ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男の作品情報・感想・評価

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男2014年製作の映画)

Get on Up

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:139分

3.7

あらすじ

音楽の歴史を変えた、“ソウル界のゴッドファーザー”、ジェームス・ブラウンの栄光と挫折、そして知られざる友情を描いた、真実の物語。伝説の裏に隠された実像が今、明かされる—。

「ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男」に投稿された感想・評価

せーや

せーやの感想・評価

3.3
裸にベストってのは
夏とか蒸れそうだなあ…。
汗かいたら大惨事だよね…。

音楽史上最高のシンガーと言われ
ファンクの帝王と呼ばれた男
ジェームズ・ブラウンの生涯を描いた作品。

ファンクなんて滅多に聞かないし
そこまでハマッたことはないんだけど
ジェームズ・ブラウンという名前、
そしてゲロッパは聞いたことがある。
そんな人も多いのでは。

そんなゲロッパでおなじみJB。
Get Upは彼の人生そのものだった。

貧しい家庭に生まれ、暴力的な父と暮らし
母は家を出ていった。
彼は親戚の下で育てられ
やがてソウルシンガーとしての地位を確立していく。

彼は「親」から音楽を教わり
「教会」で音楽の力を知る。
音楽で「仲間」を見つけ
音楽で「すべて」を掴みとる。

ジャージーボーイズとかもそうだったけど
やっぱり独特なサウンドを持つ者が
世の中で認知されていくわけで。
リードボーカルだけが有名になってしまって。
そりゃあギクシャクするわね。

次第に音楽界を席巻していくJB。
しかし彼の横暴な態度に
仲間は不満を募らせていく。

子供や妻、友達にまで
Sirをつけてしゃべらせるのは
やっぱり家族の影響なのか。

明らかに彼の態度には
父の影響が見られて。

「トップであり続けなければならない」

そのために歌うだけでなく
ビジネスも自ら取り仕切る。
ショービジネスという世界で生きるには
ただ歌うだけでは生きていけない。

歌手であり、ビジネスマン。

しかし、そんな商業的な歌手に
仲間は共感できないわけで。

仲間に非難されながらも
商業的であり続けても
音楽の力を忘れなかったJB。

その功績は今でものこっているのか。
犬

犬の感想・評価

4.0
げろっぱ
Yumi

Yumiの感想・評価

3.7
ファンクの帝王
miminaga

miminagaの感想・評価

3.6
名前と曲を少し知ってるくらいの知識で鑑賞。ライブシーンが素晴らしい。キング牧師にまつわるエピソードも、あんな風にファンの気持ちをまとめられる歌手はそういないだろうと思えて、ソウルを感じた。「JBは誰もいらない」と言っていたのに、最後で少しほっこり。傲慢なのにそれでも魅力的な人で目が離せない感じは、やっぱり天才だからかな。曲をもっと聞いてみたくなった。
ばむ

ばむの感想・評価

3.8
ライブシーンが最高♡
yy22

yy22の感想・評価

-
2018 WOWOW
“ファンクの帝王”など多くの愛称で呼ばれ、後の音楽界に多大な影響を与えた伝説的ソウル歌手ジェームス・ブラウン。その波乱に富んだ生涯を再現した音楽伝記ドラマ。製作者の一人にミック・ジャガーがいる
社長を中心にした社員の集合写真を載せ、福利厚生の充実やら職場環境の良好さをアピールした求人広告を見た気分、と言いますか。

その呆れるほどの傲慢さで以てガス欠になった車を金の生まれる舞台まで運べるのならば是非その方法で、同乗者の方々もまとめて幸せにして差し上げてくださいね、俺は遠方でそっと見守っていますので、という感じ。

常人の彼岸にある人物像は興味深く、映画としては楽しみました、と。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.4
ファンクの帝王ジェームス・ブラウンの伝記映画。貧しく不運な家庭環境に育ち荒れた生活から犯罪に手を染めたりとその半生は波乱万丈。そんな環境のなかで〈音楽〉だけが彼の心の平安だった。ファンキーで型破りな生き方が差別、偏見、誤解、嫉妬を生んでしまう。常に新しく革新的。でも後の世に天才と呼ばれる偉人たちは常に常識に囚われない柔軟な生き方を通した人たちだと思う。
ソウルフルなライブシーンが素晴らしく、印象に残る。
トップになってしまったが為生まれる苦悩、生まれ持った人種に誇りを持ちそのソウルを大切にした彼の言葉に胸が熱くなった。
>|