イノセント15の作品情報・感想・評価

イノセント152015年製作の映画)

INNOCENT15

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:88分

3.5

あらすじ

15 歳、人を愛せると思っていた―。とある地方都市の、小さな町。季節は冬。 岩崎銀 (15) は、野球好きの中学三年生。学校には行かずにブラブラしているミン、ユウキ とつるんでいる。そんな銀は、同級生の佐田成美(15)に突然告白される。しかし断る銀。 不思議がる ミン達だが、銀は女の子に興味が無さそうである。 一方、銀に振られても屈託のない素振りの成美。 しかし、家に帰ると「高校なんて行かずに…

15 歳、人を愛せると思っていた―。とある地方都市の、小さな町。季節は冬。 岩崎銀 (15) は、野球好きの中学三年生。学校には行かずにブラブラしているミン、ユウキ とつるんでいる。そんな銀は、同級生の佐田成美(15)に突然告白される。しかし断る銀。 不思議がる ミン達だが、銀は女の子に興味が無さそうである。 一方、銀に振られても屈託のない素振りの成美。 しかし、家に帰ると「高校なんて行かずに 風俗行けば?」と母親である佐田律子 に言われるなど、 居場所が無い。さらには律子の恋 人、神林アツシにその性を売られようともしていた..。 成美を振った銀はマイペースに日々を過ごすが、父親の大道が経営する旅館に一人の男が 訪 ねて来る。菊池雅弘である。二人は同じ地元の同級生であり、小さい頃、菊池になついてい たと聞かされる銀。二人は同級生の葬儀に行くのだが、その夜、銀は二人が恋人同士だった ことを知り...。 重い現実が二人を取り巻いていく中、成美は町から逃げ出し、東京に住む父親、佐田大吾の 家に行くことを決める。最後のお別れにやって来た成美に対して、銀は突然、「俺も行く」 と言い出す。お互いに秘密を抱えたまま、2人の旅は幸福なスタートを切るが、その道程に は、新たな現実が待っていた... 無垢ゆえに無知な2人が、交わす言葉もうまく見つからないまま惹かれあい、大人たちの平 穏と不穏、そして地方都市の静寂と喧騒の先に見つめる、儚い希望と切ない恋の物語。

「イノセント15」に投稿された感想・評価

二人の恐るべき設定に、ドロドロとしたおぞましい展開を期待したが、マスクつけてバット持って何してんの?って感じになった。お笑い映画だったらわかるけど、この展開はシラケた
テアトル新宿

言葉に耳を釘付けにさせられ
表情に目を釘付けにさせられ
虹彩に心を釘付けにさせられた

特別な一瞬に魅せられた、いつか15だった自分も
たなぴ

たなぴの感想・評価

3.7
今更ながら…去年UPLINKで監督のアフタートーク付きを鑑賞した。

自立と依存の葛藤で不安定な15歳だからこそ、大人たちに振り回されてしまう。大小問わずそんな経験をした現大人たちこそ、観るべき映画なのかもなと思った。
時田

時田の感想・評価

4.1
家族というところに心の居場所を失くした少年と少女。不幸に歯向かうわけでもなく幸せに向かって奮闘するでもなく、憔悴している。

またすきな鬱作品が増えた。リリイ・シュシュのすべて、14歳、害虫、イノセント15。

大人になろうとしていく幼い少女の悩みはなんて美しいのだろう。映像と音楽はゆっくりしていてひきこまれた。


主役の二人は少ないセリフの中でとても存在感のあるいい演技だった。

あいまいな二人の関係、何もかもあきらめかけている少女、何か答えを求めてもがく少年、全てが儚くてキレイだった。

ラストはぷっつり切れている。あのあとの解釈はたくさんありそうだ。
不安定。

15歳という子供なのか大人なのか微妙な瞬間。そんな2人の男女をえがいてます。
内容的に暗いというか静かな映画でした。
個人的には音楽が好きじゃないな。不安定な雰囲気はすごい出てるのでこの映画にはあってると思うが。なんかな。
主役の小川紗良いいね。予想以上にいい演技だった。
yurico

