ベン・ハーの作品情報・感想・評価

「ベン・ハー」に投稿された感想・評価

Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
前半で観るのを止めようとしたが、我慢してよかった。
後半の戦車レースは、迫力もスピードも圧巻のシーンの連続で、そこしか覚えてない!
モーガンフリーマンが出てきて、なんかホッとした作品でした。

2018年248本目
ヒロ

ヒロの感想・評価

2.2
過去鑑賞記録。あんまり覚えてないからイマイチだったのかな?グラディエーターやポンペイとかトロイとか古代ローマ系っていろいろ、いい映画あります!それと比べると??な感じだったかも知れません。この手の古代ローマ系は好きです🇮🇹
ozako

ozakoの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

2018/04
1959年版から続けて鑑賞。なぜここまで原作を捻じ曲げてしまったのか?メッサラが単なる幼馴染ではなくハー家の養子、総督にレンガが落ちてしまうのではなく助けた者が弓矢で総督を攻撃。ガレー船で鎖を外されるシーンは、ジュダが加護を受けているという象徴の1つなのに、削除され、総司令官を助けるシーンもない。エンディングに関しては、みんな仲良くなってよかったねという陳腐なものになっている。戦車から落ちてジュダがあれだけ引きずられているにもかかわらず、ほぼ無傷なのもおかしい。セリフにしても説明的すぎる。とにかく、1959年版を見た人と見ていない人で感想はだいぶ異なるとは思うが、比べてみるとナニコレ感がすごい作品である。
たむ

たむの感想・評価

2.4
何度もリメイクされているので、どれがオリジナルかは難しいですが、ウィリアム・ワイラー監督版の半分の上映時間で、あっさりとした映画になっています。
寛容というテーマを強調するためか、ラストは別物になっています。
芸術というより、ハリウッド的なシンプルな映画となっています。
有名な方見たことないけど、短めだったのでこっちを見ました( ゚д゚ )
まさかのリメイク。そして残念ながら日本未公開。TOHOシネマズの特報ではやってたのになぁ。
ガレー船での海戦シーンや戦車のレースシーンを現代の技術で表現したら・・・という問いには明確に答えが出ていて、特に戦車のシーンは過去の『ベン・ハー』を超える熱量を放っている。
ダイジェストという感じもしなくもないが、「あー、『ベン・ハー』観たいけど時間ねー」というときに重宝しそうである。
ラストの曲や、戦車に見立てたエンドクレジットがちょっとダサいのが残念。
IMAXで観たかったぜ。
hb200583

hb200583の感想・評価

3.4
イエスがなかなかのイケメンだった。ユダヤ人は大昔も目の敵にされてたんだな。
ストーリー的には主人公達が人としての成長をしていって、大きな時代の小さな希望の雫の一つ的な感じになっていく、と勝手に解釈。

最後までローマ人がちょっとヤバイって印象が強かったかな。
個人的にはそういう印象を残して欲しくなかった。

昔のベンハーは話しがもうちょい違うらしいから是非みたい。

モーガン・フリーマンが安定のかっこよさみせてる。

見るなら是非字幕で。
リメイク前の作品は見てないので比べれないが短くなってるらしいので、だらだら長い作品は苦手なので良かった。ガレー船のシーンと最後のチャリオットレースの迫力は必見!レース中に「アベカエサル!」とは叫びません。
映画fan

映画fanの感想・評価

3.6
意外と楽しめました。往々にして1959年のチャールトン・ヘストン版と比較されがちですが1959年版の方がイイには決まっているがいかんせん長い。
4時間弱はキツイ。
それを2時間でまとめたこちらはかなり観やすい。
所々1959年版と話が違っていたりするがそれはそれでいいんではないか。
最後の和解のシーンでは泣いた!
Kyohei

Kyoheiの感想・評価

2.5
ガレー船、チゲ鍋、フラダンス、サハラ砂漠、らせん階段、カブト虫、廃墟の街、イチジクのタルト、カブト虫、ドロローサへの道、カブト虫、特異点、ジョット、天使(エンジェル)、紫陽花、カブト虫、特異点、秘密の皇帝
>|