ワンダフルワールドエンドの作品情報・感想・評価

ワンダフルワールドエンド2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

上映時間:82分

3.5

あらすじ

モデルとして活動するも、なかなか売れない17歳の詩織(橋本愛)。売れっ子モデルを羨んだり、ゴスロリ趣味の服を事務所の社長に注意されながらも、なんとか自撮りやブログやツイキャスの配信で、ファンを増やそうと努力する日々。詩織と半同棲中の恋人・浩平(稲葉友)は、そんな必死な詩織の姿に呆れ気味だ。 ある撮影会の日、詩織はいつも来るファン・13歳の亜弓(蒼波純)に声をかける。 家出をして来た亜弓を「助けた…

モデルとして活動するも、なかなか売れない17歳の詩織(橋本愛)。売れっ子モデルを羨んだり、ゴスロリ趣味の服を事務所の社長に注意されながらも、なんとか自撮りやブログやツイキャスの配信で、ファンを増やそうと努力する日々。詩織と半同棲中の恋人・浩平(稲葉友)は、そんな必死な詩織の姿に呆れ気味だ。 ある撮影会の日、詩織はいつも来るファン・13歳の亜弓(蒼波純)に声をかける。 家出をして来た亜弓を「助けたい」と、勝手に泊める浩平に怒った詩織は家を飛び出す。 詩織に憧れて、ゴスロリの格好やアイフォンを真似し、詩織の好きなミュージシャン・大森靖子や浩平までも、詩織の好きなもの全てに焦がれる亜弓。 一方、亜弓のブログやツイキャスを見て、しだいに、その純真さに心を奪われていく詩織。 可愛くも過酷な世界に放り出された2人の女の子の物語を、大森靖子の歌声が強く、可愛く、激しく背中を押す。 音楽と映画の常識をぶっちぎる、鮮烈な絶対少女ムービーが、今ここに誕生した。リアルと虚構と音楽が混じり合い、混沌と加速する、誰も知らなかったワンダフルワールドエンドをあなたはついに目撃する!

「ワンダフルワールドエンド」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
大森靖子ヲタの私にとって、ある意味どうとでも受け入れるんですが、そもそも悪い映画じゃなかったと思います。男を必要とするしかない世界で生きる詩織が、amiの存在によって男を拒否すると言う面白い展開でした。でもやっぱり、利用するにも男相手だからね、その辺も面白いよね。
はせむ

はせむの感想・評価

4.0
2回目の視聴

橋本愛の強い目力がカッコいい ベランダに閉じ込めるとこは最高

大森靖子は天才 さよなら男ども
大森靖子さんのファンなので観ました。
劇中にも曲が流れて感無量。
ワンダフルワールドエンドの歌詞が大好きです。
救いがあるようなラストには未来を感じました。
ru

ruの感想・評価

-
蒼波純ロリータ似合いすぎ、顔がかわいい、声が小さくてかわいい、ピュレグミを私も渡されたい、蒼波純可愛い、、さよなら男ども、、
MZK

MZKの感想・評価

4.1
お揃いだとか承認欲求とか自分だっていくらでも経験してきたことなのにこれ見てると泣きたくなっちゃう
月

月の感想・評価

5.0
女の子の世界。
そこに男も親も入れない。
ずっと、その世界を見ていたい。美しい。
羽

羽の感想・評価

3.3
「愛ちゃん」「純ちゃん」と呼びあっていたのには、どれだけ意味を込めているのか気になりました。
高橋

高橋の感想・評価

-
新しいアイドルがゾンビの話ししてからの元彼がゾンビ的な登場する演出わざとダサくしてんのかもしれないけどどっちにしろクソダサい。
アミ?ちゃんの声張れない感じがあまりにもリアルで多分リアルなんだろうし要所要所目離せない箇所ある
挿入歌が大森靖子ちゃんだし橋本愛ちゃんも蒼波純ちゃんも好きで観たんだけどめちゃくちゃよかった。
女の子特有の気持ちを解ってもらいたくないけど分かってほしい。

最後のシーンは笑っちゃったw
氷

氷の感想・評価

3.8
高2くらいのときに映画館で観たけどもう一度あの時の気持ち思い出したくて、観た。わたしはいつも向こう側じゃなくてこっち側なんだよなあ。
憧れなの、そう、憧れなのね、
男になんて守れない、絶対邪魔させないからね、
そういう世界で生きていく。その世界こそ美しい。
>|