キャプテン・マーベルの作品情報・感想・評価・動画配信

キャプテン・マーベル2019年製作の映画)

Captain Marvel

上映日:2019年03月15日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

「キャプテン・マーベル」に投稿された感想・評価

アクション2
ヒーローの見た目5
ヴィランの凶悪度3
CG3
非現実5
エロ0
コメディ感3
可愛い子 キャロル
すべてはここから始まった〜〜〜〜〜〜〜
あ〜〜〜(感涙)(地団駄)(阿波踊り)
お

おの感想・評価

3.7
マーベルシリーズ21作目。

MCUでは初の女性単独ヒーロー。監督も女性。
事前にこの情報を知っていたからかもしれないが、アクションシーンはいつもよりも小綺麗、というか超大掛かりエフェクトにセット壊して…という雰囲気とは違った感じがした。BGMの使い方もオシャレ。

フェイズ3は「ブラックパンサー」にしろこう言った旧時代の据を取っ払うようなヒーロー作品もやる感じなのかはわからないけれども、シリーズとしての繋がりはありつつも作品毎の色があって面白い。

舞台となっている90年代の街並みがかなり良い。キャロルが降り立った地球では当時の流行映画作品のオマージュがあり、インベーダーゲームがあり…という雰囲気。90年代作品大好きだからこれだけでも画面が楽しい。

キャプテンマーベルの能力はシンプルで分かりやすく強いので今後活躍シーンが楽しみ。

シリーズお馴染みのフューリー長官も登場。
これまで謎だった隻眼の理由も判明する。正直めちゃくちゃ笑った。
グース可愛すぎるね。。。

アベンジャーズ計画始動の話に加えて、インフィニティウォーからエンドゲームに繋がる内容も含まれているので観た方が良い。

次は遂に「アベンジャーズ / エンドゲーム」です。
yayodon

yayodonの感想・評価

3.4
マーベルの元になった人?
元々は戦闘機乗組員で訓練の中で秘密を知った為、記憶を消され、宇宙の為に働いているが、時々記憶が錯綜して、本当の自分と向き合う。
格闘シーンも面白いがストーリーも中々良かったと思います。
ロッテン・トマトに「時系列的にキャプテン・アメリカの次に見るべき」と書いてあって、ほんまか、まだインフィニティ・ウォー見てないんだけど!?と思いながら鑑賞。

ほんまやった!

フューリーなどのシールドの面々の誕生譚みたいな感じでふつーに楽しめた。フューリーがアホで大変よろしい。
最強すぎて笑った。本当に無双するヒーローも久々だったからすごいスッキリした。性格もブレずに強気でいいよね。
 「ルーム」を観てないのでBラーソンをまともに見たのは「ユニコーンストア」くらい…あの華奢でキュートな彼女が最強のヒーローになってるって、凄く気になる…乗り遅れて、もう追いかける元気が失くなっちゃったMCU この作品だけでも観ておこう!
 
 むむっ…!話が違う!最強ってこんなもんか⁉🤔…割とふつーに強い位?…と思ってたら!…彼女の過去を追う中盤までのストーリーが彼女の真のパワーをベールに包んでたんですねー!😁 参りました!😅 覚醒したキャロルのハンパなさよ! もう絵面はマンガチックになっちゃってるけど、あぁ…これでいいんだ、最強の絵面ってこんなふうになるんだ…納得させられる… アベンジャーズに参加させると強すぎてパワーバランスが崩れる…MCUフリークの上の娘が言ってた事思い出した…
 ヤバい! ポストクレジットがヤバい! あんなん見せられたら…エンドゲーム行くしかないじゃん…😤

 グースとサミュエルの癒しタイム…何て言ってるかわかんねぇ赤ちゃん言葉でグースと戯れるサミュエル…グースはグースでいつも無表情…強力なGと無重力のそれぞれのなすがままの癒しの演技力が圧巻…でした🤗

このレビューはネタバレを含みます

ちょっとキャプテン・マーベル強過ぎて笑っちゃうわ。それと読み込みの遅いパソコンとか時代設定が懐かしくて笑っちゃった。
【字幕/映画館】
Tomonobu

Tomonobuの感想・評価

3.7
めちゃスカっとした。エンドゲームに繋がるのもイメージできるけど、圧倒的すぎるパワーは、他のヒーロー達とどういう位置付けで描かれるのか今から楽しみ。
marm25

marm25の感想・評価

3.5
新たな登場人物の話だからあまりのめり込めなかったけど、若かりし頃のフューリーが出てくる。
クリー人のヴァースが緑のスクラル人の脅威からクリーを守るために戦ってたけど実は騙されてて全てが逆だった、みたいな感じ。自身も拾われた身で、特殊な力があるのは事故のせい。
これでエンドゲームが見れる!マーベルの創設の秘密を知る作品。
>|