ヒトラーの忘れものの作品情報・感想・評価

ヒトラーの忘れもの2015年製作の映画)

Land of Mine/Under Sandet

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:101分

4.0

あらすじ

終戦直後、デンマークの海岸沿いに埋められた無数の地雷の撤去作業に、敗残ドイツ軍の少年兵が動員される。憎きナチ兵ではあるが、戦闘を知らない無垢な少年たちを前に、指揮官の心情は揺れる。憎しみの中、人間に良心は存在するか? 残酷なサスペンスの中で展開する感動のドラマ。

「ヒトラーの忘れもの」に投稿された感想・評価

NY

NYの感想・評価

4.0
感傷的過ぎる邦題とは裏腹のハードな内容。
個人的には漫画「進撃の巨人」初見時に匹敵する重さ。
ナチの許しがたい犯罪の懲罰を背負わざるを得ない少年兵、多大な犠牲を払った周辺国の市民の逡巡…
軽い気持ちで身始めたらハマってしまった。
とと

ととの感想・評価

3.9
ただただずーっとキツいし辛い
ほんの少し和らいでもすぐ厳しい状況に…
軍曹の良心を感じられなかったら見終わることができなかった
よしみ

よしみの感想・評価

3.0
複雑な思いがある

当たり前なような
どこか違うような

誰かが
その不条理さを
説かなければ
終わらないという構造ではない

冒頭は目を覆うところが多く
痛ましい場面が続く

何も生み出さない
争いを求める行為は
愚かでしかないと思う
ざきを

ざきをの感想・評価

4.0
この時代、大人の身勝手な理由で、未来を崩された少年や少女がいくらいたのだろう。
私たちは戦争を見たり、体験したりすることはできない。でも話として聞いたり、こうして映画として観たりすることができる。私たちが行なっていかなければいけないことは、こうした事実が過去にあったと、また過ちを繰り返してはいけないのだと、後世に伝え続けることだと思う。

この作品。とても苦しかった。夢を語る少年の目の前は死と隣り合わせ、いつ死ぬかわからない。戦争は終わったはずなのに、憎まれ、さっきまで話をしていた友人が気づいたら死んでいるということもある。
ここから生き残った彼らの目は希望や活力は消え、無になってしまっている。こんなことあっていいのだろうか。大人の身勝手で彼らの人生を棒に振ってもいいのだろうか。戦争はむごすぎる。

Land of mine
とてもいいタイトルだと思う。デンマークの人たちからすると「私たちの土地」でもドイツ少年兵からすると「地雷の土地」。
目に見えるのは同じ土地、でもそれぞれにとっては捉え方が違う。「ヒトラーの忘れもの」確かにそうかもしれない。でももっといいタイトルを作れたのでは無いかと思う。製作者の気持ちのこもった邦題を最近はつけれていない気がする。
smile

smileの感想・評価

4.5
公開当時から観たくて、けど観る勇気が出なかった映画。

もう何て書いたら良いかわからない。
本当に本当に苦しい。

この戦争映画で描かれているのは、戦争の激しいシーンや愛国心などでは全く無い。

ただ淡々とやりきれない悲しみと、人間の心の奥底にあるはずの良心を問いかけてくる。

絶対に観るべき映画。観て良かった。だけどもう二度と観たくないし、出来れば内容を記憶から消してしまいたい。「あの日の声を探して」を思い出しました。あの映画も同じ感情になったなって。

とりあえず、邦題をつけるひと。
本当に責任重大だよ!と言いたい。
酷い邦題みるたびに思うけど、絶対に映画を観ないで題名つけてるよね。

2018 No.45
すわ

すわの感想・評価

4.0
見てて目を背けたくなるシーンが多かった

あの大爆発の時はマジかよって口に出してしまった。

改めて戦争はいけないと思った。
咲

咲の感想・評価

3.8
敗戦したドイツが、「ヒトラーの忘れ物」である地雷除去のために駆り出した少年兵たちと、彼らを統括する軍曹の話。

重いし苦しい。戦争が残したものの大きさは計り知れない…。
戦争映画は観てて心が苦しくなってくるから好きじゃない
けれど色々考えさせられる
俳優さんたちのそれぞれの表情で内面の気持ちの変化とかが凄く伝わってきた演技だった
立場は違えど結局人間
性善説とはまさにこれ
jujuju

jujujuの感想・評価

4.5
目を背けたくなるのは、これが戦争って言う事なのでしょう。
弱者を痛めつける、容赦ない内容でした。心が痛くなりました…
TheThe

TheTheの感想・評価

4.4
彼らが処理に当てられていた…仕掛けた国に処理させるということですが…なぜ少年兵に?
鑑賞中に何度も目を背けたくなりました。
これが戦争の忘れもの…日本語タイトルはこれでいいのだろうか?

戦争が終わっても、まだ何も終わっていないし永遠に終わらない。
一度しか鑑賞できないです私には、精神的に疲れる…
>|