スヌーピーのメリークリスマスの作品情報・感想・評価

「スヌーピーのメリークリスマス」に投稿された感想・評価

tk

tkの感想・評価

4.3
ピーナッツ初アニメ化作品で、米アニメの傑作。劇伴アルバムはジャズの名盤。
ビンスガラルディの曲が心地良すぎる。
はるな

はるなの感想・評価

4.0
毎年冬に観ます。たまに夏にも観ます。それくらい好きです。名作。
絵と、色使い、素敵すぎる。これがあれば素敵なクリスマスになること間違いなし。
mika

mikaの感想・評価

4.0
たぶん・・・20年以上ぶり?(笑)
久しぶりに見ると、新鮮なので、おススメです♪
akari

akariの感想・評価

4.0
アルミのクリスマスツリー
赤面してるスヌーピー
チャーリー元気出して
5555

5555の感想・評価

4.5
Christmas time is hereが名曲すぎる。
いいストーリーで、初めて見たはずなのにどこか懐かしい。
こっこ

こっこの感想・評価

5.0
私は小さい頃からこの作品が大好き🎄
私の中でクリスマスといえば、この映画。みんな本当に可愛い。
お洒落なBGMと昔のスヌーピーのアニメ画がなんとも言えず良い、、
nana

nanaの感想・評価

-
アメリカでは毎年必ずテレビで放映される、クリスマスの定番作品みたいです。
クリスマスだからって何も楽しいことなんてない、商業主義の成れの果てだと拗ねていたチャーリー・ブラウンが、クリスマス劇の監督を務めることになります。

邦題は「スヌーピーのメリークリスマス」となっていますが、スヌーピーは今回完全に脇役に徹しています(もちろんその少しの見せ場がどれも超いじわるで超キュート)。
メインとなるのは、チャーリー・ブラウンとその仲間達のやりとりです。

ライナスがクリスマスの歴史をひとり舞台の上で語るシーンは詩的で、何か特別な時間を過ごしているような気持ちになります。

誰かのささやかな想いと優しさが誰かに伝わり、それが波及していく。
それが彼らが見つけた本当のクリスマスでした。

モダン・ジャズを使った音楽もとても印象的で、観た後にはサントラを繰り返し聴きたくなります。
morine

morineの感想・評価

-
たぶん今後、夏は必ずタッチを読んで、冬は必ずこれを観るな(笑)多幸感がすごすぎる
犬好き

犬好きの感想・評価

4.1
アメリカの地にて、まさに時代を越える作品

50年以上も前にアメリカのクリスマスの商業主義を皮肉る、極めて特殊かつ皆の知っている作品である

それにしても、このような普遍的な作品を生み出すことは、心から尊敬に値する
アメリカのクリスマス定番映画の一つらしい。音楽がとにかく良いし、ストーリーもしみる。観て以降、家でずっとサントラ流してる。
>|

あなたにおすすめの記事