yuricoの感想・評価

3.2
無謀で危なっかしい15の夜

主演2人が初々しい
銀くん帝一の二四三やん
くぅ…好きなヤツ思って楽しみにしてたけど、全くハマれなかったよ

母親に虐待される少女と、父親がゲイだったと知りショックを受ける少年の切ないヤツ

15歳の頃、両親の愛情に包まれ、学校には仲の良い友達もいて、ごくごく普通の少年だったマシンボーイ、初めての彼女も出来たり、何より映画好きになったんもその頃でキラキラした思い出しかないんで
虐待される少女や、自我を失う少年の行動や気持ちには全く共感も理解も出来ず…
いかんせん想像力に乏しいもんで、可哀想に…スンスン、となるわけでもなく、まぁふたりの主人公も可哀想にと思われたいなどとこれっぽっちも思ってないでしょうし
不幸で退屈な誰かの日常を見せられても…と飽きちゃいました

同じ思春期の悩み映画なら記憶に新しい「14の夜」はめちゃめちゃハマったんやけど、あちらの悩みは、いけてない僕がこの先の人生でおっぱいに触れる事はあるのだろうか?という馬鹿馬鹿しくも等身大な悩みであって、あの頃を思い出すのに丁度良いリアリティがあったんだよなぁ
本作は自分の人生と交わるところが無さすぎて懐かしい気持ちすら湧いてこなかったです…

評価されている作品ですし、真面目な作風なんであまり茶化したくは無いのですが
主人公の少年の父親が最初に登場したシーンの佇まいが非常にゲイゲイしかったので
いや、なんで気づいてないんや!節穴か!なったのがマシンボーイの本作のピークでしたね
れい

れいの感想・評価

4.0
性や暴力を敢えて写さない映像は二人の内面に目を向けさせ、多感な15歳の刹那の解釈を観る者に託す。友情と愛の揺らぎを主演二人が好演。寄り添う岡田太郎さんの音楽も印象的。

萩原利久くんは「あゝ、荒野」とは違い、少年特有の不安定な色気に満ちていて見違えた。彼のセクシャリティに関わらず、人を好きであるという実感が持てないことが悲しすぎた。成美にしても、つるんでる仲間にしても。「好きじゃない」「友達じゃない」そんな言葉が辛い。

そんな彼が安らぐ未来を、ラストシーンの小川紗良ちゃんの瞳の中に見た。もう少し明確に幸せの予感が欲しいと思いつつ、この映画独自の切なさには大きく貢献したラストだと感じた。
46

46の感想・評価

3.2
小川紗良ちゃんかわいい。ひたすらにかわいすぎる。演技うまい。あと個人的にミンとユウキすきです。15歳、どんな風だったかなんて、もう忘れた。早く大人になりたいっておもってたのは覚えてるけど。こういう系の暗くて重い映画はすきじゃないけど、一言じゃ言えない15歳の瞬間みてるのは最後までみたいとおもいました 誰かを好きになりたいのは自分のことをすきになれない自分が嫌でそれでも自分を好きになりたいからとか思ったり
BGMの選曲がなあ〜、合ってないとおもいました
RikiFujita

RikiFujitaの感想・評価

3.7
もう少し重たさを求めてしまった自分がいる。

いろんな要素(同性愛、韓国語、教会...)
が入りすぎて、ひとつひとつの意味合いがちょっと軽く感じてしまったような印象を受ける。

ただ全編通しての若々しさと重たくなりすぎてないおかげで、かえって気楽に観れたのはよかった。
(重たさ求めてるくせに矛盾している笑)

若い頃の経験て尊いものだなぁと改めて感じさせられた。

若いうちにお芝居してみたかった。
>|