ベン・ハーの作品情報・感想・評価

「ベン・ハー」に投稿された感想・評価

綿木

綿木の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

あの水が洗礼だったんだねえ
ディスマスとゲスマスがちゃんとその人っぽい雰囲気出してる🌚
でもピラトはちょっとイメージと違ったかな(主に言動が)

こんだけ長い映画なのに、珍しく眠くならなかった🌚
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

3.8
豪華なセットに衣装、大量のエキストラを使った映像は今の映画ではなかなか見られなさそうな迫力があった。
音楽と演技は若干大仰。セット感丸出しの背景で行われる、会話シーンの単調な切り返しはちょっと退屈。ストレート過ぎる展開、ドラマにあまり乗れないので、大量の人員を使ったスペクタクルシーンを楽しんで、ドラマパートは流して見ることになった。セリフで説明し過ぎる感じもある。
謎のジャンプカット(明らかにこの手の映画には不要)が何度かあったが映写上の不具合か、フィルムの欠落なのだろうか。
流石に馬車レースの迫力は凄い。カメラの揺れが臨場感を生み出す。オールを漕ぐシーンも、速くなっていく動作に合わせて加速するカット割りが良い。
この映画もチャールトン・ヘストンファンの母と観た映画。
キリストの最期を観た映画。
ずーーーっと観ようと思ってたけど時間が長いので勇気が出なかった映画。年越しで録ったのをようやく観ました。
チャールトン・ヘストンはライフル協会のイメージしかなかったけど、気づけばあの筋肉具合にめろめろ。戦車シーンはお見事としか言いようがない。ワイラー監督は手堅い演出をなさるので安心して観られるね。終盤、雰囲気がガラッと変わったのはびっくりだったけど。
MO

MOの感想・評価

3.4
前半のベンハーメインから後半キリストの話へスムーズにもっていってる。
競馬シーンではベンハーの戦いよりも、怪我人や馬をどかす運営の人がレースの馬と衝突するんじゃないかとハラハラしてしまった。
KENNYBOY

KENNYBOYの感想・評価

4.6
紀元26年、キリストの存在を背景に、ユダヤ人貴族、ジュダ=ベン・ハーの数奇な人生を辿る。
親友との決別や、受難、憎しみ、愛といった様々な感情に揺られながらも、誰よりも真っ直ぐに突き進む男に人々の心は動かされる。
あまりにも壮大なスペクタルである戦車競争に心が震え、そしてキリストの奇跡も、あくまでも一人の英雄の物語の脇を固める存在として機能しているのがミソ。
映画史に、まさに金字塔として燦然と輝くこの超大作。他の映画とは次元が違う。
朱肉

朱肉の感想・評価

4.8
傑作…
古くて長くて宗教色も強いけど、
人間の力強さを改めて感じさせてくれる。
愛情、不屈の精神、筋肉筋肉筋肉。
その中でもエスターやミリアムといった女性の強さに惚れ惚れする。かつ慈愛に満ちてる。美しい。世代を超える美しさってあるんだなって実感。

映像もCGが全く無いのに、CGを見て育って来た自分が見ても入り込めたのが驚き。スターウォーズのポッドレースのオマージュ元がこれの戦車レースらしい。納得の迫力。
その他も圧倒的なエキストラやセットの数々。お金。

観終わったあとすぐに筋トレ開始した笑
HamuHamu

HamuHamuの感想・評価

4.0
見応え抜群だしダート戦最高だけど、長かった…。休憩ある映画久しぶり笑
moco67

moco67の感想・評価

4.2
これまた親と中学か高校生くらいの頃に観た作品。しっかりと観せる作品でよかった。白馬かわいい

本当に余談ですが、親のチャールトンヘストンかっこいい話が合間合間に入るので、気が散った思い出も込み!笑
和田

和田の感想・評価

3.5
めっちゃ賞とってますやん
長尺だけに見所は多い。けど、一番記憶に残るのはラストシーン
キリスト教爆誕
競馬
>|