石の微笑の作品情報・感想・評価

「石の微笑」に投稿された感想・評価

netfilms

netfilmsの感想・評価

4.6
 フランス・パリの10区と19区の境にあるジョレス郊外、スターリングラードの先に姿を現わす高級住宅街。淡い乳白色から水色に色彩が変化し、青みがかった美しい海辺の風景が見えて来る。車中からの風景は海辺を映した後、この辺りの住宅街の建物の白い壁を映しながらゆっくりと進む。やがて右に曲がると、赤いサイレンのランプ、物々しい人だかりが見えて来る。乳白色から薄い水色、青、白、赤と刻々と変化する導入部分の色彩イメージの妙。マスコミのカメラはこぞってこの家を好奇の目で見つめている。女性キャスターはこの地で起きた陰惨な事件をレポートする。この家の少女ラファエルが最後に目撃されたのは、豪邸の前のジョレス通りだった。まるで『嘘の心』の冒頭の少女誘拐事件のような醜悪な事件を、テレビを通して見つめる長女ソフィ・タルデュ(ソレーヌ・ブトン)と次女パトリシアの姿に、この家の長男で大黒柱でもあるフィリップ(ブノワ・マジメル)は苛立つ。テレビのスイッチを消した兄の姿に、2人の妹がブーイングをする頃、美容室から母親クリスティーヌ(オーロール・クレマン)が戻る。今日は母親の新しい恋人ジェラール・クルトワ(ベルナール・ル・コク)との初めての顔合わせの日。母親は少女のようにウキウキとした様子で家に戻ると、フィリップの亡くなった父がクリスティーヌにプレゼントした石像「フローラ」をジェラールにプレゼントしたいと息子に話す。命の次に大事な石像を知らない誰かにあげることに内心、複雑な気持ちだったフィリップだが、母親のたっての希望を断ることなど出来ない。

市役所に勤めるジャッキー(エリーク・セーニュ)と23歳で早々に結婚を決めた長女ソフィに対し、建築事務所で働く兄フィリップには婚期が訪れる気配がない。彼にはマリオンという美しい彼女がいたが、自然消滅的に恋は終わった。一家の大黒柱であるフィリップは、軽薄な母の恋人ジェラールが捨てて行った石像「フローラ」を深夜の闇の中、1人家に持ち帰る。仕事で遅くなるからと母に嘘をつき、善人であるフィリップは満を辞して、精一杯の覚悟で家主の居ない庭先から愛する石像を盗み去る。その姿は明らかに常軌を逸している。シャブロルはフィリップ役に、ミヒャエル・ハネケの『ピアニスト』でカンヌ国際映画祭男優賞に輝いたブノワ・マジメルを起用する。『悪の華』から3作連続の起用である。ジュリエット・ビノシュの元夫としても知られるマジメルは、長身でイケメンの美青年だが、内向的で妹たちの好奇の目に苛立つようないたって真面目な善人である。職場ではモンスター・クレイマーであるクレスパン夫人(シュザンヌ・フロン)の注文を軽くいなしながら、実生活では石像「フローラ」に妄執する。彼が自分のベッドで石像と見つめ合い、口づけを交わす様子は明らかに母親クリスティーヌへの近親相関的な関係を想起させる。シャブロルは2000年代に入り、『甘い罠』と『悪の華』において、常軌を逸した近親者の血縁の濃さを描いてきた。今作でもマザー・コンプレックスなフィリップは、『甘い罠』の息子ギヨームや『二重の鍵』の長男リシャール、『主婦マリーがしたこと』の夫ポールを真っ先に想起させる勃起不全で偏執的な病理を抱えている。

