ワンダフルワールドエンドの作品情報・感想・評価

ワンダフルワールドエンド2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:82分

3.5

あらすじ

モデルとして活動するも、なかなか売れない17歳の詩織(橋本愛)。売れっ子モデルを羨んだり、ゴスロリ趣味の服を事務所の社長に注意されながらも、なんとか自撮りやブログやツイキャスの配信で、ファンを増やそうと努力する日々。詩織と半同棲中の恋人・浩平(稲葉友)は、そんな必死な詩織の姿に呆れ気味だ。 ある撮影会の日、詩織はいつも来るファン・13歳の亜弓(蒼波純)に声をかける。 家出をして来た亜弓を「助けた…

モデルとして活動するも、なかなか売れない17歳の詩織(橋本愛)。売れっ子モデルを羨んだり、ゴスロリ趣味の服を事務所の社長に注意されながらも、なんとか自撮りやブログやツイキャスの配信で、ファンを増やそうと努力する日々。詩織と半同棲中の恋人・浩平(稲葉友)は、そんな必死な詩織の姿に呆れ気味だ。 ある撮影会の日、詩織はいつも来るファン・13歳の亜弓(蒼波純)に声をかける。 家出をして来た亜弓を「助けたい」と、勝手に泊める浩平に怒った詩織は家を飛び出す。 詩織に憧れて、ゴスロリの格好やアイフォンを真似し、詩織の好きなミュージシャン・大森靖子や浩平までも、詩織の好きなもの全てに焦がれる亜弓。 一方、亜弓のブログやツイキャスを見て、しだいに、その純真さに心を奪われていく詩織。 可愛くも過酷な世界に放り出された2人の女の子の物語を、大森靖子の歌声が強く、可愛く、激しく背中を押す。 音楽と映画の常識をぶっちぎる、鮮烈な絶対少女ムービーが、今ここに誕生した。リアルと虚構と音楽が混じり合い、混沌と加速する、誰も知らなかったワンダフルワールドエンドをあなたはついに目撃する!

「ワンダフルワールドエンド」に投稿された感想・評価

羽

羽の感想・評価

3.3
女の子の世界だけれど、まず男がそこには必要なのが、大森さんの世界だなぁと思いました。「愛ちゃん」「純ちゃん」と呼びあっていたのには、どれだけ意味を込めているのか気になりました。
茄子

茄子の感想・評価

-
新しいアイドルがゾンビの話ししてからの元彼がゾンビ的な登場する演出わざとダサくしてんのかもしれないけどどっちにしろクソダサい。
アミ?ちゃんの声張れない感じがあまりにもリアルで多分リアルなんだろうし要所要所目離せない箇所ある
挿入歌が大森靖子ちゃんだし橋本愛ちゃんも蒼波純ちゃんも好きで観たんだけどめちゃくちゃよかった。
女の子特有の気持ちを解ってもらいたくないけど分かってほしい。

最後のシーンは笑っちゃったw
氷

氷の感想・評価

3.8
高2くらいのときに映画館で観たけどもう一度あの時の気持ち思い出したくて、観た。わたしはいつも向こう側じゃなくてこっち側なんだよなあ。
憧れなの、そう、憧れなのね、
男になんて守れない、絶対邪魔させないからね、
そういう世界で生きていく。その世界こそ美しい。
ayn

aynの感想・評価

3.7
やっと観れた

大森靖子の音楽とMVが好きなら好き
橋本愛と蒼波純が好きなら好き

になれる映画

「ミッドナイト清純異性交遊」という大森靖子さんの曲がだいすき、
橋本愛はもともと好き、
蒼波純ちゃんの唯一無二な可愛さ堪らん、
おんなのこ同士の独特な感じ分かる〜〜!

なので、
ご馳走さまでした、という気持ち
映画館でみたかったなあ…

好きな人が好きな人を好きになりたかっただけ、ていう別の映画の台詞を思い出した。
持ち物まで真似したくなっちゃう女子の心理もゲーセンできゃっきゃしてるあの感じも懐かしい…JKの危なっかしさも懐かしい…
制服姿でちょっと冒険して学校以外の友達と遊んでた青春(?)を思い出した
少しだけ戻りたい笑

最後のこうへいは、ギャグだよね?笑
きくり

きくりの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

露出をしないと閲覧者が増えないため、コメントに答える形で露出をしていく動画配信者の女の子がとてもリアルだった。
蒼波純さんの透明感は、同じ年代の少女たちの中でもトップレベルだと思った。
ストーリーは淡々としているが、挿入されている大森靖子の音楽が良かった。
まい

まいの感想・評価

2.2
橋本愛の絶対的可愛さと
蒼波純ちゃんのゴスロリと
大森靖子の音楽、以上!
大人たちの思惑と子供たちの役割。もっと言うなら映画の外(制作)と内(演者)の温度差がヒートショックを起こすレベル。メタを滅多刺して突き抜ける進化欲情を洗浄前のフィルターみたいに不純な大人たちのドヤ顔が曇らせている印象。キャラクターを愛せるから物語は起動するのに橋本愛、蒼波純を愛してないと没物語性になってしまうのは初めから何か欠落してる証拠なんじゃないかなと思うし企画倒れ感は否めなく、それは職権濫用や公私混同という言葉に置き換わってしまう危険性を大いに孕んでいるのだと思った。
蒼波純さんは神懸かって可愛いけどな!!!
Qinemagic

Qinemagicの感想・評価

3.8
女の子とはこういう生き物なのだ。
男には到底理解出来ないであろう思考回路、気軽に踏み入ることの許されない絶対的な領域があって、他人が干渉できる隙など1ミリも無い一人だけの世界を構築する。

その感覚はやっぱり女の子同士でしか解らないのだろうし、女の子同士でも解らないのだろう。それが多感なティーンエイジャーなら更に複雑怪奇、摩訶不思議アドベンチャーであろう事は言うまでもないけど言っておこう念のため。

ツイキャスライブの視聴者数を気にし、コメントを貰う事で承認欲求を満たす17歳の少女、その少女に憧れゴスロリファッションやiPhoneケースをお揃いにして喜ぶ13歳の少女。お互いの世界がドロドロに絡み合って出来た2人だけのワンダフルワールドはそこはかとなく純粋で美しかった。眼福の極み。

彼女たちにとって男なんてのはただ面倒くさくて、馬鹿っぽくて、鬱陶しくて、悩みの種で、発情する肉の塊で、違う世界を彷徨うゾンビなのだろう。男なんてクソだ、と彼女たちが言うのであれば男はやっぱりクソなんだろうと思う。そして呪いは水色最高だと思う。
YukiOka

YukiOkaの感想・評価

3.2
子供には子供だけの世界、女子には女子だけの世界があって、結局のところそこには、親も彼氏も踏み込めない。
>|