ノーゲーム・ノーライフ ゼロの作品情報・感想・評価

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ2017年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

ジャンル:

4.0

あらすじ

それは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる《盤上の世界(ディス・ボード)》が創造されるはるか以前の出来事。 世界を統べる唯一神の座をめぐり、終わりの見えない大戦が続いていた時代。天を裂き、地を割り、星さえも破壊し尽くさんとする凄惨な戦争は、戦う力を持たない人間たちに理不尽な死を撒き散らしていた。 強大な力を持つ様々な種族に追いやられ、存亡の危機に瀕する人間を率いる若きリーダーの名はリク…

それは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる《盤上の世界(ディス・ボード)》が創造されるはるか以前の出来事。 世界を統べる唯一神の座をめぐり、終わりの見えない大戦が続いていた時代。天を裂き、地を割り、星さえも破壊し尽くさんとする凄惨な戦争は、戦う力を持たない人間たちに理不尽な死を撒き散らしていた。 強大な力を持つ様々な種族に追いやられ、存亡の危機に瀕する人間を率いる若きリーダーの名はリク。 一人でも多くの人間が明日を迎えるために心を砕き、擦り減らす日々が続くある日、リクは打ち捨てられた森霊種(エルフ)の都で機械仕掛けの少女・シュヴィと出会う。 機械には持ち得ぬ心に興味を持ってしまったことでエラーを起こしてしまい、仲間たちから廃棄されてしまったシュヴィは、エラーを修正するためリクに《人間の心》を教えてほしいと頼むのだが……。 これは六千年以上もの昔に紡がれた《最も新しい神話》へと至る《最も古き神話》。 記録にも記憶にも残らない、誰にも語られることのない物語が今、幕を開ける――。

「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」に投稿された感想・評価

Kei

Keiの感想・評価

4.8
原作はあまり読んでいなかったが、とても楽しめた。
たつ

たつの感想・評価

3.6
空白が飛ばされた世界の成り立ちの話だった。(ゼロだし)
ストーリーも登場人物も良くて結構面白かった。

ただ、空白コンビと天才的な頭脳戦が大好きだったから、そこは少し残念だった。
アニメ視聴した上での評価です。
テレビ版とは一風違った内容ですが何故、テレビのような世界観になったことを知ることができます。
そういった意味でもたいへん良くできており、少し泣きそうになるシーンもありました。
ファンは是非見てほしい
koko

kokoの感想・評価

4.0
今回のゼロでアニメとの繋がりだとか関係性だとかが垣間見れて面白かった

終戦に向けての展開があっという間だったから
もう一度見直したい
ぺっし

ぺっしの感想・評価

4.2

アニメの次の話を期待してたけど
ゼロ!ってことで過去の話!

最初残念がったけど
結局楽しすぎて終始ワクワクしてた。
ジョン

ジョンの感想・評価

3.9
原作未読、TV視聴済。
なぜか山口では昨日から上映されてたので、視聴。
評判通りおもしろかった。ゲームというか心理戦みたいなのはほぼないけど、話わかりやすかったし、感動シーンもあったので、終始おもしろかった。二期も是非やって欲しい。
りっく

りっくの感想・評価

3.9
前日譚によくある、後付け感をあまり感じなかった
アニメ2期やってほしい
Daniel

Danielの感想・評価

5.0
作品構成とても良かったです。
話としては、ノーゲーム・ノーライフの世界の一昔前にあった神の座を取り合う大戦を描いたものになります。
その中でも一際よわい種族たる人類がどのように生き残ったのか。
そしてそれらが最後は今に繋がっていくというお話。
ノーゲーム・ノーライフのノリの部分も取り入れつつ、シリアスさ、そして最後は感動と感情豊かに見られる作品に仕上がってます。
原作もアニメも未見でした。
もう少し予習してけば良かった。

数千年前、神々に混じって人類が最下層の世界で、殺さず殺させず策を講じて唯一神になることで平和を目指す人間リクと、欠陥があるが故に人間との親和性が高くリクと心を通わせるエクスマキナ・シュヴィの
アクション・ファンタジー劇場版アニメ。

アクションにラブが必ず入るのが日本の最近のアニメなのかしらん。同性のバディものじゃダメなの?生々しさがないから逆にいいのかしら。それはまぁおいといて。

勝てっこない神様級の強さをもつ敵たち。しかも環境汚染されていて生きるのにも一苦労の世界で、そんな敵たちを出し抜きトップに立つための策は、敵さんたちを欺きお互いを潰しあってもらうこと。そして相手を傷つけず、自分も傷つかないということ…もちろん大切なこと言ってるんだけどストーリーは極めて王道でラストは決まっている。

近未来的な戦争を舞台としたSFアニメに親和性が低いと、その世界に特有のだいたい6〜7文字のカタカナのなにかの名称とか行為が当たり前に出てくることに抵抗があるばかりか、多少このシーンそんなに尺使うかなと思う場面がけっこうあり、 最後まで違和感が拭えなかった。だからおそらく館内の人たちほどにはこの世界に入り込めなかったと思う。

それ以外わからないことはさほどないんだけど、世間で話題になる作品だとはあまり思えなかった。
メグル

メグルの感想・評価

3.9
4DXにて視聴。

アニメを何周かしてて原作も既読の、個人的に大好きな作品の映画なので、迷うことなく映画館に行きました。

私は4DXが初めてで不安だったのだが、ものすごく楽しめました。
恐らく、この作品は4Dにはとても向いてる作品なのではないだろうか。一緒に行った4Dを何度か経験してる友人も、4Dに向いてる作品だった、と感動していた。


内容に関しては、少し残念でした。
面白いことに変わりはないです。あの作品を良き感じに映像化していると思います。

ただ、物語の間や引き込ませ方が下手くそでした。
このあとどうなるんだ!という、うざったい煽りがないのは好評価です。
でも、物語の進み方が下手くそで、おままごとを見ているような感覚に囚われました。

原作が好きすぎるあまり、こういうふうに感じてしまってるのかもしれません。
アニメ映画の中では描写、音響、演出などは間違いなく面白かったので、全体的には好評価です。

邦画、洋画と比べるとやはり劣ってしまうのですが、アニメ映画と比べると内容は☆5レベルです。
>|