オール・アイズ・オン・ミーの作品情報・感想・評価

オール・アイズ・オン・ミー2017年製作の映画)

All Eyez on Me

上映日:2017年12月29日

製作国:

上映時間:137分

あらすじ

ニューヨークのスラムで生まれ育った2PAC(トゥパック・シャクール)。ブラック・パンサー党員の母に連れられ、住まいを転々としていたため、あまり周りに馴染めない辛い幼少期を送っていた。役者に憧れていた彼は、12歳の時にハーレムの劇団に入団し舞台デビューを果たす。1986年、一家はボルチモアに移り住み、2PACはボルチモア芸術学校に入学。その頃から彼はラップに没頭することとなり、数々の詩を書き始める…

ニューヨークのスラムで生まれ育った2PAC(トゥパック・シャクール)。ブラック・パンサー党員の母に連れられ、住まいを転々としていたため、あまり周りに馴染めない辛い幼少期を送っていた。役者に憧れていた彼は、12歳の時にハーレムの劇団に入団し舞台デビューを果たす。1986年、一家はボルチモアに移り住み、2PACはボルチモア芸術学校に入学。その頃から彼はラップに没頭することとなり、数々の詩を書き始める。17歳の時、カリフォルニアに移り住む こととなるが、その頃には母親はドラッグ中毒で家庭は酷い有様と化していた。そんな彼はラッパーとなる夢を追い続ける。1991年に2PACの名で、アルバム「2Pacalypse Now」でソロデビューを果たし、着々とその名を上げていく。 だが、ある日彼はレコーディングに訪れていたスタジオで強盗に襲われ、その身に銃弾5発を受けてしまう。一命を取り留めた2PACは、この事件を仕組んだのは、たまたま同じスタジオにいたショーン“パフィ”コムズとノトーリアスB.I.G. だと思い込む。西海岸のヒップホップ・レーベルDeath Rowレコードに所属する2PACは、東海岸のBad Boyレコードのショーン“パフィ”コムズやノトーリアスB.I.G.をことあるごとに非難し、ヒップホップ界史上最悪の東西抗争が幕を開けてしまう。そして遂に、1996年9月7日ラスベガスで2PACは銃撃され、その6日後の9月13日に25歳の若さで人生の幕を閉じることとなる。

「オール・アイズ・オン・ミー」に投稿された感想・評価

荏開津広『東京/ブロンクス/HIPHOP』第9回:ラップ以前にあったポエトリーリーディングの歴史

http://realsound.jp/2017/12/post-137774_1.html
フミオ

フミオの感想・評価

5.0
ジャケットとかピーブイとか映画のシーンとかの再現がおもしろかった

女友達まじタイプ

スヌーピーの声は吹き替え?

Dear Mamaはわかっちゃいたけどウルッときた
masabe

masabeの感想・評価

4.0
2Pac がデスロウに入る前ら死ぬまでの物語。ビギーの映画でもNWAの映画でも共通するのが、シュグナイトはマジでヤバイ
pachi

pachiの感想・評価

3.6
ラッパーの2PACの人生を映画化。
ドロドロしてる。
偏見をより強めかねない内容だが、その本質は社会が生み出したもので、彼らは『被害者』の代弁者であるはずだった。
#ぱち映画 #映画 #おすすめ映画 #おすすめDVD #movie #movielover #映画部 #映画好き
ゲトーに自分から入り、リアルを伝えようとしたGangsta Rapそしてthug lifeを広げたTupacが、どれだけ社会から勘違いされてきたか、しっかり理解することができる。
Roxmaster

Roxmasterの感想・評価

3.3
機内で鑑賞。
90年代クラブ遊びしていた30代後半から40代前半には刺さる作品。懐かしい曲やアーティスト、プロデューサー、レーベルが出てくる。

ただ、マイルスデイビスやレイチャールズあと、白人だけどエミネム(8 miles)の伝記映画と同じで貧困、ドラック、ギャング、酒、女、暴力とテーマが共通していて若干食傷感があるのは否めない。

California Loveが好きだった人は是非。
かねこ

かねこの感想・評価

3.6
英語のヒップホップは歌詞が聞き取れないと良さが半分しかわからないのであんまり聴いてなかったけど、2pac借りにツタヤに行こうと思えるくらいに良かった
777

777の感想・評価

3.3
10代の頃の聡明で芯のある少年ぽい感じと、売れてパリピになっちゃってる感じ、その間にどんなタイムラインがあって、彼はどう変化していったのかをもっと観たかった。
彼の人間性があまり描かれてなかったのは残念。
曲はやっぱり良い◎
mmmmmichan

mmmmmichanの感想・評価

3.4
低予算だったのか
せっかくのライブシーンと服装がめちゃダサかった。
そして大事な部分をだいぶはしょってるきがする。
ビギー役の人も、!?!?てなった笑
期待して観なかったら面白かったかもしれない。
本当にこれが事実と思うと凄い衝撃を受ける

25歳享年とは思えない
>|