ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

toki

tokiの感想・評価

3.9
戦争の生々しさがよく行く描かれていた。主人公の体力と精神力が凄まじい。ある種の狂気。
日本兵怖い
ばっち

ばっちの感想・評価

3.9
こんな人がほんとにいたなんてすばらしいなあ
周りの人の想いとかもちゃんと描かれててよかった
地獄のような戦争シーン最高。
「戦は・・・ええのう・・・」と花の慶次の佐渡攻めに出てくるジジイばりに思いました。
(反戦映画ですけど)

アメスパが中途半端に終ってしまったアンドリュー・ガーフィールド君、この映画で本当のヒーローになれたかと思うと胸が熱くなる。
宗教は救いではなく支えだ
かーん

かーんの感想・評価

4.8
こんな人がいたなんて、こんな歴史があったなんて、全く知らなかった。アメリカでは有名な人なのだろうか...。いや〜、すごい人がいるものです。
信念を曲げない人がやっぱり偉人になるんだよな〜〜。矛盾がないのがすごい。人間なんて矛盾ばっかりなのに。正直この人は常軌を逸しているけど。ドス、もうやめてくれって何度思ったことか。

ただ、何の前情報もなく、予告だけ観て観に行ったら結構びっくりする映画でした、配給会社とか、色々大人の事情みたいですね。少々わからなくもないですが、そこを議論するのはちゃんちゃらおかしな話だと僕は思いましたよ、観た後に。マーケティングって恐ろしい...
太平洋戦争モノの映画が苦手なもんで、ただ評判良いから観にいこうって軽い気持ちで行ったものですから、僕は結構びっくりしちゃいました。だって太平洋戦争モノって絶対辛いですもの。
後半は辛くて辛くて涙が止まらなかったです。正直僕は二度と観たくないけど、ずっと心に残るだろうなぁ。まぎれもない傑作です。
同じくアンドリュー・ガーフィールドの「沈黙」とセットにして是非観て欲しいです。
隆憲

隆憲の感想・評価

3.6
最初の戦闘シーンがとにかく衝撃。
それまでの世界から、一気に変えるのがいい。
この戦闘の凄惨さがこの映画のキモだと思います。
ここが弱いとただの英雄の物語になってしまう。
私は戦争映画は、反戦映画になってないとダメなので。

良くも悪くも完全にメルギブソン監督映画です。
SCORE

SCOREの感想・評価

5.0
戦争に勝者はいない
その事がよくわかる「ドキュメンタリー」でした
兵站もなく、無謀な戦争に突き進んだ日本軍
アメリカ兵には、日本兵の無謀な無駄死にが、いかに恐怖に感じられた事でしょう
鑑賞した翌日は、沖縄慰霊の日でした
本気で作った戦争映画は素晴らしいですね。

テーマは信仰とは何か。
メル・ギブソン自身が敬虔なクリスチャンであり、信仰というテーマが見るものに深く突き刺さります。
映画は前編がアメリカ国内、後編が沖縄線の戦場を舞台としており、展開がはっきり別れています。

細かなストーリーについては省略しますが所感を2点ほど。


前編最も印象的だったのは、ドスが説得に来た彼女に対して、自分の信条を捨てるならば私はあなたに顔向け出来なくなる、というような発言をしたシーン。
日本人にだって、いや日本人だからこそこの言葉にはグッときます。
自分には妥協を許したくないような信条があるだろうか。
あるとしてそれを何としてでも守ろうとできるだろうか。
考えさせられました。


後編に移ると凄惨な戦争描写が延々と続きます。
はっきり言ってすごすぎ。
そこまでリアルに描いちゃうかと言いたくなります。
ですがこの描写が後々効いてくるんですね。
ドスは言います。

神よ、私にどうしろと言うのですか、と。

このセリフは生ぬるい戦場描写だったならば空虚なものに聞こえたかもしれません。
何せ内地では軍法会議にかけられそうになっても信仰を守り抜いたほどですから。
しかし、あの戦場を目の当たりにした後ならその葛藤はすっと共感できる。
そしてそれでも神を信じ負傷兵を助けていくドスに観客は深い感動を覚える。


この映画の主題はあくまで信仰です。
しかし言葉なくして反戦を訴えている点も非常に素晴らしい。
大満足です。
ライアンとフルメタ前半と恋愛ドラマと感動家族ドラマの見所を全部詰めたような構成で視聴者を飽きさせない。
主人公は強すぎる。
>|