ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男の作品情報・感想・評価

「ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男」に投稿された感想・評価

せーや

せーやの感想・評価

3.3
裸にベストってのは
夏とか蒸れそうだなあ…。
汗かいたら大惨事だよね…。

音楽史上最高のシンガーと言われ
ファンクの帝王と呼ばれた男
ジェームズ・ブラウンの生涯を描いた作品。

ファンクなんて滅多に聞かないし
そこまでハマッたことはないんだけど
ジェームズ・ブラウンという名前、
そしてゲロッパは聞いたことがある。
そんな人も多いのでは。

そんなゲロッパでおなじみJB。
Get Upは彼の人生そのものだった。

貧しい家庭に生まれ、暴力的な父と暮らし
母は家を出ていった。
彼は親戚の下で育てられ
やがてソウルシンガーとしての地位を確立していく。

彼は「親」から音楽を教わり
「教会」で音楽の力を知る。
音楽で「仲間」を見つけ
音楽で「すべて」を掴みとる。

ジャージーボーイズとかもそうだったけど
やっぱり独特なサウンドを持つ者が
世の中で認知されていくわけで。
リードボーカルだけが有名になってしまって。
そりゃあギクシャクするわね。

次第に音楽界を席巻していくJB。
しかし彼の横暴な態度に
仲間は不満を募らせていく。

子供や妻、友達にまで
Sirをつけてしゃべらせるのは
やっぱり家族の影響なのか。

明らかに彼の態度には
父の影響が見られて。

「トップであり続けなければならない」

そのために歌うだけでなく
ビジネスも自ら取り仕切る。
ショービジネスという世界で生きるには
ただ歌うだけでは生きていけない。

歌手であり、ビジネスマン。

しかし、そんな商業的な歌手に
仲間は共感できないわけで。

仲間に非難されながらも
商業的であり続けても
音楽の力を忘れなかったJB。

その功績は今でものこっているのか。
JBの音楽と人生が詰まった映画
ダ、ダンスしてえ、ってなる
JBのことをよく知れます。内容は普通
烈海王

烈海王の感想・評価

3.5
今年のクリスマスプレゼントにはカリスマ性が欲しいってサンタさんにお願いしよ。
ひご

ひごの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ボヘミアンラプソディー観たことでこの映画をレビューし忘れてたことに気づいた
2年前くらいに観たのに

もちろん帝王JBがとてつもなく豪快で我儘でピュアでかっこよかった
「実話を基にした〜」系の映画を好んでよく観るようになったのはこの映画がきっかけだったなそういえば

人の人生こそ一番面白い芸術作品
ヤなヤツとしてのJBの描き方がいい❗
ボクが知ってるJBといえば、すでにゴッドファーザーもかくやといった風貌でいい人イメージなかったもの。
戦うJBは正しいよ‼️
濃密な生涯をうまく限られた時間に収めたと思います。
実物のほかに作品の中のJBがもう一人いるかのように感じられたぐらい入り込めました。チャドウィックボウズマンてなんて才能豊かなんだろう
ついにMark本数2,200本目達成!嬉しくて'I feel good!'ということで、本作です(笑)。

【ファンクの帝王】の異名を欲しいままにする伝説のシンガー、ジェームス・ブラウン。もう亡くなって12年と思うと本当に時が経つのは早いなぁと思ってしまいます。
そんな彼の恵まれない幼少時代から、長年のビジネス・パートナーになるボビー・バードとの出会い、そして一気にスターダムを駆け上がりスターへ...という見事なサクセスストーリーを映画化。
主演を務めたのは今となっては別人にしか見えない、『ブラックパンサー』のチャドウィック・ボーズマン。

冒頭からジェームス本人にしか見えないなりきりっぷりに度肝を抜かれました。国王陛下役の方ですよね、と思わず確認したくなるくらい、喋り方も仕草も何もかも忠実に再現。我々が知っているジェームスのイメージは、60年代後半以降の襟足眺めの髪型に少し恰幅の良い感じだと思いますが、だんだんその時期に近づくにつれてより似せていけるチャドウィックの演技力にとにかく驚愕...!ダンスも本当に上手!
歌声は彼本人のものなのですが、その音源も貴重なライヴのものがたくさんあってファンは生唾もののはず。大ヒット曲はほぼ網羅されていて、ジェームスに詳しくない方も楽しめると思います。
今をときめく黒人の俳優さんたちが一堂に会していて、ヴィオラ・デイヴィス、オクタヴィア・スペンサー、クレイグ・ロビンソンなど皆さん本当に迫真の演技。特に相棒のバード役のネルサン・エリスが印象的でした。

本作を見ると、才能豊かな人ほど何か惜しい要素を持っているんだなぁ...と切なくなります。まさにキングらしい、時に傍若無人すぎる振る舞いに周りが辟易してしまうのも仕方ないかな、と...。でもそれも彼がステージをいかに完璧にしたいかの心の表れ。さらにかなり過酷な幼少時代を送ってきたということもあり、成功することやお金に対しては相当執着心があったのにも納得。...とフォローしつつも、あまりに理不尽な発言をする場面もあって、全力で擁護することはできないです(笑)。

極めて素直に、そして豪快に生きた波乱の道のり。その裏には、絶対に人に見せない彼の孤独な一面もあったんですね。それでもなお、常に「ジェームス・ブラウン」であろうとした姿に心打たれる良作でした。
個人的に、売れる直前のリトル・リチャードが登場して、ジェームスと言葉を交わすシーンが胸熱でした!!
琴里

琴里の感想・評価

-
鑑賞メモです。
>|