ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価


なんとなく見よう見ようと思ってたのに見れてなかった作品

主人公の育った環境、出会いや大切な人との出会い、そしてメインの戦争全てが丁寧に描かれてます

ただちょっと前半退屈だった
うどん

うどんの感想・評価

4.7
ずっと見たかったやつ。期待以上の映画で今まで見た戦争モノの中でも3本指に入るレベルだった。

宗教的な問題で絶対に銃は持たないって決めた主人公が人を殺すことじゃなくて助けることで戦争で活躍する終始すごい感動するお話だった。

見たかったとはいいつつも沖縄戦を描いてるものだとは知らなかった。

戦闘シーンはめちゃくちゃ臨場感があって目を背けたくなるようなシーンが続くけどそれがこの映画の訓練のとこから描いてる重みが伝わってくる。

あとなにより奥さんのテリーサ パーマーさんがすごくきれいで惚れました。

ぜひいろんな人に見てほしい。
insomnia

insomniaの感想・評価

3.7
こんなに涙したのは久しぶりです。感動と一言では言い難い、彼の純粋さへの涙でしょうか。
もう一人だけ、もう一人だけ助けさせてくださいと心から願っていた彼より強い人はいるのだろうか。誰にも真似出来ない。

戦闘はかなり悲惨に描いていて、戦争映画としてもヒューマンドラマとしても素晴らしい作品。

アメリカ目線で観ていると、こちらを応援したくなったり、日本兵の死に様を見るとアメリカに敵意を感じたり。戦争を知らないわたしたちは勝手だなと思いました。

中々残酷なのですぐに見返すことは難しいですが、またもう一度観たいなと。
アンドリューガーフィールドって多才ですね。


最初の女の子と喋れない不器用さから覚えたてののようなセリフ。
わざとだと思いますが、あんなわざとらしい一生顔を見てるウブなサイコパス演じるのはとても考えられない演技力です。




物語的には
訓練も自分のプライドに負けじまいと
銃を持たない姿、これ本当ですか?
ていうところもあります。


戦場のシーンは自分だけかもしれませんが
アメリカ対日本なのでどちらの目線でも観れますが、硫黄島からの手紙のような日本人の姿は無く、ただただ敵。
そこは置いといても、
戦場シーンはとても圧巻します。

日本人のすごさも最後まで戦い抜いてました。
日本はアメリカより国の為って一人一人意思が固かったことは間違いないです。


ただこの映画で残念なことが1つ。
訓練シーンでも最初の入隊の紹介ぐらいしか名前が出てこないので、軍曹とグールぐらいしか他のメンバー覚えていません。

戦友の名前も思い入れが欲しければ、
もう少し長く説明シーン等を入れるべきかなと寂しく思います。
Kazumi

Kazumiの感想・評価

4.0
デズモンドの行動に胸が熱くなる。
田舎育ちのつまらない男、じゃなかった。
緑豊かな野山で培った肉体と、信仰が願いを実現させる。

戦闘シーンのグロテスクっぷりは「プライベート・ライアン」が一番だと思ってたけど、これはなかなか。さすが「ブレイブ・ハート」…。近代戦争でもグロかった。
現実味なさすぎてCG感がすごい。
耐火スーツがもっと人肌に近くなれば、表現が広がるのになぁ…

沖縄戦の話ではあるのに、沖縄戦の映画らしさはない。登場人物や美術、映る民家で沖縄戦と分かるけど、民間人は死なない。
そのへんの違和感について、バズフィードがまとめてくれてて助かった。
https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/hacksaw-ridge-okinawa
お笑い芸人起用の宣伝イベントはナンセンスだなと思う。けど、前田高地(ハクソー・リッジ)のある浦添市は映画公開を穏やかに受け止めているし、これを機に沖縄戦を知ってほしいとサイトまで整備してる。

