不屈の男 アンブロークンの作品情報・感想・評価

不屈の男 アンブロークン2014年製作の映画)

Unbroken

上映日:2016年02月06日

製作国:

上映時間:137分

3.4

あらすじ

1936年のベルリン・オリンピック5000mで驚異的なタイムをたたき出したルイ・ザンペリーニ(ジャック・オコンネル)は、第二次世界大戦で空軍パイロットとなる。彼を乗せた爆撃機が海に不時着し、47日間の漂流の末、日本軍に見つかって捕虜として収容所に送られてしまう。収容所では、彼に対して病的な執着を見せるワタナベ伍長による執拗な虐待を受けるが、ザンペリーニは不屈の精神で耐え抜き、終戦によって遂に解放…

1936年のベルリン・オリンピック5000mで驚異的なタイムをたたき出したルイ・ザンペリーニ(ジャック・オコンネル)は、第二次世界大戦で空軍パイロットとなる。彼を乗せた爆撃機が海に不時着し、47日間の漂流の末、日本軍に見つかって捕虜として収容所に送られてしまう。収容所では、彼に対して病的な執着を見せるワタナベ伍長による執拗な虐待を受けるが、ザンペリーニは不屈の精神で耐え抜き、終戦によって遂に解放されるのだった。

「不屈の男 アンブロークン」に投稿された感想・評価

Shunta

Shuntaの感想・評価

4.0
You can take it
You can make it
翔猫

翔猫の感想・評価

-
イタリア系アメリカ人のルイ・ザンペリーニは幼い頃から問題児だったが、逃げ足の速さに目をつけた兄は、彼をランナーとして育てる
やがてルイは“トーランスのトルネード”と呼ばれる優秀なランナーへと成長、ベルリンオリンピックの5000m競走で最終ラップの記録を更新し、8位に入賞するまでになった
しかし次の東京オリンピックへの参加が望まれる中、第二次世界大戦が起こってしまう
1943年、陸軍航空軍に所属していたルイは、ある救出作戦の最中 塔乗していた飛行機のエンジントラブルで海上へと不時着する
何とか生き残ったルイとマック、フィルの3人だったが、彼らには更に過酷な運命が待ち受けていた

旧日本軍の捕虜となった元オリンピック選手ルイス・ザンペリーニの伝記映画
捕虜になるくらいの前知識しか持たずに観たので、思ってたより散々な目に遭ってて、思ってたよりアンブロークンだった

上映前から謎の愛国者()の皆さんが焚書みたく、反日映画だの上映やめろだの騒いでたのでネットニュースとかで映画自体は知ってる人は割といるのでは
ただ、監督がアンジェリーナ・ジョリー、脚本にコーエン兄弟まで参戦していながら上映後は話題聞かなかったのは悲しい

人物描写が主人公以外は割とフワッとしてて、奥深さが子ども用プール並みな辺りが原因かもしれない
ただ同名の原作小説はベストセラーにもなってるほど、題材になった真実は否定できないものなので、そういう目線で楽しみましょう
MIYAVIさんのネチョっとした演技面白いよ

公開当時
うーん、なんか難しいなぁ。
監督アンジーやねんね。



実際あった事やけど誇張されてるかもしれへんし逆にもっと酷かったかもしれないからなんとも言えない。。。

主人公のメンタルが凄すぎるし役作りでめっちゃ痩せた体なってたのはホンマにすごいなって思った。
フィルとルイの親交がずっと続いてたってのがまた嬉しい話ですね〜。

遭難してからの捕虜、しかも目付けられて酷い扱い。普通なら正気保てへん。
Michael

Michaelの感想・評価

3.2
前評判があまりにも酷すぎて(歴史観的な部分で、)、どんな映画なんだろうと思ったけど、普通の歴史戦争映画だったやん。

前半の陸上のシーンは普通にワクワクして面白かった!青春映画だったね!

