リトル・ボーイ 小さなボクと戦争の作品情報・感想・評価

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争2014年製作の映画)

Little Boy

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは町の誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは、唯一の“相棒”である父親との空想ごっこと、父親の大好きな奇術を一緒に見ること。兄のロンドンが徴兵されることを除いて、平穏な日々は続くと思っていた。だが、ロンドンは徴兵検査に引っかかり、代わりに父親が戦場に駆り出されることに―。心の支えである父親の不在に絶望す…

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは町の誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは、唯一の“相棒”である父親との空想ごっこと、父親の大好きな奇術を一緒に見ること。兄のロンドンが徴兵されることを除いて、平穏な日々は続くと思っていた。だが、ロンドンは徴兵検査に引っかかり、代わりに父親が戦場に駆り出されることに―。心の支えである父親の不在に絶望するペッパーだったが、何とかして戦場から父親を呼び戻そうと司祭に助けを求め、すべて達成すれば願いが叶うというリストを授けられる。いちばんの難題である街のはずれ者の日本人との交流に、反発しながらもだんだんと心を通わせていき、ペッパーの“父親奪還大作戦”が始まった。

「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」に投稿された感想・評価

日本人からするとちょっと複雑な気持ちになるシーンがあるよねぇ。
原爆落とされた反対側では、こんなに喜ばれていた事実。それをこんな感動作にもっていく過程にされるんだから、複雑だよねぇ。

でもこれが戦争。もう憎しみを持っちゃいけないって教えてくれる映画。
憎しみが消えるまで相手を知って、友達になれたらいいね。

山を動かすシーンだけ、覚えてた 笑
Gen

Genの感想・評価

3.9
主人公の男の子可愛い
クロエに見えなくもない…
皆んな泣くシーンがリアル過ぎる
いい映画を見れました
Kota

Kotaの感想・評価

3.8
“信じるのは勇気がいること。”

第二次世界大戦下のカリフォルニアの田舎町で、背が低くリトルボーイと呼ばれているペッパー。唯一の相棒である父親が戦争に派兵され、大好きな父親を呼び戻すためにペッパーは自分には戦争を終わらせる力があると信じ続ける。

第二次世界大戦を子供の目線で映す少し明るいトーンのスクリーンから戦争の悲惨さは直接感じない。しかし在米日本人のハシモト明らかに差別されている所や、母親の涙から戦争が垣間見える。原爆の“リトルボーイ”が戦争を終結させたのをこの映画のリトルボーイと掛けているところは日本人からすると何とも複雑な心境ではあった。戦場に行った本人ではなく、戦争が終わるのを待つ家族が主役な珍しい映画。

この映画の一番のメッセージは“信じること”の大切さ。ペッパーが自分に力があると信じ込み日本の方向に念力を送り続ける事も最後の展開も全ては偶然だったと言ってしまえばそれで終わりだが、ひたむきに見えないものを信じる事ができる強さ自体が何かを変えていくのだろう。「君がビンを動かしたいと強く願ったから、私がビンを動かすように君がさせた。それが信じる力だ。」
HEIRIN

HEIRINの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「ハシモトは友達だよ」って言うまでに成長したリトルボーイみたいに
国の違いとか風潮とか無しに、素直に人と接することができたら戦争なんて起こらなかったかもしれない。

所々クメマサオ??とか原爆とか偏った描写もあったけど、決して日本側の視点がゼロな作品ではなかったと思う。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

複雑な気分。途中まですげぇよかったのに。

泣いて損した。ラストに少しガッカリ。
理想と現実の違いを見せて欲しかった。
そんな都合良くいかんでしょ。
奇跡がテーマなんだろうけど、少年の願いが叶ったその描写が原爆って、あれだと少年は大量殺戮者じゃん。少年みたいに家族を思う人ってたくさんいたでしょ。

あと、兄貴とハシモトのわだかまりもさらっと解決してるけど、助けたからチャラみたいな軽い風に自分は捉えてしまって、気になってしまった。

かわいい子供で、涙を誘うなんてずるいわ。
bowzZ

bowzZの感想・評価

3.1
当時の在米日本人の扱いが見られた。そりゃ戦争中に対戦国の人間が町にいるのだから、当然扱いは酷いものになるであろう。そんな中で司祭のようなアメリカ人は一人でも本当にいたのだろうか?
ちょっと偶然がありすぎるし、全般的に”良い話”すぎる。
日本人の助言でいじめっ子に報復する辺り少し「ベストキッド」みたいだった。
Moeka

Moekaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ここまで反日を正直に描いた作品は観たことなかった。ジャップを連発は当たり前日本人差別が不快。
だけれど男の子のお父さんへの愛情は本物誰よりも大きい。ハシモトとの友情も複雑だったけど良かった。
咲

咲の感想・評価

4.1
"Now, don't measure yourself from here to the floor. Measure yourself from here to the sky"
戦地へ行った父親の帰りを願う少年が奮闘する話。
WWⅡでアメリカと日本が敵対してる中、街に住む日本人との交流が、小さな、そして大きな変化を生んでいく。

ひたむきな主人公が良かった!

ただ、広島への原爆 'Little Boy'投下が賞賛されてるシーンはやっぱり気持ちよくないね…。長崎で原爆についてずっと学んできたからこそ。
koyo

koyoの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画が好きな人は、このレビューを見ないでください。















まず、基本的に映画を借りるときに前情報をほとんど見ないのですが、それが仇になりました。第二次世界大戦中の話なので、しょうがないかもしれないが、あそこまで「ジャップ」を連発してるのは、非常に気分が悪くなる。

何よりひどいのは、原爆を落として「やったー」と喜ぶシーンは、本当に酷すぎる。

今だに原爆は戦争を早期終結させた、正当性あるものだ。という認識があるということなんだろうが……
史上最悪の、大量殺人兵器を肯定するプロパガンダ映画と思ってしまう。

アメリカに媚びたアメリカ向けの映画で、アメリカで評価されるのは構わない。ただ、これが日本で高評価であるということが、信じられない。長崎、広島の人達には、絶対に見て欲しくない映画です。
美奈

美奈の感想・評価

5.0
信じるってすごい。

無垢な男の子の一人勝ち。

涙腺崩壊映画。人におすすめしたい。
>|