らしゃめんお万 彼岸花は散ったの作品情報・感想・評価

らしゃめんお万 彼岸花は散った1972年製作の映画)

製作国:

4.5

「らしゃめんお万 彼岸花は散った」に投稿された感想・評価

長崎にて博打の壺振りをしている金髪美女(サリー・メイ)が、路頭に迷っている父親違いの妹(山科ゆり)を救うため、無慈悲なヤクザの巣窟を暗躍する。博打の世界から脱出不能に陥った混血女性の奮闘ぶりを描いているロマンポルノ。「らしゃめんお万 雨のオランダ坂」の正統な続編。

今回は大和屋竺が脚本なので、前作とは打って変わり、ケレンミたっぷりに仕上がっている。他社が展開してきた「女博徒もの」と「エロティック・バイオレンス路線」のチャンポン鍋のような作品。昭和初期を舞台にしながら、浮世離れしたズベ公グループが登場するところなど、まるで石井輝男作品のような、ハチャメチャな雰囲気作りに彩られている。

男優陣では、ヒール(悪役)の立ち位置となる傍若無人なヤクザ親分(前野霜一郎)と、主人公の肩を持つめくらの壺振り(高橋明)が素晴らしい。とりわけ、後者の高橋明が座頭市のパロディのようになっており、他作品ではあまり見られない一面を見せてくれる。(珍しいことに男優の下腹部のチン貼りが見えるシーンあり)

勧善懲悪の物語になっているため、前作以上のカタルシスに浸ることが可能。ヤクザ親分の、アソコの弾丸発射は必見!