ガラスの花と壊す世界の作品情報・感想・評価

ガラスの花と壊す世界2016年製作の映画)

上映日:2015年01月09日

製作国:

2.8

あらすじ

一般公募したアニメ化大賞の第一弾アニメーション映画。無数の光が色とりどりにきらめき、浮遊している無重力の空間「知識の箱」。そこには幾つもの世界があり、幾多もの人がいた。デュアルとドロシーのふたりはそこで敵と戦っていた。敵、それは世界を侵食する存在――ウイルス。ウイルスに汚されてしまった世界は消去しなくてはいけない。それが彼女たちの役割、彼女たちの仕事。あるときデュアルとドロシーは新たなウイルスの…

一般公募したアニメ化大賞の第一弾アニメーション映画。無数の光が色とりどりにきらめき、浮遊している無重力の空間「知識の箱」。そこには幾つもの世界があり、幾多もの人がいた。デュアルとドロシーのふたりはそこで敵と戦っていた。敵、それは世界を侵食する存在――ウイルス。ウイルスに汚されてしまった世界は消去しなくてはいけない。それが彼女たちの役割、彼女たちの仕事。あるときデュアルとドロシーは新たなウイルスの出現を感知する。そこにはウイルスに襲われている少女がいた。少女を救ったふたりは、静かに彼女の目覚めを待つ。やがてその少女が目覚めた。その少女は「リモ」と名乗ると、ひとことつぶやいた。「お花畑に、帰らないと…」。

「ガラスの花と壊す世界」に投稿された感想・評価

kawase

kawaseの感想・評価

3.0
開始数分で大体予想できたし、その通りの展開だったので特に新しいと思う要素が無かったけど、普通に楽しめる範囲でした。
sada

sadaの感想・評価

3.0
幾つもの時間と幾つもの世界がある知識の箱。「私たちは泣いたりしないの、その必要がないから」
アンチウイルスプログラムのデュアルとドロシー。
ある日記憶を失ったプログラム(少女)が紛れ込んだ。少女の目的とは?
前から気になっててイメージソング「センダンライフ」に魅了されて鑑賞。
設定が結構創り込まれているのでPC用語連発!ガラスの花の意味、映像も美しいし萌えだけでなくとても興味深い作品だった。
もこ

もこの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

まじ謎。なんか小難しいことをカタカナで言い表してろくに説明せずにとりあえず美少女出しとけ!みたいな。マザー何がしたいんだよ。なんでこれアニメ化したんだろ?絶対に60分ちょいでやるような話じゃない、やるならOVAで7話くらい組んでやるべきだった思う(こんなこと言っても仕方ないけど……)主役二人が「人間じゃない」といってる割にはめちゃ人情的ですごいいい子たちだったし情緒あふれる発言もバンバンしてて、「は?!お前さっきと全然違うことしとるやんけ?!」と思った。これ1800円で観たら劇場破壊してるかも。

でも美少女たちの衣装が無駄に変わるのとあやねるのうるさすぎる演技、花守さんの声の使い分けは聞いてて楽しかった。
のぶよ

のぶよの感想・評価

2.2
1時間とは思えないくらい長く感じちゃった
雰囲気なんとなくまどかマギカを思い出した
女の子はたぶん可愛いし、ツンデレ、ムッツリ、天真爛漫と全ジャンル居るのかなと思うから、そこを楽しむのはアリなのかもしれませぬ
たぶんもう観ませぬ
アンチウイルスプログラムの女の子2人がウイルスを倒したりするSFストーリーだけど、ちょっとドラマチックだしウイルス退治の時には魔法少女的な要素も楽しめる作品。約60分だけど意外といろいろある。
でも観終わってみるとその短さがけっこう痛い。

彼女達の人間らしさの芽生えとかがあっても、元々そんなに冷めたキャラクター達じゃなかったし、尺不足でグッとくるまでは引き込まれなかった。
まぁあの終わり方は好き。

あとキャラ原案のイラストレーターはカントクなのだが、カントク感があんまり無いイマイチ萌えきれない作画で惜しい。

劇中のオリジナルソングは全部好き。
この映画のイメージソングであるセンダンライフも最高。曲がダメだったらスコアは3.3くらいかも
あ

あの感想・評価

2.4
尺的に厳しいものもあるが、すっきりしない点が多い
展開の速さのせいで感情移入できなかった
プログラムの内部という面白い設定だけに残念
marimo

marimoの感想・評価

1.7
システム関連用語が多いので観る人の前提知識を相当要求する作品です。

奇をてらった設定ではあるものの、シナリオ面での意外性は少なく淡々とした印象。コンピュータ内の仮想空間の見せ方は新しいが、そこが効果的に機能していたかというとそうでもない。

アプリケーションを擬人化した感じなので、なんだかマトリックスのエグザイルを彷彿とさせる設定。

過去に見たことあるような設定を、萌萌で百合な感じで味付け変えた感じ。
tomomi

tomomiの感想・評価

1.5
露出度高めの可愛らしい女の子たちがきゃぴきゃぴしてるとこを見たい人はいいかもしれないが内容が薄っぺらい。SFだけど雰囲気映画感が否めない。タイトルが気になり設定は面白いと思ったので見ました。
とらこ

とらこの感想・評価

3.0
なんとも惜しい感じの映画

結局、どの世界線とどう繋がってるかがちょっと分かりにくかったのが残念
IcchI

IcchIの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞後、Filmarksでの点数が非常に低く、酷評されているので驚きました。
所々粗はありますが、60分強という制限の中で魅せてくれたなと思います。

ただ、作画や演出など、アニメーションとしてはそこまで長けてはいません。
>|