シャブロルの映画には往々にして勃起不全の男たちが出て来るが、『嘘の心』においてデモとの不倫のヴァカンスを知ったルネが、皮肉にも生来の画家としての本能を呼び覚ましたように、フィリップが偏愛し続けた母親の失恋と偶然戻った石像が、皮肉にも彼に久方ぶりのロマンスをもたらす。妹ソフィーの晴れの席で、花嫁介添人たちがソフィとジャッキーに祝福の表情を見せる中、フィリップは列の左端に陣取った女ステファン・"センタ"・ベランジェ(ローラ・スメット)に心奪われる。あろうことか彼女の顔は石像「フローラ」と瓜二つなのだ。彼女の水色のドレスが見えた時、初めて我々観客は導入場面のアヴァン・タイトルが乳白色から水色に変化した意味に気付く。ファム・ファタールな女が突然彼の住居を訪ねた時、外にはおびただしい雨が降っている。名コンビとなったエドゥアルド・セラのカメラは最初のセンタの侵入にたった一度だけズームを取り入れる。びしょ濡れになった女は不躾にもシャワールームを借りた後、真っ白な裸体を晒しながらフィリップに迫る。こうして愛に免疫のない男はいとも簡単にファム・ファタールの罠に落ちて行く。

彼女と結んだ4つの約束。「木を植えること」、「詩を書くこと」、「同性と寝ること」、そして「誰かを殺すこと」。2つ目までは承服出来ても、3つ目以降は堅物で倫理観のある善人フィリップには到底理解出来ない。しかし古今東西あらゆる犯罪映画において、理性を保とうとする主人公の善行を、ファム・ファタールの狂気の愛がいとも簡単に打ち砕く。結婚というゴールに結びつく長女、破綻した母親、堕落した次女のレイヤーを丁寧に描写しながら、制御不可能になった争いごとを好まない気弱な美青年に訪れる苛烈な運命を、シャブロルはじっくりと丁寧に描写する。かくして全てのショットは淀みなく、散りばめられた伏線は見事に回収され、モンタージュは奇跡のような結び目を見せる。前作『悪の華』において、弟分フランソワ・トリュフォーの寵愛を受けたナタリー・バイを初めて主役に起用したシャブロルの極私的「ヌーヴェルヴァーグ」総括は、トリュフォーが天国に旅立つ1年前に生まれたナタリー・バイの愛娘ローラ・スメットを遂にスクリーンの前に引っ張り出す。シャブロル映画史上、最も悪女なセンタの暴れぶり、平和な郊外の街に起こる波紋。その手触りはジャンル映画の範疇に収まりながらも、シャブロルの強烈な作家性を見せつける。シャブロルのフィルモグラフィに留まらず、2000年代のフランス映画においても忘れることの出来ない傑作である。
円熟のシャブロル。上等なワインのような味わいのサスペンスだった。

ローラ・スメットが、彼女の周囲だけ空気の比重が重いのではと思われるような圧倒的な存在感を発揮している。色素の薄い瞳をもつ切れ長の目がアンドロイドっぽくもあり、蜘蛛の糸で絡めとっていくような粘着質で薄幸な雰囲気がなまなましくもあり。
そして性格がひじょうに怖い。何が怖いって、ふだんは無表情なのに愛を確認できた時とか殺人の話をする時だけは目が輝いてドーパミンだだ漏れの表情になるところ。どう見てもふつうではない。

過剰も不足もない端正なショット、抑えた演出、ラストも文句なし。しっかりとタンニンを含みフレッシュさもあり、余韻が強くあとを引く。作品全般に緊張感が持続しておりとても好み。
Keiji

Keijiの感想・評価

4.7
モニカ・ヴィッティみたいな石像顔でめちゃくちゃ説得力がある。破滅の物語でないのも最高
中庭

中庭の感想・評価

3.9
半地下室の天井近くに外を覗く窓があり、来客の足元が見え、終盤では警官たちの到着が分かるようになる。死体が登場する瞬間に足元がぐらつくといった転調をきたしかねない物語であるはずなのに、その登場に思い入れはいささか感じられず、表層に遊ぶローラ・スメットと直感的な行動をとるブノワ・マジメルの関係は何も変わらない。中階にいる母親の存在がまさに幽霊的。
LA DEMOISELLE D'HONNEUR
ヌーヴェルバーグ巨匠 クロード・シャブロル
過去鑑賞(Filmarks登録前・TUTAYAレンタル)
ネムル

ネムルの感想・評価

4.7
2回目、なつい。
記憶してたほど可愛くなかった。あんま可愛くないという、説得力はある。
ザン

ザンの感想・評価

3.7
なんだか余韻を持たせるようなカメラワークに馴染めないところがあったが、いいサスペンス。
>|