スター・トレック BEYONDの作品情報・感想・評価・動画配信

スター・トレック BEYOND2016年製作の映画)

Star Trek Beyond

上映日:2016年10月21日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「スター・トレック BEYOND」に投稿された感想・評価

emma

emmaの感想・評価

3.7
ジェイラかっこいいな好きだなって観てて、途中からえ待ってこれソフィアじゃない?!と思ったらやっぱりソフィアだったーーーー!!!大好きだから嬉しいーー!!出てるの知らなかった。バッチバチのアクションかっこよかった。髪綺麗すぎてブリーチしてハイトーンにしたくなったわ。

前作のカンバーバッチが1人なのに存在感あり過ぎたからか今回ちょっと敵の迫力落ちた気がする。数で勝負感がなー。しかもまさかのイドリスエルバ!もっと強く見せれた気はした。

今回もアントンは可愛かった。
ネビュラって星雲っていう意味だったの、、!!
Elmin

Elminの感想・評価

4.0
少し設定が分かりづらい所と失速した所があったけど相変わらず面白い。
スタートレックはチーム内のベタベタに馴れ合うんじゃなく仲間として保つ一定の距離感が好き。
敵も最初は印象薄く感じだけど、さりげなくちゃんとバックボーンを描いてくれて良い。
個人的にヨークタウンのビジュアルに超感動。
4作目もワクワクだー。

このレビューはネタバレを含みます

エンタープライズが早々に破壊されてしまったせいか、前作までと比べると物足りない感があるが、スポックとマッコイがペアで動くことが多かったのは新鮮。
rada0924

rada0924の感想・評価

4.0
<2021年 78本目>
大好きなスタートレックリブート版3作品目。
キャストは引き続きだけど今後パヴェルチェコフの姿が見れないと思うと残念すぎます。

今作の感想は未知の惑星に墜落し、そこで仲間を探しながら敵を倒すというとてもシンプルな構造だけど、スタートレック作品が誇るとてつもないアクションシーンのおかげで終始目が離せません。

ただ、内容的には前2作品が自分の中でかなり高評価だったのでそれと比べてしまうと少し下がってしまう。

1作品目は"冒険"
2作品目は"敵"
3作品目は"仲間"な気がします。

3作品目は1作品目の"冒険"と2作品目の"敵"には及ばないけどそれぞれのいいところをとっていて、プラス"仲間"が一層深く描かれている。

早く続編待ってます。
Yuta

Yutaの感想・評価

3.5
出てくるクリーチャーがザ・SFって感じで良い
スタートレックは、地球を含む宇宙の話でちょっと現実味がある(現実味って言っていいか分からんけど)
スターウォーズは、遠い昔の遥か彼方の銀河系の話
これ、サイモン・ペッグ自身が脚本書いてるのに驚き
スターウォーズほど派手さはない気もするけど、最新作が出るみたいなので楽しみ🖖
ししん

ししんの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

予想より全然面白いじゃん〜!!!
味方を救出するシーンや最後の戦いはドキドキしたし、音楽に乗せて爆発してくのは最高に爽快感があった!!

敵の正体がわかるシーン若干ホラーで怖かった笑あの人も少し可哀想だなって…
カークと対峙するのも良かったな。というかカークの成長ぶりが見れて嬉しい

今回マッコイとスポックが組むことが多くて楽しかった笑笑文句ばっか言うボーンズ最高に好きです!!!!カーク含めらあの3人いいよねえ
次回作はどうなるのかな。個人的には楽しみ!
noe

noeの感想・評価

4.2
スタートレック3作目!相変わらずのドキドキ感とストーリーの面白さで満足!

敵の体制が完全に理解できたわけではないけど恐ろしいことは確か。小さい軍隊みたいのめっちゃ強い!でも最後の倒し方すごい楽しくて爽快だった。
いつものクルーが今回も活躍してて嬉しい。みんなキャラが素敵で大好き~。すっかりファンになっちゃったからラストのナレーションは最高だった!

あと死ぬ怖さが生きる力になるみたいなセリフ感動した!
クリス・パインの3作品はいずれも良作だが、本作はエンタープライズが早い段階でで大破するのはちょっと残念な気がする。
いつも無茶な使い方をされているが、もう少し宇宙船としての存在感を出しても良かったのではないだろうか。
サイモン・ペッグはどの作品でもお茶目で作品を引き立てている。
本作は脚本にも参加しており多彩さにも驚かされた。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

4.1
2021年9月16日
『スター・トレック BEYOND』  2016年制作
監督、ジャスティン・リン。
他の監督作品に『ワイルド・スピード』シリーズがある。

カーク船長は、辺境の宇宙にある惑星同士の和平交渉で、
対立の元となった惑星フィポナンの遺物を、エンタープライズ
号のセキュリティボックスにしまうこととした。
そして、物資補給のために宇宙基地ヨークタウンで停泊する
が、そこで、異星人カラーラと出会い、アルタミット星に
宇宙船が墜落したので救援をお願いと言ってくる。
早速、エンタープライズ号で出陣するが、正体不明の多数の
小型機から攻撃を受ける。


今回の脚本は、映画にも出演なさってるスコット役のサイモン
・ペッグさんが執筆したものだと知り、驚いた。
  「脚本のリライトを引き受けるにあたって、僕はより万人
   受けするような形に修正することを求められた。
   そのために、西部劇やスリラー映画、犯罪映画の要素を
   ストーリーに盛り込んだ。そのストーリーの中に
   スタートレックのキャラクターを配置していった。
   これで往年のスタートレックファンではない観客でも
   楽しめるような内容になったと思う。」と語っている
とWikipediaに書かれている。

更に、J・J・エイブラムス監督さんは『スター・ウォーズ/
フォースの覚醒』の制作があり、代わりに此方の映画は
ジャスティン・リンさんが監督さんを務めたとか。
そういえば、ニュースになっていたなぁと昔を思いだす。

話は、惑星ティーナックス、宇宙基地ヨークタウン、
アルタミット星、宇宙基地ヨークタウンと4か所。
メインはアルタミット星。

宇宙での戦いのシーンはハラハラドキドキだった。
エンタープライズ号がやられ落ちていく場面は、まさか!?
と驚いた。

次から次へと問題ができ、その難題に、何か方法があるはずだ
と諦めず、考えて閃き、実行するカークが素晴らしい。
超えられない壁はない!って感じだ。

ただ、窮地に、誰かが忽然と姿を現して助ける、と言う手法は
度々だと鼻につく。
この『スタートレック』シリーズでは、この手法が多いような
気がする。
その点が難かな。
K

Kの感想・評価

3.8
2度目。お気に入り映画見直し。

リブート版第3弾。。脚本は出演者でもあるサイモン・ペッグ!

エンタープライズ号が5年間の任務に就いて3年後、エンタープライズを初っ端から大破する新たなる強敵との戦い。

最高のキャストが送る最高の仲間の物語。互いの絆と目的を知ったカークとスポック。

エンドロール直前のナレーションをメインキャラクターたちが語るシーンがグッとくる。

***
4.1->3.8
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品