悦楽交差点(2015年製作の映画)

上映日:2016年08月21日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:70分
    監督
    城定秀夫
    キャスト
    佐倉萌
    福咲れん
    古川いおり
    城定秀夫
    麻木貴仁
    田中靖教
    久保奮迅
    あらすじ
    通行量調査をしているフリーターの春夫は、繁華街の交差点で運命の女性・真琴に出会う。 人妻の真琴をストーキングする春生は、彼女 の夫が浮気をしている事を知り...。こんな愛もアリ!?美人妻とストーカー男のピュアで歪んだ性愛模様。

    「悦楽交差点」に投稿された感想・評価

    笑えて切なくて色んな感情はまさにスクランブル交差点。傑作
    年間ベスト級の傑作。
    レイトショウ特集/OP PICTURES+フェス

    ストーカーものからの文字どおりの「チェンジ」が鮮やかに決まる。とはいえ、上野からそのまま移ってきたような客席のおっさんたち(当然自分含む)にとってはあまりにあまりの鏡像ゆえにつらく、心は開放されない。佐倉萌、平成の松井康子のごとき貫禄。
    m
    2016/09/16
    4.7
    素晴らしいとしか言いようがない。
    劇場でピンク映画を観るという経験は貴重だった。普通に面白い、という宣伝文句は外れてない
    が、あまりに体力を消費した...(変な意味ではない)
    ステキな話だなぁ。
    ちゃんとエロく撮ってていい。ピンクってもはや全編アフレコの時代は終わったのね。
    工場とのぞきとカニ鍋。
    古川いおり最高…。
    交わるはずのない2人が交わる悦びと悲しみ。映画がどんどん加速してゆく楽しさと怖さ。こういう映画が好きだ。素晴らしい。
    『OP PICTURES+フェス』にて、「悦楽交差点」、「リングリング」を鑑賞。

    ピンク映画とは思えないくらいストーリーが良かった。

    特に「悦楽交差点」は最初は有りがちな展開かと思いきや、急展開していくところは中々痛快です。
    (まぁ映画だから、という感じではありますが)

    あまり出来に70分の映画が2時間ものかと思うくらいのボリューム感…すごい!

    1本目でお腹いっぱいだったため、正直2本目は厳しいのでは?と思っていたが
    2本目の「リングリング」も良かった。

    どちらもR15指定用に編集してあるためか、普通の映画にも引けを取らない。

    むしろ、1時間にストーリーを凝縮するため、作り手の技量が問われるが、どちらもクオリティの高い作品となっている。
    >|