不屈の男 アンブロークンの作品情報・感想・評価

不屈の男 アンブロークン2014年製作の映画)

Unbroken

上映日:2016年02月06日

製作国:

上映時間:137分

3.5

あらすじ

1936年のベルリン・オリンピック5000mで驚異的なタイムをたたき出したルイ・ザンペリーニ(ジャック・オコンネル)は、第二次世界大戦で空軍パイロットとなる。彼を乗せた爆撃機が海に不時着し、47日間の漂流の末、日本軍に見つかって捕虜として収容所に送られてしまう。収容所では、彼に対して病的な執着を見せるワタナベ伍長による執拗な虐待を受けるが、ザンペリーニは不屈の精神で耐え抜き、終戦によって遂に解放…

1936年のベルリン・オリンピック5000mで驚異的なタイムをたたき出したルイ・ザンペリーニ(ジャック・オコンネル)は、第二次世界大戦で空軍パイロットとなる。彼を乗せた爆撃機が海に不時着し、47日間の漂流の末、日本軍に見つかって捕虜として収容所に送られてしまう。収容所では、彼に対して病的な執着を見せるワタナベ伍長による執拗な虐待を受けるが、ザンペリーニは不屈の精神で耐え抜き、終戦によって遂に解放されるのだった。

「不屈の男 アンブロークン」に投稿された感想・評価

vanilla

vanillaの感想・評価

3.7
戦争映画あんま好きじゃないけど最終的に号泣してる自分がいた
漂流系は中だるみしがちだからどうドラマを持ってくるのか気になるよね。みんなこの撮影のためにものすごい減量したんだろうな。。

雅さんが強烈にかっこよすぎてなんどか息するの忘れた…。アンジーが雅めちゃくちゃ好きなのが伝わった。かっこよく撮ってくれて本当にありがとうございます。
これを反日映画という言葉でまとめてしまうと雅って日本人だっけ?てなるし反日映画には見えなかったし普通によかったです。
日本のシーンでいちいち雅楽ながすのはださすぎる!!
Qota

Qotaの感想・評価

-
A minute of pain is worth a
lifetime of glory. You remember that. Go get em!
苺

苺の感想・評価

2.3
衝撃なシーンが多々あって不快な気分になるけど、凄かった。
反日映画と叩かれてたけど、そんな風に感じなかったし実話ベースの映画で日本を悪く取った話じゃない。
雅の役が強烈だけど、似合ってた。
臣

臣の感想・評価

1.2
アンジェリーナジョリー監督の反日映画
半分見て辞めました笑

戦争、喧嘩両成敗なんじゃないかなー
アメリカは日本に、核兵器、無差別大空襲してるしなー
Tommy17

Tommy17の感想・評価

5.0
日本人も観るべき映画だと思う。
俳優さん達の役作り、演技にとても感銘を受けた。
恵

恵の感想・評価

3.5
日本軍がちゃんと日本語をしゃべってて良かったし、反日的なものは感じず、普通に主人公の伝記映画だったと思う。
Leonardo

Leonardoの感想・評価

3.1
最後のシーンが視覚的に覚えています。耐えること苦しいですね。
捕虜となった米軍兵の壮絶な体験。捕虜になる前にすでにぐったりのはずが驚異の精神力で耐え抜く主人公。日本側の鬼軍曹ねっとりヤな感じ存分に発揮。痩せこけた体になっていたジャック、ドーナルの役者魂にも感服。特にドーナルは直視できない程。後日彈も興味深い。
ken

kenの感想・評価

4.0
1936年ベルリンオリンピックに出場した米国の陸上競技選手ルイス・ザンペリーニが、第二次世界大戦中に日本海軍の捕虜となり東京大森と直江津の収容所で終戦まで過ごした時の実話である。

耐え難い執拗な虐待にも屈せず生き延びる姿にとても心が痛む。生き延びて終戦を迎えて祖国の家族の元に帰ることだけを考えて、不屈の精神で乗り越えたルイスの姿に深く感銘を受けた。

彼は1998年の長野オリンピックで聖火ランナーとして上越市内を走ったそうである。どんな気持ちで走ったのだろう…。
ずっと観たいと心に留まっていた作品。
大きく分けて前半が少年時代から戦時中の漂流記、後半は捕虜収容所から終戦まで。
終始捕虜の話かと思ったら本編は二部構成に近いくらい前半と後半で内容が大きく変わった。不屈の男という邦題が付いているが、実話だとしたら不屈すぎるくらい主人公ザンペリー二のたどった道のりは酷い。
日本軍伍長ワタナベ役のMIYAVIは今作品が俳優デビュー作だが、初めてと思えない存在感があり、感服。戦場のメリークリスマスを彷彿とする内容だが、実話が下敷きになっているので、メイキングと一緒に観るとより深く映画の良さが味わえるかも。
日本国内ではアンジェリーナ・ジョリーが反日映画を監督、なんてバカバカしいニュースで話題になりましたが、反日どころか日本とアメリカ両国への深い愛を感じました。この映画は日本国内でもっと上映されるべきだった。
>|