ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男の作品情報・感想・評価

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男2014年製作の映画)

Get on Up

上映日:2015年05月30日

製作国:

上映時間:139分

3.7

あらすじ

音楽の歴史を変えた、“ソウル界のゴッドファーザー”、ジェームス・ブラウンの栄光と挫折、そして知られざる友情を描いた、真実の物語。伝説の裏に隠された実像が今、明かされる—。

「ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男」に投稿された感想・評価

せーや

せーやの感想・評価

3.3
裸にベストってのは
夏とか蒸れそうだなあ…。
汗かいたら大惨事だよね…。

音楽史上最高のシンガーと言われ
ファンクの帝王と呼ばれた男
ジェームズ・ブラウンの生涯を描いた作品。

ファンクなんて滅多に聞かないし
そこまでハマッたことはないんだけど
ジェームズ・ブラウンという名前、
そしてゲロッパは聞いたことがある。
そんな人も多いのでは。

そんなゲロッパでおなじみJB。
Get Upは彼の人生そのものだった。

貧しい家庭に生まれ、暴力的な父と暮らし
母は家を出ていった。
彼は親戚の下で育てられ
やがてソウルシンガーとしての地位を確立していく。

彼は「親」から音楽を教わり
「教会」で音楽の力を知る。
音楽で「仲間」を見つけ
音楽で「すべて」を掴みとる。

ジャージーボーイズとかもそうだったけど
やっぱり独特なサウンドを持つ者が
世の中で認知されていくわけで。
リードボーカルだけが有名になってしまって。
そりゃあギクシャクするわね。

次第に音楽界を席巻していくJB。
しかし彼の横暴な態度に
仲間は不満を募らせていく。

子供や妻、友達にまで
Sirをつけてしゃべらせるのは
やっぱり家族の影響なのか。

明らかに彼の態度には
父の影響が見られて。

「トップであり続けなければならない」

そのために歌うだけでなく
ビジネスも自ら取り仕切る。
ショービジネスという世界で生きるには
ただ歌うだけでは生きていけない。

歌手であり、ビジネスマン。

しかし、そんな商業的な歌手に
仲間は共感できないわけで。

仲間に非難されながらも
商業的であり続けても
音楽の力を忘れなかったJB。

その功績は今でものこっているのか。
殿下めっちゃJB
あだち

あだちの感想・評価

3.8
陛下…JBなりきりすぎじゃないすか…めちゃくちゃアガる。
内容的には全く期待通り。JBの名曲次々。時系列少しややこしいかもだけど成り上がりと落陽がクッキリで明快だしいい味出てます。相棒の人生に想いを馳せ、あぁっってなります。普通に良作。ワカンダフォーエバー!
pachi

pachiの感想・評価

3.4
ジェームス・ブラウンの半生を描いた本作。彼のようなスターのお話はいつもパワフルで勇気をもらう。音楽がとても輝いていた頃、そう思う。
#ぱち映画 #映画 #おすすめ映画 #おすすめDVD #movie #movielover #映画部 #映画好き
Ava

Avaの感想・評価

4.1
好き
Tomo

Tomoの感想・評価

4.5
ジェームズブラウンの半生を描いた作品。彼のこと実際はあまり知らなかったからいい機会だったー!家族、親友、バンドメンバー、レーベルのマネージャーなど彼を取り囲み人々との繋がりと別れを経てファンクの帝王と言われたんだと思った!
キング牧師の暗殺前後で黒人音楽を牽引して来た存在としての苦悩など音楽を通して学べた気がする!
そしてチャドウィックが余りにもJB過ぎて、ダンスも姿も声もそっくり。流石です。
犬

犬の感想・評価

3.6
ゲロッパ

伝説のソウルミュージシャン、ジェームス・ブラウンの半生をテイト・テイラー監督、ミック・ジャガー製作により映画化した伝記映画

黒人のため

見応えありました

歌うシーンが多くあり、楽しめました♪
そしてあの歌ですね

子供時代が辛すぎる
いろいろと時代が行き来します

チャドウィック・ボーズマンが似てる!
あとこちらに向かって話してきます
ヴィオラ・デイヴィスも印象的でした
アル

アルの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

JBの歌は好きでもなく嫌いでもなく なので映画としての評価をします。

彼の半生を知ることができ好きにもなれた。途中少し退屈に感じたが面白かった

ここまで名の知れた黒人がただの天才だけではないのが凄い 苦労人でもあり努力家でもある。Topに立つ器もある
lili

liliの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

JBは今まで『ブルース☆ブラザーズ』のハイな牧師としてしか知らなかったが、彼の思考の成り立ちや多面的な人となりと、それを周囲の人物たちがどう理解して受け入れあるいは離れていったかが、彼の生い立ちから時に独白や迫力のあるライブシーンを交えてテンポよく描かれていて、JBの波乱の人生をそのまま追体験しているかのようにさえ感じた。
しかしチャドウィック・ボーズマン、演技もダンスもJB過ぎる…。どんな身体能力なんだ。かっこええ〜。
『ブルース☆ブラザーズ』の静かなほうの方が出演していたのはとてもアツいしウケた。
ジェイビーは 最高だ!
>|