リトル・ボーイ 小さなボクと戦争の作品情報・感想・評価

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争2014年製作の映画)

Little Boy

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは町の誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは、唯一の“相棒”である父親との空想ごっこと、父親の大好きな奇術を一緒に見ること。兄のロンドンが徴兵されることを除いて、平穏な日々は続くと思っていた。だが、ロンドンは徴兵検査に引っかかり、代わりに父親が戦場に駆り出されることに―。心の支えである父親の不在に絶望す…

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは町の誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは、唯一の“相棒”である父親との空想ごっこと、父親の大好きな奇術を一緒に見ること。兄のロンドンが徴兵されることを除いて、平穏な日々は続くと思っていた。だが、ロンドンは徴兵検査に引っかかり、代わりに父親が戦場に駆り出されることに―。心の支えである父親の不在に絶望するペッパーだったが、何とかして戦場から父親を呼び戻そうと司祭に助けを求め、すべて達成すれば願いが叶うというリストを授けられる。いちばんの難題である街のはずれ者の日本人との交流に、反発しながらもだんだんと心を通わせていき、ペッパーの“父親奪還大作戦”が始まった。

「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」に投稿された感想・評価

リトルボーイ、なるほど、そうだった。

戦争には敵と味方が必ずある。

アメリカ側から見ると日本は敵なわけで。

日本の敵はアメリカとなる。

ハシモトの存在がペッパーに影響を与えた。

それは良い意味でも悪い意味でも。

8才という幼い子どもには厳しすぎる現実。

子どもの自分に何が出来るかを考え行動した。

とっても感動した。

なんと言ってもペッパーが可愛すぎる。

戦争中に敵地で生活するハシモトがアメリカ人から受けていた事ー。

逆の立場ではどうなった?

戦争は大切な人を奪うー。

大切な人を失い、残された人たちは深い深い悲しみの海に投げ込まれる。

一生悲しみと付き合っていく事になる。

これは敵も味方も同じ。
アメリカ側の視点から原爆と太平洋戦争を捉えた作品。

主人公は幼い子供で町一番のちびっ子ペッパーくん。その小ささをネタにされて苛められる日々を送るペッパーくんだが、その彼の小ささがセットとカメラワークによって二次元の画面の上でもよく伝わるように撮られている。愛らしい弱き者の立場、というのがより明白になり、感情移入しやすいキャラクターに造形されている。それが相棒のように親しかったパパとの別れの悲しさ、寂しさをより引き立て、ゆくゆくはラストのカタルシス的展開をもたらす。このペッパーくんのキャラクター造形は正解だったと言っていいと思う。

だが、ハシモトと仲良くなる決意をペッパーがするまでの下りは正直予告編を見ただけでもわかる内容。その内容だけで尺をやや取りすぎている気がするし、物語として平坦すぎる。もう少しそれまでの展開に波風が立っていてもいいのかな、とも思う。
また、個人的には年老いたペッパーの回想劇として本作は始まるのだから、「今」の視点があってもよかったんじゃないかな、とも思う。映画として全体の型そのものがいびつな感じを受けてしまう。あるいは、回想劇の型を使わなくてもよかったのでは?とも。回想にする必要性ってあったかな?

本作で描かれる対象は、いわゆる銃後のアメリカ国民たち。彼ら一般市民としてのアメリカ国民の太平洋戦争、原爆に対する認識を本作は描く。
息子を、夫を戦地に駆り出された家で「待つ」者たちの姿である。ただ早く帰って来てほしい。彼らの願望は終始ただその一点に尽きる。「待つ戦い」としての太平洋戦争である。
そして、「神の福音」としての原爆投下。「戦争を終わらせる≒戦地にいる最愛の人々を取り戻す」ための、手段としての原爆である。広島への原爆投下の知らせを受けた「リトルボーイ」ことペッパーくんの歓喜。新聞を読む住民たちも皆歓喜し、ペッパーくん、リトルボーイを称える。「彼はやったぞ!」ペッパーくん自身、戦争を終わらしてパパを取り戻すことを目的に日々祈ってきた。彼らからしてみれば、原爆投下は神の福音だったのかもしれない。

別に僕自身としては、アメリカ国民の上記のような捉え方を非難するつもりは全くない。映画は他の文化の空気感を空気感じみたものとして見る者に伝えるメディアとしての一面も持っている。映画作品としての出来以上に見る価値はある作品だと思う。
ほっこりほんわかエピソード、ではない。
けど、良かった。

