ノーゲーム・ノーライフ ゼロの作品情報・感想・評価

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ2017年製作の映画)

上映日:2017年07月15日

製作国:

ジャンル:

4.0

あらすじ

それは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる《盤上の世界(ディス・ボード)》が創造されるはるか以前の出来事。 世界を統べる唯一神の座をめぐり、終わりの見えない大戦が続いていた時代。天を裂き、地を割り、星さえも破壊し尽くさんとする凄惨な戦争は、戦う力を持たない人間たちに理不尽な死を撒き散らしていた。 強大な力を持つ様々な種族に追いやられ、存亡の危機に瀕する人間を率いる若きリーダーの名はリク…

それは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる《盤上の世界(ディス・ボード)》が創造されるはるか以前の出来事。 世界を統べる唯一神の座をめぐり、終わりの見えない大戦が続いていた時代。天を裂き、地を割り、星さえも破壊し尽くさんとする凄惨な戦争は、戦う力を持たない人間たちに理不尽な死を撒き散らしていた。 強大な力を持つ様々な種族に追いやられ、存亡の危機に瀕する人間を率いる若きリーダーの名はリク。 一人でも多くの人間が明日を迎えるために心を砕き、擦り減らす日々が続くある日、リクは打ち捨てられた森霊種(エルフ)の都で機械仕掛けの少女・シュヴィと出会う。 機械には持ち得ぬ心に興味を持ってしまったことでエラーを起こしてしまい、仲間たちから廃棄されてしまったシュヴィは、エラーを修正するためリクに《人間の心》を教えてほしいと頼むのだが……。 これは六千年以上もの昔に紡がれた《最も新しい神話》へと至る《最も古き神話》。 記録にも記憶にも残らない、誰にも語られることのない物語が今、幕を開ける――。

「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」に投稿された感想・評価

前日譚といっても6000年前のお話なので(前日譚の前日とは…?)、原作未読&TVアニメ未見の私でも一応楽しめました。
人類滅亡前夜に出会った人間の若者と機械知性の少女ロイドが、愛を育み、人間族の希望の光となっていくお話。
悲壮感ただよう主人公と健気で一途な少女ロイドのイチャラブがメイン。おもっくそラノベ展開だけど一応ラブストーリーだと理解した。

ノゲノラ本編を知らず、比べようがないので語りようもないのだが、ひとつ気になったのは「ゲーム」によって進んでいく物語ではなかったこと。ユニークなゲームで勝敗を決める物語を期待していたら、ゲームで物事を決するノゲノラ世界が生まれた理由が描かれていた。
なので世界観は多種族が覇権を争ってるだけの「普通」のファンタジー世界である。(ただし、その戦争がスケールハンパなさすぎて人類瀕死なのだが)
少女ロイドを愛でるアニメ、主人公と少女の愛があくまでもメインだった。

(いいかげん本編を見ようとは思ってる)



8/3 ノーゲーム・ノーライフ ゼロ @MOVIX仙台
うーん、アニメだけではダメだったかな?
ほー。とはなるけど、決定的な感動!とまでは行かなかった。
この映画は、ノーゲーム・ノーライフの話の中で一番涙が出るかも!
Ichidai

Ichidaiの感想・評価

4.5
原作・アニメ視聴済

泣きました。原作を読んだだけでは想像しきれなかった部分も全て理解できました。素晴らしい。

でもアニメのみ視聴した方はゲーム描写がほぼないので物足りないかも。
まあ、オタク映画ですよ
ファン以外の人を想定はしても、メインの観客はファンであると自覚している
そしてそれは正解だとおもう

確かにファン以外には若干理解できないという意見もあるが……私は本作をテレビシリーズも原作も知らずに初見で鑑賞し、胸を打たれた
彼らが……『神にすら見捨てられた最弱の存在』が、神を捨て自ら勝利を願う姿に、それを勝ち取りに行く姿に高揚感を覚えた

そして『嘘ついて騙して盗め』という早世したプロレスラー、エディゲレロの語る家訓のように、最弱の存在が生き残るために知恵と工夫を凝らすのである
古今東西、詐欺や盗みは映画の華です
そこに現代SFが多く描く『AIの愛』が加わる

最後に彼らがある結末を迎えた瞬間の世界を見て欲しい
私はこのシーンで感激して鳥肌が何度も立った

EDの最後の最後まで、主題歌にも凝らした工夫が見事
本作は紛れもなく『名も神もなき英雄』を讃える、最高のオタク映画です

ブログ記事はこちら

http://blog.monogatarukame.net/entry/_No_Game_No_Life_Zero
ruru

ruruの感想・評価

-
主人公が違ったけどとても楽しめた。最後のバトルシーンは大迫力だった。
ちゃぶ

ちゃぶの感想・評価

4.1
豪華な声優さんですよね!

原作未読のアニメ版しか観てないですが
アニメ版の物語の始まりが見れて楽しかったですよ。
映画を観た後に
またアニメ版が観たくなりました。

いずなたん萌えますね~(笑)
りさ

りさの感想・評価

1.9
えっなんで評価が4.0なのかまじ謎でしかないんだが(笑)

アニメは面白かったから映画みたけど普通につまらなかったし途中眠くてしょうがなかった
原作(小説)読んでる人は楽しめると思うけど

まあ厨二病むけに作った映画なの?ってすげー思った。てかどこで感動するのかまじでわかんねぇ、、、くそ

合コンで自慢ばっかする男の話を永遠に聞かされてる感覚と言ってもいいくらいくそ
まじでくそのくそ

くそだったから腹いせにガンガン言ってしまってすみませんでした
でも映像はよかったよ
たつ

たつの感想・評価

3.6
空白が飛ばされた世界の成り立ちの話だった。(ゼロだし)
ストーリーも登場人物も良くて結構面白かった。

ただ、空白コンビと天才的な頭脳戦が大好きだったから、そこは少し残念だった。
アニメ視聴した上での評価です。
テレビ版とは一風違った内容ですが何故、テレビのような世界観になったことを知ることができます。
そういった意味でもたいへん良くできており、少し泣きそうになるシーンもありました。
ファンは是非見てほしい
>|