戦争になってからもゴア描写があるわけでもなく、カニバリズムがあるとか言ってた人は原作の話なのでは?

日本人は自分たちのことを否定的に描かれる事にたいしてめちゃくちゃ敏感だし否定的だけど、それはお互い様なのでは?

映画としては前半の陸上シーンはワクワクし、青春映画をみているようだった!

捕虜たちの過酷な生活を描くことに焦点をあてた後半は中盤から飽きて来るのが難点。

気を持ち上げるシーンも画としてはよくできているのだけど、盛り上がりに欠けたかもしれない、、

テーマを絞って方が見やすい気がするなー
spring

springの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

誰の人生にも
映画の1本くらいには出来るストーリーがある
なーんて聞いたことがあるけれど、
この人の人生は映画2、3本に分けた方が良かったかもしれないわ。

すごいのよ。すごい数奇な人生なのよ。
そりゃ本にも映画にもなるわよ。

でもね、色々詰め込んで結果なんだか焦点がボヤけてしまったような気がするわアンジー。

〝赦し〟がテーマって、それ本当??

漂流サバイバルも大変だったけど、
日本兵から捕虜である主人公への虐待シーンがまぁ長かったわね。
後半ずぅっとよ? ずぅーっと鬱展開。

肝心の赦しの場面は本編になく、
最後ルイ・ザンペリーニさんご本人の写真や映像にかぶせての後日談…。
完全にテーマを文面で説明しちゃってるじゃないの!

確かに、いい感じのお爺ちゃんになっててホッとしたし、日本で(たぶん冬季オリンピックの)聖火ランナーとして走ったなんて胸が熱くなったわ。
でもなんだか
でもなんだか
力技で強引に感動話に持っていかれたような後味なの。

あざといわアンジー。
事実らしーから、これを反日映画とは全く思わないけど色々あざといわ。




どーでもいーけどキンコン西野似の伍長さん、アイメイク濃過ぎ。
おもしろくて話が入ってこないわw
( ˘・з・˘)
なんでこんな線の細いビジュアル系が海軍伍長?って思ってたら
ギタリストの雅-miyavi-さんでしたか。
どおりで。
指先まで超キレイなわけね。

浮いてたけどね。
ぽん

ぽんの感想・評価

-
雅さんスタイル良すぎて1人だけコスプレばりに決まってます

「テーマは「許し」です」っていうなら主人公がひたすらかわいそうな目にあう前半じゃなくて
トラウマ克服していく原作後半中心でも良かったんじゃないかとちょっと思った
Sho

Shoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

オリンピック長距離走アメリカ代表ルイス・ザンペリーニが、第二次世界対戦で捕虜となり、過酷な環境を不屈の精神で耐え抜いた話。
最初はフォレスト・ガンプ的なのを期待してたけど、途中からは戦争の過酷さ、捕虜収容所での奴隷のような扱い、見るも無惨な現実をつきつけられて、見てる方の心が折れそうになる。
でも最後、オリンピックの聖火ランナーとして東京を走ることができたルイ。戦争していたころはそんな日が来るなんて夢にも思ってなかっただろうな…
生き抜いたからこそ見ることができた平和な世界。生きてこそ、なんだなー。
ミ

ミの感想・評価

3.5
オコくん主演だから観たらドーナルグリーソン親友役だったアバウトタイム観たくなった
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.3
ジャックオコンネルが熱演していると聞いて…。
(大声だすとやっぱりクック笑)
ストイックに役作りをしカナリの出来具合。かっこいい。
ストーリー的にはやっぱ実話をもとにするとどこかで中だるみがある…のは仕方ない。
アンジーが戦争ものを監督すると美しい絵になる不思議。
でも、、正直もう観ないかな。
ラストの聖火ランナーを務めた姿にはぐっときた。
miki

mikiの感想・評価

3.5
中盤から引き込まれた
日本人として複雑
戦争が人間を狂わせる
>|