ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -の作品情報・感想・評価・動画配信

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -」に投稿された感想・評価

タニ

タニの感想・評価

-
2022年64本目。これもマーク忘れ。総合するといいアニメ枠。ただ神神言うのはどうなんとは思ってる。
もっと性格悪い奴でてきて色々あるんじゃないかと思ったけどみんな普通に良い奴で本当に性格悪いのは私か、となった
彦次郎

彦次郎の感想・評価

4.0
愛を知るために手紙の代筆業務を行う「ドール」となった元軍人ヴァイオレット・エヴァーガーデンと依頼人達との交流を描いたドラマ。TVアニメシリーズで最終話迄やった後に期間限定で劇場公開された「外伝」ですが本編に劣らずハートフルな作品となっていました。
前半は全寮制女子校にてメガネ姉のお嬢様教育、後半はチビ妹がヴァイオレットの元に来て配達業者として修業成長する二部構成。この姉妹の素性が意外性と共に終盤の感動を生んでいます。
ヴァイオレットの髪型が姉の影響受けていたりセリフだけで無いキャラクターの行動で余韻を残す演出が良かったと思います。
charo

charoの感想・評価

-
アニメを見て、スペシャル見て、
待望の長編、続編、やっと見れました!


今作は、ヴァイオレットの本職である、
「自動手記人形」の枠組みを超え、
イザベラお嬢様の教育係をする任務に就く。


最初は業務的な仲だったものの、
日々の中で、2人の間に絆が生まれ…


“生きる希望はないけど、守るべきものができた“
そこには、誰かの為に、自分を犠牲にしていく人々の姿が…


そして、ヴァイオレットに、初めての気持ちが芽生えていく。
手があったかくなる感情。“寂しくなったら名前を呼んで“


後半はイザベラの妹、テイラーの話へ。
姉に届けようと必死で書いた手紙を、
郵便配達員の彼が、必死でエイミーに届ける。


“届かなくて良い手紙なんてねえからな“
(今作はアニメの時からずっと気になっていた、
ベネディクトに焦点が当たってるところも良い。)


姉と妹。手紙を通して気持ちを通わせる。
どんなに距離が離れていても、姿が見えなくても、
全てを超えた、2人だけの永遠の絆が生まれる。
そしてお互いが、未来への希望を胸に。


“君の名を呼ぶ。それだけで2人は永遠なんだ“
作画がきれいだった。

アニメを一気にみてから
この映画をみたけど、、、
ヴァイオレットの成長が...

今回話の軸になってる姉妹も
すごく愛でした。よき映画。
odyss

odyssの感想・評価

4.0
【絵がすごくいい 】

実のところ、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」に接したのはこの劇場版アニメが初めて。TV版も原作も未見・未読。

なので全然予備知識なしでの鑑賞だったのですが、絵が細部までよく描き込まれており、また私の好みに合うタイプの絵(そして背景)なので、非常によい気持ちで最後まで見続けることができました。

物語は前半と後半に分かれています。むろん、つながってはいるのですが、前半はお嬢様向け女学校を舞台にした話(ただし生徒同士の交流よりは、家庭教師とその教え子である貴族令嬢の話になっていますけど)で、やはり私好み。

後半は、その貴族令嬢がかつて一緒に暮らした幼い女の子の物語になります。

前半と後半に共通しているのは、人間と人間の絆ということでしょうか。
血縁関係より、偶然でつながりを持った人間同士の関係が大事なんだよ、と言っているように思えました。むろん、そのためにはその絆を維持する努力が大切なのですが。

充実した劇場用アニメ。お薦めです。
【⠀キマシ映画か・・・と前半思ってたアタイをぶん殴ってやりたい 】
とても綺麗な家族愛お話でした。
愛を知らずに愛を与えた女性と愛をもらったけど愛がわからない女性ふたりが出会い交流することで足りない所を補い合って友情を育む物語と愛をもらって愛を届けることを目標に持った少女。
2本立てのストーリーを綺麗にまとめていて良かったし配達人の仕事へのフォーカスも良かった。
京アニの作画班は化け物か!
綺麗が過ぎる!!!!
テレビシリーズから一貫して絵作りが綺麗なんよなぁ。

2022#91
sun

sunの感想・評価

3.9
ヴァイオレットがどんどん成長していて泣ける。
少佐や周りの人にもらったものを今度は与える側になっていて、その成長の描き方がとても丁寧。
かわいくてかっこよくて、騎士姫様という呼び方もぴったりだった。

読み書きができるのってありがたいことだなと改めて。
何よりも絵が綺麗でため息が出る。
k0ji

k0jiの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

美しい、話も絵もヴァイオレットも姉妹愛も…

ここまで、ドールになってからのヴァイオレットはとても成長したなぁって、ホッジンス社長の視点で見てしまった

手紙に「幸せ」を載せて相手に運ぶ
LINE、メール、電話…便利になったが、手紙のように大事に残すことは少なくなったと思う
LINEとかでは、その「幸せ」を心の拠り所にして生きることも難しいのかな
baskera

baskeraの感想・評価

4.0
やっぱり映像綺麗だなぁなんて思いながら。

言葉の重みを感じる作品でした。
>|

あなたにおすすめの記事