テキサス・チェーンソー ビギニングの作品情報・感想・評価・動画配信

「テキサス・チェーンソー ビギニング」に投稿された感想・評価

フルメタル・ジャケットをみたあとだったのでちょっと笑ってしまったが、ゴア表現が思ったよりしっかりしててよかった。
ぐれい

ぐれいの感想・評価

3.0
『悪魔のいけにえ』のリメイク作『テキサス・チェーンソー』の前日譚。
派生作品が多くてややこしいのだが、今回のレザーフェイスは初代と本名も家族構成も違うし完全にパラレルの話。
サイコパスパワハラおじさんのホイトがキャラが立っていてよかった。
レザーフェイスよりも存在感あったのでは?
グロはきつめ。顔面の皮膚を剥ぐシーンなどがモロに出てくる。
Riri

Ririの感想・評価

3.0
テキサスチェーンソーシリーズって結構あるし、結構見てきてるはずなんだけど全部設定バラバラじゃない…??

もちろん悪魔のいけにえも見たし、レザーフェイスとかも見たけど、ソーヤー家とかヒューイット家とかどっちがどっちなのか全然分からなくなってくる。

こういうシリーズものって派生作品が多くなればなるほどわけわからんくなるんだよね…死霊館とかチャイルドプレイもややこしいし…。

ストーリー的にはいつも通りな感じだけどゴア表現は多くなってるのかな…?わからん。悪魔のいけにえよりは救われないなというのが正直な感想。
サイ

サイの感想・評価

-
1とは別世界のパラレルワールド。
レザーフェイスじゃなくおじだという老人ばっかり出張って求めてるのはこれじゃない〜ってなった。なんだこの設定。
大男のレザーフェイス相手じゃないから今倒せただろ!みたい瞬間もあって冷める。
近年だから皮剥ぎ残酷シーンを長引かせたりしてるけどオリジナルの象徴的なサクサク感の方が良かったな。いまいち
⚫︎物語⚫︎
食肉処理工場の血まみれの床で生まれた奇形児

⚫︎関心⚫︎
やっぱり顔面皮膚を剥ぐシーンは最高です。
時系列は前作よりも前で、ヒューイット一家がどういう風に出来たのか描かれていて良かったです。

⚫︎映像⚫︎
前作よりもグロさがあり満足です。
すん

すんの感想・評価

3.0
あー。気持ち悪かった。

弟の彼女以外はみんな
誰かをめっちゃ思いやってて
まじで生き残って欲しい気持ち強すぎた。
3人とも救助意識が高ぇ。

お兄ちゃんがまじで良い奴&イケメン。

あたおかキラーの中ではレザーフェイスの
キモ怖さがやっぱ1番だなあ。

トーマスよりオジサンのサイコが目立つ。
バランス悪いからって理由で
もう片足も切断は草。


ドアのストッパーにされてて
まんまるオバサンどうなった??(笑)
JUNPEI

JUNPEIの感想・評価

3.0
不条理なバイオレンスが満載で、
若い頃なら面白いと思えたのかも
しれないが、40代にもなると
もう「何しとんねん?!」しかない。
こんな家族おったら怖いねぇ〜。
後半まで特に盛り上がりもないのでダレる。
もっと派手に色々起きてほしかった。

このシリーズってやってることメチャクチャ残酷だけど直接的なグロが無いのが残念。
だからこそ観やすいホラーなのかもしれないが。

女の子はとても可愛くて満足ですよ。
ロナルド・リー・アーメイを楽しむ映画だと思う。レザーフェイスのシーンはグロい要素担当でしかなくドラマは保安官パートにお任せで。
ろっち

ろっちの感想・評価

4.1
リメイク版の前日譚。な話。
1939年8月、食肉処理工場の床で奇形児が生まれ、すぐに捨てられた。たまたまゴミを漁っていた女に拾われる。連れ帰った家は、あのヒューイット家であった。そしてトーマスと名付けられた。時は過ぎ以前からトーマスが働く食肉処理工場が閉鎖となり、もぬけの殻となる町でヒューイット家だけが残る事になった。最後の勤務の日、トーマスは工場長をハンマーで殺害する。そして逮捕しに来た保安官をも殺害。ヒューイット家の狂気が始まる。……ってあらすじ。
うぉっ……これはスゴ…
トーマスってより、ホイトの思考が1番ヤバい。展開も正しいスプラッター。王道にして、このジャンルの褒め言葉、胸糞です。本編があるので、結末はわかっているんだけど、ヒヤヒヤ、ハラハラ、頑張れ〜、そっちじゃない〜、逃げろ〜、グロ〜、でした。
まぁ多くは語るまい(笑)
>|