リトル・ボーイ 小さなボクと戦争の作品情報・感想・評価

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争2014年製作の映画)

Little Boy

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:106分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは町の誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは、唯一の“相棒”である父親との空想ごっこと、父親の大好きな奇術を一緒に見ること。兄のロンドンが徴兵されることを除いて、平穏な日々は続くと思っていた。だが、ロンドンは徴兵検査に引っかかり、代わりに父親が戦場に駆り出されることに―。心の支えである父親の不在に絶望す…

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは町の誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは、唯一の“相棒”である父親との空想ごっこと、父親の大好きな奇術を一緒に見ること。兄のロンドンが徴兵されることを除いて、平穏な日々は続くと思っていた。だが、ロンドンは徴兵検査に引っかかり、代わりに父親が戦場に駆り出されることに―。心の支えである父親の不在に絶望するペッパーだったが、何とかして戦場から父親を呼び戻そうと司祭に助けを求め、すべて達成すれば願いが叶うというリストを授けられる。いちばんの難題である街のはずれ者の日本人との交流に、反発しながらもだんだんと心を通わせていき、ペッパーの“父親奪還大作戦”が始まった。

「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」に投稿された感想・評価

miyuking

miyukingの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

基本的に悲しいエンディングをハッピーエンドにもってかれると萎えてしまうのに
このハッピーエンドはとても幸せ。

作中でいちばん盛り上がるハッピーシーンに、
ここまで複雑さも膨らんだのは日本人やから?

とりあえず、めっちゃ良。
少年ペッパーの演技が泣けます。友達になる日系人ハシモト役の脇の演技も良かった。
ペッパーの母親役はどこかで見たと思ったらバックトゥーザフューチャーのエマ・ワトソン⁉️
nago19

nago19の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原爆のリトルボーイからストーリーを作ったのかと思うような繋がり。どっちの立場でも戦争は嫌だ。
医者の息子がBig-G。リトルボーイの意味知らない人、日本人でも多くなったかな? 戦時中のカリフォルニアが舞台。話自体はハッピーエンドだが、時が経った今でも両国に横たわる様々を乗り越えて行かなければと思いますね。メキシコの監督だからの作品という気もするけどね。
リトルボーイと日本人のハシモトの話
神父に言われてハシモトと仲良くしていき、いろんな衝突もあったけど、それを通して父親を呼び戻したいリトルボーイの気持ちが最後ハッピーエンドを迎えれたのだと思う。
ハッピーエンド系はあんまり好きじゃないけど、この終わり方は良かった
Haruki

Harukiの感想・評価

4.3
子どもの目から見た戦争を重くなく描いているため、見やすく尚且つ感動する物語。

ペッパーがハシモトと心を通わせ、リストをこなしていったり自信を持っていくのが感動的。
けなげに父親を想うペッパーの姿にうるっとくる。

ケイリー=ヒロユキ・タガワが素晴らしい役柄。
Ryota

Ryotaの感想・評価

4.0
ペッパーくんがけなげでかわいい!それだけで見る価値がある!
キックアスのころのクロエに似てる。

信じる気持ちが世界を動かす!
えり

えりの感想・評価

3.8

奇跡の海の次に観た映画がこれ

母親役でエミリーワトソン

このタイミングで


知らずに観て最初
ひぃ!ってなった( ˙-˙ )すいません


この映画はほっこり暖かいうるっと
でも複雑な映画でした


お父さんが本当に暖かい人でそれだけでうるっとした

ファンタジー要素もあり…

ちゃんと戦争も描かれてて

日本人じゃないけど日本で暮らしてきた
自分にとっても複雑な気持ちになるシーンもあった



でも戦争はどこの国が悪いとかないんだよね
みんな一緒
死にたくないし家族のために戦ってる
敵国の人を受け入れられないのも当然だよね
戦争をおっ始めた奴らだけで戦ってください
関係ない国民を巻き込まないでください
もとむ

もとむの感想・評価

3.7
司祭の無策の策のようなものを、しっかり回収してくれるハシモト。

遂に念願かなったみたいだ、みんな大喜びしているから終戦かなっと思って、少し感動していたら、リトルボーイの方だった。かなり複雑な気分に落とされた。でも、実際もそうだったのだろうと思うと、やはり戦争は嫌だ。自分もそうなってしまいそうで嫌だ。

ラストについては、私はそのシーンの伏線には気がつかなかった。
心の中で、父は最後に大切なことを教えてくれた、自分を見失いそうなリトルボーイに、、くらいに思っていたのに。
れぼこ

れぼこの感想・評価

4.0
心温まる素晴らしい内容でした。戦争というテーマに深く関わっているだけに、複雑な心境も一部ありましたが。真っ直ぐに、ただひたすらに信じ続けるペッパーの姿に感動しました。終わり方も素敵です。
>|