団鬼六 薔薇の肉体の作品情報・感想・評価

団鬼六 薔薇の肉体1978年製作の映画)

製作国:

上映時間:72分

3.4

「団鬼六 薔薇の肉体」に投稿された感想・評価

csm

csmの感想・評価

3.0
美脚の亜湖が連れてかれるソウルディスコ・アップルハウス。谷ナオミが突然倒れてから鈴の音を思い出して笑みを浮かべて歩く雑踏、ヨシ。
服役中の夫の帰りを待望している妻(谷ナオミ)が、ヤクザ絡みの借金を完済すべく女手ひとつで粉骨砕身する。過去から完全に足を洗って、順風満帆な人生を歩もうと努力する男女の姿を描いたロマンポルノ。

谷ナオミが義弟(日高由央)とその恋人(亜湖)に援助してもらいながら、ヤクザ(高橋明)との関係を絶つために腐心するという物語。肉欲が入り乱れる人間関係が生き生きと描かれており、ドラマに訴求力が備わっている。

また本作では、谷ナオミが男を責める側になるという貴重なシーンが収められている。人前では毅然とした態度を取っている中年の弁護士(大河内稔)が、谷ナオミと二人きりになった途端に「あなたの便器にしてください」とM気質を表出。そのギャップに大笑いさせられるが、あくまでもアクセント的な物語展開なので、後に続くわけではない。

何よりも、谷ナオミと亜湖のコンビが、他作品における谷ナオミ&東てる美、片桐夕子&芹名香に比肩するレベルのインパクトを誇っているのが魅力的。役者のもつ役者力によって牽引させられるタイプの良品。