ヒトラーの忘れものの作品情報・感想・評価

ヒトラーの忘れもの2015年製作の映画)

Land of Mine/Under Sandet

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:101分

4.1

あらすじ

終戦直後、デンマークの海岸沿いに埋められた無数の地雷の撤去作業に、敗残ドイツ軍の少年兵が動員される。憎きナチ兵ではあるが、戦闘を知らない無垢な少年たちを前に、指揮官の心情は揺れる。憎しみの中、人間に良心は存在するか? 残酷なサスペンスの中で展開する感動のドラマ。

「ヒトラーの忘れもの」に投稿された感想・評価

nnewao

nnewaoの感想・評価

3.4
ううぅ。。。泣

苦手だけど、観て良かった。
最後、見送る穏やかな目が。。
まー

まーの感想・評価

4.0
やるせないの一言に尽きます。

ドライかもしれませんが、ナチが仕掛けた地雷はナチが処理するのが当たり前で、少年兵しかいなかったら少年兵使うしかないんじゃないの?って思ってしまう。
あと、この映画、フェアじゃないのはナチスが人類史上最低最悪のクズだという事が全く描かれてないこと。ナチスが絡む場合、「戦争が悪い」のではなく「ナチスが絶対的に悪い」のであって、そこは全く擁護できないわけですよ。まぁその辺はみんな知ってること前提で作ってるのだと思いますが、正直、あの着地はどうかと思いました。

映画の出来自体は素晴らしいです。
Piccolo

Piccoloの感想・評価

4.5
人間の良心を問う。心に響く映画。

全然知らない映画でしたが、すごく良かったです。
ぜひ、たくさんの人に観てもらいたいですね。
ノーマークだった映画がとんでもない大傑作で得した気分になるのも映画鑑賞の楽しみの一つでもあります。

終戦直後、デンマークの海岸沿いにドイツ軍によって埋められた無数の地雷の撤去作業に、ドイツ軍捕虜の少年兵が動員される。
デンマーク人の指揮官と地雷撤去作業を行う少年兵の物語となります。

いつの時代も犠牲になるのは関係ない人々。
この映画では戦争とは無縁な少年達が地雷の撤去作業にまわされます。
地雷撤去シーンは、緊張感がありハラハラして観ていました。
少しでも手順を間違えば爆発する地雷、本当に怖かったです。
結構、観ていて辛いシーンもありました。

デンマーク人にとって、少年とはいえ相手は憎き敵国ドイツ人。
ナチスがデンマークに酷いことをしたからドイツ人は誰でも相応の罰を受けても仕方がない。
しかし、本当にそれでいいのか。人間には良心がないのかと色々と考えさせられました。

誰もが良心を持っていると信じてますし、信じたいです。
そして、どんなに憎くても相手を思いやる気持ちがあれば、この世界は少しづつ平和に近づいていくのだと思います。

もうこんな事はあってはならない。

wowow
shu_

shu_の感想・評価

4.5
ドイツ敗戦後、地雷除去を命じられた少年兵の葛藤と鬼軍曹の心情を描いた物語。様々な賞を獲得した地味で重い設定だが心に響くストーリー。当初は鬼軍曹でありながら、子供たちの悲惨な事故や爆死に立ち会い、最後は自分自身、男としての約束を守る。淡々と物語は進みますが、映画ファンには是非、勧めたい作品です。
snoooopy

snoooopyの感想・評価

4.5
第二次世界大戦 ドイツ敗退後の実話…

ポーランドに埋め残された多くの地雷を
戦争を始めた大人たちの
息子世代に当たるドイツの少年兵たちが
すべて撤去しなければならない話。


少しでも間違えれば、
たちまち目の前で爆破する地雷…
食料もろくに食べさせてもらえない…
目の前で仲間が吹き飛ばされたり…
緊張感がすごかった。
なのになぜか引き込まれて
あっという間に見終わってしまった…

ドイツ人を毛嫌いするポーランド兵は多く
少年兵の指導係になったポーランド兵も然り。
そこの間に生まれる感情の変化も見もの。

つらい話ではあったけど、
もう一度見たいなと思う映画でした。
Topaaaaz

Topaaaazの感想・評価

4.6
集められた敗戦国ドイツ軍捕虜の少年兵たち
過酷な状況下での地雷の撤去作業
少しのミスも許されないし…怖すぎる
見ててドキドキしっぱなしでした
目をそむけたくなるような場面も…

軍曹の敵対国に対する怒りと少年兵への想いとの葛藤だったり、切なくて たまらなく悲しいシーンだったり… たくさんあります
感動させられた…とゆうより
ただ見たまま こちら側がどう感じるか…
そんなとても深い作品に感じました。

軍曹の見せることのなかった優しい目が好きでした
玄助

玄助の感想・評価

3.7
戦争は味方と敵、正義と悪に二分される。戦争は殺戮に殺戮を、残虐性に残虐性をぶつける。
では戦争が終わった後も勝者は敗者に対し殺戮、残虐性をぶつけ続けていいのだろうか。
ドイツがデンマークに放置していった地雷。勝者がこれをドイツの少年兵に除去させる。ドイツがまいたものをドイツに回収させるといえる。でも言い方を変えるとドイツ上層部が放置したものを捕虜となった少年兵達が回収する。自分のケツは自分で拭くという言葉はこれに当てはまるのか?
ドイツはナチスの国だった。ではドイツ人=ナチスなのか?ナチスだったら人として扱わなくていいのか?それはナチスがやっていたことと違うのか?
物事には様々な側面があり、筋を違えぬようにするのも一苦労だ。でもそれは筋を通さない理由にはならない。
カツミ

カツミの感想・評価

4.1
兵器が無くなるまで、このようなことは繰り返されるんだろうな。
Ri

Riの感想・評価

4.0
いつも映画見るときは飲んだり食べたりしながら見るんだけど今作品は画面から眼が離せなくて緊張感がかなり身体中伝わってなんも手がつけられない状態で鑑賞してた。
戦場経験の浅い少年兵たちが一歩間違えればあの世行きの地雷撤去作業をさせられ終始重い空気の漂う作品だった。中盤の横1列に並ばせて歩かせる行為はあまりにも理不尽すぎた。ただBGMがすごく映画と相性あって良かった。もちろん切ない感じのだけど
戦後のデンマーク。地雷を撤去するドイツ兵。戦争はよくない、地雷はよくない など 素直に思える。地雷により一瞬で死んでしまう命のはかなさを感じる。ラストは未来の希望を感じる。
>|