PKの作品情報・感想・評価

PK2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:153分

4.1

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、…

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

「PK」に投稿された感想・評価

mei

meiの感想・評価

4.8
\ だから映画が好きなんだ!/
大切にしたい作品がひとつ増えた。
大好きが溢れ出して言葉にできない!
ベストムービーを更新しました\( ¨̮ )/

純粋って最強!そして最高!
グレーゾーンっぽいのもあったけど
かなり笑いました。面白かったー!!
物語、音楽、演出、ロケ地、、、
何でこんなに良いんだ、ばかやろう!

ジャグーと彼が出会ったブルージュは
とても美しくて世界で一番好きな街です。
いつかもう一度訪れたいと思っていたので
映画の中で出会えて本当に嬉しかった!
思わぬ出会いがあるから映画って止められない!!


で、アーミル・カーンっていつまで若いの?
彼は本当に宇宙人なのかもしれない。
ミウ

ミウの感想・評価

4.0
最後こんな切ない気持ちになるとは…。
宗教については自分が無宗教だからかあんまりピンと来なかったけど、映画は面白かった!

彼氏が物凄いイケメンなのと、PKの肉体美が凄かった笑
ユウト

ユウトの感想・評価

5.0
特定の宗教宗派をdisることなく、「宗教あるある」「これがおかしいよ」を表現する秀逸さ。ヒロインの彼氏がイケメン。
ぱんじ

ぱんじの感想・評価

3.6
いや、神様探すよりリモコン探せよ!
けどそこから生まれた疑問の連続が、タブーに切り込みまくるし(これ大丈夫なのかってドキドキしたけど、もっともすぎて考えさせられるし深い、とくにシンドラーのリスト見たばっかだったし)、その延長線で、なんともはっとさせられるラスト!そう繋がると思ってなかったから不意打ち号泣。
文化は違えど、恋のアプローチは愛おしいし、素晴らしいなって、PKすきになるー!!
こんなにすきでも恋愛とちがうのかむずい。
インド映画って覚悟してたから途中の進まない感もまあ許容笑
インターバルは笑ったけど。
ミュージカル調のあれなければスッキリもっと良かった気がするけど、あれがなきゃインド映画じゃないよね!
RIKO

RIKOの感想・評価

3.8
記録

コメディなんだけどいろんなことを訴えてくる映画でした。
なな

ななの感想・評価

3.0
宗教ネタは自分が無神論者なのでよくわからない。きっと上手くいくみたいな感じでは見れなかった。
切ないシーンもあった。
あきほ

あきほの感想・評価

3.8
上手いこと言う。
書きたいことがありすぎるので後回し💦
途中までアーミルカーンの殺す気かってぐらいの目ヂカラと鍛え上げられた肉体を見せつけられる映画かと思ってた。
まさか恋の話だったとは・・・やられた
あと、踊る車多過ぎ
>|