ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

激戦地、沖縄の死の丘、ハクソー。上で待ち受けるのは命知らずの日本兵だ。怨念が絡みつくのか、綱梯子を登る足取りは重い。写真を撮ったら変なものが写るに違いない。

この丘に漂う妖気は何だっ?人が一瞬にして肉塊になる凄まじい攻撃に衛生兵など糞の役にもたたない。そのはずだった…

衛生兵、デズモンドが丸腰で命を懸ける。兵士のくせに聖書は持つが銃器は持たない。武士のくせに数珠は持つが刀は持たない。SM女王のくせに赤チンキは持つがムチは持たない。

そんなことがまかり通るかっ、バッキャローッ!
Nakato

Nakatoの感想・評価

2.8
戦争映画と言うよりも、宗教映画かな、メルギブソンお得意の。
プライベートライアンより痛い戦闘シーンと聞いてたけど、マガジンチェンジ無しに打ちまくって、日本兵がバンバン倒れる時点で無いかなと。
検証はしてないが、一度もマガジンチェンジして無いし、M-1のクリップが飛ぶことも一度も無かった筈。まぁ、そこを見る映画じゃ無いけどね。
よく、日本からの視点が無いとか、沖縄に何も言及して無いとか、見当違いの意見を言ってる人がいるけどね、そこを伝える為の映画では無いのね。人の表現方法に自分の想いを押し付ける事は大きなお世話だと思う。
まる

まるの感想・評価

3.6
戦争映画苦手だけどそんなにグロくないしストーリーも良かったなと
どうしてもならないといけないとしても日本兵にだけはなりたくないね
負傷兵救出をしまくる半ば聖人染みた ある兵士のお話しです(^-^)

銃を持たずに戦場へ行くって 兵士として どうなのかなぁと思うのですが、一人くらいこんな人が居てもいいかなとは確かに思いました。

戦場に限らず、何事も信念があればカッコよくなるというお話しです。

聖人度★★★★
見易さ★★★
あご

あごの感想・評価

5.0
すごい心に刺さりました。日米関係なく救う主人公の姿に涙が止まりません。
swk

swkの感想・評価

5.0
映画館でみた。素晴らしかった本当に素晴らしい。斬新な戦争映画の形。みた後に本当に戦争は嫌だなと思った。アメリカ側の視点で書かれているのでそっちに感情移入しやすいが、やはり日本人なので日本人が殺されているのを見ると心苦しい。ほんとにやめて欲しくて、つらかった。主人公が救い。
仲間を助ける事だけに特化した衛生兵を描く戦争映画の傑作💡舞台は沖縄県浦添市の前田高地(ハクソー・リッジ)

NHKニュースによると近年、この映画をきっかけに前田高地(ハクソー・リッジ)を訪れる観光客が増加しているそうで私もあの断崖を見てみたいです。

前半はライフル銃に触れる事さえ拒み続けた衛生兵志願のデズモンド・ドス2等兵を描く。
上官には疎まれ仲間からもハブられリンチの日々。それでもデズモンドは決して除隊せず信念を曲げない。

後半、1945年5月、激戦地ハクソー・リッジでは前任の師団が壊滅状態。艦砲射撃の雨の中、死傷する仲間達。
夜になって断崖の上に取り残されたデズモンドは日本兵の目をかいくぐり救助に向かう。1人また1人、あと1人。あと1人。
デズモンドが危険をおかしてまで仲間を救出しまくる理由とは。※仲間だけじゃなく日本兵も数人救助している所が、この映画の本質かも。

負傷者の飛び散る肉片、死傷者の臓物などリアルな描写あり。少々グロいです😅
ママン

ママンの感想・評価

5.0
生きていくにおいて目的=目標を持つ事とは『信念を持つ=見つける』ことだと信じている。それをどんな困難があろうとも、迷いが生じようとも、信念=それが宿命であり、導かれるものであるなら、乗り越えられるのだとハッキリ分からせてくれた作品。宗教的だけどむさ苦しくなくて好きなんだ😙
Koyu

Koyuの感想・評価

-
久しぶりにこんなに泣ける映画を観れました(笑)
描写が生々しすぎず緊迫感があり、改めて戦争の悲惨さを痛感させられました。
主人公のドスの信念の強さには度肝を抜かれました。また奥さんがええ人すぎてもう泣いてしまう(笑)
結婚とはいいものですねぇ
HxSxKx

HxSxKxの感想・評価

4.0
後半緊張感エグくて疲れましたw
すごい映画でした。。。
あの状況で「1<75」を考え、自分の命よりも負傷者を助けることを実行したドス。

戦争映画はわりと観ている方ですが、経験したことないのでどうしても「映画として」リアルだなぁ、とかやっぱり客観的に観てしまいます。どの作品も。
描写がどうこうも含め、実際はきっともっともっともっと悲惨なものなんだと僭越ながら思います。。

人を変えてしまうとよく言われる戦争で信念・信条を変えず、殺すのではなく救うことを貫いたドスは何というかただただ偉大だと思いました。
(どの映画観ても戦争に「英雄」というのがあまり自分にはピンと来ないので、偉大としてます。)
>|