「ベン・ハー」に投稿された感想・レビュー

猪越晃平
猪越晃平の感想・レビュー
23時間
3.9
へストンかー。
S
Sの感想・レビュー
6日
3.0
🎬🍿♠️♥️
charles
charlesの感想・レビュー
2017/05/18
4.3
スケールがとんでもなくでかい。
映像もストーリーも時間も。普通の映画3本分くらい。圧巻。古い映画とは思えない迫力。
のぞみん
のぞみんの感想・レビュー
2017/05/15
4.1
奥が深くて一言では、言い表せない映画
教えてもらわなかったら
知らないままだったかも。。。


権力を使って、幼馴染やその家族に
苦しみを与えるメリッサの心が
悪魔のようでした。

人情に厚く、優しい穏やかなベンハーでしたが、自分から何もかもを奪ったローマを憎み、誰の話も聞こうとしなかった

映画を観ていて、良くも悪くも
人は人を変えるのだと
つくづく思います


4頭の白馬がとても綺麗で
戦車シーンの迫力には、ハラハラドキドキしました。(酷いシーンも多々ありましたが)
馬の扱いを見て、決して鞭は使わず
名前で呼んでジャレている所に
ベンハーの優しさを感じました。


アカデミー賞史上最多受賞という事で
それだけ魅力のある映画なのだと
始めはむずかしく、長い映画かなとも
思いましたが、そんな事なく
時間は一瞬でした。


出演されてる俳優の方は、ほとんどが
お亡くなりになってますが
いつまでも観続けられる作品でありますように
なつ
なつの感想・レビュー
2017/05/13
4.0
大学でキリスト教について学ぶ講義を受けているので、勉強の一環として鑑賞。3時間半超という事で身構えてしまったが、意外と話に入り込めて楽しめた。そして白馬が可愛い。
たかやん
たかやんの感想・レビュー
2017/05/11
3.0
〈BSプレミアム録画視聴〉
ラッセルクロウの「グラディエーター」のようなアクション映画かと思いきや、実はキリストの物語だったので少々裏切られた気持ちに…。〈復讐の虚しさと博愛〉というテーマが「グラディエーター」とは決定的に違う。
その違いを楽しむ余裕が今日の僕には無かったので高評価の方々今回ばかりはごめんなさい。。

太鼓のリズムに合わせて奴隷水夫がひたすら漕ぐガレー船のシーン、観客として大勢のエキストラを用いた戦車レースシーンはどちらも迫力があり、そこは期待通り楽しめたんですが。

長い名作映画を全部見たという、フルマラソン完走したかのような達成感が後味としてのほとんどをしめてしまったというのが正直なところです(--;)
螢
の感想・レビュー
2017/05/09
3.8
ユダヤ王族の青年の復讐と浄化を、同時代に生きたイエス・キリストの受難と絡ませながら、壮大なスケールの映像で描いたスペクタクル映画。

紀元26年。ローマ軍司令官の一人でローマ人のメッサラという男が、生まれ育った土地であり、ローマ帝国の属州でもあるイェルサレムに赴任してきます。
彼とは幼い時からの親友だったユダヤ王族の青年ベン・ハーとその家族は、彼を歓迎します。

しかし、多神教で征服者のローマ人と、一神教で被征服者のユダヤ人という立場にある二人。些細なことから喧嘩になり、絶交してしまいます。
そして、不幸にも、帝国から派遣された総督のパレード中に、ベン・ハーの屋敷の瓦が落下して総督が大怪我を負ってしまい、ベン・ハーは暗殺首謀者として、奴隷の身に堕とされてガレー船の漕ぎ手となり、母と妹は投獄されてしまいます。
彼の無実を知りながら、助けてくれなかったメッサラに対し、ベン・ハーは復讐を誓います。

ガレー船へと連行される途中、ただ一人水を恵んでくれた優しい青年のことが、心に残るベン・ハー。

彼は三年の間ガレー船の漕ぎ手として鎖につながれて過ごしますが、ローマの将軍アリウスを助けたことから彼の養子となり、首都ローマで戦車競争の名手として名を馳せます。
しかし、投獄された家族を助けたい彼は、イェルサレムに戻ります。
そこで戦車競争の騎手にスカウトされるベン・ハー。競争には、あのメッサラが優勝候補として出場するという。
ベン・ハーはメッサラを倒す最大の好機として競争に出場し…というお話。

有名な戦車競争のシーンはもちろん、古代のローマを再現した豪華な映像は、素晴らしく、迫力もあり、圧巻の出来栄えです。

ただ、残念なのは、ストーリー展開は御都合主義だし、ベン・ハーはじめ登場人物の内面の描き方は、正直言って薄いなあ…という感じ。
まあ、それも、心の機微よりも、映像のスケールや展開の速さを優先する、いかにもハリウッドらしい娯楽映画の安定感と思えば、悪くないはずなのですが…。

昔ベン・ハーに水を恵んでくれた青年が実はイエス・キリストで、そのイエス・キリストは受難を受けて磔にされて…というラストは必要だったのかなと疑問が残ります。
途中のベン・ハーたちの悲しみや苦悩をもっとじっくり丁寧に描いていたら、イエス・キリストに感化されるベン・ハーの姿がもっと意味のあるものになり、あのラストが活きたのだと思いますが…。それが浅いので、どうしてもとってつけた感が拭えず…。

キリスト教徒もユダヤ教徒も刺激したくなかったので、あまり宗教色の濃いものにしたくなかったと、特典映像の中で弁明っぽく言われていますが…。

良くも悪くも、これぞハリウッド!という映画ですね。スペクタクル映画、アクション映画としては最高の出来だと思います。
優美
優美の感想・レビュー
2017/05/08
3.5
最後の戦車のシーンが好き
マックス
マックスの感想・レビュー
2017/05/01
3.6
記録
りゅーせい
りゅーせいの感想・レビュー
2017/05/01
4.0
2017年3月鑑賞
>|