オール・アイズ・オン・ミーの作品情報・感想・評価

オール・アイズ・オン・ミー2017年製作の映画)

All Eyez on Me

上映日:2017年12月29日

製作国:

上映時間:137分

3.6

あらすじ

ニューヨークのスラムで生まれ育った2PAC(トゥパック・シャクール)。ブラック・パンサー党員の母に連れられ、住まいを転々としていたため、あまり周りに馴染めない辛い幼少期を送っていた。役者に憧れていた彼は、12歳の時にハーレムの劇団に入団し舞台デビューを果たす。1986年、一家はボルチモアに移り住み、2PACはボルチモア芸術学校に入学。その頃から彼はラップに没頭することとなり、数々の詩を書き始める…

ニューヨークのスラムで生まれ育った2PAC(トゥパック・シャクール)。ブラック・パンサー党員の母に連れられ、住まいを転々としていたため、あまり周りに馴染めない辛い幼少期を送っていた。役者に憧れていた彼は、12歳の時にハーレムの劇団に入団し舞台デビューを果たす。1986年、一家はボルチモアに移り住み、2PACはボルチモア芸術学校に入学。その頃から彼はラップに没頭することとなり、数々の詩を書き始める。17歳の時、カリフォルニアに移り住む こととなるが、その頃には母親はドラッグ中毒で家庭は酷い有様と化していた。そんな彼はラッパーとなる夢を追い続ける。1991年に2PACの名で、アルバム「2Pacalypse Now」でソロデビューを果たし、着々とその名を上げていく。 だが、ある日彼はレコーディングに訪れていたスタジオで強盗に襲われ、その身に銃弾5発を受けてしまう。一命を取り留めた2PACは、この事件を仕組んだのは、たまたま同じスタジオにいたショーン“パフィ”コムズとノトーリアスB.I.G. だと思い込む。西海岸のヒップホップ・レーベルDeath Rowレコードに所属する2PACは、東海岸のBad Boyレコードのショーン“パフィ”コムズやノトーリアスB.I.G.をことあるごとに非難し、ヒップホップ界史上最悪の東西抗争が幕を開けてしまう。そして遂に、1996年9月7日ラスベガスで2PACは銃撃され、その6日後の9月13日に25歳の若さで人生の幕を閉じることとなる。

「オール・アイズ・オン・ミー」に投稿された感想・評価

Seto

Setoの感想・評価

3.6
カリスマ的な2pac
音楽流れるたびにテンション上がった

生きてたらなぁ、、
筍

筍の感想・評価

3.7
2pacの生涯を描いた作品です。2pac役の俳優もそっくりで、作品に入り込めました。短すぎる生涯でした。
kojiメン

kojiメンの感想・評価

3.0
ビギーの映画最近あり、NWAの映画も最近あり。で2017年に2PAC映画。
音楽業界の摩擦が、アーティストの死劇にまで追いいこんだ映画。
ラップは好きだけど、この映画の製作も金のためがチラつく。
無念だ。
あんまり詳しくはないけどすごく懐かしくて面白かった。これもまた一つのアメリカの歴史。
OG

OGの感想・評価

3.8
現在のHIPHOPをここまで確立させた功労者の1人である2 Pac☺︎
リアルタイムで彼のスゴさを知らないものの、その偉大さはやはりすごいものなのだと思わさせられる☺︎
BIGや2 Pacがもしも生きていたら、EMINEMやJay Z、DrakeやKanyeなんかはどうなっていたのだろう☺︎

しかし、E-40の声とかフロウって昔からまったく変わらないんだなぁと序盤の曲でちょっとビックリ☺︎
2pacのカリスマ性を再度認識できるような濃い内容。やっぱあの雰囲気と声はラップが好きでなくても音楽好きなら多少なりとも魅力を感じるでしょ。
時間の割振りがイマイチで、後半の人間関係が雑になり、畳み込んだ感じになったような感じがしたので、詳しくは知らない人にはなし崩し感が否めない。
zaki

zakiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

まずビギー役が『ノトーリアス』と同一人物のキャスティングに懐かしさを感じる。
まぁ、この手の映画はどこかに端折りが出るのはしょうがない。2pac好きなら感動もすると思います。(末路有りき)
2pacのヒット曲はだいたい抑えているので端端に流れるとテンション上がる。
そしてThug lifeのタトゥーとは裏腹に2pacのような男は家族や恋人思いのナイスガイってこと。あと秀才。
NWA同様にシュグナイトの陰謀に嵌められる辺りは観る前から分かっていても残念でならない。本場はHipHopという括りながら東西の抗争に発展し、やがてラッパーが死ぬ。レペゼンの重みと意味合いも日本とは違う。
途中からもうtupacにしか見えない。

本物のtupacの動画もこんなに長い時間ぶっ通しで見たことがないから、本物の顔が曖昧になってしまい途中で止めて本物検索。

スヌープドッグは顔が似てないのに話し方めっちゃ似てておもわず吹く。

他の登場人物はそれなりに雰囲気は似てる。

ビッグネーム達のそれぞれの関係値が分かるのが面白い。

こことここがこう繋がってたんだ!みたいな!

序盤はインタビューと回想の繰り返しが多くて疲れる。

ある程度興味のある人なら知っているような話ばかりのような気がした。

さらっとおさらい入門編。

ストレイトアウタコンプトンとも
繋がりがあって、、
逆境の中でラップで生きてく生き様はみんなかっこいい!
syasya

syasyaの感想・評価

3.8
懐かしい気分になれた一本。ドレのトラックはやっぱあがるしかっこいい。スヌープのゆるさも、当時こんな感じだったのかなと微笑ましい〜
>|