イノセント15の作品情報・感想・評価

イノセント152015年製作の映画)

INNOCENT15

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:88分

3.5

あらすじ

15 歳、人を愛せると思っていた―。とある地方都市の、小さな町。季節は冬。 岩崎銀 (15) は、野球好きの中学三年生。学校には行かずにブラブラしているミン、ユウキ とつるんでいる。そんな銀は、同級生の佐田成美(15)に突然告白される。しかし断る銀。 不思議がる ミン達だが、銀は女の子に興味が無さそうである。 一方、銀に振られても屈託のない素振りの成美。 しかし、家に帰ると「高校なんて行かずに…

15 歳、人を愛せると思っていた―。とある地方都市の、小さな町。季節は冬。 岩崎銀 (15) は、野球好きの中学三年生。学校には行かずにブラブラしているミン、ユウキ とつるんでいる。そんな銀は、同級生の佐田成美(15)に突然告白される。しかし断る銀。 不思議がる ミン達だが、銀は女の子に興味が無さそうである。 一方、銀に振られても屈託のない素振りの成美。 しかし、家に帰ると「高校なんて行かずに 風俗行けば?」と母親である佐田律子 に言われるなど、 居場所が無い。さらには律子の恋 人、神林アツシにその性を売られようともしていた..。 成美を振った銀はマイペースに日々を過ごすが、父親の大道が経営する旅館に一人の男が 訪 ねて来る。菊池雅弘である。二人は同じ地元の同級生であり、小さい頃、菊池になついてい たと聞かされる銀。二人は同級生の葬儀に行くのだが、その夜、銀は二人が恋人同士だった ことを知り...。 重い現実が二人を取り巻いていく中、成美は町から逃げ出し、東京に住む父親、佐田大吾の 家に行くことを決める。最後のお別れにやって来た成美に対して、銀は突然、「俺も行く」 と言い出す。お互いに秘密を抱えたまま、2人の旅は幸福なスタートを切るが、その道程に は、新たな現実が待っていた... 無垢ゆえに無知な2人が、交わす言葉もうまく見つからないまま惹かれあい、大人たちの平 穏と不穏、そして地方都市の静寂と喧騒の先に見つめる、儚い希望と切ない恋の物語。

「イノセント15」に投稿された感想・評価

MaiTakagi

MaiTakagiの感想・評価

3.7
人は歳を重ねるごとに処世術を学ぶもの。映画に出てくる大人も15歳も嘘がなく、ぶつけられる言葉や行動にめまいがした。他人の選択に間違いとかなくて、関わり合いの中で良し悪しが決まるだけ。
自分が何者なのか、人を好きになるとは何なのか悩む15歳たち。悶々としたあの頃。
執るべき行動も当てはまる言葉も見つからないが、走り出すしか無い。青春。
ayk

aykの感想・評価

3.5
背負わなきゃいけない自分の悲しみと他人の悲しみ。もがきながら愛を求め合う2人の姿が悲しくも輝いてた様に見えます。
8bit

8bitの感想・評価

3.7
15歳。
尾崎が「盗んだバイクで走り出す」と歌った歳。

この映画はまさに、15歳のふたりが盗んだバイクで走り出す物語。
ふたりはなぜ走り出さなければならなかったのかを、寡黙に、光と影で包み込むように描いていたと思う。

15歳。
人を好きになるという感情に向き合いはじめる歳。
はっきりと〝好き〟という気持ちを持つ女の子と、その気持ちがまだ理解できない男の子。
ましてや自分の父親がゲイだったというショックゆえに、自我さえも揺らいでしまう。
〝好き〟の気持ちの先にある、〝愛〟がどんなものかもわからないふたりは、まだお互いを傷つけあう事すらもできず、もがき続ける。
そんな彼らの姿を痛々しく感じるとともに、ある意味とても羨ましかった。

主演のふたりの繊細さにはとても引き込まれた。とても無垢だ。
まわりの大人の演技が作り物に見えてしまうほどに。

小川紗良さんの、透明感がありながら物語の中の人物として確かに息づいてゆくようなリアリティのある存在感に心奪われた。
とても映画映えする、これからもスクリーンで会いたい女優さんだ。

次作の「BEATOPIA」ではなんと、監督・脚本・主演・編集まで自分でつとめているらしい。
何を置いても観なければならぬ…。
mingo

mingoの感想・評価

3.7
仕事と映画で忙殺された12月に無理やり観に行った。主演2人はこれからくる。そしてサイン入りポスターが当たった、
mazda

mazdaの感想・評価

3.8
あらゆることを自分で選択したいという意思と、結局一人ではなにもできないという現実が絶妙に共存した15歳を描く。

心の苦しさを、「なんか、痛い」とのどを触って表現するなるみの言葉は観ている私たちが感じさせられている苦しさの代弁でもあると思った。観ていてあまりにも息苦しいのだが、同時にとても美しさを感じた。別に痛々しいものが好きとかではなく、彼等の不器用ながらに模索してどうにか前に進もうとするその姿に人間らしさと人の美しさを感じる。こういう映画をみるといつも大好きな『ダンサーインザダーク』を思い出す。あの映画で感じた感覚にとても近かった。だから無性に惹かれる。

