ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価・動画配信

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

ハクソーリッジって沖縄だったのか...
志願して軍隊に入ったが、キリスト教の教義に従い銃を持つことを拒み続けたデズモンド・ドス二等兵(アンドリュー・ガーフィールド)。彼が武器を持たず最前線で衛生兵として命懸けで仲間を助けた物語。実話です。
感動的な話なんですが、敵が日本人なので複雑でした。今まで観た戦争映画の中では戦闘シーンや死傷者のシーンが一番生々しかったような気がしました。
それにしても、平時は臆病者と揶揄されながらも戦場では誰よりも勇敢にミッションを遂行したデズモンド。凄い人がいたものです。
mapo

mapoの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

私は日本人だが、アメリカ側から見ても沖縄戦は非常に悲惨なものだったのだと改めて感じた、
非常にリアルに描かれていて鳥肌が何度も立った
日本人としては白旗を投げるフリをして攻撃したりバツの悪い思いもあったが、見てよかったと思える映画だった
muu

muuの感想・評価

4.2
第二次世界大戦。太平洋戦争。沖縄戦。
日本人なら見て損はない。これ、実話ってデズモンドさん。。。銃を持たずに、戦場へ。。。凄すぎ。

戦争映画は本当。考えさせられる。
藤麗輝

藤麗輝の感想・評価

4.3
さいっこうの映画だった…
みんながかっこよかった。「仲間」を感じる映画には弱いです。。。

信念を持つってかっこよく誇れること。
hiroue

hiroueの感想・評価

4.0
生涯、武器を持たないと誓った一人の衛生兵の活躍を描いた実話。

主人公の背景、兵役訓練での葛藤、そして戦場へ…、求めるものが見事に全て描かれていた。戦争映画としても見応え十分。
後半、沖縄戦の臨場感や容赦ない戦闘描写は凄まじかった。

ハクソー・リッジってそういう意味だったのね。戦場の人命救助に焦点を当てた作品は初めてだった。それと、ヒロインも美しい。

本当に面白かった。
周りに批判されても、自分の誓いを守り抜く強さ、凄い。
戦闘シーンは濃い目。あんなに銃弾が飛び交う中で日本兵に突撃されても信念を貫きひたすら負傷者を助け続ける。ヒーローだねぇ、まぁ映画だしね、、、
なんて思っていたら、デズモンドさん実在の人物なのですね、知らなくてびっくり。
映画の主人公が、戦場で呪文のように繰り返していた台詞がご本人の言葉だったとは。
戦闘中はハラハラが止まらなかった。

見る前にハクソー・リッジを検索してしまったのも悪いが、高さが全然違うのには流石にびっくりした。

ただ、ハクソーでドスさんが成し遂げた偉業は間違いなく知っておくべきだ。
hiroya

hiroyaの感想・評価

4.5
社会からのドロップアウトが信念で自力で這い上がって行く、そして正しいと証明し認められる
人間が人間であるべき強さが非常に面白く体現されている

かつ残酷な沖縄戦を間近にかんじられ、しかも面白く感動まででき、さらに沢山貼られる伏線も全て精巧に回収される

地獄絵図に戻っていくドス、一生忘れられないと思う
神に誓い、銃を持てない青年デズモンドは衛生兵として戦場へ向かう...
宗教を強く信仰する文化が日本にはない為、神を信じるが故に銃が持てない身となっているデズモンドの気持ちを真に理解はできていないが、彼が伝えてくれた勇気や、信じる心の大切さは強く伝わった。銃を持てないことが臆病者なのではない。己を信じることのできない者こそが臆病者なのかもしれない。
ぴ

ぴの感想・評価

4.3
太平洋戦争は日本人的に見るのしんどい
戦争映画だと思ったけど、主人公の人生の物語の方が長い気がした
お父さんが良かった
敵国の文化だけど欧米の人から見たらやっぱり日本文化は独特で切腹はかっこいいとか絵になるって思われてるのかなーって思った
>|