あしたの私のつくり方の作品情報・感想・評価・動画配信

「あしたの私のつくり方」に投稿された感想・評価

月tsuki

月tsukiの感想・評価

3.6
とりあえず成海璃子さんが素敵だった。

淡々とした感じで盛り上がりはない。けど好きな感じだった。

10代の女の子達だけがまとう雰囲気を。男が決して理解しきれないキラキラとした。それが、この映画にはあった。
38

38の感想・評価

3.4
見終わった後、つい小中高それぞれの自分を見つめ直してしまった。確かに「自分」は年齢が上がるにつれ変化している気がした。思春期ならではの悩みで共感できます。
まゆ

まゆの感想・評価

3.6
本当の自分は大人になってもわからないし
大人になってからの方がわからなくなった
めり

めりの感想・評価

4.5
成海璃子さんは文句無しの成海璃子な感じでイイです。前田のあっちゃんが更にイイんです。
singer

singerの感想・評価

-
成海璃子ですね。
最近、「神童」、「きみにしか聞こえない」と出演作を見てきてて、これが3作目になるわけですが、
前ニ作と比べると、あまり印象に残らなかったです。
一番古い出演作だけに、まだ幼い感じで、演技も上手さは感じられませんでした。
ただ、周りの出演者が酷いので、比較すると、彼女の演技が突出して感じられる部分はありましたね。

ストーリーも、中学生日記を見ているかのようで。

どうも、自分と遠い世代で、しかも異性が中心の話なので、見入ることもなく、淡々と流してしまいました。

映像的にはちょっと変わったシーンの転換や、画面の分割。
ストーリーの鍵となっている携帯メール画面の使い方など、ちょっと斬新な所もありましたが、
作品自体のテンションが高まってこないので、効果としては薄かったなぁと思いました。
——————————————————
🎦こちらは、2008年1月29日にブログに投稿したレビューです。
初期の成海璃子出演作品では、1番印象が薄かった作品ではありますが、今作は前田敦子の女優デビュー作であるという事を考えると、今では結構貴重な一作なのかも知れないですね。
当時はまだAKB48自体も、少し話題になり始めてたくらいの時期だったので、まだまだ初々しい前田敦子を見れる作品ですね。
けどぅ

けどぅの感想・評価

2.8
高校生の日常って、
何かに打ち込んでいる人なんて一部で大抵はこんな感じで平凡だよなー
と、自分の高校時代を振り返ってました。
前田敦子はあか抜けてないし、
ストーリーが感じられなくてイマイチでした。
小中学生のときから人付き合いが得意とは言えない女子高生2人が、メールのやりとりを通して、本当の自分を受け入れていく姿が描かれている。

ジャケット的に主演 成海璃子、助演 前田敦子ということだが、なかなかどうして前田敦子が結構目立っている。

前田敦子は演技力開花前という感じで、台詞は棒読み、表情も固い…。しかし、カリメロなような愛嬌のある顔と不思議な魅力で、美形で才能が揃っている感じの成海璃子を食ってしまっている。

若すぎる2人が折りたたみ携帯でメールをやり取りしたり、突然、テレビ電話機能を使い出したりなど、携帯会社の思惑や時代を感じる。

もはやガラ携が骨董品となっている現在なので、とてもなつかしかった。
maho

mahoの感想・評価

3.7
10年以上前の作品だけど、
共感出来る所がたくさんある映画

周りに合わせてしまう性格の寿里と人気者から無視される存在になってしまった日南子によって主に物語は展開していく。

寿里のクラスでの立ち位置や家庭環境、
日南子の家での雰囲気がすごくリアルな気してどこか目が離せない感覚があった。

明日の私の作り方は、自分が決める。
あたり前だけどそう思いきれないとき観ると一歩目を踏み出そうと思える映画。

P.S.成海璃子さんが演じる小学生時代から高校生までが違和感なくて素晴らしいのでそこにも注目です!
自然体で

肩肘張らずに

活き抜こう

https://note.com/yohotan_jp/n/n2a9260376470
L

Lの感想・評価

-
vol.051
長く住んだ家にもう戻ることはできないって寂しいし切ないよね
>|