ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

私は戦争を経験したことはないから、戦争映画を観るようにしています。
平凡に幸せに生きてる事をとても幸せに感じる。でもこれは史実を基に作られた作品であることも決して忘れない。

武器を持たない兵士が戦地に行くだけでも絶対に怖いのに、更に1人残って仲間たちを次々に助けていくなんて胸が締め付けられた。
日本人兵までも助けていたことにまた涙。
沖縄戦争の話だなんて観る前は全然思わなかった。沖縄戦争の話だと宣伝してたら多分映画館に行く人は少なかったのかなと思います。
アメリカ頑張れ!とも思わなかったし、日本頑張れ!ともなんとも思えなかったけれど、字幕で見ていて日本語が理解できた時私はあちら側なんだと思って辛くなった。

日本から観た沖縄戦争は色々観たことがあるし、アメリカ軍怖いって思うけど、アメリカから観た日本兵たちってこんな風に見えているんだと思いました。日本人だけど怖かった。戦争シーンがとてもリアルで迫力がすごかったのもあるかな。

戦争映画が無くならないのは、人々がやっぱり戦争を忘れちゃいけないし繰り返しちゃいけないからだと思う。
メルギブソン復活と言われた意味もわかる。
素敵な映画に出会えて良かったです。
本当の勇敢さとはなんぞやと教わった。学ぶべき事が多かった作品。こうゆう映画はやはり好きだ。
最初見た動機は、主演のアンドリュー・ガーフィールドが好きやったから

正直、グロいのがあんまり得意じゃないから
戦争映画をあんまり見たことないし
見たことないから他と比べることもできひんねんけど、これは凄い映画やと思う

小さい頃に日本の戦争映画は見たことあるんやけど、小さかったから『アメリカ人酷いな』ぐらいにしか思わなくて
でも、少し大きくなってから戦争映画を見たら
もともと分かってたつもりやったけど
色んな事を再認識して
アメリカが日本にしたことも
日本がアメリカにした事も忘れちゃいけないなって思った
実話を基にした沖縄戦の時の映画。

主人公が人を救うたびに「もう1人助けさせてください」と、呟くシーンがなんとも言えず。信念に生きていてとてもかっこよかった!

それと同時に世界では未だに同じ過ちを繰り返している地域や、宗教の違いによる争いがまだある。

誰にだって大事な人はいるし、大事にしているものがある。
違いはただの違いであって、間違いではない。
もっとお互いを理解しようとし、良好な関係を築いていきたいです。
Walter

Walterの感想・評価

4.5
戦場の緊張感や恐怖は今まで見てきた戦争映画を凌駕する内容でアメリカ側から見た死を恐れず向かってくる日本兵の怖さが伝わってきた。どんなに辛くても信念を貫き通す主人公の生き様に感銘を受ける作品
maria1211

maria1211の感想・評価

3.8
面白いんだけど、相手が日本人だからアメリカを素直に応援できない。
武器を持たずに戦場に行き沢山の仲間を助けたのには凄いの一言です。
信念を曲げずに奥さんと結婚出来ず刑務所に入れられそうになるとか。
これが本当にあった話と言うのがまた凄いです。
またこ

またこの感想・評価

3.9
戦闘シーンを綺麗にまとめるのではなく、リアルに描いていたのが良かった。
アメリカの銃問題は未だにあるが、こういう人もいたのかと思うと、なんか救われる。
じゅん

じゅんの感想・評価

3.8
初めてのメルギブソン。

戦争映画ってあんまり観たことなくて、ほぼほぼこれが初鑑賞って感じで挑んだら、めっちゃ怖かった…!!

めっちゃグロい、さっきまで隣で喋ってた仲間が次の瞬間ただの肉塊と化す。

敵軍の、文字通り死にものぐるいの特攻。

その中でもデズモンド・ドスは武器を持たずに味方を助け、時には敵の負傷兵も助ける。

映画のラストのインタビューシーンはちょっと泣いちゃいました。


話がわかりやすいしめちゃくちゃ怖いし、ハラハラするんだけど、何が一番怖いって主人公役のアンドリューガーフィールドな。


戦争に行く前にナースをデートに誘うシーンや映画鑑賞後の行動…全てが怖いw

いっちゃなんですけどあれはマジキチサイコやろーだと思います…w

あの笑顔は忘れられない…
うたお

うたおの感想・評価

4.5
太平洋戦争、沖縄戦。

衛生兵として、人を殺さず、人を救うことで戦い抜いた男の実話。


    アメリカ軍目線であるため、私たち日本人は敵として描かれている。ちょっと、ウ〜ンと思っちゃうとこかもしれない。でも、だからこそ日本で生きている私たちが観るべき作品だと思う。戦争って、一方方向からでは、語れないものだから。まぁ複雑な気持ちにはなるんだけど。
それにしても、やっぱり戦争ってつらい。ほんと、ただただつらい。敵味方関係なく 隣にいた仲間が1秒後に動かなくなる。足が吹っ飛ぶ。そして、屍を乗り越えて前に突き進まなくてはならない。戦闘シーンが長い分、戦争の恐ろしさ、惨さを体感した気持ちになった。はっきり言って見てるだけで震えた。つらくて泣いた。その中でも、銃を持たずに、負傷者を救い続けた彼、デズモンド・ドスの信念の強さには屈服せざる負えない。涙が止まらなかった。彼の様な人間が、もっとたくさんいたら、歴史は、もう少し変わってたのかなぁ。
kako

kakoの感想・評価

5.0
今まで観た映画の中で本当に一番刺激をもらった作品です。色んな事学んで感じ考えさせられました。星5つ足りない...
>|