ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

「殺人は最悪の罪」
「汝、殺すことをなかれと胸に刻む」
と、
第二次世界大戦中、
宗教的信念から武器を持たずに沖縄の戦場へアメリカの衛生兵として赴くことになったデズモンド・ドス(アンドリュース・ガーフィールド)の物語。

ドスは
良心的兵役拒否者として扱われ、
軍内でも偏見や差別されるのですが、そりゃ〜わかります。
で、上官からは
「もういいよ、お前は除隊して国に帰れ。戦争は俺たちがやるから任せろ」
と、言われるのです。
コレがアメリカの合理的な考え方!
当時の日本では非国民扱いで到底考えられませんね。


戦地のキツい話ばかりでなく、
主人公のラブストーリーが良かった〜
彼女の病院に献血に行った翌日、
「献血した後、心臓がドキドキする
あなたを想ってドキドキするんです💓」
って、
アンドリュー・ガーフィールドのニコニコ顔で言われたら、オチますよ❣️

以上、信念を貫く男の物語にかなり興奮させられ魅入ってしまった作品でしたが、、、

一晩中、崖の上から一人づつ負傷者がロープで降ろされているのを崖下でその負傷者を搬送している人たちは知っているのに、手伝いに行かないのはナゼ??
そして、
ドスが負傷者と共に、ロープを降りて来る時に、多くの日本兵から狙撃されるのですがコレが当たらない
(~_~;)
しかも日本兵は下からの米兵に撃たれまくり!
(@_@)
同じ日本人として〜 複雑でした。
ロープ切れ‼️
って思いましたワ♪

でした。
f^_^;
絶対に曲げない信念を持つ。デズモンドは最高にかっこいい男でした。

戦闘シーンは長めです。
supupu

supupuの感想・評価

4.1
いやー、見入りました。

四肢がモゲまくるし、グロさもとてつもないし、マーベル等のスーパーヒーローモノとはやはり違います。
兵士もただの人間、個々の弱さを兵器と数で補うが、銃弾1発2発であっけなく命を落として行く兵士達。
戦争の恐ろしさ、意義が一般人たる私には理解できず、戦争映画を観る度に、平和な日本に生まれて良かったなぁと思います。

音質も素晴らしく、サラウンド環境を組んでる方には是非おススメです。
manara

manaraの感想・評価

3.9
良作。実話。ハッピーエンド。助けたことを正当に評価されていてホッとした。助けても、誰がヒーローか分からないことだってたくさんあると思う。
藤くん

藤くんの感想・評価

4.0
強い意志を持つこと
信じるものがあること
そう言ったことって大切なんだと思う作品
Delpy

Delpyの感想・評価

3.7
後にデズモンドは戦略科学予備軍のスーパーソルジャー計画の被験者となるのだった…、とはならない事実に基づくストーリー。
mkr

mkrの感想・評価

4.0
まず、戦場までのアンドリューガーフィールドが可愛いすぎる。

作品全体の雰囲気がかなり好きだった。
実際の戦場ってあんな感じなんだろうと納得してしまう。きっと、もみくちゃで敵も味方も間違えるくらいでわけわからず、敵も味方も死んでいく。なんだかとてもリアルだったし、拒否感が出るようなパチモン日本感も全く無く、白人の話通じなそうなオヤジが作った割に、日本側描写に好感が持てた。ありがとうメルギブ。

んなこたあるかいと思って観ていたら、まさかの実話。驚いた。戦闘シーンで、かっこいいなと人々が思う限り、戦争は無くならない。
今まで見た戦争洋画中で、日本兵の違和感が1番少ない作品でした。
19731110

19731110の感想・評価

4.0
困難な状況の中“もう一人、もう一人だけ”と信念を貫く姿に感動…

戦闘シーンは戦争の悲惨さが伝わってきた。
Wataru

Wataruの感想・評価

3.4
信念を貫くこと

戦場という異常な時間のなかで信念を貫くことで人を動かす。

多少の色付けはあっても実話ということが
心を動かした
>|