地面からの長さを見ちゃいけない、
空までの距離を見なきゃ みたいなセリフが良かった。

リトルボーイをかけたあたりは少し日本人として気になったけど、まぁそれが戦争ってものか。
そうだな、これからはリトルボーイと聞いたらこの映画を思い出そう。
myco

mycoの感想・評価

-
ジャケからしたら古い映画なのかなと思いきや、意外と2014年制作。

始まって10分くらいで泣いて、それから終始リトルボーイの健気さに泣き続けて最後らへんは大号泣。。。

戦争映画でもあるけど、ほぼリトルボーイの心の成長を描いてる映画。
ホント健気さにじーんとくる。
そして困った時の八の字眉毛が可愛くて可愛くて。

日本人のハシモトとリトルボーイが心を通わせていく様子も日本人として嬉しかったし、司祭役のトムウィルキンソンの、包んでくれる雰囲気がすごく落ち着く。
こまこ

こまこの感想・評価

3.7
ずっと、「第二次世界大戦中のアメリカでの、日本人とアメリカ人少年との交流もの」だと思っていて、まあ間違いではなかったけど、でもそれはメインじゃなかった。
確かに少年にとってハシモトとの交流は大きな出来事ではあるけれど、これはほんの一部で、ひたすら父親を愛し、父親に帰ってきて欲しい少年が奇跡を信じて頑張る話でした。

少年の純粋さと父親を思う気持ちがストレートに伝わってきます。あと、子どもという存在がどれだけ周囲の人間の影響を受けるのかというのも、ちょっと感じた。


この少年にとっては、この戦争というものは「父親を奪ったもの」というだけで、それ以外の要素はまだあまり意識してないんだろうなぁ。色んなところで国籍を問わず多くの人が命を落としていることとか。
この子が大人になった時、また自分の子供時代を振り返ったら、きっとより多くのことを思うのだろうけど。
子どもってきっとそんなもんですよね。愛する人を奪われた、という、自分の身近なこと以外はよく分からない。
もちろん大人にとっても、愛する人の存在が一番であることには変わりないけど。
信じるのは勇気が要るけど、周囲が巻き込まれて同じように信じれば偶然でも奇跡になる。山のくだりと信仰のたとえがわかりよい。最後の奇跡にちょっと引いちゃうのも、106分かけて巻き込まれたからかなあとか。
7

7の感想・評価

4.1
46本目

子役が可愛く、ハートウォーミングな話でとっても好きでした。

🇺🇸×🇯🇵の戦いは戦場だけじゃなかった。

平和に見える街でも少年の心の中でも起きていた戦い。
家族への愛を曲がったものにしてしまう戦い。

友情と愛情と信仰と色々学んだ少年のお話でした。
原爆のお陰で戦争が終わった、わーい!!っていう、アメリカ側からの目線になるほど。

話の内容は、う~ん…。
友情を期待して観たからかもだけど、ラストのハイパーミラクルに友情は飲み込まれ持ってかれた感。。
つるり

つるりの感想・評価

3.9
ペッパーが可愛らしい!当時の雰囲気もとても好き!
だけど、日本人として胸が痛むところがいくつかあった🏃‍♀️敵対国だったから仕方ないんだろうけど!
 アメリカ映画ではあるが、メキシコの監督Alejandro Monteverde(アレハンドロ・モンテヴェルデ 39歳)の演出で、第二次大戦の末期を冷めた観点で映している。往々にしてナショナリズムやヒーロー物語に陥るハリウッドのお手軽B級映画とは一線を画す傑作だ。
 西海岸の小さな町オヘアが舞台だ。世界中のいたるところの街と同じように、この町にも貧富の差があり、人種差別があり、いじめがある。体の小さな主人公はその理由だけで苛めの対象になっている。明るい性格の父は息子が小さくてもそのうち大きくなると楽観的だ。息子の小さな変化や成長を喜び、息子を勇気づける。だから息子はいじめに遭ってもひねくれたりいじけたりすることがない。この設定はとても大事で、素直に世界を観る少年の視点が映画を支えている。この小さな町にも戦争の風が吹き、人々はナショナリズムと差別主義に踊らされている。戦争下での愛を説くのはひとりの司祭だけだ。
 その司祭の親友が、海岸の家にひとり暮らす日本人のハシモト。やはり差別を受け、暴力を受けるが、復讐などすることなく、毅然と生きている。偶然がいくつか起こって物語が進むのと同時に、少年はハシモトとの交流を通じて世界のありようを少し理解する。そして少し成長する。

 配給元の東京テアトルがポスターに「小さな町に起きた奇跡の物語」という謳い文句をつけてしまったおかげで、映画の印象が軽いものになってしまったが、戦争、原爆、人種差別、貧困、いじめ、国家主義、宗教など、現在のアメリカが未だに抱えつづける諸問題を見事に盛り込んでいる。
 それでも批判的な映画ではない。厳しい環境の中で素直に生きる少年と、前向きで優しくて明るい父親、それに8歳の少年の意思を尊重し、おおらかに包み込む愛情深い母親。誰にも平等に対等に接する毅然としたハシモト。それぞれの生き方がとても愛しく思える映画なのだ。

 広島に落とされた原爆のニックネームがLittle Boy、長崎のはFat Manだ。日本でLittle Boyが爆発したニュースに対する町の人々の反応が、遠く離れた極東の国での戦争に対する一般的なアメリカ人の心情を表している。直後に爆発後の悲惨な映像が映され、その対比に胸が痛くなる。
>|