自分の事ばかりで情けなくなるよの作品情報・感想・評価

「自分の事ばかりで情けなくなるよ」に投稿された感想・評価

特に感想が出てこないなぁ。
良くも、悪くも、なかった。
最後は少し安っぽい感じがしちゃうなぁ。。
りお

りおの感想・評価

3.3
映画的な最後どんでん返しが起こる結末もなくリアル。
人生そうそう変われないのね、、、その葛藤がセリフのない最後の池松壮亮さんの涙のシーンで全て現れてた。
ねん

ねんの感想・評価

4.0
説明不足と捉えるか野暮な説明は省いたと捉えるか、個人の好みだとは思うけど。
クリープの楽曲をよりいとおしく感じられるところが好き
クリープハイプファンだから大好きなあの曲が映像にっていうのがすごく楽しかった。池松君のクズ役最高。
はるか

はるかの感想・評価

3.3
みんな自分の都合の良いように受け取ってる…誰にも迷惑かけないなんてつまらない…
coma

comaの感想・評価

3.0
もう少し若い頃にクリープハイプ聴いてたら凄く凄くハマったんだろうなぁと思う。そう、私はにわかクリープ愛好家…
この映画から心を殴られるには至らず。ちょっと年をとりすぎた、遅かったかな。

クリープハイプの曲の世界を実写化した群像劇。「あたしの窓」ではクリープハイプのライブ当日と、彼らのメジャーデビューを快く思っていない古参ファンのOLの日常風景を交差させるのが面白い試みで、この話だけで相当満足感ある。
「もっと普通の声で歌えばいいのに
もっと普通の恋を歌えばいいのに」
クリープハイプの魅力がこの二行に詰まってる。

「傷つける」の池松くんから溢れ出る痛さはもう胸焼けしそうで…物語に殴られるほどには歩み寄れませんでした。
クリープハイプ、松居大悟、演者に関心のある方だと楽しめるかと思います。
りんご

りんごの感想・評価

3.6
クリープハイプ好きにはたまらんですな〜
思ったより悲しくて
見終わってブルーになった
MVを無理くり引き延ばして映画にした印象。
わざわざ映画にしなくても良いのではと思ってしまった。
説得力ってなんだろうと思った。
説得力がなくても面白いものは面白いのだろうか?
意味がわからなくても面白いと思うことはある。

深夜に観るものがないけど、眠りたくない時に、なんとなく観ると面白いと思ったかも。
さき

さきの感想・評価

-
人間のどうしようもなく汚くて目を逸らしたくなる所と、後悔90%幸せ10%くらいの人生を、うまく表現してて、、もう松居大悟もクリープハイプも好きだ、、って再認識した、、まさか泣くとは思わんかった(笑)こじらせ人間にはたまらん。
みすず

みすずの感想・評価

3.6
わたしはどうやったってステージの下の人間。
圧倒的な才能を目の前にぶら下げられて思い知らされる感じ。
この映画の中の4作に出てくる全員もそう思ってるのかな。
"今日は何もいい事なかったな
明日は何かいい事あるかな
結局サビになっても自分の事ばかりで
馬鹿だな 馬鹿だな"

クリープハイプ×松居監督×池松壮亮 という最強タッグ。
“わたしの窓”では気がついたら鼻水止まらなくなるほど泣いていた…
そして池松くんの“傷つける”。クズ松の骨頂なんだけどもう…殴られます、心。
めっためたに殴られて、切なくて、(勝手に)傷つくことと泣くことしかできない。

でも頑張って生きてこうとなぜか最後は前向きになれます。
>|