テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいるの作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • 韓国映画
  • テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいるの映画情報・感想・評価

テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる2000年製作の映画)

대학로에서 매춘하다가 토막 살해 당한 여고생 아직 대학로에 있다 /Teenage Hooker Became Killing Machine in Daehakroh

製作国:

上映時間:60分

2.3

「テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる」に投稿された感想・評価

股間ピストル出し惜しみしてピークタイム逃した女子高生、まだテハンノにいてもいなくてもどっちでもいい
見終わったとたん、強烈なめまいがして半日、寝込みました。
脳に何らかの信号を送られたらしい。
トラウマです。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

1.5
2013/3/22鑑賞(鑑賞メーターより転載)
内容とかそういったものは置いといて、とにかくこの長ったらしく話題性だけしか喚起しない(笑)題名の映画を一度観てみたいと思って鑑賞。簡単に言うと殺されてしまった女性がサイボーグとして生まれ変わって復讐を果たすというものだが、とにかくその女性を殺してしまう先生役とか含めて登場人物が気色悪くて正視しづらく、また3倍速くらいで見たほうがちょうどよい?と思うくらいにスローシーンの連続で、目をそらしているうちにいつの間にか寝てしまった。一度こんなつらい修行をして映画の経歴に加えられたことを満足するだけの映画か。
これ、何年まえに見たんだっけかなあ。
ずいぶん前だと思う。
途中、3分位、手叩いて笑いっぱなしだったのを覚えている。

ぶはははは〜っ。
化け物になってヘビメタロックに合わせて踊るってのがたまらんかった。
くだらん!じつにくだらん!

エロサイコな韓国がますます好きになった映画❤︎
romio

romioの感想・評価

2.7
つまらなさとぶっ飛び具合が潔くてよい。
けっして面白くはないが、そこまで悪いものではなかった。
50分で終わってくれるし。
途中、ババアが現れた記憶あり。

見る価値はないが、そこまで悪いものではなかった。
2000年。韓国テハンノで売春していた女子高生が殺されるもミシンで縫われ機械の体で復活し犯人どもに復讐する、50分の中編映画。
全体にすごくこう乱雑で無茶苦茶でとっちらかってどーしようもなく、画質もただただきったねぇ。ただこういうメカ・エログロ・女子高生の三題噺風作品にありがちな“スカした”感触はあまりないので嫌みはさほどないし、50分で済ます姿勢もよい。
たまに奇跡のようにハッとするショットや美しい瞬間があったりするので、映画というのは奥が深いと思う。おわり。
Aya

Ayaの感想・評価

1.6
ゴミですねゴミ!

実験映画のレベルでもねぇ!

てかバラバラになってねぇ!

そもそも50分ちょっとしかないとか・・・映画じゃねぇ!!

冒頭にオープンロール的なものが2分流れるんですよ。
で、エンドロールもちゃんと5分くらいあるんですよ。
こんな長さ「映画」とは言わないで欲しい。

中学生が学校課題で夏休みに作りましたレベルの映画やと思った。
赤ずきん以来だぜ・・・。

井口昇っぽいとも言いたくないわ失礼!

わりと話題に登ることの多い本作。
タイトルがハングル27文字という韓国映画史上最も長いタイトルの映画、として有名ですね。

2000年映画とか結構前ですよね。
主人公の女の子が可愛くて。韓国にしては珍しいセーラー服の制服で。
それだけだよ!

あ、でも肝心の先生の顔がヤバかった・・・アレが芸なら大したもんだと思います。
8bit

8bitの感想・評価

3.0
日本語としてギリ成立している微妙な文法のタイトル同様に、アイデアを脈絡なしに詰め込んで映画の文法をも破壊しにかかってる。といえなくもない?

どことなく井口昇vs塚本晋也みたいなテイストを感じるクレージーな映画。とにかく画質が悪い!笑
あの「ニキータ」のパロディはなんなんだろう。
ヒロインも意外とカワイイし、ハチャメチャやってるように見えてキチンと起承転結があったりもするし。
ただ、全体的に間延びしてる気がする。60分が長い長い。

唐突に担任の先生と踊りだすシーンの曲は妙にかっこよくてクセになりそう。

夕暮れの TVセット〜♪
ちゃん

ちゃんの感想・評価

2.0
日曜日の午前中にこれ見ていて「クソ映画だ」と吐き捨てたちゃんみゆ、まだ納得出来ないでいる。

「テハンノは初めて?2万なら今ここで。3万なら走りながらよ♡」

走りながら売春て何やァ?!と冒頭から度肝を抜かれ、そこからは「何故(なにゆえ)そうなるのだ」の連続。
コレはやばい。かなりやばい。
シュールどころの騒ぎではない。

予告編でエロチックバイオレンスSFカルトムービーだの紹介されてた本作。期待はしていなかったけど、出来というより作り方が予想の斜め上だった‥‥

まず喘ぎ声が子犬の鳴き声やし。
ヘェヘェクンクン。チャリンコのタイヤに空気いれる音にも似てる。シュコーシュコー!!(これは見てもらわないと分からない!)
いきなりミュージカル調になったり、謎に空中ブランコ出てきたり、韓国ではこういうのアリなのか‥‥?

激ヤバスプラッタームービーかと思って借りて「気分悪くなったら見るの辞めよう、、」とか思ってたけど、別の意味で手に負えませんでした。
確かリュック・ベッソンの『ニキータ』オマージュのような話に、エログロアクションが融合した感じだった気が。観賞したのがもう10年以上前なのでハッキリと思い出せない。
>|