PKの作品情報・感想・評価

PK2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:153分

4.2

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、…

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

「PK」に投稿された感想・評価

mei

meiの感想・評価

4.8
\ だから映画が好きなんだ!/
大切にしたい作品がひとつ増えた。
大好きが溢れ出して言葉にできない!
ベストムービーを更新しました\( ¨̮ )/

純粋って最強!そして最高!
グレーゾーンっぽいのもあったけど
かなり笑いました。面白かったー!!
物語、音楽、演出、ロケ地、、、
何でこんなに良いんだ、ばかやろう!

ジャグーと彼が出会ったブルージュは
とても美しくて世界で一番好きな街です。
いつかもう一度訪れたいと思っていたので
映画の中で出会えて本当に嬉しかった!
思わぬ出会いがあるから映画って止められない!!


で、アーミル・カーンっていつまで若いの?
彼は本当に宇宙人なのかもしれない。
Shiho

Shihoの感想・評価

3.9
コメディ要素多いし笑えるけど宗教ネタ真面目に入れてきたり恋愛絡めてきたり。きっとうまくいくもそうだけど、話の山が多い!なんか色んな要素を詰め込んできて、最後はちゃんと締めてくる。すごい!笑
ちゅむ

ちゅむの感想・評価

4.1
すごい、
こんなホットだけど一番繊細な”宗教”をどストレートに映画のテーマにしちゃうなんて。

無宗教の日本人だから、すんなり受け止められたところも、何かの宗教を強く信仰している人は違った受け止め方をするに違いない。特にシヴァを信仰している人の意見を聞きたい。
この映画の製作者は本当に細心の注意と心遣いで、どの宗教にも配慮してつくったんだろうなぁ。

そして、思い出した詩。
「分け登る麓の道は多けれど同じ高嶺の月を見るかな」
TICTAC

TICTACの感想・評価

4.5
とりあえず「踊る車」のは笑っちゃうわw

それ以外にもところどころ声出して笑った

ずっと気になってはいたが
インド映画ってだけで敬遠してた


式場のあとからはジャグーとpkのことばかりで「あれ、なんの話だったっけ?」ってなりかけたけど

その後矛盾なく繋いでストーリーもシンプルにすっと入ってきたのがとっても好印象

がらりと雰囲気が変わって一気に感動モードへ切り替わり

久しぶりに映画で泣いてしまった

雰囲気の作り方というか感動への持っていき方がすごく上手だなと感じました

pkが可愛らしくていい奴だってのはわかってたけどそれがよりいっそう引き立つラストへの展開があつい


それからこの映画の忘れてはならない特徴はなんといっても宗教という社会派視点の切り口ですよね

神はひとりじゃないみたいだ

どの神様を信じれば家に帰れるの

印なんてないじゃない

そうかイタズラなんだ

"wrong number"
みーや

みーやの感想・評価

4.1
pkの言う通りだ!
きっとうまくいくにつづき観ましたが、やっぱりインド映画良いです!
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

3.1
4月以降に溜めに溜めた感想を連投します(^^;)

インド映画はこれまで意識的に避けてきましたが、あまりにも評判が良かったので、恐る恐る鑑賞。

んー、やっぱり肌に合いませんでした。

例えるなら、関西出身の人が東京のお笑いについて行けない感じ。

こればかりは好みなので仕方ないですね…
PI

PIの感想・評価

4.0
またも期待通りの面白さだった!

アーミルカーン若いよねえ。
あのムキムキボディは本物?
今年の総合エンターテインメント部門1位。宗教をここまで掘り下げつつコメディとして成立させ、序盤の伏線を後半しっかりと主線に結びつけ感動のラストをつくる技に脱帽。そしてインド映画ならではの歌と踊りも忘れず散りばめる。いやはや素晴らしい。
>|