映画っていいな。
kumo

kumoの感想・評価

3.5
すっごく良い話なんだけど、戦争のシーンがただただ酷くてしんどい。それが戦争の本質なんだろうし、仕方がないけど、やっぱり戦争もの苦手だ…
Nabkov

Nabkovの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

やっと観た。ずっと観たくなかった。理解出来るはずがないと、思っていた。私はクリスチャンでもないし、アメリカ合衆国の国民でもない。

ずっと鑑賞中に疑念が拭えなかった。不殺の誓いを立てるのは結構だが、それはイデオロギーに根付くもので、何者にも変えられない、信念ではない。彼は祈る、人を助けるたびに「もう1人救わせてください」と。

劇中で日本人も助けた描写がある。塹壕で、はたまた下半身のないひとを。本当だろうか、史実でも彼は、彼を「モデル」とした人物は、日本人を助けたのだろうか。崖の下のアメリカ陸軍に所属した人々はそれに敬意を表したのだろうか。

正直、この作品が好きになれない。友人たちはこの作品を賞賛している。もちろん自分だってそうなれればと思って、鑑賞した。でもやはり無理だった。日本人として、彼らにとっての「異教徒」として。(いや、正確には不可知な状態なので、異とまでは言い過ぎか。)

この作品を好きな人たちは多い。現在、この日本人しか使うことのないSNSにおいて、星4つをアベレージで叩き出している。ならば彼らの意見も聞いてみたい。その上で再鑑賞して、今一度この作品と向き合ってみようと思う。

特に気に入らないところ。冒頭の弟との喧嘩のシーンの脈絡のなさと、そこからレンガで殴るシーン。しかも彼の根元には影響を与えているのかもしれないけど、大人の彼がそれを礎としていないこと。

彼がヴィンス・ヴォーン演じる上官軍曹を引き摺るシーン。ある意味でこの映画のハイライトとなり得るシーン。彼は殺さずの誓いを立てているが、それに加担することを辞さない心構え。もちろん戦争だからそれで良いとは思うが、特別日本人だからと言う訳ではなく、彼の国の人間ではない立ち位置、彼の宗教とは違う立ち位置からすると、なんの説得力も感じない。

彼の考えを否定する気はない。もちろん日本人が可哀想とか、日本人にしたことを思い出せ、などと軽々しく言うつもりはない、日本人もあの大戦では、その前から、おかしかったのは事実だ。だが彼の主義をことさら美しく描こうとするが、そのイデオロギーに追随出来ない人間からは、エゴを丸出しの滑稽な姿しか映らない様に感じた。同じく沖縄戦を描いたザ・パシフィックを観た後だと、とてもではないが、納得することはできない。

加えて一点。前半のアンドリュー・ガーフィールドの芝居。やたらとヘラヘラしていることが気になった。特に上陸後はそうでないところを見ると、あえての演出の様だから尚更。自分を異端と認識した上で、受け入れられようと必死になっていると言う芝居なのであれば、ラストのご本人登場はなんの意味があるのだろうか?

結局のところ、不殺を標榜としながら、戦争という殺戮の場に、卑怯な相手だろうとなんだろうと、加担した時点で。戦場においては共謀者であり、彼の志は何の意味もなさないと思う。
ひの

ひのの感想・評価

3.6
悪くはなかった。
戦闘シーンなどは日本兵のバンザイ突撃が多くて日本兵が間抜けにしか見えなかった。
あと戦闘してる最中にアメリカの戦闘機、爆撃機は何してたんだ?となった。
父親たちの星条旗と同じく、アメリカ側の戦争の英雄の話なので仕方ないが、日本人としてはどうしても日本兵側に気持ちがいってしまって単純な戦争映画として見るのは難しいなと思った。
戦争で銃を持たないってどれだけ勇気がいることか、、これが実話っていうから信じられない。信じられなさすぎてあんまり感動できなかったのだけど。
ち

ちの感想・評価

3.8
沖縄戦の裏側にこんな素晴らしい英雄が居たとは。

p.s 日本人超怖い。
>|