ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

YT

YTの感想・評価

3.8
あともう1人と思いながら、暗闇の中戻っていくシーン、その後味方に一瞬ビクッと
なる所が印象的。
戦闘シーンは思わず倍速にしてしまった。
GreenT

GreenTの感想・評価

3.0
実話と知らずに観ていたらなんて真実味のない話だ、と思うところだった。主人公が信心深く、平和主義なのは結構なことだが、軍隊という規則で成り立っているような組織を根源から覆してまで主義主張を通すところに白人的傲慢さが見えた。この戦闘シーンが本当なら、主人公が生き残ったことは奇跡的であり、信心深いメル・ギブソンがありがたがって映画化したのには納得がいった。
たいし

たいしの感想・評価

4.0
人の命を奪うこと以上に重い罪はない。
だがしかし、戦争は起こる。

聖書で大切な人は守れない。軍兵は大切な人を守るために銃の訓練が不可欠である。
しかしドス二等兵は銃を持つことを拒否する。恋人との結婚式を欠席してまで、、

「人の信念を曲げることなど誰にもできない」

自らの信念との葛藤をここまで深く掘り下げることにより後半に出てくる彼の人間としての強さがより引き立っていた。

米国にとって当時の日本は一億玉砕を掲げていたので捨て身の日本軍をかなり恐れていただろう。

地獄のような戦場では1人の力なんてちっぽけ。しかも人がまるで道具のようにつかわれては死んで行く。
中盤の『プライベートライアン』で観たような撃ち合いは凄まじく、釘付けにされた。

しかしあの極限状態でドスだけは唯一の存在だった。
自分だったらできただろうかと考えさせられた。
信念やプライドは自分自身。曲げたら自分じゃなくなる。

覚悟が道を切り開くってジョルノ・ジョバァーナも言ってた。
PDeSIGN

PDeSIGNの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

銃を持たない衛生兵隊のお荷物的存在だったが沖縄で残された負傷した兵士を一人で助ける事で信頼を得る実話メルギブソン監督戦闘シーンは迫力ある日本人切腹玉砕
正直戦争映画が苦手なので中盤から圧倒的リアリティーの戦闘シーンが延々と続くので観るのも辛かったのだが、本人映像とともに主人公の生涯が紹介されるラストで落涙。
フラットな目線で作られていたのにも好感が持てた。
メル・ギブソンもしかして名監督!?
エビラ

エビラの感想・評価

3.8
戦わずして衛生兵として闘う。敵を殺すのではなく。戦わずに助けるだけってどんだけ勇者なのか。真のヒーローの実話。歳とってからのメルギブはイーストウッド路線で監督業に力入れてる。
アメリカ軍視点なので日本人は入り込んで観づらいかも…結構残酷な感じだと思いました
定期的に第二次大戦の作品を見るようにしてるんだけど、アメリカ軍と日本軍の戦いをアメリカ側視点で見たのは案外この作品が初めてかもしれない

戦争物の作品を見るたびにいつも真っ先に心の中で思ってしまうのが、「こんなに簡単に命が散っていっていいのか」ということ。そしてそれと連動するかのように反射的に涙がこぼれてしまう。ただただ悲しい、やるせないという感情しかこもっていない涙。

この作品も後半1時間くらい戦闘シーンが占めていて、すごく辛かった。見終わるのに2日もかけてしまったしね、、、
ただ戦闘シーン以外では、デズモンドとスミティが豪で夜を明かすところと、夜通し負傷者を一人で助け出したデズモンドの姿に温かい涙を流すことができた。

戦争物の作品を見ると、自分の無知を呪いたくなる。過去にこんなに悲惨な事実があったのにも関わらず、何も知らずにのうのうと生きてきた自分が腹立たしい。
賛否あると思うけど、もっと小さい頃から戦争の話は聞かせていくべきだと思う。アバウトに戦争はダメ!悲しいことって教えるんじゃなくて、ちゃんと過程を1から学ばせるべきだと思う。
戦争経験者の話をちゃんと下の世代に伝えていくべきなんじゃないのか

この作品みてそんなことを強く思いましたね
誰にも真似できないなって。
描写もリアルでドキドキだったけど引き込まれました。
心が武器って強いなー。
>|