ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

個人的に戦争映画ってあんまり好きにならないことが多くて。
でもこれはいい。
ストーリーもまとまっててなおかつノンフィクションってところがね。
少しグロテスクな所もあるけど実際の戦争はこの比じゃないんだろうなと。
ryoseisato

ryoseisatoの感想・評価

3.9
わからない 意味もない
どんな戦争映画より戦争
スパイダーマンの印象があったけど
サイレンスとハクソーリッジに
去年の主演男優賞ノミネートと
演技派なアンドリューガーフィールド!
nameless

namelessの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

今作を観て、しばらくレビューが止まってしまった。書けなくなってしまった。
なかなか迷路から抜け出せませんでした(^_^;)

Kill your enemies,
My brothers dead around me.

As I scream, aim and fire.
The death toll grows higher.

とあるメタルバンドの楽曲の一節。
それを具現化したような映像作品。

感情がごちゃ混ぜになって涙が出た。
悲しくて苦しくて痛い…そういう涙。

でもこれは日本という小さな島国の、沖縄という小さな島の片隅の、エピソードのひとつでしかない。近寄れば近寄るだけ、見えなくなるものもある。

違う場所では原子爆弾が地を焼き、東京も焼け野原になっていた…ここまで拡げても、まだ島国から出てもいない。

海を渡った先でも、日本による非道な支配によって苦しむ人々がいたし、日本が負ければそれは逆転した。その外側でも、映画にもならない、教科書にも載らなかったであろう場所でも、私たちの知らない苦しみが満ちていて…誰もが失い、傷付き、何かを憎んでいた。

局地的に見ただけでも、あれだけの惨劇が起きていたのなら…全て書き出そうとしたら、世界中の紙とペンを使っても書き切れないかもしれない。

私たちはその夥しい数の屍の上に立っていて、時にその事を忘れそうになる。『メッセージ』にあった非ゼロ和とは程遠いままで、本質を変えられずにいる。

情に訴えかけようが、反戦を掲げようが、調和には近付かない。惨劇の延長線上に生きる私たちがそれを体現している。

きっと行動から変革しなければ、意識は変わらない…それが今作の主人公であるデズモンド・ドスの姿とも思えた。

デズモンドの姿は、日本にも投影できる。

私たちは『戦わない』を選んだ国に生きている。それは殴られても、殴り返さない…その覚悟を持って生きるっていう事。

作中で孤立したデズモンドの姿。
有事になれば、それは日本の姿でもある。

戦わないを選ぶってのは、何もしないでいいって事ではない。ボロボロにされても、殴り返したくても…戦わないって事。

家族や友や恋人が壊されてしまっても…どれだけ深い悲嘆であろうとも飲み込むってこと。

デズモンドの行動を尊いと思うとして…私たちに、それができるのかな?

起きてはいけない事が起きたとして…私たちが平和の旗印にならなきゃいけない。
想像もつかないぐらいの重責じゃない?

だから、彼の行動に感動するとかよりも…自分から出てきた問いに対する答えを考えさせられた作品だったと思う。

苦手な描写ばかりだったけど、日本の在り方と向き合う機会として、観る価値があった。

日本人が観るべき戦争映画…かも(苦笑)
それがアメリカ産という皮肉も込みで。

はぁ、やっと吐き出せた(*´-`)

長々と乱文を書いた割に、作品自体のレビューにならなかったのでネタバレにしますね🤢
ちょっとこれはヤバい。
こんなん心動かされない人いないでしょ。

まずやたら戦争の描写がリアル。
当たり前のように人が死ぬ世界。

戦争シーンは手に汗握りすぎてびちょびちょ。ホントに。

ただ、これは戦争映画ではなく、ヒューマンドラマなのかなと。

辛いシーンもあるし、基本的に緊張感が高すぎて二度と観たくないくらいだけど、スゴイもん観たなぁ。

ちなみに、主人公にあだ名をつけるなら、信念ガチ男。ちょっと友達にはなれない。
shu

shuの感想・評価

4.2
数少ないけど戦争物で見た中で一番いい。
最初は武器を持たないなんてただの綺麗事だと思った。今も思ってる。でもそれは戦争をなくす一歩かもなって思った。
とりあえず日本戦い方賢すぎ。
Imagin

Imaginの感想・評価

4.1
凄い良かった。
戦争シーンはめちゃ怖いけどかなりリアルなんだろうなぁ
デズモンド・ドス
覚えておきます
shisei

shiseiの感想・評価

3.9
実話を映画化した戦争物語。
神や信仰や戦争と平和、悩ましい答えに違和感ないストーリー性があった。
他の戦争映画のオマージュ?的表現もあり、若干の違和感。
Naareesan

Naareesanの感想・評価

4.5
訓練期間までは、軽い感じがアメリカ映画だなーと半ば惰性で見ようかと思っていたら、戦闘シーン始まってから圧巻。残虐さとか、やっぱ昔の戦争映画よりも、より酷。これが実話だなんて。感動しました。
むしろ、日本に対するリスペクトも感じた。
世界中がこれから先永遠に平和であればと
Aris

Arisの感想・評価

3.5
実話。すごい人がいたんだなぁ…
戦争なのに銃を使わない、人を殺めない、なのに戦争に行きたい。彼の強い信念と信仰心。戦場という過酷な場であれほどの信念を貫くなんてそう出来ることではないはず。戦争映画を見るたびに、どうしてこんなことを世界は繰り返してきたんだろうって思う。この映画は人を救うために戦場に行って英雄になった人の話ではあるけど、そもそも戦争が起こらないことが本望だということを誰もが忘れてはならない。
>|