人と付き合うってすごくめんどくさい。家族も友達も恋人も。できれば何も誰も知らない遠くへ行きたくなる感覚。今の環境を解決するのではなく、遮断して目の中にいれたくないっていう感覚。
成長していくうえで徐々に気づく人生の上で必ず現れるめんどくささを知りはじめた15歳。そして疑問が生まれるけれどそれを簡単に解決して向き合うほどまだ成長できていない15歳。
大切な人が困っていてどうにかしてあげたいと思っても、具体的になにか事態を変えられるやり方を知ってるわけでもなく、ただただどうにかしたいというきもちだけが強くなる。大切な人がなんで大切なのかもよくわからないほど感覚的な愛おしさ。だけど愛おしいのは本当なんだろう。そうして自分の無力さに苦しくなる。子供にも大人にもなりたくなくて15歳というど真ん中に立たされているかのように。

のどをやわらかい手でしめられるような不思議な苦しさ。それは物語から感じたというよりはあきらかな純粋さを放ちながらとても冷たい目をもつ彼等から感じたものだった。幼児や小学生のまったくにごりのないクリアな感じとは違う、くすんだ透明感をもってる、15歳特有のものだった。でもこの瞬間のこの感覚は間違いなく二度と手にすることのできない財産だと思う。なにもかも嫌になりながら、どうにか乗り越えて、またこの先も何かになんどもつまずく。それを恐る恐る知ろうとしはじめてる、人生のある一瞬を映画にした感じだった。このつきまとうめんどくささと自分の前に何度もそびえ立つ壁こそ人生の醍醐味だと気づく瞬間が彼等に訪れてほしいと願った。よくわからない今この瞬間の行動はいつか必ずためになるはずだよと教えたくなった。多くの人がこの「わからない」という感覚を抱いて成長したと思うから。

最後のなかなかエンジンのかからないバイクは、まさになかなか進めない彼等を表しているんだと思って、なんとかやっとエンジンのかかったバイク音をきいてなんとなくほっとする。
イヤフォンで聞いていたせいもあるかもしれないけど音の使い方が印象的だった。ダンサーインザダークの初鑑賞もイヤフォンだったのだけど、音が与えるインパクトがすごく、身体の中に音が入っていくようなリアルな感覚、これは映画館では味わえない良さだと思う。iPhoneで観たというのもこの作品にとても合ってる感じがした。
主演のなるみを演じている小川早良ちゃんという子がとても良い。良い意味で、女優さんという自分からの距離を感じさせるような雰囲気がまったくないおかげで、近さを感じさせるようなリアルな空気感をもった子だと思った。かわいい。
まりぬ

まりぬの感想・評価

3.5
重苦しい気持ちになったけど、監督が”人と人とは本質的に分かりあえないけど、分かりあおうともがいたり歩み寄る姿は美しい”と話していて、まさにそれを切り取った映画だなぁと思った。

小川紗良ちゃんがとても良かった。
目力が印象的!

個人的にはカメラワークとBGMが
あまりしっくり来なくて残念だった。
ry01

ry01の感想・評価

3.5
『アメリカン・スリープオーバー』観賞直後に観たため、甘酸っぱい気持ちから一気にどんよりとした気持ちになったけれども、この息苦しさも間違いなくティーンの真実なわけで。不安に押し潰されてしまい、瞳から魂がすっかり消えてしまったかのような、小川沙良のうつろな目つきがすごいよかった。あと、主人公の不良友だちの演技、マックの紙袋を持ったままフェンスにガシャンともたれかかったり、フライドポテトを箱のまま片手で口にかっこんだりする光景は、うわーっとフラッシュバックするものがあった。監督が演技指導したのか、役者本人から出たものなのか分からないけれど、そういった細かい仕草はまさにイノセント15だと思った。
erika

erikaの感想・評価

3.8
切り取りかたとか絶妙でした。

大人になっても子供の頃の気持ちは忘れたくないな。
チノ

チノの感想・評価

3.7
アップリンクHPのあらすじとキャッチコピーに惹かれて鑑賞
こういう思春期ど真ん中の話大好きなんだけど、あまりしっくり来ず…
最初10-15分くらいかなり苦手だったが銀と菊地の対話辺りから普通に見れるように
メイン2人の存在感、演技がかなり良かったからこそ周りの家族や友達の印象が薄く…
ただ監督が「2人の為の作品にしたかった」と仰っていたので意図としては成功してると思う 個人的好みの話
ヒロイン成美役の小川紗良さん、
初登場シーンと「今から~するの」
の目はしばらく忘れられない
しかもめっちゃくちゃかわいい&清さと強さがある…最高…
終映後 監督のトークイベント有 裏話など聞けて良かった
>|