ウィークエンドはパリでの作品情報・感想・評価

ウィークエンドはパリで2013年製作の映画)

Le Week-End

上映日:2014年09月20日

製作国:

上映時間:93分

3.1

あらすじ

『ノッティングヒルの恋人』から15年-ロジャーミッシェル監督が描く、長年連れ添った夫婦の“その後”の物語。イギリス人夫婦ニック(ジム・ブロードベント)とメグ(リンゼイ・ダンカン)は、結婚30年目を祝う為、かつての新婚旅行先のパリで週末を過ごす。旅を満喫したいメグに対し、息子のことなど心配事の絶えないニック。次第に2人は長年抱えていた悩みや不満を打ち明けはじめ、夫婦のこれからを見つめ直すことに-。…

『ノッティングヒルの恋人』から15年-ロジャーミッシェル監督が描く、長年連れ添った夫婦の“その後”の物語。イギリス人夫婦ニック(ジム・ブロードベント)とメグ(リンゼイ・ダンカン)は、結婚30年目を祝う為、かつての新婚旅行先のパリで週末を過ごす。旅を満喫したいメグに対し、息子のことなど心配事の絶えないニック。次第に2人は長年抱えていた悩みや不満を打ち明けはじめ、夫婦のこれからを見つめ直すことに-。どんなに一緒に過ごしても、完全には分かり合えない男女のジレンマを描く。 巨匠ゴダールの『はなればなれに』のオマージュが豊かな余韻を残し、ニック・ドレイクやボブ・ディランの挿入曲が2人の旅を彩る。

「ウィークエンドはパリで」に投稿された感想・評価

長年連れ添った夫婦のパリ旅行で噴出する互いの悩みや葛藤。そして改めて強まる絆をユーモラスに描くラブ・ストーリー。女が抱える現実と男が夢想する未来はどちらも悲観的だ。だから夫婦は支えあえる。古い映画(ゴダール「はなればなれに」)のダンスをカフェで踊るラストシーンは秀逸。ホテル・ロードラン。食い逃げ大脱走。ノックをしない郵便配達人(=度胸のない人)。パリは金を吸い上げるマシーン。「君は何も無くさないからな」「あなた以外はね」
いず

いずの感想・評価

2.9
旅行は楽しく過ごしたい派なので、せっかくの旅行での夫婦喧嘩なんて観たくないのだ〜〜〜

でもパリの素敵な雰囲気は伝わってきました
気持ちは複雑。
重いような、軽いような、不思議な話。
夫婦っていいなー!
シアタールームには長年連れ添ってきた夫婦が占めていて最年少で私がポツンといたあの空間も相まって更にいい老後ストーリーを楽しめた 50年後が楽しみになった
僕の30年後がこの映画のようであればいいなぁと、羨望の眼差しで観守った93分間。

こんなフルムーンに、心底憧れる。

僕は日頃から散歩が大好きで、時々2〜3時間歩くこともあるほどの散歩愛好家だ。

店選びひとつ取っても、ここだ!という店に足を踏み入れたいがために、時間も体力も無駄に遠回りをする。

わかるなぁ、これわかるんだよなぁ、と唸るシーンの連続に顎を撫でたり、笑ったりを繰り返した。

夫婦と云えど、元を辿れば他人同士の繋がりに過ぎない。

長いあいだ傍で、良きところも悪しきところも見てきたからこそ、物理的に心理的に最も近い存在であり、精神的に最も煩わしい存在になるのかもしれない。

他人であるからこそ、人格が違うのは当たり前。

根本的に相容れず、何度も衝突を繰り返しながら、夫婦としての形を築いてきた、二人の男女。

最も気を遣う他人であり、最も気心の知れた親友だ。

僕もこの人たちのようなフルムーンの年代になったとき、見下したり喧嘩したり、はたまた一緒に手を繋いで散歩へ出かけたり、街中で追いかけっこしたり、カフェでダンスしたりしたい。

喩えお互いに見つめ合わなくなったとしても、黙って隣に座ってくれて同じ方向さえ向いてくれたら、きっとそれでいいのだ。

p.s.

30年後に、ララランドやグレイテストショーマンを観て、いっしょに歌って踊る、そんな夫婦に憧れる。
Runa

Runaの感想・評価

3.6
映画600本目!

熟年夫婦の在り方in Paris
演技が上手すぎて本当の夫婦みたい。
会話がポンポン進んで小気味好い。
打てば響く会話、これこそ夫婦。

パリ行く前に観てよかった。
結婚記念日に懐かしのパリを旅したイギリスからの初老の夫婦。パリでいろいろな出来事に遭遇して…。パリの風景が絵になり、夫婦の痴話喧嘩ですら、パリならそれなりに画として見られることがすごい。

ゴダール作品オマージュの『はなればなれ』に登場するマディソンダンスは洒落た演出。
こんなに聞き取りにくい英語初めてかも
最初英語なのかもわからなかった。笑

結構好きなテイストの映画

奥さんが60代くらいだと思うけど、まとめ髪で、タイツにコートにななめがけバックで旅行してて、おしゃれだった
私も60代そんな格好で旅行しようと思った

食い逃げ、よくない!

金持ち男の息子と仲良くなるのよかった
その後の食事会でのスピーチも、よかった
奥さんへの愛の告白だったね

私も壁のコラージュとてもいいと思ったよ
Reina

Reinaの感想・評価

3.0
Written by Hanif Kureishiってなっててびっくりした!
パリだからなにしても絵になる〜
サーこ

サーこの感想・評価

2.7
第二の人生をどう過ごすか
悩む年頃の夫婦
わがままな妻だけど
憎めない

疲れた感のある夫婦とパリの華やかな情景が
なんとなく
頭に残る
>|