ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

前半の人間ドラマより後半の戦闘シーンからの本人談で鳥肌。
実話戦争ものが1番泣いちゃう。
張り詰めた静寂から突如始まる銃撃戦。ここの戦闘シーンは物凄い迫力で、銃弾、手榴弾、火炎放射器の雨あられ...。しかも戦闘シーンがとにかく長い!この場面だけでもこの映画を観る価値があります。

ストーリーは主人公デズモンドが自分の信念を貫き、武器を持たずに戦場のハクソー・リッジで次々と仲間を助けるという英雄伝。

武器を絶対に持たないという信念に至った経緯や、戦場に赴くまでの人間ドラマがしっかりと描かれています。

親子愛、恋愛、友情、凄まじい戦闘シーン、そして実話・・・
戦争映画としての指標が無駄なく盛り込まれていて、しかもテンポよく展開されるので、全く飽きが来ず、あっという間の139分でした。

ただ…個人的には戦争の虚しさ、儚さ、不条理が描かれている戦争映画が好きなので、そこのところはあまり感じなかったかな…。いやでも、欲張りすぎかな。とにかく傑作でした!
狼狽

狼狽の感想・評価

2.4
た、耐えられない。
何を見せられているのか。
戦争のシーンくどすぎる。

一度ハクソーリッジから引き返して、再び挑んでからの展開は本当にいらない。

軍隊に入るまでの色恋沙汰がツボだった。
奇しくも7月7日の七夕に鑑賞。
天の川に隔てられた織姫と彦星が会える日だが、本作では沖縄という戦場に隔てられた若者同士が、互いを思う作品でもあった。

そんなアメリカの彦星こと、アンドリュー・ガーフィールド君は、前半、終始ニタニタ顔の半ばストーカーで、
「これじゃアメイジング・ピーター・パーカーと一緒じゃないか!」
などと思ってたら、どんな状況下であっても、自らの決意と信念を貫き通す姿を見せ、深く胸を打たれた俺は、気づいたらまたも泣かされていました。(『アメスパ2』以来2回目)

A.ガーフィールド演じるデズモンドの信念は、敬虔なキリスト教信者であることから来るもので、同じくクリスチャンのメル・ギブソンが監督すると聞いた時は、
「『パッション』のような宗教映画になるのでは?」
と危惧していた。
しかし、シュワ、スライと共に俺の中に"映画"を形成してくれたメルは、今回もちゃんと"戦争映画"として完成させてくれた。

後半の戦闘シーンは人体破壊描写満載で、戦争の壮絶さを感じさせ、観ているだけのこちらも疲労困憊になるほど。
その中で特筆すべきは、日本人が"日本人"としてきちんと描かれている点。
本作では敵側であるが、最前線に送られた兵士たちの必死さと悲惨さは十分に伝わった。

そして、コメディ俳優のイメージが強いヴィンス・ヴォーンは鬼教官が様になっていたし、
ヒューゴ・ウィービングくだりもまた、親父好きな俺を泣かせるもので、軍法会議のシーンは特にお気に入り。
テリーサ・パーマーだって"信念の人"だったからこそ、デズモンドを支え続けられたのだと思う。
つまり、本作には後半の戦闘シーン以外にも全編に渡って見所があるのだ。

戦争の悲惨さと、異なるものへの理解、そして、信念を持つことの大切さ、素晴らしさを伝えるという意味で、俺と同年代か、それ以下の若い人たちにもっと見て欲しいと感じる作品だった。
田上

田上の感想・評価

-
押しつぶされた…。
ガッツリやられました。

どこまでが真実とかわからないけど、スクリーンを前にただただ圧倒された。
戦争を知らない僕にとってはそこには事実だけがあって、それを一生忘れないくらい深く深く全身に刻み込んできたこの映画はとても偉大な映画だと思います。

メルギブが偉大。

それだけが事実かもしれない。
鑑賞中も、観終わってしばらく経った今でも、感想がまとまらない。 日本人だから、とか アメリカ人は、とか抜きにして、凄い人が居たものだと。
映画の中の前田高知は阿鼻叫喚の地獄絵図。 「野火」も十二分に地獄だったけれど、実際の戦場は 真夏の暑さと血の匂い、尋常じゃない緊迫感。 それはそれは想像すら出来ない程恐ろしい地獄だったと思う。
この映画は、前半が後半に効いて来る。 日本兵の演出に興醒めしたシーンもあったものの、演出、脚本が上手い よく出来た映画だと思う。 が、疲れる。 「プライベートライアン」「野火」と今作は多分もう観れない。
映画の点数というより、デズモンドに対する賞賛。

日本人目線でみると少し複雑な気持ちもあったけど、そういう見方が良く無いんだろうな〜

どんなに倫理観が強くても、実際の戦場であれを貫ける人っているのかな。
RYUP

RYUPの感想・評価

-

何人倒したかでは無く何人救ったか。
知られざる真の英雄の物語。
凄惨な戦場の描写を見せる事により、デズモンドの行動が如何に過酷で困難であったのかを僕達は理解する。
巷で”たるい”と言われがちな恋愛や家族との関わり合いを描く前半のパートも彼自身の人物像を伝える意味としては重要な意義が有ると感じる。

映画史の中に数多く存在する「戦争映画」それ等を踏まえ「反戦映画」の集大成として、新しい側面を見る事の出来る昇華された作品。
義務感、宗教観、
そして人間が望む根本的な心情。
好き嫌いは別としても観るべき作品。
知るべき信念。


監督 メル・ギブソン
CAST アンドリュー・ガーフィールド サム・ワーシントン  テリーサ・パーマー  ルーク・ブレイシー  ヒューゴ・ウィービング etc

原題 『Hacksaw Ridge』
2016年 アメリカ、オーストラリア 139分

http://hacksawridge.jp/
まーた観てすぐに書き込みすんの忘れとった。
時間経ったら感想が思い出せん。
とりあえず良かった気がする。
Wu

Wuの感想・評価

3.5
戦闘のリアル感というか、臨場感というかそういうのは、すっごくすごいんだけど。なんとなく作っている感がするのがあまり好きじゃない。いいんだけど。
>|