いつか輝いていた彼女はの作品情報・感想・評価・動画配信

いつか輝いていた彼女は2018年製作の映画)

上映日:2019年04月19日

製作国:

上映時間:35分

3.3

あらすじ

「いつか輝いていた彼女は」に投稿された感想・評価

こむ

こむの感想・評価

-
学校って本当狭いな〜
この窮屈さ、私も高校で感じていたな
だからといって大人になってそれが解放されるわけでもないけれど。
高校というコミュニティで生きる女子高生。一人の生徒を中心に世界はまわっていた。ところが、一歩、外に踏み出すと世界の中心は変わる。行き場のない女性、抑圧された感情は宙を漂っている。
春男

春男の感想・評価

2.5
主演の子に感情移入ができずロボットみたいだったけれど、それもそれで綺麗。

監督さんが役者のことを好きなのはよく伝わった。うん。
まぁや

まぁやの感想・評価

2.0
MINT mate boxをイントロデュースする企画として製作された映画だろう。監督は当時まだ学生で、学生最後の作品として発表されている。若い女性監督自身が強烈に感じていたにちがいない。そんな世界観を感じる作品である。

同じ教室で、制服を着て、置かれている環境は同じでも、すでに才能の優劣は明らかにされつつあり、これから自分の道を生きていこうとする彼女たちにとっては、ほとばしる自らの感情やエネルギーに翻弄されて、他者と自分のあり方について、折り合いがつけられない。。

この苦しさは、、見ていて息苦しい。だけど、誰もが感じて歩いている道だろう。

考えてみれば学校という場所は残酷だ。自分の才能に気づいて育もうとする前に、圧倒的な他者の才能を見せつけられて、自身を見失ってしまいやすい。

映画の中で芸能を目指す彼女達は、仲良しグループを装いながら、お互いの一挙手一投足に絶えず注意を払っている。みんなが心、ここにあらずで他人の人生に振り回されている。

唯一、その世界を俯瞰して独自の視点から、彼女たちと少し距離を置いている『茜』すら、はげしく『マホ』に囚われて、自分の人生の主導権を『マホ』に明け渡してしまっている。。

シーソーゲームのような関係性から抜け出したのは唯一『マホ』だけだったのかもしれない。

わたしは、後味の良さを映画に求めている訳ではないので、ほろ苦さを味わいつつ、MINT mate box、マホのキャンディのような甘い歌声で余韻を楽しめた。

追記
MINT mate boxを魅力的にイントロデュースできたか?
否。

監督の心の底に、滓のようにつみかさなった淀みの表現として、この企画が採用されちゃったのかなと個人的には感じました。。

小倉青さん。名前の通り透明感のある、そしてユニセックスな魅力を発揮しています。
回顧シーンで、路上から学校の屋上に佇むマホを見上げるシーンは、少年のような表情と佇まいで、ドキッとしました。
p

pの感想・評価

2.0
雑記。全体的に素人っぽいな〜と思ったけど茜ちゃん役の子めっちゃ綺麗、なんだこれ。

なつみがマジでかわいそう、でもなつみもきらい。なんかみんなそれぞれ可哀想だけど、みんなそれぞれ嫌なところがある感じ。誰にも寄り添えなくて見方が難しかった。リアルといえばリアルなのかもしれないけど、リアルだから面白いかと言われたらそうでもないというか、不快感が割と勝っちゃったな私は。

噂話を面白がる同級生に対して「それ、本人が言ってたの?」を繰り返す茜。顔が綺麗な子は心も綺麗だな、嫌になるな。ギターの持ち主がいないところで、女子三人が悪ふざけでギター持ってじゃれてるシーンがすごい嫌だった!ムカつく!!

ラストのギターをバキバキにぶっ壊すシーン、切ない割に音が地味〜!!!そして楽器ぐちゃぐちゃシーンは心に悪い、心臓キュッてなる……。リメンバーミーの時も思ったけど、個人的にめちゃ苦手かもしれない。しかもあそこでギターを壊すことにそこまで必要性を感じなかったから腹が立った。何かで代替可能だったのでは?制服!!女子高生!!破壊衝動!!エモいだろ!!!オラッ!!!みたいな感じがして、乱暴だな〜受け手をナメんなよと思った。はーーーいけすかねぇーーー!

わざわざ卒業後も会う仲なのにお互いこんなに仲悪いの?気色悪すぎる。女の友情を外野から勝手にこんなもんだと思われてるなら心外だなと思ったけど、監督も脚本も女性だった。男性だったら多分もっとムカついちゃってたからよかった。結局曲は何?パクられたってこと?
村有徳

村有徳の感想・評価

3.0
圧倒的な才能をもってしても、日の目を浴びないことがある。それは自分の才能に無自覚だったり、不器用だったりするからだ。結局は、平凡な才能しか持ち合わせていなかったとしても、器用に立ち回れる人間が日の目を浴びてしまうことは往々にしてある。

あんなにも鮮やかに他人を裏切ることができるのも、若さゆえの特権なのだろうか。とにかく自己を守ること、自己の利益になることしか考えていなかった時代。憎らしくもあり、愛おしくもあるあの時代。

高校時代に気づく、自分の才能の限界と上位互換の存在。そしてその反動で生まれる負の感情とその連鎖。それらを35分間で語り切ったことはすごいと思う。小倉青の目は深く澄んでいて、力強さと同時に悲しみも感じさせた。

ギター壊すシーンで、一気に壊れるのかなと思ったんですが、徐々に壊れていくのが意外でした。怒りが徐々に溢れ出してくる演出としてリアルで良かったと思います。
モモ

モモの感想・評価

2.7
小倉青さんを観たい人はこれ観たらいいね、という印象の作品でした
ななお

ななおの感想・評価

3.5
ストーリーはともかく小倉青さんの圧倒的"美"!!!
女子高生ロ(腕力)ンドンコーリング、あれは燃えたよ…。

そして日高七海さんの演技本当に良いね。。
こ

この感想・評価

2.8

小倉青さん美しい

THEイメージの女子高生って感じがした、誰かがいないときは誰かの悪口を言うの
なんとかいうバンドの仕上がり具合も含めさよならくちびるのほゃくおく倍リアル
>|