ラブ・アペタイザーの作品情報・感想・評価

「ラブ・アペタイザー」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

1.5
悩みや問題を抱える男女9人が織り成す様々な人生模様を描いた群像劇。

愛にはそれぞれの形がある。伝えたいメッセージはまあわかるけど、周りの人を傷つけたりするのは違うよね。

登場する女性たちが割と雑に身勝手に描かれていて、共感できなかった。
あそべ

あそべの感想・評価

3.6
ラブ・アクチュアリーが観たかったのに彼女が間違えて借りてきやがった
観終わるまで気づかなかった
ロマノ

ロマノの感想・評価

2.4
モーガン・フリーマン出てるから見た

何だかイラっとすることが多い作品でした
みんな勝手すぎるでしょーw
himajin

himajinの感想・評価

3.0
castleのシーズン8がイマイチ面白くないので、なんとなくスタナ・カティック出演のコレに浮気。
予想はしてたけど、出番少な!
しかもセルマ・ブレアとOMG!
グレッグ・キニアじゃなくて、モーガン・フリーマンが主役ということをもう少しわかりやすく前に出してくれた方が良い映画になった気が。劇中のソクラテスのくだりから察するに、多分、愛とかエロスとかの話が、原題(愛の饗宴)とリンクしてて、かなり重要なんだろうけど、謎のラブアクチュアリー化で残念なことに。
ビリー・バークがトワイライトの時とは違ってイケメンおじさん。
Miko

Mikoの感想・評価

2.5
おーかなり暗かった(笑)
ただの恋愛じゃなくて、親子愛だとか同性愛だとか描かれていた。
その描かれた愛が暗くて…。
鑑賞中はブラッドリーの妻自分勝手だなって思ったけど、鑑賞後は“愛ってそういうものかもしれない”って思った。
恋愛って狂気沙汰で、こっちの人は違うって感じたらもうその人と暮らしていくのは難しいのかもしれない。
ハリーが言った「結婚したら子供を持つこと 最低でも2人」の言葉が響いた。
最近結婚だとか子供を産むだとかの言葉に世間が凄く敏感になっている。
私もニュースを観て無責任なことを言うおじさんたちがいるなって感じているけど、ハリー目線の意見もあるんだなって痛感した。
それにしても、セックスシーンあり過ぎ(笑)

cc/自分のためじゃなく、愛する人のために
どい

どいの感想・評価

2.5
老年の大学教授を中心に、男女が絡み合うお話笑。雰囲気は良い感じ。ただ、なーんか、軽率というか奔放というか、共感は出来ない笑。
Ryuji

Ryujiの感想・評価

2.5
男と浮気する嫁も、女と浮気する嫁も、犬を返してくれない妹もみんなムカつく。
Natsu

Natsuの感想・評価

3.0
最後切なかった。
前半ストーリーがダラダラ続く感じ。
モーガン・フリーマンのおかけで、全て俳優たちが際立ってる感じ。
haru

haruの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

えーーー!ビアンカップル冒頭しか出てこないじゃねえか!!それにしてもスタナ・カティック、良い雰囲気だった!!!!

っていう、そういう感じです。


チュッチュ、セッセコ忙しいのお、と途中まで思ってたんだけど後半の展開が早くて驚いた。

んん~~内容は凄く薄かったなあ。
得られたことは特にナシ。強いて言うなら「私の目の色は?」って良いなあ、ってことくらい。

モーガン・フリーマンは本当にもう慈愛そのものって感じだ。こういう役も良いけど、ラストベガスの時みたいな役も好きだな。

犬かわいい。

みんな幸せになろうな。
はま

はまの感想・評価

2.5
☆グレッグ・キニア
数組の恋人達の出会いや別れ。それぞれに長所があり、短所があり、抱えるものがあって上手くいったりいかなかったり。『ラブ・アクチュアリー』的な作品かと思いきや、それよりもっと暗いし、重いし、嫌だった←

登場人物がそこまで多くないので基本の3組?たちに絞られて展開するけど、とにかくグレッグ演じるブラッドリーが可哀想すぎる。なんだあの女たちは(怒)。ほんっとに、もう、浮気だけは理解できないのでその時点で私には楽しさのカケラもなかったです。
若い2人の本気の恋愛は見ていて応援したくなるものだっただけにラストはラストで辛いし… この作品の良いところを挙げようと思ったらモーガン・フリーマンのキャラクターの深さと犬の可愛さだよ。ブラッドリーは犬に幸せを見つけたら手っ取り早かったんだよ。犬可愛い。
>|