ガラスの花と壊す世界の作品情報・感想・評価

ガラスの花と壊す世界2016年製作の映画)

上映日:2015年01月09日

製作国:

2.8

あらすじ

一般公募したアニメ化大賞の第一弾アニメーション映画。無数の光が色とりどりにきらめき、浮遊している無重力の空間「知識の箱」。そこには幾つもの世界があり、幾多もの人がいた。デュアルとドロシーのふたりはそこで敵と戦っていた。敵、それは世界を侵食する存在――ウイルス。ウイルスに汚されてしまった世界は消去しなくてはいけない。それが彼女たちの役割、彼女たちの仕事。あるときデュアルとドロシーは新たなウイルスの…

一般公募したアニメ化大賞の第一弾アニメーション映画。無数の光が色とりどりにきらめき、浮遊している無重力の空間「知識の箱」。そこには幾つもの世界があり、幾多もの人がいた。デュアルとドロシーのふたりはそこで敵と戦っていた。敵、それは世界を侵食する存在――ウイルス。ウイルスに汚されてしまった世界は消去しなくてはいけない。それが彼女たちの役割、彼女たちの仕事。あるときデュアルとドロシーは新たなウイルスの出現を感知する。そこにはウイルスに襲われている少女がいた。少女を救ったふたりは、静かに彼女の目覚めを待つ。やがてその少女が目覚めた。その少女は「リモ」と名乗ると、ひとことつぶやいた。「お花畑に、帰らないと…」。

「ガラスの花と壊す世界」に投稿された感想・評価

世界観を理解するには時間的に難しすぎる。
5884

5884の感想・評価

1.5
一時間で終わるところがよかった
なんか無理矢理な話だった
marimo

marimoの感想・評価

1.7
システム関連用語が多いので観る人の前提知識を相当要求する作品です。

奇をてらった設定ではあるものの、シナリオ面での意外性は少なく淡々とした印象。コンピュータ内の仮想空間の見せ方は新しいが、そこが効果的に機能していたかというとそうでもない。

アプリケーションを擬人化した感じなので、なんだかマトリックスのエグザイルを彷彿とさせる設定。

過去に見たことあるような設定を、萌萌で百合な感じで味付け変えた感じ。
tomomi

tomomiの感想・評価

1.5
露出度高めの可愛らしい女の子たちがきゃぴきゃぴしてるとこを見たい人はいいかもしれないが内容が薄っぺらい。SFだけど雰囲気映画感が否めない。タイトルが気になり設定は面白いと思ったので見ました。
とらこ

とらこの感想・評価

3.0
なんとも惜しい感じの映画

結局、どの世界線とどう繋がってるかがちょっと分かりにくかったのが残念
IcchI

IcchIの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞後、Filmarksでの点数が非常に低く、酷評されているので驚きました。
所々粗はありますが、60分強という制限の中で魅せてくれたなと思います。

ただ、作画や演出など、アニメーションとしてはそこまで長けてはいません。
なんというか、色んな事が惜しい感じの作品
どこかで見たような雰囲気が随所に
歌は良かった
ドロシー役の佐倉綾音(声優)の演技力がすごい、というのが最も強い感想。ちょっと泣かされたわ。


60分なので短い。短い割にはなかなかのボリュームを詰め込んでるので、どうしても駆け足感があるし、後半は割とついていけない。

ストーリーも意外と作り込まれてて複雑なのに、尺のせいか監督の拘りか、説明的な描写が少なく集中して咀嚼しないと飲み込めない。

そういう訳で、よっぽど好きで何回か見るとか、何か別の資料(パンフレット等)で補完しない限りは、大抵「なんか駆け足だったし良く分からなかった」という感想になりそう。
ターミネーター的なお話。
なかなかイマドキのSFアニメって感じで用語が横文字多めでしたが設定とか面白かったと思います。
短いので詰め込んできてる感じがあってややこしやとなるかもですけどそれなりにちゃんとした終わり方なので悪くないと思います。
普通の短編アニメ映画って感じです。
もえー

もえーの感想・評価

2.9
キャラクターは見た目も声もかわいい。
歌もいい。
予告の時点ではよさそうだったんだけどな。
>|