんですなーーー(ええ声♪)

映像と音楽で魅せてくれる、なかなか良くできた熱い内容
メッセージもキチンと込められているし
レースに懸ける情熱がヒシヒシと伝わって
『ラッシュ』の時の感動がフラッシュバックしたりもして
最後は思わず泣いてもーたですね~

大きなテーマとしては、F1に於ける安全性なんですね

言葉だけだと、ちょっと地味な印象ですが
安全性が確保されて、レーサーの命が尊重されることで初めて、限界ギリギリで闘うレースでの感動が押し寄せるし、そこに初めて真のヒーローが誕生できるんでしょうね

英雄がTVの中で事故死してゆくのは、悲劇以外のなにものでもありません・・・

レースに事故は付き物ですけど
マシンの改良、コースの改善、消火体制、緊急医療体制の充実など、時代を追ってその変遷が丁寧に綴られています

中盤以降のニキ・ラウダとジェームズ・ハントも勿論感動的でしたが、アイルトン・セナの死が、その後のF1に大きな意味を与えて、意識の向上と劇的な改善がもたらされたということに、彼の偉大さを改めて感じました

ファス声じゃなかったら多分観てなかっただけに、ファスにありがとうと言いたい(結局ソッチかい!!)

人間とマシンの間に生まれる、途轍もないパッションを垣間見た!
魅了されました♪
タイトルに騙された。
ドライバー達に焦点を当てた内容かと思ってたら、F1がどういう経緯で安全性を向上させてきたかがメインのドキュメンタリーだった。60年~70年代のレーサー、関係者のインタビューやアーカイブ映像が中心なので90年代生まれの私としては半分近くが誰これ?状態だった。昔のF1見てた人にオススメします。
320

320の感想・評価

3.5
141029
F1。
ドライバーの「レーサー」の本能と安全性の歴史。

安全性が高いクルマとリスクはあるが1秒早いクルマ。
走る為にここにいる、走る為にここまで来た、ドライバーの本能。
ブラックアウトしてしまえば、危険など頭の隅にの隅に追いやり、速さを求める。

「死ぬ覚悟はできているか?」

ジャッキー・スチュアート、ニキ・ラウダの働きがけで少しづつ科学的なリスク管理がされていく。ただ、2人ともにドライブからリタイヤしたのちに。

現在のF1は、安全性を市販車に反映して行くフラッグシップの目的ももっている。
そして、レーサーとしての本能と安全性から、商業的成功とレーサーの本能に移行している。

死ぬ覚悟はできているか?
そして
君はレースするに相応しい技術と本能をもっている「レーサー」か?

このレビューはネタバレを含みます

冒頭、1996年オーストラリアGPで大クラッシュを演じるジョーダンのマーティン・ブランドル。
奇跡的に無傷だった彼だが、F1がそこまでの安全性を得るに至った半世紀にわたる歴史は、まさに毎年誰かが死ぬと言っても過言ではない世界。
語れば長くなるその改革の歴史を要約して、有名ドライバーの多くの逸話、死亡事故が紹介される。
けど、これはドライバーが誰だかを知っている前提のドキュメンタリーだと感じたね。
その上で、安全改革が描きたいのか、そんな危険な世界に生きたチャンピオンたちを描きたいのか、両方に色気を出してどっちつかずという印象も。
まあどちらかというと前者がテーマなんだろうけど、そうなると原題の"1"(チャンピオンのカーナンバー)とはどうもチグハグか。

全体的な内容はほぼ70年代までの話で占められる。
セナの事故死は語りつくされた感もあるから、本作の様に「それ以降事故死はなくなった」という節目として描かれるくらいでもOK。
F1の安全改革を語るのであればジャッキー・スチュワートの活動は外せない。
ヨッヘン・リントやフランソワ・セベールといったショッキングな事故も取り上げている一方で、グラハム・ヒルやジム・クラーク、ジェームズ・ハントなどの英国ドライバーに結構時間を割いているのはちょっと気になったが。
なので英国が製作しているのかと思ったのだけど…、実際にはアメリカ映画だったのでよく分からんなあ。
とり飯

とり飯の感想・評価

4.0
ドキュメンタリー作品
ディスカバリーチャンネルの特集のような内容
セベールやヨッヘン・リントの映像が観られてよかった
セナのモナコ予選オンボードも楽しめた
ジル・ヴィルヌーヴが数秒で終わってしまったのが残念ではあったので(-1)
F1の歴史に興味がある人、RUSHでニキとハントの本人らに興味を持った人にはすすめる
ある程度の知識がないと理解できずに退屈するようだ
客席が一部騒がしく、不快だった
F1の安全性能の歴史。ってタイトルで如何かな❓って感じかな。ま、F1好きだから観た(笑)