スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

Star Trek Beyond

上映日:2016年10月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:120分
    監督
    ジャスティン・リン
    脚本
    サイモン・ペッグ
    キャスト
    クリス・パイン
    ザカリー・クイント
    ゾーイ・サルダナ
    サイモン・ペッグ
    カール・アーバン
    アントン・イェルチン
    ジョン・チョー
    イドリス・エルバ
    ソフィア・ブテラ
    ジョー・タスリム
    あらすじ
    未知の星に不時着した宇宙船救出ミッションに出発したエンタープライズ号。このミッションを最後にして、キャプテン・カークは<ある決断>を胸に秘めていた。しかし到着直前、無数の飛行物体によって急襲を受け、エンタープライズ号は撃破。仲間は散り散りになってしまう。果たして何が起こっているのか。その目的とは―? たった一人見知らぬ土地に投げ出されたカークの限界を超えた戦いの幕が開く!

    「スター・トレック BEYOND」に投稿された感想・レビュー

    月宮
    月宮の感想・レビュー
    5時間
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    世界観やスピード感のあるアクションなど素晴らしかった。

    今までには無かった、スポックとボーンズとの交流など、前作ではカーク船長とスポックが中心であったが、今作ではスポットを浴びることの少なかったキャラクター達を深く掘り下げている。
    またコミカルなシーンからコアなシーンまでありバランスの良い仕上がりになっていると思う。
    今作は前作と比べ、黒幕キャラクターが見劣るものがあった。終盤に近付きにつれて、真相が分かるのだが予想のつく展開でもあり、あっと言わせるような展開ではなかったのが少し残念だった。

    まだ、続けられるような終わり方ではあったと思うので、次作にも期待したい。
    Ryoko
    Ryokoの感想・レビュー
    5時間
    4.0
    さすが外さない!映像のパワーが凄まじい。序盤から大ピンチのエンタープライズ号。敵の激しい攻撃を受け墜落していくシーンが特に凄かったです。
    前作も前々作も、脇役や敵役に注目していて、カーク船長には特別な思い入れみたいなのはなかったんだけど、今回はカーク船長がとってもかっこいい!船員たちのために自分が盾になって闘う。男らしさ、リーダーらしさが増してて、クラっと来てしまった。 乱れ気味の髪の毛もツボでした。
    敵役の正体はそんなに勿体ぶらなくても良かったような。早めにわかった方がもっと感情移入できたと思う。
    ラスト、"亡き友に"の言葉は、昨年空に旅立ったアントンへのメッセージだったのだろう。
    アル
    アルの感想・レビュー
    11時間
    3.7
    迫力の映像とスピード感溢れる展開でとても楽しめました。
    登場人物みんなキャラがしっかりたっていて、とても魅力的でした。

    前作も一応は観ていますが、そこまでスタートレックに詳しくなくても楽しめる作品だと思います!
    southernwin
    southernwinの感想・レビュー
    22時間
    3.9
    安定して面白いリブート版。JJエイブラムスは一歩引いてワイルドスピードのジャスティンリンってちょっと心配しましたがそこまで悪くない。
    綺麗な映像と迫力の戦闘シーンだけで十分楽しめますが、今回は新キャラも登場でまだまだやる気満々ですね。
    今回は敵キャラが少し物足りない感もあったので、シリーズ最大の敵でもうどうしようもないでしょ!ぐらいに吹っ切れてエイブラムス復帰、を次回期待!
    残念なのは、レナードニモイだけでなくチェコフも亡くなってしまったこと。。合掌。お疲れ様、Mr.スポック。
    aieee
    aieeeの感想・レビュー
    1日
    4.4
    安定した面白さ
    レギュラー陣みんなに何かしら見せ場があるのがいいね

    チェコフの人亡くなったのか…あの訛った英語好きだったのに
    志村坂上スケキヨ
    志村坂上スケキヨの感想・レビュー
    1日
    3.5
    ひと言でいえば、「リブートシリーズは新境地へ。しかし、作風は旧作への回帰」といった印象でした。
     
    2009年からスタートした旧作時間軸への時間鑑賞によって枝分かれした新シリーズ(通称ケルヴィンタイムライン)の3作目。若かったカーク船長もアラフォーとなり、落ち着きのある采配が目立つようになってきました。本作のテーマは「自分探し」。亡き父の後を追って同じ道を歩んできたカークが父親よりも歳を取ったことで、「これから自分はどうあるべきか?」と悩み、自分が進むべき道とその理由を模索していくという物語です。

    奇しくも、このリブートシリーズも3作目に至り、初代シリーズの恩恵を受けた1作目・2作目の続きとして、作品としてどうあるべきか?が問われるタイミング。結果、初代シリーズと関係ない新作ストーリーを展開しつつ、作風は初代シリーズに則るという道を選びました。これは、ストーリーは初代シリーズに強く関係しながら、アクションを多用するなど作風は現代アレンジをしてきた1作目・2作目とは真逆のアプローチであり、なかなか面白い試みだと思いました。
     
    では作品としての魅力はどうかと問われると、印象は1作目・2作目に比べるとパワーダウンかも。テーマの性質上、人物描写の深さが肝になると思うのですがそれが甘い。カークが序盤でエンタープライズを降りることを希望しているのには彼なりの思案と葛藤があったと思うのですが、それを感じるシーンがほぼありません。エンタープライズが大変なことになったことによる彼の情動も感じられません。この手の物語は、主人公の抱えている悩みとその後に経験することによって導き出される結論に、鑑賞者の共感があるべき。SFという体を取りながらも普遍的な人間に関するさまざまなテーマを扱い多くの人の共感を得てきた『スター・トレック』の系譜とは思えません。

    化ける可能性があったにも関わらず、よくある感じに手堅くまとめちゃった、でも一定水準以上は楽しめる映画。『スター・トレック BEYOND』は、そんな作品と感じました。次回作に期待です。
    Yusuke
    Yusukeの感想・レビュー
    1日
    4.1
    このシリーズハズレなし!
    yukiko
    yukikoの感想・レビュー
    1日
    4.0
    1、2を観ずに観ましたが面白かったです。
    ドンタコス村越
    ドンタコス村越の感想・レビュー
    1日
    4.0
    いつもと同じようなパターンの映画だった
    ピンチになり絶望的状況から逆転するのと転送が相変わらず凄いって感じだった
    >|