オール・アイズ・オン・ミーの作品情報・感想・評価・動画配信

「オール・アイズ・オン・ミー」に投稿された感想・評価

リコ

リコの感想・評価

4.5
なるほど
こういう経緯でデス・ロウ・レコードに加入したんですね、、、

2pacの多くあるだろう魅力の中でも、
素直で真っ直ぐな歌詞がとても魅力的だなと感じました
こうやってアーティストの背景を知ると
その人自身の行動にも説得力が増しますし、深みも増しますね、、何事にもバックグラウンドを知ることは大切だしなにより時間は有限っていうことを改めて感じました
Hayato

Hayatoの感想・評価

3.8
2Pac、本名:トゥパック・アマル・シャクールの人生を映画化した物語

この映画を観てから、海外のラッパーの曲も和訳して見るようになった素晴らしい映画
86

86の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

公開当時映画館観にいったが特に最高!とはならず淡々と時間が過ぎた記憶と少ないお客さんが音楽が鳴る度に揺れてた記憶がある。(同士よ)

覚えてない事多々あるから見直したけど、うん、特に収穫はない。知ってる事を淡々と映像を見せられました。たた見れば見るほど似すぎて頭がバグってくるw
あと気になった点として、ドレーがデスロウ抜けたのって2pacが亡くなったあとなのでは???
Chiyaki

Chiyakiの感想・評価

-
ジャケに惹かれて、
なんとなぁあく観てみた作品☺️

...やけど、最後まで観れずに折れた作品😂

多分、2packを知らんからやな...笑
まって、亡くなってるん96年やん!
そら知らんがな...笑

てことで、感想が特に出てこんから今回の作品のスコアは、これで🐨
自身の青春を捧げた2Pacの生涯を再現した作品。
2Pacの名曲がどのような経緯で制作されたのかを知れて曲の本当の意味を知れた。途中涙してしまうシーンもあり。

ビギー、ドレー、スヌープおじさんなど重要な登場人物まで再現度が高くて驚いた。

2Pacという伝説的スターとしてではなく、1人のスラムで育った青年の物語として楽しめたのが高評価の理由でもある。

音楽史に残る最悪の事件である東西抗争。もっと2Pacやビギーの楽曲を聴きたかった。ただただ悲しい。
いおり

いおりの感想・評価

4.1
成り上がり人生には興奮するけど、いつどん底に落ちるか不安でソワソワして見てしまう感じ、めちゃくちゃラップ映画あるある
激似
激似
ってよくあるけど
流石に別物やろーけど。

GANGSTAのイメージが強い人には
改めて見てほしい作品だとおもった。

アンコンディショナルLove
ですぜ。

愛に溢れそして革命ができる戦士だった。

自分のHiphopの定義はここにあって
2PACになりたかったんだなと
改めて感じた作品だった。

サブカルチャーじゃない
Hiphop。
死んでるね。
yope429

yope429の感想・評価

4.3
のめり込み度:★★
短期的影響度:★★★
長期的影響度:★★
きたむ

きたむの感想・評価

3.7
ラッパーの2PACの生前を映画にしたもの。
ライブシーンは見ものでめっちゃかっこいいですねぇ。
アメリカのラッパーは夢があるなと思う。その分の危険性もあるけどアメリカンドリームってめちゃくちゃかっこいいですよね、成り上がり精神というか。
日本以上にリリックに思いがあるイメージがある。自叙的なところもあれば自分の想いをリリックにそそぐというか。
客のシンギング感の最高。

このレビューはネタバレを含みます

シンプルに最高。
今後万が一事業で落ち込んだときに観たい映画。漢は勇気と覚悟、最高の教科書。
>|

あなたにおすすめの記事