クライモリ デッド・ホテルの作品情報・感想・評価・動画配信

「クライモリ デッド・ホテル」に投稿された感想・評価

爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

2.5
山奥のホテルを遺産相続したダニ―は恋人や友人と共にそのホテルを訪れ、羽目を外して楽しむが、仲間が一人、また一人と消えていく。そこは「奴ら」による恐ろしい人間狩りが行われていたのだ…というストーリー。
旧「クライモリ」シリーズの6作目にして現時点での最終作です。監督は3作目から5作目迄担当していたデクラン・オブライエンから「コード・レッド」や「RE-KILL」等のミリタリー色強いゾンビ映画撮っているワレリー・ミレフに変わっています。
ストーリーは身寄りがないと思っていた主人公に身内が見つかり、その遺産相続で贈られた建物で待ち構えていた殺人鬼に襲われるという内容で、「悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」と同じような内容ですが、ホテルのオーナーである狂人兄妹が、奇形三兄弟マウンテンマンを従えているという前作「クライモリ デッド・パーティー」で不評だった要素を受け継いでいます。前作の殺人鬼のオッサンよりはましとはいえ、今作の狂人兄妹もそんな魅力のあるキャラじゃないのが痛いですね。今回マウンテンマンは脇役に回ってこの兄妹がメインみたいになってるのもなぁ。しかもマウンテンマンに主人公の友達無暗に殺すな!と命じたせいで殺人シーンも少なめに。代わりにキチガイ兄妹の子作り奮闘記描かれますが、こっちはマウンテンマンの殺戮シーンや若者との攻防みたいんですがね。
襲われる若者達もドラッグやってハイになって乱痴気騒ぎしたり、金目の物盗んで回ろうとしたりとバカばかりなので共感できませんし、主人公も精神病患っていて、兄妹にそそのかされてドンドンダークサイドに落ちていくので感情移入できないし。ヒロインはまあまともな方だけど、終盤でKYな言動したりしてウザかったな。
奇形一族による純血による血族の子孫繁栄がテーマになっているからか、今まで以上にエロ描写多めで、しかも一つ一つが妙に長くてテンポが悪い。女優さんたちはスタイルいいけどお顔が微妙なので有難くないですし、エロ描写と若者達のバカ騒ぎや主人公の生い立ちメインで終盤まで一人二人殺されるぐらいなのでダレます。若者達がマウンテンマンに気づくのも終盤になってからだし。
ゴア描写も最初のサイクリングカップルが殺されるシーンの、有刺鉄線が目に食い込んだり、首チョンパぐらいで後は目立ったゴア描写がないのも残念過ぎ。終盤のア〇ルに消化ホース突っ込まれて腹爆発くらいか。エロよりグロに力入れてほしかったな。
終盤では一気にバタバタ殺されていきますが、上記の様にあんまり目立ったゴア描写ないから盛り上がり辛い。前作までと違ってヒロインが結構反撃してくれるのは良かったですが。主人公の行動も意味不明ですね。自分で彼女逃がしておいて兄妹の片割れ殺されると、「家族殺したな!」って激昂して銃突きつけるとか、お前が逃がしたせいだろ。
途中、行方不明者の張り紙にボカシかかってますが、何でも本物の行方不明者の張り紙使用したんだとか。そのせいでアメリカじゃDVD販売禁止みたいですが、何処に力入れてんだか。
何だかんだ6作続いたシリーズの最終作が非常に残念な結果になりましたが、公開されたリブート版は旧シリーズ並に続編作られるかな?
⚫︎物語⚫︎
訪れた山奥のホテルに潜んでいたのは食人一家が住み着くヤバい所だった

⚫︎関心⚫︎
・冒頭の有刺鉄線
・肛門に水を入れ腹爆破
のシーンが好きです。

⚫︎映像⚫︎
グロシーンよりSEXばっかりしててなんか残念です。
zouQright

zouQrightの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

シリーズで1番エッチが多い。今回は3兄弟の出番が減り、その代わりに親族総出演。意外と親族が多いところもそうだけど、ちゃっかり老舗ホテル経営してるやつがいることに驚き。そして、主人公も親族というね。ただ、だいぶ人間狩りの要素が減ってて残念。
tomo

tomoの感想・評価

1.8
つまらないのが面白いという次元を過ぎているつまらなさです。笑
クライモリシリーズ過去最低の出来。3作目までは面白かったのに残念です…
殺人鬼達のクオリティが下がっていて恐怖も何もありません。
6作目まで続いたことに拍手をおくります。
anguish

anguishの感想・評価

1.4
2nd viewing

クライモリシリーズ(Wrong Turn 6)

▼ストーリーが迷走しすぎてシリーズである必要もなく、ナンバリングとしての繋がりが破綻している。怖がらせる事もスラッシュする事も放棄して血縁がどうのこうのと自己満足の領域へとシフトしています。ただエロティックは他の作品より特化している。

20150815 21(264)
バナナ

バナナの感想・評価

3.2
もうやだ。シリーズ6作目。
やはり1〜3作目がおもしろかった。
5作目は吐いたし、6作目となるとストーリーが、、、。

2021年135本目
とりあえずのクライモリシリーズ最終作になるシリーズ6作目
デクラン・オブライエンが降板し「コード・レッド」、「リ・キル」のまぁまぁなゾンビ映画を撮ったヴァレリー・ミレフになりました

タイトル通りホテルで若者達が例の三兄弟に襲われるはなしなんだけど
ストーリーがそこそこ凝ってるっていうか「飛び出す 悪魔のいけにえ」とほぼ同じ展開なのは最近見直して気付きました


新キャラの兄妹は前作のキモジジイよりはマシってくらいで大して面白いキャラじゃないのが残念

ゴアシーンはそこそこ気合い入っててオープニングの目潰し有刺鉄線やホース攻撃、鍵パンチ等、面白いゴアがあったのでよき

ただゴアは良いんだけどストーリーのテンポが悪いし、やたらエロシーンが連発するしエロのひとつひとつが長い

5よりは面白いけど普通の凡作ホラーになっちゃってるので三兄弟がはしゃいでるのを見たい人だけ観ましょう
リブート版を全力で楽しむためにシリーズを見返そう!

という事でフィルマークスも監督や出演者情報を載せず匙を投げてしまった6作目!

まぁそういうことだ!

グロシーンよりおっぱいでてるかセックスしてる描写の方が多いんじゃないか?!
適度なエロならいいですが、不必要にたくさんみせられても、はいそうですかって感じ。

飽き飽きするよ!
昨日観たのにもうあまり覚えてない!

良かった点はタイトルシーケンスがまぁ少しほんのちょっとだけ面白い工夫してるのと、肛門からホースで水注入しお腹爆散させるシーンですかね。

はい。
シリーズを続けて視聴していましたが初めて途中で寝てしまう程。残念。
残りのシリーズも観る気を失くしてしまいました。
山奥のドでかいホテルにやって来た若者達。そこには奴らが居た。

何かいわくの有るホテル。怪しい従業員。そんな雰囲気で半分以上進む…
これじゃマズいので、若者以外をちょっと殺して、おっぱい出して退屈させない様にする監督。
しかし既に退屈してるコチラ。

後半は謎も解け、退屈させてスミマセンでしたと、若者達が次々と地獄へ。結局、家族は大事とゆう事か。
>|

あなたにおすすめの記事