痛いほどきみが好きなのにの作品情報・感想・評価

「痛いほどきみが好きなのに」に投稿された感想・評価

いみ

いみの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

ミシェルウィリアムズ出演だからというのと
ビフォアシリーズのイーサンホーク監督たったので借りてみた。
でもミシェルさんかなりの脇役でした。

いやー
なんだこのおんなは!?
(笑)と思ってみてました。

自立したいから恋愛しないといっておきながら
「愛してる、あなたとファックしたい」
えー…!

急に結婚したくなって結婚しようと母親に電話
「あなたも早く来て(母親に)説得してよ!」
えー…!
電話終わって歩き出す彼女にどうしたか聞くと

「結婚できない。
母にいい考えねって言われたわ。自立できない私にはちょうどいいって。あなたがそこまで私を好きだったのかと驚いてた。
ごめんなさい、私がバカだったわ。」
えーっ…!?

「約束して。何か起きて私が逃げたら私を見つけて…
あなたにキスさせて」
「なにも起きないよ」
「約束して」
はぁー?!!

いつも上からで自分勝手
「コンドーム持ってる?」
「コンドーム持ってきて バスルームにある」
「ビール買ってきて ジュースも忘れないで」
うーん…
自立したいんじゃないの?
自分でやりなよ。


見進めて行くと男性もわがままで身勝手。
本気の恋愛かみんなこうだなんて安直な表現だと思います。

誕生日プレゼントはあれは本気?手作りってだけでひくけど
悪趣味そのもの…
(瓶に絡み付く赤黒いろうそくのオブジェ?と額縁の中にコラージュした切り抜きと赤いバラが張り付けてある変な絵…)
そして喧嘩をして出ていくときにその2つを持っていく彼もよくわからない…
思わず
あ、もって帰るの?!!!
て声だしてました。

結論からいうと彼女が彼を受け入れたのが浅はかだったなと。
自立したい自立したい病なんだから貫けや!
と思います。
よりにもよって一番は選んじゃいけないタイプになぜ気持ちを許したのか
本当にバカだと思います。

これは何をいいたい映画なのかな?
セックスはコンドームをつけよう!てことかな。

音楽だけ聴くといいものもあるけど
シチュエーションに不向きな感じでダラダラ流れてたのが気になった。
場面変わってるのに音楽ダラダラうるさいなって。
合わないシーンも多々あった。

早く終われと願いながら見た映画でしたね。
じえり

じえりの感想・評価

2.9
彼女勝手すぎる〜
イーサン・ホークって情熱的なのね〜
っていうか一歩間違えればストーカーです
nana9046

nana9046の感想・評価

3.9
忘れられない恋人との思い出の、実体験をイーサン・ホークが監督・脚本した映画。

本能で惹かれあってしまう相手っているよね。その相手と、必ずしも結ばれるわけではないっていう現実の辛さがヒシヒシと伝わる作品。

本能ではお互い強く好きなのに、過去のトラウマやちょっとした事からすれ違ってしまい、うまくいかない。。パッションがあれば、自分が愛されてる実感ができればうまくいくものだと思ってしまうけど、自分の過去の経験からくる無意識のトラウマだとか、そういうものに邪魔されてしまう。

これはでも、どうやってもうまくいかないものなのか。お互いに大人になったらうまくやれるものなのか。トラウマを克服できたら、本能やパッションだけで繋がれるのだろうか。。

「痛いほど君が好きなのに」という邦題はグサッときますね。
若さ特有の痛々しい恋愛。
めちゃくちゃ良かった〜〜
ああいう必死な男は女は好かんのよ

イーサンホークはやっぱり素晴らしくて大好きだ
kumi

kumiの感想・評価

3.5
タイトルだけでこの映画をすべて語っている
適切で素晴らしき邦題。

盲目的な愛はすべてを与え奪い取る。

イーサン・ホークはいくつになっても
イーサン・ホークで、溢れ出す10代臭は
観ているだけでひりひりする。
ochiai

ochiaiの感想・評価

3.7
女の気持ちはいつだって気まぐれ、山の天気みたいで男は取り残される

3時間は運命だった、1週間経ったら魔法が消える
ウィリアムはただ、電話してほしくて世界に繋ぎ止めておいてほしかったんだろうなと思った
一人ぼっちで放り出された気分だよね、わかる
苦しかったしめちゃめちゃ痛かった
Anna

Annaの感想・評価

3.8
素敵な映画。
私に出会う前からあなたは傷ついていたわ
だってさ
NEPPY

NEPPYの感想・評価

3.6
イーサン・ホークの自伝的小説を映画化した作品。
二人の恋模様がすごく若くて、青くて、眩しい。感情のままに愛する。
大好きなのに上手く愛せない、上手くそれを受け取れない。ぶつかり合う二人が切ない。

主演のマーク・ウェバーがすごいなあと思ったのは、ルックスが似ているわけじゃないのにだんだんイーサンに見えてくる。
若きイーサン自身である“ウィリアム”を演じつつ、劇中で彼が演技をするシーンもちゃんとイーサンを感じた。
rieko

riekoの感想・評価

3.8
10代から20代のあの時期。
何も考えずに右脳で動いて好きな相手に直進する、
そしてきっと自分にしか通用しないような理屈を携えて日に日に盲目になっていく。
理屈っぽい考え方がまさにイーサンだったな。それが好き。

痛々しく感じながら観たのは自己投影の表れだなあ…
邦題が良いなあ。「のに」に共感する。
Reina

Reinaの感想・評価

3.4
んーーー
あんまりはまらなかった

イーサン・ホークの映画を立て続けに観てたから、脚本・監督の本作品も観てみた
リサ・ローブとのことって言われてて、彼自身の体験をここまで描けるのはすごい

電話切っていらいらして、子機壊すのが2回もあってびびった
>|