ハクソー・リッジの作品情報・感想・評価

ハクソー・リッジ2016年製作の映画)

Hacksaw Ridge

上映日:2017年06月24日

製作国:

上映時間:139分

ジャンル:

4.1

あらすじ

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に…

人を殺めてはいけない。そう強く心に決めていたデズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、軍隊でもその意志を貫こうとしていた。上官(サム・ワーシントン、ヴィンス・ヴォーン)や同僚(ルーク・ブレイシー)に疎まれながらも、妻(テリーサ・パーマー)や父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の助けを借りて、銃を持たずに戦場に行くことを許可される。そして、デズモンドは難攻不落の最終戦地“ハクソー・リッジ”での戦闘に参加することになった。アメリカ軍が幾度となくハクソーの崖を登り制圧するも、敵のすさまじい攻撃に遭い、その度に撤退を余儀なくされる。敵の攻撃が続く中で、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まるというあり得ない決意をするが…

「ハクソー・リッジ」に投稿された感想・評価

Usay

Usayの感想・評価

4.0
デズモンドの精神はほんまにすごいと思う
臆病とかじゃなくて信念がしっかりしてるからむしろ勇敢すぎる
てか太平洋戦争の話ってこと知らずに観てしまって複雑な気持ちになったけど、ああいう兵士は人として尊敬に値する
戦争の悲惨さも痛感する 日本てよっぽど手強かったんやな
ハリウッド君おもろいわ
キリスト教万歳じゃなくてよかった
自分だったらどうするか。


この映画は絶対的にメルギブが撮りたかった題材なんだろうなーと個人的には思ったりする。
敬虔なキリシタンであるメルギブソン。
本作のデズモンドもそうで、結果的に彼の信念が多くの命を救うことになる。
だから宗教万歳映画なのかと言われれば、そうじゃない。
デズモンドは当時の戦場では異常だし、現代の僕らが見ても彼は異常だと思う。
彼の行動は常識を越えてる。

デズモンドの生い立ちを振り返れば、実家は熱心なキリシタンだが、戦争の影響により暴力を振るう父親。
ついかっとなって、レンガで殴ってしまった弟。
夫の暴力に耐えてばかりの母親。
暴力に暴力では何も学ばない。
祈ってばかりの毎日でも、変わることはない。
誰かを変えるには、強い信念が必要なんだ。
そして信念に従い行動すれば変わっていく。どういう形となっても。
デズモンドは無意識のうちにそう感じていた。


戦場に向かわずとも、命を救うことはできるはずだが彼は頑なに衛生兵に志願する。
その背後には色々思うことがあるだろうが、戦場に向かえる立場であるのに地元に残ることは怠慢だと感じていたからっていうのが一番納得がいく。
健康な男であるという最低限の条件を満たしているのに、なにもしないのはただの怠慢じゃないかと。

戦場で戦わないのは愚か者。
多くの命を奪った人間が国では讃えられる。
多くの命を救ったものはどう扱われるんだろうか。
命を奪うことが戦いなら、命を救うことも戦いじゃないのか。
この悪夢のような土地で、僕はどうすればいいんだ。
「神よ、私は何をすればいいのですか。声を聞かせてください。」


沖縄戦ということで日本人としては複雑な心境にはなるが、偏見的な描き方になっていないのは見やすい作り。
メルギブは脚色とかエンタメっぽい描写があるけれど、彼の作品の特徴を知っておけばそこまでの違和感は感じない。

本作は、史実だからこそ映画として成り立っている。
フィクションであれば、嘘くささが漂う表面的なただの美談という印章にしかならない。だから本作は史実であるという部分が強調されている。
ガーフィールドの好演もはまってるし、メルギブはやっぱ監督の才能あるわ。


本作の最後ではこう語られる。
「英雄とは私のことではなく、戦場で命を落とした兵士たちだ。」
彼は自分の行動が、異常であった戦場で行える最低限の信念だと思っていたから。
国のために戦うことは素晴らしいことなのに自分は戦えない。
だから自分が行ったことは、最低限の行いでしかない。
救えなかった命はもちろんあるわけで、医者のように万能な治療ができるわけでもない。
彼は自分の行いを誇るわけではなく、救えなかった命に対する後悔もあったはずだ。

戦争という国の起こしたことに、たった一人の青年が抗うことはできない。
間違っているとしても、それが正義と語られているなら従わなくてはならない。
だからデズモンドは国のためというよりも、国が起こしたことに翻弄されている兵士たちを助けたいと思っていたんじゃないかなぁ…。

現代の僕たちは戦争が良いことだと思ってない。当時にもそう思っていた人はいたかもしれないが、戦争に参加することに反抗なんてできないだろ。
デズモンドの戦争に対する思いは語られていないが、"人という存在"を救うということを第一に考えていた。
戦争に正義や悪はない。
国のために戦う。
戦争で人を殺すことも、自分が殺されることから守るため。
デズモンドはそこまで強くはない。
ただ救うことしかできない。
だがその救いは、光となる。
人としての光だ。


