やさぐれ姐御伝 総括リンチの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」に投稿された感想・評価

shibamike

shibamikeの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

今も似たやうな番組はあるのかも知れないけれど、一昔前のテレビではエッチでムフフな番組がお茶の間でも放映されており、その中でも有名なものの1つが
"ドキッ!丸ごと水着!女だらけの水泳大会"
だと思う。よく言うところの
"ポロリもあるよ!"
である。

本作を見終え、劇場を後にして電車に乗った自分の頭には、この水泳大会のことが浮かんでいた。本作終盤のクライマックス大乱闘シーンを無理矢理言い換えると、
"ドキッ!丸ごと全裸!女だらけの長ドス大会!"
だと思う。
"ポロリもあるよ!"
ではなく、
"(命の)コロリもあるよ!"
マーシー、クワマンみたいに胡散臭い男もいっぱい出ていたしね。


話自体は結構入り組んでいる。
扇組というヤクザ、九州のヤクザ、はんてんババアのスケ集団、チンピラ3人組、キリストのスケ集団、お蝶。の6者がそれぞれの思惑を持って利用されたり駆け引きしたりする。
で、まぁストーリーどうこうと言うよりも絵面が凄かった。

オープニングのキャストクレジットからして凄まじい。池玲子がスローモーションで敵を長ドスでバッサバッサ斬っていくというシーンが流れるのだけれど、なぜか着流しの池玲子は上半身裸。当然、ドスを振り回す池玲子の爆乳はスローモーでブゥルゥン!ブゥルゥン!と波打ちながら暴れまくる。
爆乳がスローモー再生なので、こっちの乳房はあっちを向いて、あっちの乳房はこっちを向いて、と俺があいつであいつが俺で、の爆乳バージョンを我々観客に見せつけるのであった(?)。
乳房同士も向き合った瞬間、さぞびっくりしたことであらう。

で、まぁ、薬物の密輸方法が女性のヴァギナにビン詰めで隠してだったり、精神病院描写がほとんどアングラ小劇団みたいだったりと色々あるのだけれど、やっぱり、なんといっても終盤の大乱闘シーンであらう。

広い屋内スペースにて、女40~50人(全員全裸)、男20~30人(全員着衣)でみんなドスを振り回して、斬った貼ったの大乱闘を繰り広げる。でも、バカバカしいかと言うとさういう訳でもなく、案外まともな斬った貼っただった。
でも、今、暖かいお布団の中で思い返すとやっぱりバカバカしい。
こう書いたところで、結末がどうなったか誰も気にならないであらう。自分もあんまり思い出したくない。

いずれにしてもスクリーンから噴出するエネルギー?は破格であった。中途半端という言葉がこれほど似合わない監督もなかなかいないのではなからうか。
任天堂のロクヨンで大乱闘石井シスターズが出たら買うわ。

最後に池玲子。本作の頃、二十歳とからしいが、貫禄凄すぎ!三十路越えと言っても普通に信じる。そして、西原理恵子に似ている気がする。

柴三毛 心の一句
「おっちゃんも ポロリをさせて もらいましょ」
(季語:ポロリ→ちんこ→ちゃんこ→力士→千代の富士→体力の限界→引退→去る→冬)
「不良姉御伝・猪鹿お蝶」の続編。前作で親の仇討ちは終わってるので、本作では、お蝶(池玲子)と娼婦を食い物にする悪徳ヤクザ一家との対決が描かれる。

撮影監督が一緒だけど、画面は全然違うし、こっちの方がいわゆるプログラムピクチャーっぽく見える。

石井輝雄監督は、ところどころ、スタイリッシュだったり、美術、装置を活かした撮影~ドヤ街の路地を逃げる主人公を真俯瞰で追うシーン、ステンドグラスごしのSEXシーンとか~の凝りようとか、オープニングの殺陣シーンから唐傘+短刀を振るう池玲子の着物が敵を切るたびに「脱げていく」という素晴らしさなので見所的には十分。

が、展開や背景設定は平凡で、勿論これは成人映画であるので、エロス描写に事欠かないし、裸もいっぱい出てくるし、バイオレンスといっていい描写もあるので見ごたえは十分なのだが、前作の無意味な弾けっぷりと比べると普通かな〜〜

