ヒトラーの忘れものの作品情報・感想・評価

ヒトラーの忘れもの2015年製作の映画)

Land of Mine/Under Sandet

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:101分

4.1

あらすじ

終戦直後、デンマークの海岸沿いに埋められた無数の地雷の撤去作業に、敗残ドイツ軍の少年兵が動員される。憎きナチ兵ではあるが、戦闘を知らない無垢な少年たちを前に、指揮官の心情は揺れる。憎しみの中、人間に良心は存在するか? 残酷なサスペンスの中で展開する感動のドラマ。

「ヒトラーの忘れもの」に投稿された感想・評価

観ていて胸が苦しくなる

戦争責任、落としどころなんてわからないのに
kamerugger

kameruggerの感想・評価

4.5
戦後デンマークに埋められた大量の地雷を捕虜として捕らえられた少年ドイツ兵が撤去する話。

戦争中にドイツが埋めたとはいえ、子供に撤去させるとは、鬼みたいな話である。地雷を作ったのもそれを命令したのも大人であり、尻拭いを子供がするなんて恐ろしい世の中だ。

地雷撤去なんて楽なことではなく、すごい数の人が撤去の際に死んでいる。映画の中でもすごい迫力の映像で爆発し、両腕がもげて死んでいるが、死なない程度に爆発するというのが地雷のメリットなのだから、引っかかってしまったらそれは地獄である。

ものすごい緊迫感がこの映画から伝わってきた。素晴らしい人に勧めたい映画だ。
観ててずっと胸が痛かった。
[サウルの息子]観たときも思ったけどこういう映画は絶対観たほうがいいと思う。
知らないよりも知っていたほういい。
観る価値のある1本だと思う。

でも[ヒトラーの…]みたいな邦題はもうやめればいいのに、原題でいいんじゃないの?って思いました。

U•ɷ•)ฅワン
りたお

りたおの感想・評価

3.5
忘れものなんてぼんやりしたもんじゃないでしょうよ。
こんな事実があったなんて知らなかった。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.6
こうゆう作品にこそ 映画として生み出されるべき強い意志を感じるし 後世に伝えていかなければならないテーマへの追求が成されていると思う
少年達の無垢な瞳の先に映るのは 善悪や一方に国への敵意ではなく 大人が始めた戦争そのものが遺す "負の遺産"への憂いなんじゃないかな

憲法改正とか 防衛やら抑止力 果てには平和ボケなんて 言葉だけ一人歩きの応酬が飛び交う世相で 戦争が遺す本質や 先ず戦争をしない大前提が置いてけぼりになりかけた今こそ こうゆう映画は必要なんじゃないかな…
前から気になっていた作品であったが、とてつもなく重い内容。地雷のシーン緊張感が半端ない。終戦後の地雷撤去をドイツの少年兵が行っていたという事実をこの作品を見るまで全く知らなかった。鑑賞して良かったと思う。記録。
鰹

鰹の感想・評価

4.5
映画館で見れて良かった。
Mii

Miiの感想・評価

4.0
ただただ胸が痛む。
忘れものにしては犠牲が大き過ぎる。
誰かの蒔いた種を何の関係もない少年たちが刈らされる。
なんとも理不尽でとてつもなく残酷だ。
その恐ろしさを大人は知ってるから
まだ知らない、知りようのない少年たちにやらせたのか…
そもそもそれに意味はないのか。
どっちにしても大人はズルい。
勝手な大人たちの犠牲になるのが子供たちであってはならない、って強く思った。
あきほ

あきほの感想・評価

4.5
ずっと見たかった映画!

白い砂浜に青い海がすごく綺麗なのに、そこでやっていることは命をかけた地雷除去…しかも、少年兵が。

想像してたよりもリアルに感じて、ずっと気が抜けなかった。こんなことが実際にあったことを知れてよかった。

映画としても100分くらいでまとまってて、インパクトもあってすごくよかった!
kamotaro

kamotaroの感想・評価

3.8
ウィーン少年合唱団のような美しい男の子たちが苦しむ映画
>|