スター・トレック BEYONDの作品情報・感想・評価

スター・トレック BEYOND2016年製作の映画)

Star Trek Beyond

上映日:2016年10月21日

製作国:

上映時間:120分

3.8

あらすじ

未知の星に不時着した宇宙船救出ミッションに出発したエンタープライズ号。このミッションを最後にして、キャプテン・カークは<ある決断>を胸に秘めていた。しかし到着直前、無数の飛行物体によって急襲を受け、エンタープライズ号は撃破。仲間は散り散りになってしまう。果たして何が起こっているのか。その目的とは―? たった一人見知らぬ土地に投げ出されたカークの限界を超えた戦いの幕が開く!

「スター・トレック BEYOND」に投稿された感想・評価

すてふ

すてふの感想・評価

3.2
いきなりエンタープライズ号が大破(涙)
宇宙都市の描写が細部まで綺麗。序盤はクルーも敵も大勢いた気がするけど終盤まで主要キャラしか出てこないからスケールが小さくなったように感じた。
Bonboa

Bonboaの感想・評価

2.8
このシリーズは結構好きだけど残念な出来栄えでした。戦隊ヒーローもの劇場版て感じでカークもおとなしく、スポックも終始ケガ人で重々しく…。色んな人物が丁寧に説明してくれ、兵器はマクロスを彷彿させる。構成にまとまりがないので何が中心に進んでいるか分かりづらい。スタートレックという名を借りて興行収入を得るダメ映画でした。
16年米中香港。JJ御大から引き継いで小粒になったと不評なようだが、このコージィな感じがいかにもでよい。キャラ説明が終了しているので組み合わせの妙が楽しめ、「一方こちらでは…」的展開がドラマ版を彷彿とさせる。また序盤のクライマックスはファンには悲鳴もので家人は「かつて海軍では艦長は運命を共に…」と口走る。まあ脱出用ポッドの方が脆そうですけど。チェコフがいい味出していて本当に惜しい。
チェコフ…
前二作のダイナミックな超大作感というより、マニアックさと、チーム感。
事態は深刻なのだがそれを軽快に解決してくのがいい。
キーンザーが大好き。
Katsu

Katsuの感想・評価

3.5
クリス・パイン3作目。
導入部はJJ監督の方が引き込まれるけど、物語の流れと展開は分かりやすくて全体的には良かったかな。

ロックをフォーカスするあたりはジャスティン監督ならではのスピード感と相まって爽快!

中盤のスポックの青ヒゲが気になってしまった笑
長年人気を誇るシリーズをJ・J・エイブラムスが再構築したシリーズの第3弾で、エンタープライズ号クルーによる宇宙の最果てでの戦いを活写したSFアクション。未知の領域を探索していたクルーが、彼らの存在意義を問う敵の登場により、新たな戦いに導かれる姿が描かれる。J・J・エイブラムスは製作に回り、『ワイルド・スピード』シリーズなどのジャスティン・リンがメガホンを取る。クリス・パイン、ザカリー・クイントや2016年に急逝したアントン・イェルチンらが前2作に引き続き出演している。
カーク船長(クリス・パイン)率いるエンタープライズ号は、未踏の星に不時着した探査船を捜索していた。すると突然、謎の異星人・クラール(イドリス・エルバ)がエンタープライズ号を襲撃。カークたちは脱出するも、艦は墜落し、クルーは散り散りになってしまう。不時着した見知らぬ惑星で、カークは約100年前に消息を絶ったエディソンが乗艦していたフランクリン号を発見。そこには、あるものが残されていた。
Seika

Seikaの感想・評価

3.6
サイモンペッグがもうただの脇役以上に出てきてちょっと出すぎ感....笑
面白いんだけど、ちょっと頭がついてかなくなるくらい、少し展開早かったな、、、

スポックとウフーラの絡みがもっとみたいな〜微笑ましい。
ボーンズとスポックのペアもカークとスポックにはない相性があって良いな〜と思った。

でもあのシーンの音楽を使っての戦いはオシャレ過ぎた!
しまった、これ二作目か。イントゥより先に観てしまった。けど、何の問題もなかった。敵を混乱させるリン・ミンメイ作戦は「サボタージュ」てのが◯。やっぱこういうマンガみたいなご都合展開やん!はハリウッド大作なら気持ちよく観れる。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.3
🖖 🖖🖖

今回は話的に地味でヴィランもスター性はないけど
共感出来るように作ってるしクルーの絆をしっかり描いているから退屈ではなかった

シリーズ通して
スポックって真面目なこと言ってるのに周りと対比して逆に浮いちゃって一周回っておかしな奴になってるのが面白いよね

ジェイラかわいい〜結婚したい
中身誰かなと思ったらソフィアブテラちゃんじゃん!納得〜

スタートレックって2016年の時点で50周年なんだね
時代を反映したり差別や偏見が無く平和を基に話が作られてるってのがこの作品の魅力なんだなと感じる
今作は同性同士のパートナー描写が多かったね
なんでスールーに旦那さん配置したんだろ?って疑問だったけど初代ヒカルスールー役のジョージタケイへの敬意だったと知って感動した
こういうリスペクトの仕方ってすごいオシャレだわ
それが違和感なく表現出来るスタートレックの世界観も好き

キーンザー役ってウンパルンパなのか
メイキングで気づいたわ笑


チェコフ役の人亡くなったんだね…
レナードニモイはニュースにもなってたから無知な自分でも知ってたけどやっぱり悲しいね
ラストの写真は泣けるわ

結成、進歩、完成と来たから続きはないかな?と思ったけど4作目も構想中らしい
しかもタランティーノ?!凄いなトレッキー
サイモンペッグも熱狂的ファンだし
スタートレックのファンはなんかクレバーだね
どっかのファンメイドとは出来が違うな
Chikara

Chikaraの感想・評価

4.3
どこまでもファン想いで素晴らしい‼︎

自分は新3部作しか観てないけど、感動した。

1作目でクルーを作って、2作目でそのクルーの絆を強化、そして3作目で彼らの冒険を描く…上手く作られてるな。

作品を重ねるごとに船員に愛着が湧く。

面白かった‼︎
>|