21世紀の女の子の作品情報・感想・評価

上映館(11館)

「21世紀の女の子」に投稿された感想・評価

あみこ

あみこの感想・評価

3.8
劇場鑑賞30本目
21世紀の女の子としては絶対に見ておきたい!と思っていた映画
短編集なのは知ってたけどそれぞれあともう少しだけ長ければもっと良かったかも
石橋静河さんが好きなのもあるけど「ミューズ」が特に好きでした
全体的に内容がどうとかいうよりもオシャレに撮ることを優先している気がした
どの短編もキャスティングは最高で、かわいい女の子のかわいい所を最大限に引き出してて良かったなぁ
まず意図を読み取りきれていなくて、あともう5分長めに作ってもらうか、私があともう1回観に行ったら受け取れるのかなあというのが何作か🙇🏻‍♀️
受け取れたものでも好き嫌いはあったけど、それだけ各々で違うので全体としては楽しめた!

OUT OF FASHION
セフレとセックスレス
が好きだった🙆🏻‍♀️
ともみ

ともみの感想・評価

4.1
私の大好きな監督、女優さんが集結した作品なので公開前からとにかく楽しみだった。

短編15本を続けて観るのはかなりの集中力を要した。
それぞれ個性豊かで、でも全体的に「今っぽい」統一感を感じた。
短編集というよりはちゃんと、ひとつの長編映画として存在しているんだなと思った。
山戸ワールド全開。

このレビューはネタバレを含みます

全編通して、MVとかルミネのCM?広告みたいだったなぁ、、雰囲気おしゃれ映画。これが今の邦画の流行りなのか?これってアートなの?ただの模倣じゃない?!今流行りの写ルンです の写真たくさん使う感じとか、水中とかプールサイドとか、お花だとか、そういった類いの。 その中でも、模倣ではなく映画として好きだったのは 回転ドリームてん子、セフレとセックスレス、恋愛乾燥剤。 可愛い女の子が、エモーショナルな詩を読んで涙を流して、、逆に女の子ってそれしかできないわけ?!魅力ないわけ?!ってちょっと飽き飽きした。。
lina

linaの感想・評価

3.8
東佳苗さんのが、ほんとに堪えた。
わたしは大学生の頃、何度も服飾行ってたらどうなってたか、をタラレバしていたから。でも行ったところでその後の人生が満足していたと思えなくなったし、大学に行って良かった。変に学ついたけど……。笑
でもやっぱり、何かを作る人か、作っている人の近くにいたい。
運も実力のうちって言うけど、どちらかというと、実力で運を掴みたい。(私の場合、まずなんのだよ、って感じだけど)
曲が大森靖子なのも。本当に21世紀の女の子たちだ。

関係ないけど、わたしはつるすべの女の子でいたい。
さ子

さ子の感想・評価

-
あの作品がよかった、よくなかった
ではなく。

この117分の映像作品を見てどう感じたか、これからの人生が見たのと見てないのでどう変わったのか。そんなことを感じました。

100%この作品を理解することはできてないけど理解させるための映画ではないやろうし、感動させたり笑わせたりという願望もスクリーンからは感じられなかった。

今現在上映している映画のいくつかは
一瞬の感動や一瞬の驚きを観客に与え、楽しませるものが多い。もちろんどんな映画も好きやけど、
私が好きなのは、見てから、自分の生きていく人生がワクワクして、楽しみになる映画。

多分日本語おかしくて伝わらへんと思うけど、とりあえず見てよかった21世紀の女の子!!!!!
ふみ

ふみの感想・評価

1.1
うっす!自己満な言葉の羅列と、淡いカメラワークと、アンニュイな女優使って雰囲気出してるだけのスカスカ。あと出てくる男みんな性欲強そう
SHU

SHUの感想・評価

3.4
全体的にフェミニンな分、男らしい男が出てくるとハッとした。

異性らしい異性を描くのって難しいんだろうか。
同年代の女性がどんな感性を持ち、作品を作り上げるのかを一気に観ることができるこんな貴重な機会は滅多にありません。

私の感性はジリ貧すぎて、正直なんだかよくわからない作品もありましたが、
基本的にシュールな世界観は好みでした。

自分を応援してくれる映画だと思うし、
観ると同世代の女の子を応援できる、
なんて素敵なことなんだろう。
インターナショナル版に続き2回目。

順番が変わって、石橋静香のアップから始まるのが良かった。最高の女優だから画面が、映画全体が一気に引き締まる。

8分では語りきれない物語を語ろうと苦しみながら試行錯誤するため尺の足りなさを感じる作品が多かった。

そんな中、物語ることを半ば放棄しつつ、今回の趣旨を伝えながら高らかに宣言するエモさを重視した山戸作品がずば抜けて良かった。

とは言え、同世代の人たちと並ぶことで優劣がはっきりとついてしまう恐怖を抱えながら、ここに名を連ねたことに意義がある。勇気ある監督たちに拍手を送りたい。とても素晴らしい映画だった。

山戸作品以外で好きだったのは、「珊瑚樹」と「セフレとセックスレス」。特にセフレはアイディアが素晴らしかったので、長編が見たい。

最後の玉川さんのイラストと、大森靖子&平賀さち枝という意外な組み合わせの曲がまためちゃくちゃ良くて胸が締め付けられる思いに。

ポスター部屋に貼ります。
>|