ザ・デッド インディアの作品情報・感想・評価

ザ・デッド インディア2013年製作の映画)

The Dead 2 India

上映日:2015年01月10日

製作国:

上映時間:98分

3.1

あらすじ

電気技師のアメリカ人ニコラスは、インド郊外で風力発電の開発に従事していた。彼には、インドで出会ったイシャニという恋人がいて、いつの日かアメリカで一緒に暮らす日を夢見ていた。ある日、ニコラスの携帯に彼女から緊急事態を告げる連絡が入る。何やら街中の様子がおかしいと・・・。ふと作業中の風力発電塔から見下ろすと、遠景に彼の目にも驚愕の光景が飛び込んできた。人間が人間を襲っている!?イシャニが危ない!しか…

電気技師のアメリカ人ニコラスは、インド郊外で風力発電の開発に従事していた。彼には、インドで出会ったイシャニという恋人がいて、いつの日かアメリカで一緒に暮らす日を夢見ていた。ある日、ニコラスの携帯に彼女から緊急事態を告げる連絡が入る。何やら街中の様子がおかしいと・・・。ふと作業中の風力発電塔から見下ろすと、遠景に彼の目にも驚愕の光景が飛び込んできた。人間が人間を襲っている!?イシャニが危ない!しかし、ニコラスのいる場所から彼女が暮らすムンバイは500km離れていた。ニコラスは、愛する者を救う為、恐ろしい勢いで増殖しているゾンビの群れをかきわけて、ムンバイへの道を突き進む決心をする。はたして、2人に未来は訪れるのか・・・。

「ザ・デッド インディア」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

2017 11/16 ほのぼのと観ていたらまさかの【ネタバレ】罰オチで何事感を味わいました。罰オチなら罰オチでいいのですが、少年と彼女さんは巻き込みもいいところなので二人はあのあとは主人公を食うことで生き延びたと脳内補正しておきます。死にそうで死なないお母さんがなかなかいい感じでした。
前作ゾンビ大陸アフリカンの流れのままのノロノロゾンビです。

この映画を作った兄弟は亡くなられたロメロ巨匠をよほど崇拝しているのでしょう。

舞台はアフリカからインドへ。

前作ように都市ではなく野生の大陸。

主人公(アメリカ人)が街に暮らすインド人女性の恋人を助けに向かう物語です。

途中でガイド役となる孤児と一緒に向かいます。

道中車を崖から落とされるし、単車もパクられます(元々パクった単車だけど)。

ロメロ監督の遺したゾンビ映画を突き進む兄弟ですが、残念なのはグロさが欠ける事ですね。

前作同様、ゾンビが噛みついて、肉を引きちぎるシーンはあるのですが、人間を解体するようなグロさが欠けてます。

個人的にはノロノロゾンビ大好きですので、3作目の作品も作ってほしいです。
走らないゾンビは見ていて安心します。
明るくのんびり進む展開に思わずあくびが出てしまうのはここだけの秘密
くわこ

くわこの感想・評価

3.4
のろのろゾンビと強奪が少ない話は個人的に好き。バイクを盗む人も「すまん、子供が待ってるから」と謝る。国柄なのかわからないけど。

ゾンビ映画なのにハラハラ感がそんなに無くて、安心して見られる映画。

でも、最後は謎。どういうこと?
tsuruta

tsurutaの感想・評価

3.0
撮りたい絵とエピソードがちゃんと伝わってきてよかったっす。
coco

cocoの感想・評価

2.5

とりあえず主人公は
避妊すれば?
前の彼女も妊娠させて中絶
今回も妊娠させたとか
クズっすよ!

インドが舞台なのは良いと思う
すぽ

すぽの感想・評価

3.1
「ゾンビ大陸 アフリカン」の続編。
今度は舞台をインドに移してのゾンビパニックが展開される。

インドの宗教観や伝説に絡めつつのロードムービーストーリーは目新しさがありつつも少しばかり退屈やも。
若干の人間ドラマも描かれていてそこまで悪くないゾンビ映画。
インドのエキゾチック感もなかなか良い。
まあまあだけど、人を轢いてオロオロしてた主人公が2分後にはトンカチでゾンビの頭をボコスカにしてるのが疑問でした。
「ゾンビ大陸アフリカン」の第二弾です
前作から3年後
2013年のゾンビ映画です
舞台はインドに変わります
前作はアメリカ製作でしたが
今回はイギリス製作です
製作スタッフ、監督・脚本は同じです

ストーリーは違いますが
大まかな所は同じかな
ロメロ直系のノロノロゾンビの大群
歩いてもじゅうぶん逃げ切れるのに、何故か必ず
ゾンビの群れにつかまっちゃうんですよね
これがゾンビ映画の醍醐味なんですよ

前作と違うかなと感じたのは前作よりゾンビがより攻撃的になったような感じがしました
人を喰うシーンも増えたような気がして
その分ブッ倒すゾンビの数が増えたかな
ニコラスは拾った銃で撃ちまくりです
観る人によってはエグいと思いますが
そこの所は私は良かったかなと思います

ただマイナス点としては
逆に銃でブッ倒すアクションシーンが増えたせいで
緊張感が減ったように感じました
前作の「アフリカン」では
いつどこにゾンビが現れて
襲われるかというピリピリと
貼りつめたものがありましたから
ここはどっちをとるか難しいところです
あとラストが残念かな

それでも
インドという広大な土地を舞台にした今作
周囲はまっ平らな荒れ果てた広野、暑くて水も少ない。食料もない
そんな中、ゾンビの群れをかわしながらニコラスが恋人のため苦難な道のりを歩む
姿は良かったと思います

古いゾンビ映画が好きな人には
おすすめです
どこか懐かしさを感じると思います
私はこれがゾンビ映画の醍醐味だと思うのです
このロメロ直系のゾンビ映画を
ロメロが亡くなった今
ゾンビは色んなパターンへと進化していますが
このようなロメロ直系のゾンビ映画をなくさないで欲しいですね
そう願います
>|