欲望に狂った愛獣たちの作品情報・感想・評価

欲望に狂った愛獣たち2014年製作の映画)

製作国:

上映時間:60分

4.0

「欲望に狂った愛獣たち」に投稿された感想・評価

takoya

takoyaの感想・評価

-
最初に見たピンク映画で、これをきっかけにピンク映画をちょこちょこ見るようになった作品。

いつか劇場で観たいと思っていて、ついにシネマ神戸2でフィルム上映の機会があったので再見したけど、やっぱりマイオールタイムベスト級の傑作。映画にしかできない、死人のようにこの世界を生きる私たちのための物語。

キャストの演技もみんな映画の雰囲気に合っていて、みづなれいのモノローグが冒頭から最高に痺れる。カット割りもスタイリッシュだし、 造形美術も最高だし、適度にグロテスクな描写や倒錯したエロもストライク。
まこー

まこーの感想・評価

5.0
超絶大傑作。一線を越える時に「橋」を越えるんで、成瀬を思い出したり。フィルム撮りはやっぱ魅力的。佐藤寿保思い出す。

このレビューはネタバレを含みます

ソープ嬢が革命家になろうとする話。

水商売の人たちの話なんだろうなーと思いきや、SM、殴打、血しぶき、JK、革命、爆弾。
色んな要素がありすぎて退屈しない。なんかもうすごい。


メイドの尻の穴に入った牛乳が死んだ主人の顔面にかけられたり、爆弾をうっかり落として身体がバラバラになったり(画の隅っこで生首が瞬きしてたり)、オヤジ狩りのJKが惜しげもなくパンチラサービスをしたり、それはそれはもうカオスで面白い。

そんな中で主演女優は可愛いままで、このブレない可愛さが作品全体を支えてるかもしれない。

好き勝手できるピンクだからこそのカオスな雰囲気が嫌いになれない映画。
かなりカッコイイ作品。ピンク映画のくくりに入れておくのはもったいない!!
アウトローな映画好きにオススメです。
※OP映画祭り2015で最優秀作品賞受賞
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.0
みづなれいさんがカッコよくて衣装替えも絡みも素晴らしいし家出る前とか面白いシーンあるんだけど、無差別テロは面白がれないし(無差別じゃなかったらいいと思う)後半は結局これ以上話は広がらないのか〜というガッカリ感があった
山内大輔初体験で、ああソープ嬢ものかと見ていたらまさかの血飛沫に衝撃!その後の暗黒展開に驚愕!大傑作。みづなれいのいろんなコスプレサービス有り。