不屈の男 アンブロークンの作品情報・感想・評価

『不屈の男 アンブロークン』に投稿された感想・評価

Hina

Hinaの感想・評価

2.0
公開当時留学先で観た。

日本軍の描かれ方がとにかく受け付けなくて、不快感しか残らなかった。
どど丼

どど丼の感想・評価

3.8

アンジー監督×コーエン兄弟脚本という驚異的な布陣ながら、反日的と噂された内容のせいで全然話題にならなかった作品。

確かに日本側がよく描かれている点はほぼゼロに等しく、日本人としては複雑な感情を抱き…

>>続きを読む

No.4179

ザンペリーニや不条理な暴力を受け続けた俘虜は本当に気の毒だと思うけれども、

本気でこの事実を伝えたかったのなら、まずMIYAVIのキャスティングの時点でまったくダメ。

髪も顔も…

>>続きを読む
平田一

平田一の感想・評価

3.8

ワタナベ曹長のキャラが何度見ても、複雑でとても興味深いです。

ルイに対するシンパシーはきっと本当なんでしょうし、もしかしたら非行に走った頃の彼が見えたのかも。

華々しいオリンピック選手としてのル…

>>続きを読む

MIYAVIが細く小柄に見えてサイコパス。
恐ろしい役を引き受けたもんだ。
入れ墨だらけなので軍服はきちんと着ている演出なのだろう。
「脚本を読んで この役は私しか出来ないと思った」と『BABEL』…

>>続きを読む
Puppe

Puppeの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

第二次大戦時に日本軍に拘束されたルイ・ザンペリーニさんの実話をもとにしたお話

辛い逆境乗り越えてやる!
私負けない!
系のお話好きだけど何故か感情移入できず遠いところからほー、へ〜って見ている感じ…

>>続きを読む
YASU

YASUの感想・評価

4.5

”アンブロークン 不屈の男”タイトルをそのまま擬人化したような作品。
1ヶ月以上の太平洋漂流、日本での捕虜、いじめ。今では考えられないようなことばかり。観ていて痛々しかった。それでも負けない主人…

>>続きを読む
反日映画だ!と騒ぎになった作品。見ればわかるけど不屈の精神を描きたかっただけ。だいたい"反日映画"て何?意味わかんね。

一部の批評家が表現が過度だとか捏造だとかコメントしてした為、鑑賞を躊躇していたが、最近のニュースで勇気をもらえる映画として取り上げられていたので、鑑賞してみた。
確かに日本人として見ると複雑な心境に…

>>続きを読む

嘘の物語
最初に真実の物語と字幕が出てくるが、よく言えるなと思う。
渡辺の再登場。物語の流れで予感して、まさか渡辺が再登場するのではないかと思ったら、再登場。それからは笑いっぱなしというか、失笑の連…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事