なんか、見せ場とかキャラを盛り込みすぎって感じはある。始まってすぐヒロインの裸&鞭打ちで、気を失って目覚めると謎の男と一緒に逃走になるし、息がつけない展開。

キャラもドンドン増えてくし、印象に残る人が多いだけにこっちのアタマが追いつかない。

やはり、キャラを適度に殺して、交通整理しないと画面がゴチャゴチャするばかりで、本筋に集中できないというか。

終盤はカオスそのもの。で、なんか散漫な印象。前作は、ゴチャゴチャしながらも「仇討ち」の一点だけは、シッカリ描写していた。

本作は、途中のフラッシュバックで昔世話になった親分=嵐寛寿郎との思い出を描くのだが、どうも取ってつけた感があるし、動機としても弱い...。

なんか、悪く言ってるみたいだけど、面白い映画ではあります...前作が気に入った人は一見の価値あり...ということで...
雄八e

雄八eの感想・評価

2.0
‪安心と信頼の石井輝男監督なんだが、イマイチ牽引力がない‬

‪途中何度も出てくるドサ街のセットと、海外映画に出てくる日本のような内装など、美術背景の方にだけ目がいく平凡さ‬
‪ラストのいつもの全裸大乱闘でなんとか持ち直した印象‬

‪主演の池玲子が当時18歳らしいのだが、悪い意味で全く18歳には見えない貫禄っぷり‬
‪てっきり三十代かと‬

‪無駄に全裸になるシーンなど石井輝男らしさかは随所に感じられるものの、全体としてはどうしても小粒に感じてしまう‬
mat9215

mat9215の感想・評価

4.0
ホドロフスキー映画にも比すべき奇想のオンパレード。ホドロフスキーが奇想を羅列するだけで映画としての体を為していないのに対して、本作は紛れもなく映画としての面白さに溢れている。
清順にも見られる色彩の炸裂。キルビルですよねってぐらいぶったまげるであろう、プログラムピクチャーと石井輝男の作家性のせめぎ合い。
これが許され享受される時期があったかと思うと嬉しいと共に、実は深くジェンダーの反転というか・・・
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

4.0
キャラやら画やら好きすぎる
ゴミ屑食らってる豚野郎笑
途中のぎゅうぎゅう詰めのスラムな街並みも良いんだけど、最後の乱闘シーンはかなりパンチ強い
Goh

Gohの感想・評価

3.8
オープニングの殺陣が格好いいです。池玲子の刀を振り抜く殺陣が気持ち良いです。

石井輝男趣味の美術も堪能出来ます。
製作途中で飽きたのかな?と感じる節も有ります。
とにかく白眉はクライマックスの集団全裸バトルに尽きるとは思うんだが、そこまでの個々のディテールも中々面白かった。壁という壁に英語・日本語文字がびっしり書かれた連れ込み宿の造形、何故か『オールドボーイ』的な横スクロールアクションが展開される船での戦闘、明らかに女囚サソリっぽいサイドキック等々。後半の舞台になる精神病院が完全に「ヘルハウス」な、霧の中に佇むお化け屋敷に見える形として登場したのも不謹慎だけど面白かった(中のホルマリン漬けの死体が浮かぶプールしかり怪奇映画的な雰囲気すら感じる)。後、そこでのとある人物を電流で拷問して殺す場面、他の場面と違って明らかにヤバいフェティシズムを感じたんですけど、どうなんでしょうか。
オープニングのストリップ殺陣でアガる。
京極家の女達はこれのオマージュだろうか。

脚本は石井輝男監督を含む3名の共作。
余りにふざけた出鱈目さは、締め切りに追われたからだろうか。
それぞれが適当に書いたものを持ち寄って適当にまとめあげたのだろうか。
本はどうあれ、裏路地ゲットーのセット、ジャパニーズファンクサウンドなど、無駄な盛り付けが素晴らしく、楽しいったらなかった。

池玲子18歳。
瑞々しい肉体と妖艶な美貌に木戸銭は惜しくない。

初作も見なきゃ。

〜〜

エロい作品が続く芹明香パラダイス。
劇場には女性専用シートが設けられていた。
さもありなん。


2018劇場鑑賞44本目
おかつ

おかつの感想・評価

4.0
サービス精神100%でできた娯楽映画。
池玲子に攻められる遠藤太津朗が可愛い
>|