リトル・ボーイ 小さなボクと戦争の作品情報・感想・評価

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争2014年製作の映画)

Little Boy

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは町の誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは、唯一の“相棒”である父親との空想ごっこと、父親の大好きな奇術を一緒に見ること。兄のロンドンが徴兵されることを除いて、平穏な日々は続くと思っていた。だが、ロンドンは徴兵検査に引っかかり、代わりに父親が戦場に駆り出されることに―。心の支えである父親の不在に絶望す…

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは町の誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは、唯一の“相棒”である父親との空想ごっこと、父親の大好きな奇術を一緒に見ること。兄のロンドンが徴兵されることを除いて、平穏な日々は続くと思っていた。だが、ロンドンは徴兵検査に引っかかり、代わりに父親が戦場に駆り出されることに―。心の支えである父親の不在に絶望するペッパーだったが、何とかして戦場から父親を呼び戻そうと司祭に助けを求め、すべて達成すれば願いが叶うというリストを授けられる。いちばんの難題である街のはずれ者の日本人との交流に、反発しながらもだんだんと心を通わせていき、ペッパーの“父親奪還大作戦”が始まった。

「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」に投稿された感想・評価

後半の大きな出来事に頭が真っ白になり、全ての考えが吹き飛んでしまいました。誇張では無く本当に手が震えた。観たくは無いけど出来事が何なのか気になる方は、粗筋の時代設定と問題を解決する方法を想像して、それからタイトルをよく見て下さい。フィクションのネタにしてはいけない事柄というものが確実に有るよ。
自分の日頃の言動について多角的に考える良い機会になりました。それで窮屈な思いをしても、誰かを傷付けるよりはずっと良い。ラストの展開、立場が逆だったら?
どんなに人の心を操作するのに長けていても、想像力を欠いてはいけません。本当に不快。
DON

DONの感想・評価

-
こういう戦争の描き方もあるんだなあと素直に感動。あざといという誹りを振り切って加速し、繋いでいくプロットと編集の潔さ。しかし何といっても、いつも泣き出しそうな表情をしている主役の少年が素晴らしい。
基本はヒューマンドラマで感動する家族のお話し。ひねくれて見ると涙を呼ぶために戦争の悲惨さを利用してるようにも見える。
それで、日本人だからこれ観たら嫌な気分になるってことだけで終わると、そのぶん戦争は終わらないんだろうなと思う。小さな憎しみ合いの一つ一つが積み重なって争いは生まれていくものだと思うので。同じ出来事を日本人以外の視点で見ると世界はどう映っているのか、そこを理解するためにこの作品が役に立つ。
少年が可愛い。純粋で。
君の目に憎しみがあってはいけない。
床と君との距離をみるな、
空と君との距離をみろ。

いい大人が残す言葉は子供を大きくさせますね。

戦争は心を歪めるもの

色使いとか音楽が可愛くて、初めからこの映画は当たりだと思って見てた。私は好きです。
PI

PIの感想・評価

3.8
ペッパー少年がメチャクチャ可愛いぃ!信じる者は救われる。
正にその通り。
でも、原爆がリトルボーイだったなんて…
アメリカにも日本にも嘆き悲しんだ多くの人が居た。
改めて戦争は絶対嫌だと強く思わされた。
かんな

かんなの感想・評価

4.0
自分と床との距離を見るな
空までの距離を見るのだ
誰よりも背が高くなる

自分が正しいと思うのならやるがいい
日系人がジャップと呼ばれていたり、日本に原爆が落ちて喜んでいるのはさすがに心苦しいけど、少年の父親に対する純粋な想いに重きを置いた映画ということでいいと思う。
kurano

kuranoの感想・評価

2.5
感動的なのかもしれない!
ただ感動的なら面白いのかっていわれたらそうじゃないと思います!
まぁ感動的で面白いのかもしれないけど普通でした!
かめ

かめの感想・評価

4.0
まさか泣ける映画だったとは思わなかったやーい
戦争がテーマで、両者の目から見て色々感じたけど、語るのはよします。ただ、同じ国の人間だからってあんな風に差別を受けるのは見てて辛い。争っている相手ではないかもだけど、いまも知らないうちに自分も同じことをしている時があるかもしれないと考え直した。
新年からいい映画を見させてくれてありがとう。
lemon

lemonの感想・評価

3.9
信じることは大事
希望をもつことは大事

ずっと見たくて、やっと見れた作品。
思った通り良い作品でボロボロ泣きました。
>|