ヒトラーの忘れものの作品情報・感想・評価・動画配信

ヒトラーの忘れもの2015年製作の映画)

Land of Mine/Under Sandet

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ヒトラーの忘れもの」に投稿された感想・評価

alf

alfの感想・評価

3.9
終戦直後のデンマーク。
駆り出されるドイツ軍少年兵による地雷撤去の作品。
ここでまた、自分が知らない負の史実を観ることができました。

デンマーク鬼軍曹殿のもと、無茶苦茶厳しい苛酷な任務。爆死or餓死。
“戦争の残響”に何度もびっくりさせられた!

【賢い犬だ】

ひたすらに心苦しい。
任務完了には確認が必要だとは思ったけど、“死の行進”とは…。
少年たちは気が触れるギリギリ(アウト)での忍耐や決断を経験。
確実にいろいろ残ってしまう。

ラストのシーン、格好よかった。

地雷って埋めるにも危険度高かろうに。
ナチスドイツがデンマークから撤退した後に地雷撤去をする実話ベース。
ドイツの少年兵達が虐げられるシーンが続き、とても苦しい…。
ナチスとユダヤの作品が多い中、新たな視点で観れました。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5
戦争で生まれた憎しみはその後も新たな憎しみを生み続ける。まさに地獄だな、と思った。そんな中でも、相手を何人としてではなく、1人の個人として見て、お互い認め合うそんな関係が作れるのはとてつもなく稀有なことではないか。

自分が受けた苦しみ、自分の大切な人が受けた苦しみを転嫁しないのは難しいな。。。誰でもいいから恨みたいってきっと私なら思ってしまう。

そして地雷ってなんて嫌な兵器なんだろう。本当にもう戦争なんて嫌だ。
ぬう

ぬうの感想・評価

4.0
観終わった後、深いため息をつくしかなかった。
全編に渡って張り詰めた空気が漂い、心の休まる時間が無くて辛かった。
戦争が残す爪痕の深さを改めて思い知らされる。
Ami

Amiの感想・評価

4.2
終始心臓がパンクしそうだった
辛い目に遭わされて大事な人を亡くして、その憎しみをぶつけたい相手の姿は見えなくて、やるせないね戦争は
戦争は終わってもまだ終わっていない。 少年兵などがかりだされ、あの頃の悲惨さがわかります。そして、これは今でも起こっていることです。 敵同士でも人には良心があるというのも伝わってきます。

by 遊月
Note ID ⇨【https://note.com/nekomimix_jp】

このレビューはネタバレを含みます

双子くんの少女に向けたやさしい目
仲間に送った悲しい目が忘れられない
ルー

ルーの感想・評価

4.5
今まで観た戦争映画(広義)の中でも、個人的に傑作だと思う作品の1つになった。

全員の演技が素晴らしい。軍曹はもちろん、少年兵の一人ひとりも。それぞれの苦悩や葛藤が、表情や仕草から伝わる。

軍曹が少年兵に対して怒りや憎しみを容赦なくぶつける様子には抵抗を覚えるけど、戦争してた国の人だと考えると、安易に否定する気持ちにもなれない。
だけど罪は遺伝しないから、現代の人間には何の罪もない。今の時代になっても国や人種にとらわれて相手を判断する人がいるけど、そういうことは一刻も早くなくなるといいな。

真っ白な砂浜が美しい。こんな美しい場所に大量の地雷が埋まっているというギャップが、戦争のなんと酷いことかを強調している。全体的に彩度の低い映像も、そこに寄与している。

これも描いてほしかったという点でいうと、軍曹に食事を提供している近所の女性。あの事件のあと何か変化はあったのか気になるな。

あと最後にどうしても言いたいのだけど、邦題なんでこうなった…(笑) 東京国際映画祭では『地雷と少年兵』だったらしく、なんかショートフィルムっぽいけどまだそっちの方がよかった(笑)
leoeue

leoeueの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

こんなに残酷なんて、邦題、日本のポスターからは想像できないよ...
こんなにゆるいポスターにするのはやめてくれ...
トラウマになりそうで、何回も途中でみるのやめようかと思った。
大人の戦争責任を罪のない子どもたちに負わすなよ、自分のケツは自分で拭けよ...
この世は不平等だ
軍曹は機械のような兵士ではなく、人間味があった。希望の光を与えてくださったけど、亡くなった子どもたちのことを考えると悲しすぎる。
RUGARUGA

RUGARUGAの感想・評価

4.5
ただの戦争ものでは無い
1人1人の人間の繊細さ、残酷さが描かれ、まんまと感情移入してしまった

忘れてはならない事実
>|