ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

fumi

fumiの感想・評価

4.6
かなり面白い!
そして今までの戦争映画とは一味違う!!

戦争映画と言えば銃を片手に味方と団結して戦う!ですが、主人公がまず銃を持たない!
衛生兵志願で国に仕えたいという信念を持った主人公で聞こえはとてもいいですが、若干この主人公も変わり種でえ!?空気読まないなぁ...wとヒヤヒヤしたり不思議なキャラクターです!

戦争映画好きはレンタルお金はらって見ても損はしないと思います!!
炒飯

炒飯の感想・評価

4.2
アンドリューが見たくて

ほかの戦争映画とは少し違う
フォレストガンプ的な

これ、タイトル変えた方が。。
いや、監督にもきっとお考えが。。

戦争もんなんで手放しで評価はできませんが、こんな衛生兵、きっとほかにも沢山いたんだろな。
戦場から戻って来れたからこそ物語になる。

やっぱり、生き抜く事が正しいと思う
wakaba78

wakaba78の感想・評価

4.0
武器を持たず戦場へ行き、衛生兵として大勢の命を救ったデズモンド。実話が基です。

前半の1時間で主人公に感情移入していると、突如戦う相手が日本軍だと知り心が揺れる。しかしそれもつかの間、見続けているうちに残るのは虚無感だけになりました。
穴の開いた体や吹っ飛ばされた頭、それ以上に悲惨な姿が次々にあります。戦闘シーンはすさまじく、長く、残酷で実際に戦場で兵士が目にするものを包み隠さず映し出している。この恐怖はプライベートライアン以来です。
デズモンドがあと一人だけ、もう一人だけと負傷者を助ける姿が響きます。
メル・ギブソン10年振りの監督作品。
実話ベースで壮絶な描写が話題になりました。これは反戦映画なんでしょうね。でもそれだけでもない監督のメッセージ性を感じました。

舞台は戦場なんですが、主人公のデズモンドは常に戦っていました。後半の沖縄戦までの持っていき方が巧妙で、監督の手腕が素晴らしい!
戦争映画だがデズモンドは武器を持たない。持っているのは揺るぎない信念。信念の根本にあるものは人それぞれだが、そこにはメル・ギブソンらしさが垣間見えます。訓練では当然の如く様々な障害が起こる。投獄までされても彼は折れなかった。当時の日本軍では考えられないことでしょう。

戦場場面では目を覆いたくなる描写が続きます。けれど目を覆いたくなるのが戦争なんですよね。
確かにはデズモンド功績は素晴らしい、英雄と呼ばれることに意義を唱える人もいないでしょう。しかし戦争を必要とする英雄は要らない。それだけは絶対です。
熱心なキリスト教徒である事から、人を殺める事無く平和に貢献したいと考え、衛生兵として沖縄戦に参加したアメリカ軍兵士、デズモンド・ドスの活躍を描いた実話物。

監督は、自ら教会を建てるほどの熱烈なキリスト教徒であるメル・ギブソン。その宗教観ともリンクしていると思われる自己犠牲の精神が、これまでの作品同様、残虐描写として具現化され、後半の戦闘シーンでは、あの「プライベート・ライアン」に匹敵する地獄絵図が繰り広げられる。

その地獄へ、銃を持たずに参戦する主人公の純粋で勇気溢れる姿に、平和に対する強い信念を感じる。

しかし、本作に於ける「実話」は、恐らくデズモンドの行動のみである。他のアメリカ兵は、日本兵を次々に殺しているのに、そこに対する詳細な描写は無し。実際の沖縄戦では数千人の民間人が犠牲になっているが、その描写も一切無い。ヒーローにスポットを当てた構成は、いかにもアメリカ映画と言える。

ただ、これは戦争映画である以上、いたし方ない部分もあると思う。日本側の犠牲者を描くか否かは、製作側も当然議論しただろうし、その結果として、この表現手法を選んだのだろう。本作は史実としての実話を知る作品では無いが、デズモンドの「銃を持たない勇気」という実話を描いた素晴らしい作品なのだと思う。

何よりも、戦闘の舞台となった沖縄県浦添市が、この「ハクソーリッジ」に対する賞賛を表明しており、ホームページ等で詳細な考察や、平和へのメッセージを公開している事が、作品としての成功を物語っている。

■浦添市役所 - 『ハクソー・リッジ』~作品の舞台をご案内します~
http://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2017052900033/
tai

taiの感想・評価

3.5
信念を貫くことが本当に正しいのか?
これはいい結果を招いた信念やろうけど、逆に仲間を危険にさらした結果もありえたやろう。でも、デスモンドの信念は自分の命も懸けて貫いてるところがゴイゴイスー!
政治家はしょうもない信念はさっさと捨ててもらってまともな議論して欲しいわ…
ていうか途中で「沈黙」観てるような感覚になったのは自分だけやろうか?アンドリュー・ガーフィールドにこの役させたら被るやろ…
ラストに向けてのカタルシスはパッションに通ずるものがあった。メル・ギブソンがこんなにいい監督ができるとは
4ちゃん

4ちゃんの感想・評価

3.5
映画館で観なくてよかったなレベルにビクビクしたし泣いてしまった。だって怖い。いや戦場前から泣いてましたけれど。

日本人として、どういう気持ちで観るべきなのか、どういう気持ちになれば良いんだって、すごく複雑に観ていた。

どう感想を持てば良いかもよくわからず、アンドリューガーフィールドって心から笑うような幸せムービー出ないなとか思いながら観てました。彼の演技力、それこそプライドが見えて、よかった。もう1人、もう1人と神に願い続けるシーンなんか思わず顔に手を覆うくらい苦しかった。
死体の出てくるシーンは思わず目を逸らしたくなる。だけどきっと目を逸らしちゃいけないことなんだと思う。

こういう人が戦場にいて、それを許さないといいつつ不本意ながらも許した米国は、それこそ奇跡を信じたかったのか、運命だったのか。
さきこ

さきこの感想・評価

4.5
緊迫感、臨場感が肌に伝わるくらいとにかく映像のクオリティが高すぎる

この作品の相手国が日本じゃなかったらまた違うこと思ってたんだろうな、と
崖の上での戦闘シーンが凄い。

あんな感じで死んで行くんだなーと。
>|