ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価・動画配信

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

4.0

あらすじ

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

あの状況で「神様、どうかもう1人助けさせてください」はヤバい。戦争もので一番好きな作品かも。泣ける。
しんた

しんたの感想・評価

4.7
軍人なのに銃を持たずに戦場へ
人を殺さずに、人を助けるため銃弾の飛び交う戦場に降り立った、デズモンド・ドス
果たして、彼の運命は、、


戦争系の映画でトップクラスに好きです。
139分という時間があっという間に過ぎちゃうぐらい、ものすごく見入ってしまいました。

デズモンド・ドスという実在した男性が、戦場で銃も持たず、人も殺さず、ただ命を助けるために奮闘する姿に、感動と衝撃を感じました。

アメリカと日本の戦争を、アメリカ視点から見るのは初めてだったので、かなり興味深い内容となっていました。


戦争映画は内容が重いだけに、あまり観ていませんでしたが、今作は観ることを強くオススメしたいです。

多少のグロさはありますが、内容が素晴らしいので、得るものが多いかなと思います。
shika

shikaの感想・評価

3.6
主人公の描き方はよかったし,偉大な人物であろうことは伝わった
けど,後半の戦闘シーンはそんなわけないやろの連続でえぇとなってしまいました
おぶ

おぶの感想・評価

3.5
後半の戦闘シーンは心揺さぶられます。仲間を必死に助ける主人公。助かってほしいと思う反面、日本兵が次々に死んでいく姿は約80年前に確実にあった沖縄での凄惨な戦争の姿を見せつけられとても苦しくなります。もちろんアメリカ兵の死や負傷している姿も見ていてもとても苦しいです。

この映画をみてもまだ戦争をしたいと思う人なんているんだろうか、と思いました。
すごいな。あんな人いたんだ🥲

舞台が沖縄戦じゃなかったらもう少し感動したかも。
でも日本兵も助けてくれたからね。
人を殺すのではなく助けたい兵隊さんの実話

銃を持つことを拒む事でいろいろとトラブルが生じるが、人を必死に救う戦いも拳銃で敵を撃つ戦い、どちらも同じように思えた。

もう一人救いたい。もう一人。もう一人。

臆病者と言われていた一人の兵隊さんが誰もが英雄だと思う行動を取った。感動した。
少佐

少佐の感想・評価

4.5
スミティランボー並みに強くて笑うアメリカ側で敵殺してんのほぼこいつだけじゃねぇかw
BomberMAX

BomberMAXの感想・評価

4.8
舞台は沖縄戦で主人公は敬虔な衛生兵のドス。
銃を持たないという信念を貫く姿勢がかっこよかった。
追い詰められた日本兵の描写は観る人によっては辛いかも…
Bomber的には戦争映画の中でもかなり上位でした!
戦争に行って、いい人でいられるのは難しいと思うんだけど、信じるものがあるということはそれを可能にするのだな。
REI

REIの感想・評価

3.8
映画 ハクソー・リッジ(2016)アメリカ.オーストラリア/139分/PG12
監督 メル・ギブソン
脚本 ロバート・シェンカン
   アンドリュー・ナイト
主演 アンドリュー・ガーフィールド
   テリーサ・パーマー
   ヴィンス・ヴォーン
   サム・ワーシントン
   ヒューゴ・ウィーヴィング

中3の頃から気になっていた作品をようやく観る事ができた。
自分は本作で初めて衛生兵を主人公にした戦争映画を観ました。実話を基にした作品ということで、ラスト約1時間はずっと第二次世界大戦中の沖縄の最終戦地ハクソーリッジを舞台にデズモンドの葛藤が揺れ動きながら駆け抜ける様子が感動的に描かれていました。
入隊理由が人を殺せない分みんなが戦場行って国に期待されないで自殺した仲間の為みたいのっていうのがあまり納得はできませんでした。それと宗教上が関係しているのがあまり響きませんでした。
それでもあと一人だけ、あと一人だけと言いつつも何人もの仲間たちを救ったデズモンドに名誉があるのは納得。彼は彼なりの行動ができたんだと深く思いました。
>|

あなたにおすすめの記事