ゾンビ大陸 アフリカンの作品情報・感想・評価

「ゾンビ大陸 アフリカン」に投稿された感想・評価

オレンジ色の空、焼けつくような太陽。雄大なアフリカの大地を、ノロノロと徘徊するゾンビ。タイトルは凄いが、とても真っ当なロメロの系譜のゾンビ映画。

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビが発生したアフリカ大陸から祖国で妻子が待つ米兵と基地に避難した息子を探す現地兵が協力して逃げる映画。

ゾンビが発生した経緯については語られることがなく、淡々とゾンビから逃げ続ける展開になっている。
現代のゾンビ映画的な派手な演出や戦闘、飛んだり跳ねたりする強いゾンビというのは登場せず、広大なアフリカ大陸をただただ逃げ続ける。

そのため、映画としてはあまり面白くない感も否めないが、ある意味超現実的なゾンビ映画だと思った。

ゾンビというのは、ゆっくり歩くことしか出来なくても、簡単に殺す事が出来ても、普通に怖いんだというのを感じさせてくれる。

そして、アフリカ大陸の厳しさというのと相まって、主人公達は予想以上に苦境に追いやられていく。

そして、ラストは救いが全く無いのに、希望を持たせた感じで終わらせる謎展開で終わってしまう。

途中、アフリカ大陸に沈む夕日を背景にしたゾンビのシーンはかなり絵になっていて感動すら覚えた。

全くふざけてない超真面目なゾンビ映画で驚いたが、いいゾンビ映画だと思う。
『ゾンビは意思を持たないからゾンビなのであって、道具を使うのはおかしいと思います』
『カメ止め』の神谷くんの言ってることは実はとっても共感出来る私。
やっぱりゾンビは血肉を求めてノロノロと彷徨い歩いている方が”ゾンビらしさ“を感じる。

本作はそんな点でも私好みなゾンビ映画。
タイトル通り舞台はアフリカ大陸なので、出てくるのは全て大量の黒人ゾンビたち。
もちろんみ〜んなノロノロ系。
走るゾンビなんて皆無。

設定からして白人どもがメチャクチャにされるという、ゾンビをメタファーにした”黒人リベンジ映画“を期待してたけど、ただアフリカが舞台というだけだったのは残念。

敵同士だったアメリカ兵とアフリカ兵が協力し合って脱出を図る…というロードムービーだが、ちょっと冗長なシーンが多くて眠くなる。
でもロメロの『ゾンビ』の様なそこはかとない虚無感とか、ゾンビ達がノロノロ系なので、『うまく立ち回れば対処できそう』っていう感じの妙なリアリティは良かった。

本作を観ているとなんか無性に『ゾンビサバイバルガイド』っていう本を読みたくなってくる。
Amazonで購入しようかな…。
troy

troyの感想・評価

3.2
正統派なゾンビ映画です。アフリカでゾンビパニックが起こるだけなんですけどね。嫌いじゃないぜ!正統派!でも、だるいぜ!車移動のシーン多いわ!あとタイトルのネーミングセンスはすごい。よくわからんけどすごい。「アフリカ大陸でゾンビ!→「ゾンビ大陸アフリカン」逆にしただけかよ!安直!なのに、なんだこのインパクト
悠久の大地アフリカ。
ゾウ🐘、キリン🦒、ライオン🦁、そしてゾンビ💀…灼熱の大地をふらふら歩いていても違和感が無く説得力があった。
2人の男のサバイバルを地味に真面目に描いている。おふざけは無し。真面目。故に退屈な一面も。
ゾンビがカラコンだけでの判断だから分かりにくい。
ゾンビから逃げるえらい真っ当な作品だった。
スーって普通に歩いてくる感じは新しいなって思った。
えし

えしの感想・評価

3.4
なんじゃこの邦題は…

アフリカ大陸でゾンビが大量に発生。
米軍の軍用機で大陸から脱出を図った主人公一行だったが、機内で感染者が現れ混乱。さらにガス欠で海へ墜落してしまう。
もう1人の主人公は、西アフリカ軍の兵士。彼は故郷の村へ家族の安否を見にきたが絶望的な様子。しかしどうやら息子は生き残っているよう。
出会った2人の主人公は、アフリカ大陸から脱出することができるのか。
息子を救出することができるのか。

ケーブルテレビの番組表で本作の名前を見つけたとき、1970年代の隠れたゾンビ作品かなと思って録画していたのだけれど、結構近年の作品だった。

白人エンジニアと現地の黒人兵士がタッグを組んで、探りを入れて行く。
が、何故か2人1組で捜索すればいいものを1人ずつバラバラにわざわざ怖い思いをしよります。
ゾンビは色んなところにポツポツと存在し、ゆらゆら歩いて近寄ってきます。
見晴らしのいいところへ行けばいいのに、死角へ逃げようとする主人公。

ツッコミどころは数あれど、冗長なところはあるけれど、思っていたよりも真っ当なゾンビ映画で楽しめました。

FOXムービー2018/7/8。
Takuji

Takujiの感想・評価

3.3
古典的な歩くタイプのゾンビ。楽勝で逃げれると思いきや、アフリカの広大な大地も敵となる。過酷な環境で更にゾンビ増殖とか無理ゲーすぎますw
まったく希望持てないのに、強引に希望持たすラストも良い。
マサ

マサの感想・評価

3.0
歩くタイプのゾンビ!直接襲いかかってくるゾンビ以外にもたくさんゾンビが画面に登場してくるので、ゾンビ感がすごい!もちろん止まると徐々に徐々に遠くから迫ってくるので、歩くタイプのゾンビの不気味さがすごい良く出てるな。ふーむ、そこで出会いますか。それは予想外!
風来坊

風来坊の感想・評価

3.7
ゾンビ大陸と化したアフリカからの脱出を図る人種が違う男2人の姿を描いたサバイバルスリラー。

アフリカ映画かと思いきやイギリス映画でビックリ。アフリカにゾンビは似合わないのでは?と思っていたら意外と合っていました。そういえばゲームの「バイオハザード5」もアフリカが舞台だったなぁ。邦題でおふざけゾンビ映画かと思っていましたが、言い方はおかしいですが真面目ににゾンビしてました。

ジョン・カーペンター監督作のようなB級感がありながら重厚さもある映画に仕上がっています。静けさを上手く使って緊張感と恐怖を演出しています。ゾンビの感じはジョージ・ロメロ監督の「ゾンビ」のようなオーソドックスなゾンビを踏襲しています。ゾンビ映画だけにグロいシーンは山ほどありますので苦手な方はご注意。所々でドキっとする怖さがあり心臓に注意。

どうしてゾンビ大陸と化したのかとか細かい説明はありません。その辺は想像で補うしかないですね。雑な部分があってよく分からない場面もあります。シュールでスゴく淡々としていて派手さはないのでこの辺は好みが分かれるところでしょう。終盤はかなり駆け足…急にゾンビハンターとして覚醒するもんだから面喰らいます。

アフリカでゾンビという新しさはありますが、その他は名作ゾンビ映画をなぞった感じで新しさは感じません。それでもゾンビ映画として正統な掘り出し物の映画でなかなか面白かったです。
>|