彼のような命を救うという行動をとった人間はどれほどいたのだろう。
デズモンドの行動は、戦場から無事に帰って来たからこそ称賛されただけかもしれない。
だから彼は偶然、多くの命を救えたんだと思っているんだと思う。
同じような行動をしていた人は、公になっていないだけでたくさんいたのかもしれない。
そう、これは美談ではない。
一人の青年の当たり前の行動なんだから。
Tubo

Tuboの感想・評価

3.6
ハクソー・リッジの場所に1番衝撃!
どういう理由でこの広告戦略なのか気になる。
たかお

たかおの感想・評価

4.2
メルギブソン先生

疑り深くてごめんなさいm(_ _)m
失敗作かと思って見逃してました。

この作品には先生の気持ち入ってます。

戦争の悲惨さ、悲しさ、痛み
そして勇気

ドス衛生兵
あなたの信念には脱帽です。

日本兵の扱いには(^^;;複雑な気持ちですが

凄い作品であると思います。
hayabusu

hayabusuの感想・評価

4.2
実話なのはすごい
結婚までの流れ早過ぎてびっくりした。
若干銃持たないのにイラっとしました。
まさかの実話
伝えたいことが前半後半で違う気がした
良心的兵役拒否のおいおいコイツ大丈夫か感を見事に覆してくれた
最後の感動させたい感じもGOOD
ヒロイン登場10秒で好きになった
MojaFil

MojaFilの感想・評価

3.5
1945年5月、戦争末期の沖縄。
ハクソーリッジ(前田高地)での激戦における、1人の衛生兵の活躍を描いた実話に基づく作品。

塚本晋也監督・主演によるレイテ島での惨状を描いた「野火」を思わせるような、真に迫った戦闘と戦況。極限状態の中、信念を貫き銃を持たず、兵士を救い続ける主人公の姿に目を奪われる。

勝利の為に玉砕を厭わない日本軍と、生還する為に撤退も辞さないアメリカ軍を対比して、浮き彫りになる民族性。
戦争における善悪の曖昧さ、無意味さ、無情に散っていく人間の愚かさと、非武装を貫き、命を救い続ける人間の気高さ、誇らしさ。そういったものが洪水のように流れ込み、こちらも正気ではいられない錯覚に陥るほどの、鑑賞後の胸の重みと疲労感。

それだけに主人公がなぜ、それほど自分の信念、すなわち“良心的兵役拒否者”にこだわるのか。少年期~青年期にかけての描写が弱く、説得力に欠けていて、終盤の熱量とのギャップが少し残念に思った。
聖書の教えや宗教的な部分は、一般の人にはやや理解しがたいかも知れない。

同時期に公開された「ダンケルク」とは対照的に、常にアメリカ軍と主人公の衛生兵の視点で進行するので、どうしても敵である日本兵を、命を省みない異質な存在として描かれるのが(実際にそうだったとしても)気になってしまう。
1本の戦争ドラマとして完成されているし、多くの兵士を救った彼の功績は素晴らしいのだけれど、ヒーローとして語られる姿に複雑な感情を抱いてしまうのも、自分が日本人だからなのかも知れない。
数ある戦争映画の中でも特に記憶に残るであろうものでした。
役者の演技もリアルで、「戦争」というだけでは言い尽くせないものが詰まっていました。
主人公にもちろんフォーカスしているんだけど、中盤から後半にかけてのハクソー・リッジの攻防ではその主人公だけでなく、どれだけそこが激戦区で厳しいものだったかを見せつけられました。

ハクソー・リッジの攻防は戦争映画史に残るシーンだと思いました。

主演のアンドリュー・ガーフィールドが愚直で柔らかい笑顔が印象的だが、揺るがない「信念」を持った主人公を熱演。あどけなさとか笑顔が素敵で、フォレスト・ガンプのトム・ハンクスに見えちゃう時がありました。

そして、監督のメル・ギブソンもやはりすごい。ワンス・アンド・フォーエバーを彷彿とさせる戦争感…なんとも言えません。

そして、実話ということ。
なんと言えばいいかわからないけど、勇気ある行動だし、生半可な気持ちではなく信念を持った行動ってどこの世界でもきっと通用するんだな、と。

映画としてもすごく良くできていて、生い立ちから主人公を作り上げた環境をうまく見せてくれて単なる戦争映画ではないように感じました。

どこのシーンという訳ではなく、全般的に涙が出そうになりました。

感動です。
銃を持たず、身一つで戦場に行き、敵味方関係なく、人命救助した兵士の素晴らしい実話。
日本を悪として描くわけでない。 ただただ戦争というものはどういうものなのか伝えてくる そんでそれがひしひしと伝わってくる映画。
そしてなによりアンドリューは最高です。
>|